ニューオーリンズへの道(2) ラウンジ@オヘア空港~ニューオーリンズへ
シカゴのオヘア空港はとにかく巨大です。
でもJALの10便が着く午前9時台(ここから現地時間で表記します)の国際線専用ターミナル(ターミナル5)は、同時刻に着く他の飛行機が少ないので、イミグレは空いていることが多いです。
ただ似た時刻着の大韓航空(KE)機と重なると、最近はイミグレで指紋を取ったり時間がかかるので、長蛇の列となることもあるようです。
イミグレ→荷物のピック→乗り継ぎ用に荷物の預けなおしと事は進み、今度はアメリカン航空国内線専用ターミナルであるターミナル3に移動です。
ターミナル間の移動には、このエアポート・トレインを使います。
f0036857_20213674.jpg

ターミナル3です。
典型的なアメリカの中規模以上の空港の作りですね。
f0036857_2027822.jpg

国内線ターミナルらしく、全米各地へのフライトがあります。
ここシカゴのオヘア空港はアメリカン航空のハブ・・・ものすごい数のフライトです。
f0036857_20222075.jpg

乗り継ぎに3時間強もあるので、いろいろなところで時間をつぶします。
まずは、ニューオーリンズ行きが出るKというコンコースの16番をチェック。
f0036857_20274571.jpg

このKの他にもいくつものコンコースがありますが、Kが一番のメインになっているようで、K16の近くには他のエアラインで言う「ファーストクラス・ラウンジ」にあたる「フラッグシップ・ラウンジ」ガあります。
ワンワールドのエメラルドのステータスを持つ僕は、ニューオーリンズまではエコノミーの搭乗でもここを使えます。
f0036857_20225278.jpg

入れる人が限定されているので、中はとても静か・・・というよりほとんど人がいません。
調度品も高級、おいてあるF&Bも他のアメリカのエアライン・ラウンジの平均を大きく凌駕しています。
(といっても、世界的に見れば全然・・・ですけどね)
大型TVには、シカゴが本拠地のオバマ氏のニュースばかり映っています。
そういえばあと数日で大統領選ですね・・・。
f0036857_20231221.jpg
f0036857_20233676.jpg
f0036857_20234933.jpg

スタッフもフレンドリーかつ親切で、居心地の良い場所でした。
ただ、シャワー設備などがここにはありませんので、同じコンコースのK5という登場口の近くにある「アドミラル・クラブ」(アメリカン航空の「普通の」ラウンジ)に移動します。
ここは先ほどのラウンジと違ってものすごく大きくて人の出入りもすごい・・・ここでシャワー・ブースを借ります。
設備的にはやや古めですが、スペースも充分あり、長旅系の旅行者にはとてもリフレッシュ出来る施設です。
f0036857_20241121.jpg

こうしたラウンジは日本のネットではあまり紹介されてい内容なので、あえて詳しめに載せてみました。
ニューオーリンズ行きアメリカン航空321便(コードシェアしているJALの便名で言えば5484便)は、ほぼ満席状態で、約2時間半のフライト。
機材はMD-80で、コンフィグは2-3でした。
さて、オヘアからすると、とてもローカルな空港に見えるニューオーリンズ空港、こんな大きな絵と銅像が僕を迎えてくれます。
あぁ、街に着く前から気分はもう「ニューオーリ~~~~ンズ!」ですよぉ(笑)。
f0036857_20242796.jpg

で、見てください、この表示。
この空港ではなんと主要設備にすべて日本語表示があるのです。
親切~~~っ!
あと面白いのはこの空港、ルイ・アームストロング(上の写真のトランペットを持っている人)の名前を取ってルイ・アームストロング空港というらしいのですが、実際には誰もそう呼びません。
ただニューオーリンズ空港。
たとえばLAのトム・ブラッドリーのようにごく普通に人の名前が使われているところも多いのに・・・ルイさん、ちょっとかわいそう。
f0036857_20244865.jpg

もちろん空港を出る前に、ツーリスト・インフォメーション・センターに寄って、各種の無料情報誌をGETすることも忘れません。
f0036857_945444.jpg

さぁ、いよいよニューオーリンズだぁ~~~~(笑)!
最後にニューオーリンズの地図を載せておきますね。
f0036857_19463175.gif

by shackinbaby | 2008-11-05 23:20 | 旅行 | Comments(6)
Commented by 好(ハオ)くん at 2008-11-06 00:07 x
オヘア空港懐かしいです。私はここからミネアポリスに乗り換えました。
他社でJALで発行されたOWのステータスカードを見せても、「使えない」と言われることが多かったです。コードシェア便だから、便名がJALのチケットになっていても搭乗するのはAAなのに入れてもらえませんでした。サファイアはあまり海外では通用しないと思っています。
さすがエメラルドはすごいですね。ミネアポリスの空港も、日本語表示があってびっくりしました。英語表記でも困らないにしろ、ちょっと嬉しくなりますよね。シカゴの空港で面白かったのは、売店みたいなところに生のリンゴや人参が売られていて、それを買って搭乗口付近で食べている外人さんが多かったことでしょうか。私の中ではアメリカ人=生リンゴ大好き というイメージが未だに拭えません。
Commented by leroy at 2008-11-06 12:26 x
いつもながら最初からステキなご旅行ですね。
いつも貧乏旅行のわたしなど、いつになったらこうして優雅に旅が出来ますことやら。
そんな時まで、shackinbabyさんのブログでお勉強ですぅ。
Commented by まっつん at 2008-11-06 14:09 x
サッチモだろ。俺だってそのくらい知ってもぜ。
Commented by shackinbaby at 2008-11-06 19:18
>好(ハオ)くんさん
そうでしたか?規約上はアドミラルクラブならOKなはずですけどね。
知識のないスタッフも時々いますからね、そういう人に当たってしまったんでしょう。
残念でしたね。
AAの「フラッグシップ・ラウンジ」は、ニューヨーク、ロス、ここシカゴとロンドンにしかないんです。
僕はロンドンのは知りませんが、アメリカの3箇所の中ではロスのが好きですね。
とにかく明るいし・・・。
あとリンゴの件、確かに空港のあちこちの売店においてありました。
あとバナナも目立ちました。
バナナはともかく、アメリカのリンゴの生は美味しくないと思いますけどね・・・。
Commented by shackinbaby at 2008-11-06 19:22
>leroyさん
はい、おかげさまで今回も多少の失敗はありましたが、おおむねスムーズに各所でサービスを享受することが出来ました。
これは経験を重ねること・・・これ以外には無いんじゃないでしょうか。
あと多少のお金も使うこと(笑)。
そうすればleroyさん、僕の年になれば全然大丈夫になること請け合いです。
Commented by shackinbaby at 2008-11-06 19:27
>まっつん
よく知ってたね、まさにその通り。
ま、最近のニューオーリンズは「ジャズの」街というよりは、「ジャズを含めたあらゆる黒人音楽が聴ける」街って言うほうが、当たってるみたい。
確かに街中で自然発生的に音楽が湧き上がるなんてのは、この街ならでは、って気もしたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< ニューオーリンズのホテル (1... ニューオーリンズへの道(1) ... >>