reduced rates 39013円@コンラッド東京 (4) エグゼクティブラウンジ
「コンラッド東京」のチェックインは最上階37階のエグゼクティブラウンジで。
f0036857_12421450.jpg

28階レセプションから連絡が行っているようで、レセプショニストは僕らの名前も聞かず「shakinbaby様(本当は本名で)、お待ち申し上げておりました」とにこやかに迎えてくれます。
f0036857_12422818.jpg

ここのラウンジは今年の1月10日から3月9日まで約2か月のリニューアル期間を経て、広さは倍となり、デザインもほぼ一新されました。
f0036857_12425163.jpg

ちなみに、改装期間中は、レセプションのある28階階のミーティングルームを臨時ラウンジとして使っていました。
f0036857_12432661.jpg

リニューアルに関しては

     http://www.conradtokyo.co.jp/news/detail/2187

をご覧ください。



ラウンジ・サービスについては

     http://www.conradtokyo.co.jp/facilities/executive_lounge

に詳しく出ています。

ホテル最上階、東京湾と浜離宮恩賜庭園を望む都内屈指の眺望を有するエグゼクティブラウンジは、「ホテルの中のホテル」といわれるエグゼクティブフロアにご宿泊のお客様にだけご利用いただける空間、ご自宅の居間のように自由に寛げるセミプライベートなスペースです。朝食、香り高いコーヒーやアフタヌーンティーのほか、カクテルアワーではビール、ワイン、スパークリングワイン、スタンダードカクテルとともに、コンラッド東京の各レストランから日替わりでご提供するメニューもお楽しみいただけます。東京の街を眺めながら、あたたかみや懐かしさを感じるデザイン空間で、贅沢な時間をお過ごしください。

f0036857_12434291.jpg

こんな説明書ももらえます。
f0036857_1341529.jpg

以前より木材を多用し、和のモチーフもふんだんに取り入られています。
f0036857_1244714.jpg

以前からあったこのラウンジのアイコン的な暖炉も健在で、一部は大きな石(人造石?)で囲われています。
f0036857_12442283.jpg

ややごちゃごはしていますが、ヒルトンというより、これはハイアット・タッチですかね。
f0036857_12443744.jpg

チェックインしたのは、午後3時から始まるアフタヌーンティーのかなり前の時間だったので、出されていたのはクッキーやオレンジピールのチョコレート掛けのみ。
f0036857_12445534.jpg

和のモチーフは反対側の笊のディスプレイの他、こうした欄間風のデザイン、古い機織り機のディスプレイなど、以前より強めです。
そうそうラウンジのレセプション・デスクが木材を切り出した一枚板風だったのには「トレンドだなぁ」と思いましたが、質感などは例えば「アマン東京」のそれとは大きく違います。
f0036857_12451159.jpg

今度はリニューアルにあたって拡張された浜離宮・東京湾方向のラウンジを・・・。
f0036857_12462821.jpg

従来のラウンジと廊下を挟んだ場所にあり、以前はここはベイビューのスイートでした。
f0036857_12521464.jpg

スイートを一室潰してのラウンジ・リニューアル&拡張。
f0036857_1250696.jpg

この日の天気はご覧のように曇り、雨、そしてプチ嵐状態。
f0036857_12502672.jpg

でもこのホテルは景色的には何といってもこのベイビュー側です。
シティービューの方は東京らしいと言えばそれまでですが、汐留の高層ビルばかりが強調されていまいち。
f0036857_12504588.jpg

こちらの壁デザインは古い機織り機が・・・。
f0036857_12564149.jpg

元からある方のメインは笊でした。
f0036857_12592289.jpg

そしてここにも最高に和の欄間デザインが大きくフューチャー。
f0036857_1257123.jpg
f0036857_12572436.jpg

外はひどい景色、最悪でした。
f0036857_12454110.jpg

レインボーブリッジもかすかに見えるか見えないくらい・・・。
f0036857_12593883.jpg

窓方向から入口方向を見たところです。
f0036857_1334852.jpg

置かれた小物も和を感じるもの。
f0036857_12574448.jpg
f0036857_1343532.jpg

こちら側のラウンジにも冷蔵庫や、コーヒーメーカーなどが置かれています。
f0036857_134356.jpg
f0036857_1342046.jpg

新設・拡張されたラウンジの方から廊下を挟んで、以前からあるラウンジの方を見たところ。
f0036857_1345365.jpg

デザインも一新され、広くなって、以前のようにイブニングサービスの時など、座る席がないなんてことはなくなったようです。
by shackinbaby | 2017-09-19 15:35 | ホテル | Comments(6)
Commented by reward at 2017-09-19 21:55 x
写真の時間有難うございました。
私も今度写真を撮る時にその辺りの時間でチャレンジしてみます。中々良い写真を撮れた事はないですが(苦笑)

エグゼクティブラウンジのエッグベネディクトと、セリーズのエッグベネディクトは中に入れる具が違ったんです。
ご年配のシェフが担当されていて、その方がエッグステーションを担当される時は何を作ってもらっても美味しかったんですよね。
Commented by henahena at 2017-09-19 22:01 x
いつも感嘆しながら読ませていただいております。週末の台風の日に当方もたまたまコンラッドに宿泊いたしておりました。旅作の宿泊でcity view twinでしたが、夜中でも近隣の建物の灯りがフロアー全部ついていたり、窓をたたく雨音が電車がまだ走っているのかと思うくらい聞こえたのが印象的でした。朝食付きでしたが、卵料理がテーブルオーダーでエッグベネディクトを選んだら、卵2個来たのでそれだけでおなかがいっぱいになってしまいました。今まで泊まったホテルとは改めて違うなあと思いました。ところで10月から完全禁煙になるようで(パークハイアットもみたいですが)、喫煙は外の雨のかかりそうな一角だけですとフロントで教えていただきました。完全分煙だけでいいように思うのですがトレンドですか。喫煙者にはハイクラスホテルは厳しい時代ですね(私は吸わないのですが)。
Commented by shackinbaby at 2017-09-19 22:56
>rewardさん
僕らは家でもかなり早起きなので、ホテルでも朝食はたいていオープン直後です。
人が写り込まない方が、ブログに載せやすいですしね、僕は朝食に出るついでに撮っています。
エッドベネディクトはそうだったんですね。
シェフは白髪の混じった年配な人だったのは確認しました。
同じ人ですかね。

Commented by shackinbaby at 2017-09-19 22:56
>henahenaさん
わぁ、それはそれは、本当に近くにいらしたんですね。
コンラッドの卵料理系は割とポーション大きめです。
奥さんはランチェロ風卵の皿焼きと頼んでいましたが、「半分で良いんだよね」と・・・。
僕は卵は重そうだったので(前日食べ過ぎ)、今回はブルーベリーパンケーキにしちゃいました。
東京五輪に向けて、厚労省が飲食店やホテル内の完全禁煙化の方向性を打ち出しているので、これ(完全禁煙)は仕方ないのでしょうね。

Commented by henahena at 2017-09-21 20:53 x
テーブルメニューは量は欧米人基準なのですね。バフェメニューも和食向けではないなあという印象でした。
夜外出から帰ってきたときにはラウンジではloving youが歌われていて、すごく雰囲気が良くて晩ご飯はホテル内でとったら良かったと後悔しました。大阪のコンラッドのひどさを経験させられましたから、スルーしたのですが失敗でした。朝食でも人の目が行き届いており、次のお皿を取りに行って帰ったら、キレイになっていました。大阪は終了して30分ぐらいたっても放置してありました。喫煙問題がclearできたらお財布と相談してまた泊まりたいホテルです。これからも色々教えてくださいませ。
Commented by shackinbaby at 2017-09-22 07:36
>henahenaさん
いつも有難うございます。
「大阪のコンラッドのひどさを経験させられましたから」って、もうすぐそこに行く僕としてはちょっと戦々恐々です。
オープン直後のホテルはオペレーションもまだ慣れていず、その良さを発揮できないことが多いのは、僕らも多々見ています。
オープンして数か月たち、各部署が慣れ、そして努力して、大阪の最高級ホテルぶりを見せてくれることを期待しているのですが。
ただ仕事で行くので滞在時間は短めで、充分各場所を見られるかどうか・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「100人のトップシェフが選ぶ... 「スカイトラックス」の「グロー... >>