9月5日のJAL6便、重大インシデントに
ANA機が2日連続で胴体パネル落下なんてニュースをさっきやってましたが

     https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170909-00000902-fnn-soci

重大インシデントに認定された9月5日のJAL6便のトラブル~左エンジンから炎が出て羽田空港に緊急着陸した~については、本当に徹底した原因究明をしてもらいたいです。



こういうことに僕は全く詳しくありませんが、エンジン後部の低圧タービンにある6段のタービンブレードのうち、5、6段目の計222枚の羽根がほぼ全周にわたって欠けたりなくなったり、内部に穴や亀裂が見つかったとは聞いています。
重大インシデントとは国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会が認定する「事故には至らないものの深刻に危険だった事態」のこと。
調査結果を待つとともに、再発の防止に万全を期してもらいたいものです。(当たり前過ぎ?)

by shackinbaby | 2017-09-09 09:00 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< JALの台湾線ビジネスクラスが... ヒルトン東京お台場 (1) >>