金武アグーしゃぶしゃぶ金武
「ステーキハウス・ジャッキー」、「燕郷房」(ヤンキョウファン)、「ちゅらさん亭」、「豚々ジャッキー」・・・と「ダブルツリー那覇」に泊まった時の近隣ダイニング・ベニューをいろいろ紹介してきましたが、今回は場所的には「豚々ジャッキー」の近くになるのかな、しゃぶしゃぶの「金武アグーしゃぶしゃぶ金武」をご紹介します。
f0036857_12152779.jpg

ロケーションはここ、「ダブルツリー」から歩いて5~6分です。



店のウェブサイトやfacebookはないようですが、ネット情報では

琉球王朝最後の王「尚 泰」の曾孫にあたる「尚 承」氏
料理番組や沖縄の伝統料理の出版も多数あり。
NHK朝ドラ「ちゅらさん」の料理監修も務めておりました。
尚氏監修の沖縄料理の数々をお楽しみください。

沖縄の豚肉、島野菜、海産物からデザートまで、沖縄の魅力を存分に味わえるのが魅力のお店。ゆったり過ごせる個室があり、県外のお客様のおもてなしにも最適です。

県内でもあまり流通していない貴重な「金武アグー」

証明書付きの純血統種100%の「金武アグー」は、脂身がさっぱりしており柔らかくてジューシー、しつこくありません。県内で流通しているアグーは純血統種30~50%のものが殆どなのだとか。本物の味を堪能できます。


など、思わずそそられる言葉が並んでいます。
f0036857_12154812.jpg

それにここはこうしたカウンター席があり、1人での飲食にも十分対応しているところが、今回の僕のような一人旅には〇なダイニング。
f0036857_12161134.jpg

アラカルトのメニューもありますが、ここは何といってもアグー純血統種の金武アグーを使ったしゃぶしゃぶがメイン(コースで4000円)、これが基本セッティングです。
f0036857_12163234.jpg

オウナーの瀬古さんが、熱心にというか情熱的に、このアグー純血統種の金武アグーについて、熱弁をふるってくれます。
f0036857_12165881.jpg

この方の熱弁を聞かないと、この店では料理が始まらないよう。
でもこれで料理がより美味しくいただけるってものですが。
f0036857_1219799.jpg

アラカルトもあります。
f0036857_122462.jpg

まずは前菜、クーブ(昆布)イリチーとジーマーミー豆腐。
f0036857_12243098.jpg

そして鍋が煮立つと、いよいよ肉と野菜が運ばれてきます。
f0036857_12251194.jpg

金武アグーのロースとバラ、そして島野菜、別皿に海ぶどう。
オウナーが言う通り、豚肉に何の臭味もありません。
元々沖縄にいた「琉球在来豚アグー」の血統が50%以上の豚、発酵配合飼料(残飯などは使用しないもの)を使い生育した豚で、DNA鑑定済みの雄雌アグー豚から生まれた豚の肉と・・・。
f0036857_12253338.jpg
f0036857_1226455.jpg

美味しそうな色合いです。
f0036857_12262588.jpg

島野菜の方は奥さま(多分)が説明。
f0036857_1227356.jpg

全部覚えきれませんでしたが、クワンソウ、雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)、オオタニワタリ、ターム(田芋)、くだんそう(キクニガナ)、島にんじん、青パパイヤ、ハンダマ、シブイ(冬瓜)・・・などが少しずつ並んでいます。
青パパイヤなどは僕らの想像を超えた姿で(撚れてない干瓢みたい、違うか?)・・・。
しゃぶしゃぶは肉の場合、ほんの10秒くらいで良いようです。
f0036857_1228082.jpg

それを海ぶどうなどに巻いて・・・
f0036857_12282669.jpg

お好みの薬味を付けて、パクリです。
f0036857_1228485.jpg

出されている薬味は実に沖縄っぽく、石垣島産シークワァーサー胡椒、屋我地島の塩、首里の玉那覇味噌とオウナーがこだわり選び抜いたもの。
f0036857_1229930.jpg

僕はこの石垣島産シークワァーサー胡椒がかなり気に入り、店のものとは違うと思いますが、スーパーで買って帰り、家で肉料理などに付けて食べています。
f0036857_13355044.jpg

もずくもあったので、それもしゃぶしゃぶ。
f0036857_12301195.jpg

金武アグーはさすがに脂肪に甘味もあって美味しいものでしたが、オウナーが絶賛するほどにまでは思わないのは、他でいろいろ食べちゃってるからでしょうか。
島野菜も僕らには珍しいと思うものばかりですが、こうして鍋で食べてみるとそれほどの特徴も・・・とまで言うのは意地悪かもしれません。
本当は肉のお替りもしたいところですが、ここはぐっとこらえて、コースの〆、「じゃがめん」をお願いします。
f0036857_12304118.jpg

何でも宜野座村の特産品だそうで、じゃがいもの入った麺と。
肉や野菜の出汁が十分出た鍋に入れて、一煮たちしたら食べられます。
f0036857_12323250.jpg

これもオウナーが言う「絶品」には感じませんでしたが、もちろん素朴な味で悪くありません。
f0036857_12325568.jpg

しかし「絶品」だったのはこの出汁の出まくったスープで、僕は残ったスープを何杯もお替りしてしまいました。
f0036857_1233294.jpg

で、何で肉のお替りをしなかったのかですが、それは偏にアラカルトメニューにあったラフテー(800円)の魅力故です。
f0036857_1234274.jpg

ラフテーに使う豚はアグー豚でもやや純潔度の低いものだそう、コースに出て来るような金武アグーだと煮溶けちゃうんだそうです。
いや~、それにしても旨そうな色。
煮汁が割と多く入っているのを見て、思わずご飯も注文です。
f0036857_12343026.jpg

こうしてラフテー丼にして・・・
f0036857_12345821.jpg

この煮汁がご飯に沁み込んで、ラフテーともども最高でしたよ、これ。
(ま、ラフテーはどこで食べても大抵美味しいですが)
そして最後はアイスクリームのデザート。
f0036857_12352637.jpg

塩パインアイスに琉球伝統菓子の「謝花きっぱん店」の冬瓜漬けのトッピング付きです。
すみません、桔餅(橘餅)にフォーカス合わせ過ぎました。
これも沖縄を代表する銘菓、お土産ですよね。
ということでこの「金武アグーしゃぶしゃぶ金武」という店、いろいろこだわっている店のようですが、大推薦とまではいかないかもしれません。
でもご興味のある方は是非、オウナーおよび店員さん達も親切な対応でしたよ。
なお日曜日はお休みです。
最後にオウナーの名刺の裏を・・・。
f0036857_14345486.jpg

by shackinbaby | 2017-11-23 13:00 | グルメ | Comments(2)
Commented by fitnessfreak at 2017-11-23 15:22 x
お昼は抜きだ宣言しておきながら、にふぇーらの前に行ったり、妻に頼まれたお塩を探してたら、いつも混んでる公設市場近くの焼肉屋ししやさんが空いていたので、ついフラフラと入ってしまいました。牛の握り美味しかったですよ。昼オリオンも飲めて良い気持ちになってハイアットへ帰って来て、ちょっとしたら、罪滅ぼしにジムに行く予定です。シャブシャブも美味しそうですね。ひとり客でも大丈夫そうなので行ってみようかな(笑)。でも明日以降にしよう。今日はカロリー摂り過ぎました。
Commented by shackinbaby at 2017-11-23 19:50
>fitnessfreakさん
「公設市場近くの焼肉屋ししや」、さっそくググりました。
便利な場所にありますね、覚えておきます、情報有難うございます。
「罪滅ぼしにジムに行く予定です」は何しろfitnessfreakさんですから、ぜひフリークぶりを・・・(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< JAL国内線ファーストクラス1... バンコク48時間食べまくり (... >>