ソウルの美味しいもの (1) インサドンスジェビ
僕の旅の報告は、たいていは経時的に報告するのですが、今回はちょっとアットランダムにやらせてもらいます。
まずは「食い物」系からです。
最初は、観光客に人気の仁寺洞(インサドン)の伝統ストリートをちょっと入った所にあるこの店のレポートから行きましょうか。
この界隈は韓国の家庭料理から高級韓定食まで、伝統茶や伝統酒のお店もたくさんありますが、僕は一人旅。
かしこまって豪華に食べる店よりこういうほうが・・・と選んだのが、このスジェビ(すいとん)専門店です。
名前は、まさにその通り(笑)の「インサドン・スジェビ」と言います。
f0036857_19541496.jpg

すいとんというと日本ではもうあまり食べられなくなりましたが(実際僕の記憶もおぼろげ・・・です)、韓国では昔からずっと食べられている家庭料理なんだそうです。
それにしてもこの店、ものすごく分かりにくい所にありました。
ハングルの洪水の中を数回左右に曲がるからなんですが・・・それに、確か日本語の看板も無かったし・・・。
f0036857_19543625.jpg

愛想の良いアジュマの声に促されてオンドルの床に座ると、壁一面に並べられてあるハンアリ(土壷)に圧倒されます。
そういえばこの店、正式名称は「インサドン・ハンアリ・スジェビ」だそうで、ハンアリにとてもこだわりを持っている店のようなのです。
建物は仁寺洞に多い昔ながらの伝統家屋、木のぬくもりを感じる落ち着いた雰囲気ですが、そうアンティークといったほどのものではなさそうです。
「スジェビ、ハナ、ジュセヨ」とかいい加減な韓国語で注文します(笑)。
でも、通じます。
ハナは「1」、つまり「ひとつ」です。
で、出てきたのが、これ。
これで何と5000ウォン、320円くらいなんです。
f0036857_1955763.jpg

スジェビはハンアリの中で実に熱々で出てきます。
まず、スジェビの魅力の一つでもあるスープ、でもちょっと何かが欲しい!足らない!と思ったら、テーブルの端に置いてあるプッコチュ(青とうがらし)入りの醤油を入れます。
味にキレが出る感じです。
それからとにかく熱いので、ハンアリからひょうたん型のしゃもじでお皿によそって食べます。
かなり辛口のキムチも食べ放題です。
f0036857_19552178.jpg

スジェビを食べてみます。
写真を見てください。
牡蠣が見えますか}
この牡蠣が入っているのが、この店が他のスジェビお店と違う所なんです。
(夏は牡蠣ではなくてアサリになるそうです)
スープのダシは基本的にはイリコと昆布だし、そこに牡蠣が入ることによってさらに美味しいスープが出来上がる、ということなんでしょう。
やや薄味とも思えるこのスープですが、やはり美味しいものでした。
キムチとの相性もバッチリです。
f0036857_19553489.jpg

僕のおフクロさんが作ってくれたかすかな記憶の中にあるすいとんは、もっと団子状だったような。
ここのは薄く平べったい感じのもの。
ハンアリの中には、ぶつ切りじゃがいも、ズッキーニなど野菜もたっぷりで、これは体の温まる実に良い感じのB級グルメをいただきました。
決して韓国料理の王道ではありませんが、一度は食べてみたい庶民料理ですね。
by shackinbaby | 2008-11-30 00:47 | グルメ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ソウルの美味しいもの (2) ... またまたソウルへ、もちろんたっ... >>