ヒルトン東京
いろんな用事が次々にあってホテルに泊まったほうが楽って気がついたのが、宿泊の前日。
この時期ホテル業界は閑散期かと思ってPCを覗くと、以外にも宿泊料金が高め、それに満室表示のところも多いのです。
コストパフォーマンスも重視する僕は、あちこちとホテル予約系サイトをサーフィン、久しぶりにPCの前で必死こいちゃいました(若者言葉?)(笑)。
で、選んだのがヒルトン東京。
ヒルトンのネット予約チャンネルはヒルトン直系だけでも3つほどあります。
そのどれもが同じ料金が出てくるわけではないのが面白く、その中のehotel-reserve.comのほうから「季節限定オータム・スペシャル」という最安料金(19000円)を見つけました。
直前キャンセルができない特別料金ですが、その他の予約チャンネルでは見つけられないレートでした。
アサインされたのは高層階のエグセクティブ・フロア。
ヒルトンのメンバーシップのおかげで、アップグレードされたわけです。
通常ここに泊まるには最低でも3万円以上はしますから、本当に「ヒルトン・Hオナーズ」様々です。
f0036857_12552848.jpg

改装されてすっかり最近のホテル・デザインのトレンド「コンテンポラリー・モダン」になっています。
ヒルトン伝統の障子やデザイン上にジャパネスク趣味も残し、赤・黒・シルバーをアクセントカラーに配しています。
部屋も広く見えますし、新築のコンラッドやマンダリオン・オリエンタル並みとは行きませんが、まずまずの改装かと思いました。
ベッドやリネン類も、ずいぶん良くなりました。
f0036857_12554246.jpg

ウェルカム・アメニティーは果物、お菓子(ぱいまんじゅう)、箱に入ったチョコレート。
f0036857_1255579.jpg

バス・アメニティーはSOMO、無料のミネラル・ウォーター、その他たくさん。
SOMOは僕の友人にも好評で、親分格のモルトン・ブラウンより人気です。
f0036857_12561257.jpg

リニューアルといっても水周りはそうそう変えられません。
シャワー・ブースが作れなかった分、バスタブに透明のアクリル・パネルをつけ、半分シャワー・ブース機能も兼ねられように作り変えられました。
このタイプの改装をはじめてみたのは、ソウルのウェスティン・チョスン・ホテル、6~7年前のことだったでしょうか。
f0036857_12572136.jpg

もちろん天井にはレイン(フォレスト)シャワー付きです。
by shackinbaby | 2006-12-02 12:54 | ホテル | Comments(3)
Commented by まっつん at 2006-12-04 08:55 x
新宿の高級ホテルにその値段でとまれれば最高ジャン。
いい待遇受けたみたいだし。
俺が行ってもだめなわけよね、その好待遇は。
Commented by shackinbaby at 2006-12-04 22:34
まっつん先生にはshackinbaby宅のプレジデンシャル・スイート・ルーム(そんなのあるのかよ!)を提供します(笑)。
僕ら夫婦のフル・アテンドで。
Commented by まっつん at 2006-12-05 08:55 x
ほんとに?じゃ、すぐ行く!
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒルトン東京(2) プロレス・ファンのためのお茶?... >>