二人世界
中級以上のレストランにはたいてい「二人世界」という2人用のセット・メニューがあります。
たいていはアラカルトで頼むより安くできてますし、好きなものが入っていれば、店のスペシャリティも味わえるので、かなり「お得」といえます。
しかも、夜の「二人世界」より昼用の「二人世界」のほうが安くできているので、2日目のお昼に、ホテル直結のショッピング・モール「パシフィック・プレイス」内の人気レストラン「采蝶軒」で試してみました。
この店、ロンドンなどでは「ZEN」という名前で店を出していますし、「采蝶軒」の名前では上海にも進出しています。
店の中央には、風水的に最高という形でシュールな龍のオブジェが飾られています。
店には、およそ300人は入っているでしょう。
感じ的には、ギューギュー詰めです。
おしゃれなショッピング・モール内の店なのに、ここは喧騒の真っ只中、まさに「食のカオス」です。
そんな中でも、料理は待たされることもなくサーブされます。
空になったお茶の瓶にも、常に気を使っています。
雑なようでいて、眼は行き届いています。
これはすごいことです。

まず最初のお皿は、普通に又焼(チャーシウ)です。
でも、これが美味しい、素晴らしい出来です。
外はカリカリ、中はジューシー。
焼き物の極致、さすが香港の店です。
f0036857_13543990.jpg

フカヒレと細切りチキンのスープです。
フカヒレの量もみすぼらしくなく、口の周りのベタベタ感も、相当のコラーゲン量を感じます。
f0036857_13545098.jpg

それなりの大きさの鮑が出てきてビックリ。
これは何頭くらいの大きさになるんでしょう。
久しぶりのナイフとフォークで食べる鮑です(笑)。
歯にネットリ絡みつく鮑の食感・・・しばらく忘れていました。
オイスターソースも美味しく、あぁ、幸せ(笑)。
f0036857_1355015.jpg

次のこれも最高です。
牛肉に見えます?
これ、鳩肉なんです。
薄切りのガーリックとと炒めた鳩肉は、柔らかく、とにかくジューシー。
この店のスペシャリティというのも頷けます。
f0036857_13551337.jpg

「富貴黄金蝦」というこれまたこの店のスペシャリティ。
塩漬けの卵をまぶして揚げた蝦です。
f0036857_13552695.jpg

野菜とゆず味のツミレの炒め。
もうこの辺で相当お腹いっぱいになってしまいました。
f0036857_1357266.jpg

雲南ハムとホタテの炒飯。
ご飯の粒立ちと、その周囲に絡んだ卵、ハムもホタテも渾然一体となって、素晴らしい出来の炒飯でした。
f0036857_1405856.jpg

香港などのレストランの良いところは、結構気軽にメニューの一部を変えてくれるところです。
ここでもフルーツの盛り合わせというセット・デザートをマンゴ・プリンに変えてもらいました。
f0036857_1411152.jpg

マンゴ・プリンの出来は残念、普通でしたが、コース全体としてはなかなかの高評価です。
ホテル内などの超高級店の半分の値段で、これだけのものをお昼に食べられるんですから、香港のレストラン、恐るべし。
by shackinbaby | 2006-12-26 00:46 | グルメ | Comments(4)
Commented by maskman at 2006-12-25 15:04 x
二人世界って、さがらなおみ?
それとも、あおい輝彦?(笑)
Commented by moonbow22 at 2006-12-25 22:42
お帰りなさい。
美味しいものたくさん楽しまれたようで何よりです。
見ているだけで私も栄養をいただけそうです。
それにしても夜用&昼用の「二人世界」とは・・・(^^;)。
Commented by shackinbaby at 2006-12-26 20:44
maskmanへ、
そんな昔の人、知らないよ(笑)。
あおい輝彦の娘がタイで人気歌手なのは知ってるけど・・・。
Commented by shackinbaby at 2006-12-26 20:46
moonbow22さん、
はい、たくさん食べてきました。
はっきり言って「食べすぎ」です(爆)。
食べるのに夢中で写真がうまく取れなくて、見苦しい写真が多いのは恐縮です。
お正月が過ぎるといよいよベトナムですね。
旅行記も楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード


<< クリスピー・クリーム 夕食後はフット・マッサージ >>