2008年 10月 27日 ( 1 )
羽田からソウル金浦へ
午後1時まで仕事、急いで身支度を整えて、羽田空港に向かいます。
もう最近ではソウルに行くのは羽田から、とにかく近い、早い、簡単で、便利この上ないです。
欲を言えば、羽田空港の国際線ターミナルがいかにもしょぼい、羽田・金浦線はいつも混んでいて、値段がやや高め・・・なのが難点と言えるでしょうか。
ただ僕の今回の場合は、JALのマイレージを14500マイル使った特典旅行なので、値段のことはなんとも言えないですが・・・。
f0036857_913457.jpg

未曾有の韓国ウォンの安さに、日本全国の銀行でウォンの現金の在庫が底をついているという中、ここ羽田空港の新韓銀行の両替所は、両替の上限無しで、いくらでもウォンの現金を買うことが出来ます。
レートは100ウォンが7.3円くらいでした。
(その後またウォンが下がって6円台になったようですが・・・一体韓国経済はどうなっちゃうのでしょう)
手荷物だけなので自動チェックイン機を利用、残念ながらアップグレードは無し。
それでもアッパーのエマージェンシー・シートの窓側、つまり70Aが取れたので、無料で乗るものとしてはこれで良しとするしかありません。
ラウンジへのインヴィテーション・カードをもらったので(これは免税店での1000円券としても使えます)、ラウンジでさっき国内線第2ターミナルの千疋屋で買ったフルーツ・サンドイッチを広げ、簡単なお昼とします。
朝から何も食べていなかったので、うま~~い(笑)。
f0036857_914916.jpg

搭乗した15時35分発のJAL8834便は、満席に近く、ところどころ3列の真ん中が開いている程度。
いくら客単価が低くても、連日これだけ乗ってくれれば、JALさん、御の字じゃないでしょうか?
スーツ姿の日韓のサラリーマンがかなり目立つのは、さすが羽田発ならではです。
機内食はJALが最近宣伝している雑誌「食楽」とコラボした「食楽空弁」。
f0036857_97396.jpg

この空弁、羽田発・金浦発にそれぞれ3種類あって、今日のはその中の「丹」というもの。
ゆかりご飯、野菜の煮付け、海老寿司、蒸鶏唐辛子味噌和え、蟹新丈、青菜ご飯、芋菓子、タコ飯が並んでいます。
成田発なんかのソウル線の食事より見た目もずっと良いし、味も悪くなかったですよ。
コンビニで買うとしたら7~800円はすると思いますね(笑)。
金浦空港には定刻より早めの17時40分頃には到着、イミグレも空いていて、荷物のピックも両替もない僕は、18時にはタクシーに十分乗ることが出来ました。
空港からのタクシーはもちろん一般タクシー、模範タクシーなんて高くて使いません。
一般なら初乗りはたったの1900ウォン(150円弱)と激安。
黒塗りの模範タクシーは何と4500ウォンからのスタートです。
小雨の中を南大門の近く、ソウル駅前のミレニアム・ソウル・ヒルトンまで約35分、値段は確か2万ウォンでお釣りが来たのですから、1500円強といったところでしょうか。
こんなに走ってこの値段ですから、これは最初から円高ウォン安の恩恵を実感することが出来ました。
19階のエグゼクティブ・フロア入り口の椅子に座ってのチェックインはとてもスムーズ。
アサインされた部屋は一番奥の角部屋。
ただソウル・タワーが見える南山ビューではなくて、ソウル駅が見える高層ビル・ビューの部屋です。
f0036857_923359.jpg

2方向がフル・ハイトの一面の窓で、他の部屋より広めに感じる部屋でした。
部屋の作りはシンガポールのヒルトンに似ていて、同時期に作られたヒルトンに共通する匂いを感じ取れます。
ただベッドだけはもう少し良い(新しい)ものを導入してもいいかも・・・です。
f0036857_924922.jpg

ウェルカム・アメニティーはダブル。
フルーツとチョコレート。
f0036857_931039.jpg

バスルームの仕様も驚くほどシンガポールと似ています。
つまりシャワー・ブース無しのバスタブ・オンリーの作り、ただバスタブはかなり大きめです。
f0036857_952582.jpg

エグゼクティブ・ラウンジは2箇所あります。
f0036857_9341100.jpg

こちらの窓からは、雨にけぶるソウル・タワーと明洞の街の明かりが一望の下に見えます。
良い景色です。
f0036857_935766.jpg

一息入れたら、ソウルの街に出撃の予定。
どこで遊ぼう・・・じゃなくて(笑)、どこで何を食べよう・・・とラウンジにいた男性スタッフと相談です。

さぁこれで今日の分は終わり・・・と思ってネットのニュースを見ていたら、こんな記事が。
何とついに羽田空港からパリへの直行定期便が就航決定だそうです。
羽田~パリ直行便の就航で合意、2年後にも 
「国交省は、東京・羽田沖で建設中の滑走路の供用開始後、羽田空港とフランス・パリを結ぶ直行便を就航させることでフランス側と合意した。滑走路の供用開始は2010年10月の予定で、直行便は午後10時から翌朝7時までの時間帯に、一日1便運航する予定。羽田空港とヨーロッパを結ぶ定期便は、成田空港の開港後は初めてとなる。」
う~~~ん、ついに成田終了(?)の時期が来てしまいましたか。
たぶんエールフランスが飛ばすのでしょうが、JALとコードシェアでしょうね。
楽しみ~~~。
これでますます成田が遠くなりそうですね。
by shackinbaby | 2008-10-27 08:59 | ホテル | Comments(11)