「ティファニーで朝食を」が現実に
これは新たなるニューヨーク名所になりそうですね。



「ティファニー」はこのほどニューヨーク本店の中に朝食やランチが楽しめるカフェをオープンしたとのことです。
店名は「ブルーボックスカフェ」(THE BLUE BOX CAFE)。
f0036857_759192.jpg

その名の通り「ティファニーブルー」で統一されたカフェは、5番街本店の4階にあり、クロワッサンやフルーツなどの朝食がUS$29+(+チップ)ということですから、4000円くらいで楽しめるとのことです。
「ティファニー」は近年、若者の高級ブランド離れで売り上げが減少傾向にあり、特にこの本店は、去年のアメリカ大統領選以降、隣にあるトランプタワーの警備が厳重になった影響で客足が遠のいていることなどからの、経営立て直しの一環としてのカフェ新設と噂されているようです。。
オードリー・ヘップバーンになってみたい貴女には最高じゃないでしょうか、インスタ映えもするし(と平坦読み、笑)。

     http://www.tiffany.com/Locations/EventDetail.aspx?eventid=1063

     http://press.tiffany.com/News/NewsItem.aspx?ID=324
by shackinbaby | 2017-11-11 07:27 | グルメ | Comments(4)
Commented by momo at 2017-11-12 08:35 x
若い頃にクリスマスシーズンのティファニーの前で「ニューヨーク気分」に浸っていると後ろから・・・。
「momoちゃん、なんばしよっと!」と声を掛けられました。
振り向くと長崎の親戚の女の子!約十年ぶりの再会でしたがせっかくの気分が台無しに・・・(笑)。

「ティファニーで朝食を」は「ムーン・リバー」が頭の中でなってしまいます。
Commented by shackinbaby at 2017-11-12 19:28
>momoさん
見知らぬ美女に声をかけられたりすれば別でしょうが、知り合いに「なんばしよっと」では確かにムードが・・・(笑)。
Commented by momo at 2017-11-12 21:54 x
実は話に続きがありまして・・・。
彼女に連れて行ってもらった日本料理店の板長さんが長崎出身。
その板長と親しくなった長崎県人には裏メニューの長崎チャンポンを出してくれました。
麺、具材など全て長崎からの空輸で定価はとっても高価になりますが故郷の味を堪能してもらいたいと破格の値段(確か10ドルだった記憶が)でした。
クリスマスシーズンの素敵なニューヨークで長崎情調を堪能した旅になりました(笑)。
Commented by shackinbaby at 2017-11-12 22:47
>momoさん
ニューヨークで、本場直送の材料で長崎出身のシェフが作る長崎ちゃんぽん、きっと長崎で食べるより思い出深かったのでは?
US$10というのも素晴らしい・・・。
最近の日本のラーメンのニューヨーク価格といったら、びっくりするほど高価ですからね。
名前
URL
削除用パスワード


<< これが届くと秋も深まったと・・・ バンコク48時間食べまくり (... >>