今日の航空系面白話
中国の雲南祥鵬航空(Lucky Air)によると、18日に飛行を予定していた安慶・昆明便が搭乗時のトラブルによりキャンセルとなったとのこと。
何でも旅客の1人が旅客搭乗時に航空機のエンジンに向かってものを投げ、これを見ていた空港の警備員が直ちに報告、乗客の搭乗を取り消し、安全点検を行なったそうです。
安全のためこの便はキャンセルとなり、翌日の便に振り替えになったと・・・。
直後の乗務員の点検によると、エンジンのそばに貨幣が1枚落ちていたそうで、「乗客による安全祈願のためのお賽銭ではないか」という憶測も飛び交っているそうです。
まさかね、いくら中国内陸の乗客といってもね・・・。

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000104-impress-sci
by shackinbaby | 2017-10-19 15:57 | 旅行 | Comments(2)
Commented by 鹿 at 2017-10-20 12:21 x
お邪魔します。借金さまの当該記事でこのようなニュースがあったのだと初めて知りました。
今回のようなケースの場合、航空機のエンジンに向かって物を投げた方は通常運行を妨げた、または他の乗客の旅行を妨げたとして賠償などを求められるのでしょうか?
仮に何らかの損失を請求されたとしても一個人で支払えるような額ではないと思いますし、航空会社側も泣き寝入りする訳にはいかないと思いますしこの事件のその後が気になったりすます。
Commented by shackinbaby at 2017-10-20 22:17
>鹿さん
いつも有難うございます。
この件の後追いニュースは日本語で読める者はないようで、「ものを投げた乗客はすでに中国の公安に取り押さえられ、詳しい取り調べに入っている。祥鵬航空は公安の調査結果が出るまで、法律責任追及の権利を保留するとしている」とあっただけです。
Weiboで雲南祥鵬航空を検索してみたのですが、言葉の壁があって、よく分かりませんでした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日は何の日? 「オリンタルヒルズ沖縄」が1人... >>