バンコク48時間食べまくり (17) ファインダイニング「SAVELBERG」でランチ
バンコク2日目にして最終日、この日の午後10時5分にはJAL便で羽田に向かいます。
ということで(どういう接続詞じゃ、笑)旅行最後のランチは(といっても昨日、この日だけのランチですが)、今回の食べ歩きのハイライト、タイ料理ではなくgourmet, modern French restaurant with Dutch touchを標榜する、オランダ人シェフHENK SAVELBERGのバンコク店で取りました。
シェフはオランダで4軒の★付きレストランをやっている、オランダを代表するセレブリティ・シェフ。
そのバンコク店「SAVELBERG」はウィッタユ通りにあり、僕が泊まっている「パークハイアットバンコク」から歩いて約10分という近さです。
f0036857_21455961.jpg

もし「コンラッド・バンコク」などにお泊りなら、通りの向かい側、歩いて2~3分くらいなもの。
オランダ大使館とアメリカ大使館の間に建つORIENTAL RESIDENEというサービス・アパートメント内にあります。
f0036857_2123210.jpg

とはいうものの実際は別棟で、ORIENTAL RESIDENCEの右隣に・・・。
f0036857_21232125.jpg

これがエントランスです。

     http://www.savelbergth.com/

f0036857_21234197.jpg

入ってすぐのレセプション・カウンター。
コンテンポラリー・デザインの中にPOPなフレーバー・色合いも入ったインテリアです。
f0036857_2124110.jpg

店内は髙い天井の開放的な空間で、2面の大きなガラス窓にも囲まれて、実に明るく、エレガントな中にもカジュアルなフィーリングが感じられ、ファインダイニングにありがちな堅苦しさはみじんもありません。
f0036857_21242198.jpg

ただしオランダ人のメートルドテルなどは相当に重厚なベテランさん(オランダ人らしく背が高い、僕より高かったです)、彼の眼が光っているので、他のスタッフのサービスもファインダイニングを目指しているというのは分かるものでした。
ただし、ま、タイ人なので、何かと緩やかですが(差別ではありません)。
f0036857_21244829.jpg

窓際、この辺がベスト・シートなのでしょうが、ランチタイムにはここは暑すぎます。
いくら冷房してもバンコクの強烈な日の光には・・・。
f0036857_2125787.jpg

なので窓際でもこの辺りが一番心地良さそうです。
f0036857_21252815.jpg

ウィッタタユ通りの喧噪を見下ろしながら、しっかり冷房の効いたこの席で、ランチをいただきます。
そうそう、店の一角には、古いミシュラン・ガイドを集めたコーナーが・・・。
これはインテリアとしても〇。
f0036857_21254641.jpg

ヨーロッパの諸都市のばかりで、東京などのはありませんでした。
使い古された(読む古された)感も良い味を出していましたよ。
僕はEXPERIECEというコースの6品のものを、8品というコースもありましたが、こういう店はメニューにないアミューズもいろいろ出るはずなので、6品の方で充分でしょう、そう考えました。
やはり案の定、メニューにはないものがどんどん出てきます。
最初の一口は、スイカにはハムとチリ。
f0036857_2126464.jpg

2皿めのアミューズにはフォアグラ、バナナ・クランチに、オランダらしくヘイゼルナッツが合わさっています。
f0036857_21262229.jpg

どれも想像以上の味にはなっていましたが、ガツンと来るまでには・・・。
これは真珠を模しているようですが、実際には、蟹肉、キヌア、林檎などに生姜の泡ソースがかかったものです。
f0036857_21264470.jpg

真珠のような乳白色の外側は何で出来ているのか聞き忘れました(すみません)。
f0036857_2127743.jpg

アミュースはすべてメニューにもないものなので、メートルドテル自らが詳しく説明してくれるのですが、なかなか全部は覚えきれません。
パンやバターは合格点レベル。
f0036857_21272970.jpg

で、ここからがメニューにある料理となります。
最初はロブスターのサラダ。
f0036857_21285749.jpg

本当にきれいな一皿で、僕なら庭園風とでも名付けちゃうかもです。
野菜は薄切りにしてロブスタークリームを巻いています。
黒いものはオリーブを模したものでしょう、これも割ると中にはフォアグラが・・・。
ロブスターの質も、茹で方も文句なしです。
ソースには柚子の香りもした気がします。
次は牡蠣。
f0036857_2130291.jpg

マヨネース、胡瓜、パッションフルーツで味付られていて、これまた美味しかったですね。
3皿めは平目。
f0036857_21302410.jpg

これはブール・ノワゼットのソースとくれば、美味しくないわけがありません。
(ブールはバターのことで、ノワゼットはヘーゼルナッツのこと。ヘーゼルナッツ色のバターってことですね)
カリフラワーなどの付けわせも良く、コースに入ってからの3皿はすべて好みの味でした。
f0036857_21304929.jpg

トリュフも少し香ってた記憶です。
次はオヒョウ(HALIBAD)。
f0036857_21311893.jpg

これは意表を突く組み合わせて、ピスタチオ、アプリコット、南瓜に、オヒョウとの間を取り持つのはグリーンカレーの泡という一皿です。
個々は美味しいのですが、やや冒険し過ぎかもしれません。
最後の肉料理は雉。
「もう季節的には最後ですが、美味しいと思います」とメートルドテル。
f0036857_21313637.jpg

この辺りからはシェフも顔を出してくれ、自らあまり上手ではない英語で(彼はオランダ人)説明をしてくれます。
これもブールノワゼット・ソースで、オランダらしく美味しいとは思うのですが、1つのコースに2回も同じソースを使うというのは、どうなのでしょう。
f0036857_21315469.jpg

下にはオリエンタルなスパイスの効いた(五香粉?)マッシュポテト、トランペット茸などの茸、アーティチョーク、ザワークラウトなどが敷かれていて、久しぶりに雉肉を食べましたが、悪くないですね、PHEASANT。
デザートはプレ・デザートとしてバージン・モヒート(ノン・アルコールのモヒート)のかき氷。
f0036857_2132176.jpg


次のルバーブを中央に置いたデザートでこのコースは締めくくりです。
f0036857_21324254.jpg

ここでも赤い球体のものが、またまたこれを割るとヨーグルト・ムースが出てきます。
シェフはこの手法、好きなようですね、コース中にたびたび出てきました。
サービスは最初から最後まで良く、料理も美味しいと思ったものがほとんどだったのですが、細かく見ると、同じソースの料理があったり、やや冒険過ぎる皿もあったりで、3700バーツ++という高額の価値は果たしてあったか、やや不明です。
でも良いリラックスしたグルメ・タイムは過ごすことは出来たと思っています。
最後にこのレストラン、12月発売のミシュラン・バンコクでどのくらいの評価になるでしょうか?
1★?
by shackinbaby | 2017-11-21 00:01 | 旅行 | Comments(6)
Commented by ホテラバ at 2017-11-21 08:02 x
おいしそうですけど、バンコクでランチで3700バーツプラス税サ?めちゃくちゃ高くないですか?まして8品のコースもあるなんて。タイの値段が全体に上がっているのは知っていますが。
Commented by shackinbaby at 2017-11-21 18:37
>ホテラバさん
最近のバンコクの高級レストランではフレンチに限らず3000バーツ台のコースは結構出てきています。
相変らずストリート・フードは多少の値上がりはあるものの、安価で食べられますが、てっぺんの方がどんどん値上がりしている感じです。
Commented by たにとも at 2017-11-23 09:12 x
先日の30%オフセールで夏のコンラッドバンコクを予約したところです。
近くて良さそうなレストラン!とワクワクしましたが
残念。我が家には高くて手が出せないランチです(泣)
Commented by shackinbaby at 2017-11-23 11:25
>たにともさん
そうですね、ここはちょっと髙過ぎですね、それは僕も認めます。
僕は行ってないんですが、ホテルのスタッフ(わりと上級職の人)にお薦めのレストランは?と聞いた時、ここをあげてくれました。
http://bk.asia-city.com/restaurants/bangkok-restaurant-reviews/third-floor
コンラッドからならすぐそこです。
「THE THIRD FLOOR」というのが店名でしょうか。
たぶん「VISTA CAFE」のある建物のような・・・。
彼曰く、そこのタイ料理がお薦めなんだとか・・・。
ネットで調べるとオーガニックと血液型にもこだわった店とか。
まだ日本人のレビューはネットにもないので、いかがでしょう。
Commented by たにとも@台北 at 2017-11-23 15:31 x
情報ありがとうございます!
次回の行きたいリストに挙げておきます。
昨夜から台北に来ています。珍しく11月にしてはヒンヤリしています。
Commented by shackinbaby at 2017-11-23 19:51
>たにともさん
たにともさんは台北ですか、寒い日本にいると台湾が恋しくなります。
ヒンヤリといえども、今の日本よりは・・・。
ぜひまた美味しいもの情報など、何かありましたら、ぜひ教えてください。
どうぞよい週末を!
名前
URL
削除用パスワード


<< ANAクラルンプール線、ビジネ... ホテルはどこももうクリスマス仕様 >>