突っ込みどころ、満載(笑)
今日のうちの夕食時、大爆笑(?)だったニュース。
もちろん皆さんもうご存知かもしれませんが、
「サミット会場の英国人料理長が暴行」
ってやつです。
なんでも
・・・・北海道洞爺湖サミットの会場となるホテルに勤務するイギリス人が、暴行の現行犯で逮捕されました。
逮捕された「ザ・ウィンザーホテル洞爺」のフランス料理店の料理長、ジェームス・ウィルキンス容疑者は19日朝、札幌のファーストフード店で従業員に腹を立てて床に引きずり倒し、逃走する際、別の従業員にも暴行を加えました。
ウィルキンス容疑者は去年料理長として迎えられ、この日は休日だったということです・・・・
ということなんだそうです。
でも
★何故に世界有数のフランス料理店「ミシェル・ブラス」の料理長がイギリス人??
★しかも何故にまだ31歳なの??天才?人不足?
★何故にそんな有能なシェフがマックなんかで食べるの??
★何故にバーベキュー・ソースなんかを取ろうとしたの?あるいは使おうとしたの??味音痴?
★何故に従業員一人じゃなくて数人に暴力を振るわなくちゃいけないの??朝の9時過ぎなら酒も飲んでないでしょうに?
もう我が家では、もうこの話題で本当に持ちきりでした。
F&B部門の充実で知られる「ウィンザー洞爺リゾート&スパ」、サミット後の海外宿泊客の獲得を目的に、「食文化」を切り口に和食部門を更に強化すると発表されたばかりです。
従来の和食の基幹店だった「美山荘」との契約終了にあわせ、新しい基幹店としてなんとなんと京都の料亭「嵐山吉兆」の招聘に成功したのだと・・・・。
それも、従来のスペースから2倍に拡大し、同料亭の料理や優美な内装をホテルに再現したほか、同料亭の主人である徳岡邦夫氏も招き、徳岡氏自らが腕を振るう予定といいますから相当に力(りき)が入っています。
営業開始は7月11日で、予約は4月11日から受け付けるそうです。
このほか、「銀座久兵衛」も4月25日に新規オープンするほか、従来の蕎麦処「達磨」はスペースを1.5倍に拡張し、11階を和食ゾーンとして展開。
総改装費は推定10億円で、海外富裕客に日本のリゾートホテルならではの空間演出とライフスタイルを提案していくと聞きまました。
そんなときに、この不祥事じゃぁ・・・ね。
これが、「ミシェル・ブラス」のシグネチャー・メニュー、野菜のガルグイユです。
f0036857_21284777.jpg

これが食べたくて世界中からこの店を目指すのに・・・・シェフが31歳の暴行イギリス人じゃなぁ(泣)。
by shackinbaby | 2008-04-19 20:51 | Comments(2)
Commented by 好(ハオ)くん at 2008-04-20 17:52 x
我が北海道で、しかも札幌で何とも人騒がせな事件ですよね。今朝の北海道新聞にもやや大きめに取り上げられていました。私も英国人に????と思いました。あのマックは、ススキノからすぐのところで人通りも激しいのです。ススキノでお酒を飲まれていたのではないでしょうか?
Commented by shackinbaby at 2008-04-21 10:32
好(ハオ)くんさん、いつもど~もです。
関東ではその後「後追い」の報道も少なく、どうも我が家だけの突っ込み(笑)だったようです。
薄野の近くのマックなんですか?
それならやっぱり夜通し飲んでの朝食だったのかな?
でも、一人ならずも続けて人に暴力は・・・いけません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 行くのはシンガポールです アリ・オリー再び >>