コンラッド大阪、ポイントで無料宿泊 (1)
大阪滞在を「now in Osaka」として実況していた僕の2泊3日の大阪出張。
やっとのことでまとめ始めることが出来ました。
まずは1泊目の「コンラッド大阪」から。
6月9日のオープン以来、このブログでは皆さんのレポートを含め、ずっと取り上げ続けてきましたが、僕自身は今回初めて、やっとのことで泊まることが出来ました。
ただし前述のように、宿泊値段がとんでもない高値だったので、ヒルトンのポイントを使っての無料宿泊(80000ポイント/1泊)。
チェックインは土曜日の午後で、伊丹空港から中之島・肥後橋のこのホテルまでタクシーで5260円(高速代込み)でした。
今回市内までリムジンバスを使わなかった理由は、経費で落ちそうだったこと、梅田までバスで行ってももう一度そこからタクシーなどを使わざるをえなそうなこと、時間がすごくタイトで急いでいたことの3点。
タクシーならドアトゥドアでたったの20分、値段は高かったですが、この簡便さと時間短縮はお金に代えがたいものでした。
一応オフィシャルなアクセス方法のインフォメーションとしては

■電車にてお越しの場合
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」、京阪中ノ島線「渡辺橋駅」 直結
■お車にてお越しの場合
阪神高速4号線湾岸線「土佐堀」出口から約14分。中之島フェスティバルタワーを目指してください
■関西国際空港からのアクセス
・エアポートリムジンバスで大阪駅前周辺から約50分
・電車で約60分。南海線「なんば駅」経由、地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」
・車で約50分。阪神高速4号線湾岸線「土佐堀」出口から中之島フェスティバルタワーを目指してください
■大阪国際 (伊丹) 空港からのアクセス
・エアポートリムジンバスで大阪駅前周辺から約30分
・電車で約40分。大阪モノレール「蛍池駅」経由、大阪市営四つ橋線「肥後橋駅」
・車で約20分。阪神高速11号線池田線「土佐堀」出口から中之島フェスティバルタワーを目指してください


とありました。
これは主に歩きで近隣から来た時の目線。
縦に走っているのは四つ橋筋で、肥後橋の北詰辺りから写真を撮っています。
f0036857_18361522.jpg

向かって左が40階建ての「フェスティバルタワー・ウェスト」で、ここの33階以上に「コンラッド大阪」は入っています。
右側は「朝日新聞大阪本社」の入る「フェスティバルタワー(イースト)」で、両者を地下で繋ぐ「フェスティバルプラザ」にはたくさんのレストランも入っています。
つまりここは通りを挟んだツインタワー・ビルということになります。

     https://www.festival-city.jp/

f0036857_18363650.jpg

あ、木が少し邪魔していますが「コンラッド大阪」のロゴも見えますね。



周囲には「APAホテル」、「三井ガーデンホテル大阪プレミア」、「リーガ中之島イン」などホテルだらけ、隣の渡辺橋まで行けば「ANAクラウンプラザホテル大阪」、「ホテルエルセラーン大阪」もあり、先日取りあげた「パレスホテル大阪」予定地もこの辺りのはずです。
f0036857_18365492.jpg

ここが四つ橋筋からのホテルの入口。
f0036857_1837897.jpg

ここにはドアマンなどはいません。
f0036857_18372585.jpg

ドアマン、ベルがちゃんといるのはこちら、車専用のこのエントランス。
f0036857_18375435.jpg

人数は少なくなりますが、ベルはたいていの時間誰か一人は詰めています。
f0036857_1838815.jpg

まだまだどこも新品ぴかぴか、コンピューターによる波のディスプレイに従って奥に入って行くと、ベルデスクが・・・。
f0036857_18382285.jpg

ここにはミネラルウォーターなどが置かれ、到着した人、ジョギングから帰った人に備えています。
f0036857_18383873.jpg

傘など部屋にも常備してありますが、ここでも貸し出してくれます。
f0036857_18385347.jpg

僕のホテル到着は午後2時頃。
ドアマンの他、ベルも複数いて、彼らの連携も良く、ベルデスクで予約名を聞かれ、40階のレセプションに到着すると、僕の書類が揃えてあり、「お待ち申し上げておりました、shakinbaby様(本当は本名で)」と・・・。
すぐにお絞りと柑橘系のかけらの入ったウェルカムドリンクが出され、いかにも優秀そうなゲストリレーションの女性の丁寧なあいさつも・・・。
モルディブのコンラッドに長かったM女史、いよいよ日本に戻ってきたようです。
僕がこうした素晴らしい連携をほめると嬉しそうに、「でもオープンニング当初はひどいものだったんです。もう悪夢としか言えない日が続きました」と。
この話はまた後で書くとして、ベルに案内されて40階のレセプションに急ぎます。
1階のエレベーターホールの照明はかなりキラキラしたもの。
f0036857_1839869.jpg

これまでのコンラッドのイメージより、コンテンポラリーで、ほんの少しエッジの効いたデザインのような気もします。
天井は高く、空調も〇。
エレベータの中のボタンは38階ボールルーム、ウェディングサロン、39階チャペル、ミーティングルーム、40階ロビー、レストラン&バーの4か所のみ。
40階で下りてすぐ右にあるのはこのレストラン、鉄板焼きとお寿司の「蔵」、「C:GRILL」というグリル料理レストラン。
f0036857_18393533.jpg

でも何といっても圧巻なのは、降りてすぐ正面に見えるこの3階ぶち抜きのガラス窓と、そこに降りて行く印象的な形の螺旋階段です。
f0036857_18395165.jpg

「あべのハルカス」から「梅田」まで、いやもちろんそれ以上に広がる大阪の街。
f0036857_1840766.jpg

このホテルのコンセプト「Your Address in the Sky」を早くも体感、このデザイン、このパノラマビューには誰しも思わず足を止めてしまいます。
f0036857_18402780.jpg

実に印象的なデザイン。
f0036857_1840439.jpg

浮き上がるような絨毯のデザインも注目だし、ここは誰でも利用出来るフリーゾーン。
f0036857_1841248.jpg

40階から2階分下がった38階、前述のように38階と39階はいわゆるバンケットフロアです。
f0036857_1841181.jpg

ここを含めた「コンラッド大阪」のデザインは橋本夕紀夫氏と日建スペースデザインという日本人デザイナーチームのコラボ。

     https://www.hydesign.jp/jp/space/accommodation.html (橋本氏の他のホテルデザイン)

     http://nspacedesign.co.jp/project?item=2572

f0036857_1841337.jpg

コンテンポラリー・デザインに和のタッチも少し。
f0036857_18415755.jpg

ガラスもきれいに磨かれています。
f0036857_1842209.jpg

窓からの景色。
いつも見慣れた大阪がまた違うものに見えたりします。
奥のひときわ高いビルが「あべのハルカス」です。
f0036857_184303.jpg

淀川の川面がキラキラして、街に川があるって良いですね。
高いところ好きの僕には堪えられない景色、もうこれだけで心躍ってしまいます。
f0036857_18424178.jpg

すみません、レセプションにも着かないうちに1回目が終わってしまいました。

     http://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/kansai/conrad-osaka
by shackinbaby | 2017-10-10 18:35 | ホテル | Comments(4)
Commented by ホテラバ at 2017-10-11 00:00 x
忙しいスケジュールとおっしゃっていたのに、よくこれだけの写真が撮れましたね。素晴らしい。
Commented by shackinbaby at 2017-10-11 07:52 x
>ホテラバさん
例によって、朝起きて朝食に行く前に、館外館内を一回り、その時にすべて一連で写真を撮ったので、時間はかかってないんですよ。
いま見ると同じような写真を撮り過ぎましたね。
でもホテルに着いて部屋に行くまでの目線を表現したかったんです。
Commented by ma-yamanaka at 2017-10-11 19:04 x
とうとう待望の貴殿の宿泊記ですね!お待ちしておりました。こちらだけ拝見すると今はサービスも落ち着いており再訪するには良いタイミングかもしれません。私が開業日に滞在した時に、私は貧乏性のようで・・・皆様とは逆のタイムテーブルで動いていたようで何の混乱も不便も無かったのですが、実際は相当に大変な事になっていたようですね・・・

どちらにしても記事を楽しみにしています!

ではまた
Commented by shackinbaby at 2017-10-11 20:00
>ma-yamanakaさん
オープンの時は、記事もリンクさせていただき、本当に有難うございました。
今回はma-yamanakaさんお泊りのコンラッドスイートも含めて満室だったようです。
差額を払うからとまで粘ったのですが、どうにもならないと・・・。
ma-yamanakaさんの時いらしたかどうかは分かりませんが、ゲストリレーションの女性はモルディブのコンラッドに長くいらした人で、グローブトロッター達を熟知しています。
もう一度機会があればご宿泊いただくと、また違った印象もあるかもしれません。
ただラウンジの飲食の質は明らかに皆さんの初期の書き込みより落ちていますが、アトモスダイニングの朝食など、なかなかのスタンダードを維持していましたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< ミシュランガイド広島・愛媛20... 「JAL企業ホームページ」がグ... >>