2011年 05月 12日 ( 2 )
「御宿ジ・アース」の客室の展望台
「御宿ジ・アース」の部屋を良~くチェックした後は、館内の探検に乗り出します。
僕らの「メゾネットスイート」があるのはこの旅館(これからは「ホテル」ではなく「旅館」と表記します、理由は以前の記事に・・・)の1階。
この階には客室が全部で10室、その他に大浴場、リラクゼーション、エステティックなどが・・・。
上の2階には、玄関、ロビー、コンシェルジュ、売店、ダイニング、ライブラリー&バーに、客室が5室。
その上が3階というか屋上階で展望台になってるというのが、この旅館の構造です。
で、まず僕らの部屋から廊下続きのリラクゼーションというエリア。
f0036857_12595725.jpg

スタイリッシュな家具が並びます。
f0036857_1302570.jpg

ゆったりした配置が嬉しいです。
f0036857_1304846.jpg

マッサージチェアの後ろには各種の雑誌などが・・・。
f0036857_131756.jpg

ついたて状の仕切りの裏は男女別の大浴場への通路。
ただそれぞれの浴場はあまり広くなく、とても「大」浴場とは言えません。
階段の途中にはこんな場所も・・・。
足つぼの刺激用?
f0036857_131473.jpg

今度は屋上階の展望台に上ってみましょう。
f0036857_132935.jpg

館内は履物無しで歩きますから、屋上階で、並んでいる色々なサイズのクロックス(の靴)に履き替えます。
f0036857_1323414.jpg

広い屋上というかデッキの上に突き出す、2階にある六角形のダイニングの屋根の上に位置する展望台に上ってみます。
f0036857_1325147.jpg

そこからの眺め。
f0036857_13124090.jpg

冬の天気の良さそうな時には、渥美半島はもちろん、もしかしたら富士山までも見えるかもしれません。
f0036857_134622.jpg

ここからはさすがに展望台の名前の通り、360度の眺望が開けています。
緑一杯の木々に覆われた山、綺麗に弧を描いた湾、素晴らしい色合いの静かな海、それでもホテルの下の辺りにはいくつもの大岩が付き出ていて、その周囲で渦を巻く荒波・・・。
いや~~っ、絵になる場所です。
f0036857_1345618.jpg

そしてこの日は気持ち良く晴れ上がって風や湿度がちょうど良く、本当にいつまでもここにいたい気分になります。
f0036857_1362723.jpg

このベッドで寝そべるのも良さそうですね。
ここなら風の音、波が岩に砕ける音、鳥の鳴き声の他は何も聞こえません。
自分の世界に入るには絶好の場所に思えてきました。
ただ他にお客がいたり、天気が悪いと・・・ですが。
by shackinbaby | 2011-05-12 00:15 | ホテル | Comments(0)
GWはカンボジア (3) 仁川からシェムリアップへ、アシアナ航空OZ737便
日本と韓国は当然時差なし、OZ103便の仁川空港到着は定時の午後5時50分でした。
f0036857_1254060.jpg

僕はここから午後7時20分発の同じくアシアナ航空OZ737便に乗り換えて、カンボジアのシェムリアップまで行くのです。
なのでTRANSFERの表示通りに移動です。
上の写真のところを左折、セキュリティ・チェックの後、エスカレーターを上がると、もう出発階です。
f0036857_126995.jpg

OZ737便は37番ゲートの出発なのを確認。
f0036857_1262551.jpg

その後アシアナ航空のラウンジに急ぎます。
(一個だけ奥さん言いつけの化粧品を買ってから・・・ですが)
f0036857_1265030.jpg

ビジネスクラス・ラウンジ。
ラウンジの入場券は、成田のチェックインの時にもうもらった気がします。
f0036857_1271698.jpg

中はとても広く、人もたくさん。
僕が以前入ったことのある搭乗棟(コンコース)のラウンジと同じように書斎風な壁がアクセントになったラウンジです。
f0036857_1274178.jpg

食べ物は簡単なもの。
無料のPCも数台置いてあります。
f0036857_128258.jpg

気分が出るように(笑)、韓国語で・・・。
OZ737便がシェムリアップ、その一つ上はプノンペン行きのようです。
でも、すごいなぁ、韓国のエアライン。
シェムリアップだけじゃなくて、プノンペンにも直行便飛ばしてるんだもの。
f0036857_1282376.jpg

これが搭乗口。
表示も大きく、英語も併記されて、とても分かりやすい。
f0036857_1284850.jpg

向かって右側の優先搭乗の列に並んだのは、ほんの数人。
この便も空いていそうです。
搭乗すると、なんとビジネスクラスは前3列のみ。
2x2の3列、計12席に、お客は僕を含めてたったの4人でした。
f0036857_1291512.jpg

機材はアシアナ航空保有の飛行機中最悪に近いA321-200。
(帰路は更に小さいA320-200でした)
この機材、とにかく狭~い、古~い。
僕はバルクヘッド窓側の1F、もちろんお隣はいません。
それでもシートピッチは狭いし(39インチ!)、フットレストはないし、何しろシートはほとんど倒れません(角度の公表なし!)。
無理して言えば座席全体のクッション性はそう悪くはないです。
個人モニターはなく、天井からの画質の悪い小型の共同スクリーンで画像垂れ流し。
手元にライトのスイッチすらなく、天井に手を伸ばして・・・です。
f0036857_1294549.jpg

窓からはアシアナ航空機がたくさん。
f0036857_12101314.jpg

成田・仁川線と違って、最初からクッションと毛布は置いてあります。
丁寧な挨拶、ウェルカム・ドリンク、新聞(日本紙無し)やカンボジアの出入国カード、VISA申請用紙、税関提出書類の配布・・・ここのFAたちは良く動きます。
f0036857_12103387.jpg

担当のFAは英語より日本語の方が堪能、ほぼネイティブと言っても良いほどの日本語力でした。
機内食はメニューを差し出される前に「韓食ありますか?」と聞いてしまう僕。
成田・仁川線で韓食を食べられなかったので、どうしても食べたかったんです(笑)。
f0036857_12105297.jpg

餃子風な前菜の後、来ました!
ビビンバ!
f0036857_12112257.jpg

ご飯を入れて、大量のコチュジャンを載せて、混ぜ混ぜ。
f0036857_12114191.jpg

やっぱり、うま~~い。
付け合せはキムチかと思いきや、赤くないだけでいかにも韓国風の匂い・味付けの白菜の漬物でした。
そうそう、この臭いで思いだしました。
成田・仁川線では全く感じなかったのに、このシェムリアップ行きの便に乗った途端、キムチとコーヒーの入り混じった匂いを強烈に感じたのです。
以前あるフランス人が日本に来ると、地下鉄でもどこでも味噌汁の匂いがするって言ってましたが、そんな感覚でしょうか。
f0036857_121212.jpg

フルーツと餡入りのトック(餅)がデザートとして続きます。
f0036857_12122245.jpg

シェムリアップまでは5時間10分のフライト、食事の後は歯を磨いて、少し寝ることにします。
何しろ機内エンタメ系が日本人には最低ですから・・・。
カンボジアとの時差は2時間ですから、シェムリアップ空港には現地時間の午後10時30分頃の到着予定です。
by shackinbaby | 2011-05-12 00:09 | 旅行 | Comments(4)