蓄音器館
金沢から帰ってきました。
羽田・小松間は実質45分のフライト、小松・金沢間はバスで40分。
意外に近かったという印象です。
奥さんが彼女の用事を済ませている間、「金沢蓄音器館」という小さなミュージアムに行ってきました。
f0036857_1145995.jpg

故八日市屋浩志氏の収集「山蓄コレクション」(蓄音器540台、SPレコード2万枚)を元に作られたマニア向けニュージアムです。
扱っているのは明治から太平洋戦争前の機材、音源ですから、今のファンにはあまり興味がわかないように思われがちですが、どうしてどうして「視覚的」にこれ、かっこよくないですか?
f0036857_1183753.jpg
f0036857_1185321.jpg
f0036857_119853.jpg

f0036857_119421.jpg

で、実際に音も聞けるんです。
一日3回、オネーサンがエヂソンの時代からの貴重な音源を再生してくれます。
音質は予想以上に良いのにビックリです。
f0036857_1221717.jpg

壁には貴重なSPのコレクションもあります。
f0036857_123741.jpg

こういう大きいのはダメだけれど、小さめのプレーヤー・タイプのはインテリアに良さそう。
でも、もちろん今買えば、目の玉が飛び出るほど高そうだけど・・・。
f0036857_1253322.jpg

たった250円の入場料で、たっぷり楽しませてもらったミュージアムでした。
by shackinbaby | 2006-12-07 23:33 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 山乃尾 ホテルJALシティ羽田東京 >>