2014年 04月 30日 ( 3 )
「フィオレンティーナ」のスフォリアテッラ
たにともさんに教えていただいた「グランドハイアット東京」のペストリー・ブティック「フィオレンティーナ」のスフォリアテッラ(sfogliatella)です。
f0036857_2014724.jpg

ババと並んでナポリなど南イタリアを代表するスイーツで、イタリア語で「ひだを重ねた」という意味を持つ、貝殻をかたどった焼き菓子。
僕はボストンで食べたことがありますが、それよりサイズは小さいものの、「フィオレンティーナ」の方がパイの出来・フィリング(カスタードクリーム、アーモンドクリーム、リコッタチーズ)の甘さがずっと繊細な出来で、食べやすかったです。
いつか本場で食べてみたいです。
たにともさん、美味しいお菓子のご紹介を有難うございました。
by shackinbaby | 2014-04-30 08:51 | ホテル | Comments(12)
春の韓国弾丸 (20) 汝矣島から地下鉄に乗って
僕の帰国便はJAL94便、午後7時15分の出発予定です。
「コンラッド・ソウル」は午後4時のレイト・チェックアウトをお願いして、午後4時までショッピング・タイムに・・・。
最近のウォン高の影響で以前より欲しいものも激減しているのですが、奥さんに頼まれたものがあります。
取りあえず「ロッテ・デパート」~明洞に行くことにします。
時間はあと5時間以上と充分あります。
なので今回はタクシーじゃなく地下鉄で行ってみましょう。
f0036857_1656050.jpg

「コンラッド・ソウル」のエレベーターでL1階に行き、ホテルから「IFCモール」の中に入ります。
一つ階を下りてL2階に・・・。
f0036857_16561940.jpg

表示が英語でも、記号でも書かれているので、地下鉄までの道は分かりやすいです。
f0036857_16563831.jpg

駅までは意外に遠く、途中にはいろいろな店があり、中央にはムーヴィング・ウォークのある部分もあります。
f0036857_16565460.jpg

韓国コスメの店などもありますが、どの店も流行ってなさそう。
前回来た時より、店が入れ替わっているところもありました。
f0036857_1657106.jpg

チケットはこの券売機で簡単に買えます。
日本語表示に切り替えられるので、困ることはありません
ただ駅名は日本語にならず英語表示なので、ある程度行き先の駅名は覚えておいた方が良いようです。。
f0036857_16572834.jpg

一回用交通カードを選択、1150ウォンにデポジットの500ウォンで、1650ウォン入れます。
f0036857_1657403.jpg

出てきたカード式のチケットをセンサーにかざし、ここを入ります。
f0036857_16575323.jpg

ソウルは地下鉄が網の目のように張り巡らされ、駅もたくさんありますが、この駅のように新しめの駅は、ホームドア設置、表示も各所にたくさんあり、僕ら日本人にもあとどのくらいで次の列車が来るのかなど簡単に分かったり、文句はありません。
f0036857_1658874.jpg

僕が行きたい「ロッテ・デパート」に行くには「乙支路入口」という駅まで行かなくては、です。
「汝矣島」からまず地下鉄5号線(紫)に乗って「忠正路」まで行き、そこで今度は2号線(緑)に乗り換えです。
乗換えもかなり簡単で、ご覧のように表示も充分、分かりやすいです。
車内には到着駅の英語アナウンスもあり、主要駅では日本語のアナウンスも聞けます。
トイレ表示も日本と同じです。
f0036857_16582314.jpg

違うのはこれ、地下街などにも時々見るガスマスク置き場。
f0036857_16583953.jpg

「コンラッド・ソウル」の客室にもガスマスクは置いてありました。
f0036857_16585159.jpg

韓国の置かれている状況を改めて認識する瞬間です。
「乙支路入口」駅まで乗り換え時間も含めて30分弱、駅の改札を出たら、チケットを改札そばにあるこの機械に入れて、デポジットの500ウォンを返してもらいます。
ソウルの地下鉄、乗り方は本当に簡単です。
shojiさんのようにバスも使いこなせるともっと安くソウルのあちこちに行けるでしょうが、僕ら一般観光客は知多鉄を乗りこなす程度でも随分いろいろなところに行けちゃいます。
タクシーと組み合わせて、時間を有効に使うと、僕のような弾丸旅行でも結構楽しめます。
f0036857_1659535.jpg

機械に日本語表示もあり、更にこうした観光客も多い駅の改札周辺にはマルチ・リンガルなサービス・スタッフもいて、スムーズに目的地まで行けました。
by shackinbaby | 2014-04-30 00:54 | 旅行 | Comments(2)
reduced rates! 39252円@「グランドハイアット東京」 (4) クラブ・キングの部屋の続き
僕が泊まった「グランドハイアット東京」の「クラブ・キング」の部屋の続きです。
f0036857_17595052.jpg

今となってはテレビは小さいかも・・・。
f0036857_180572.jpg

収納系は出来て10数年たった今でも、よく考えられていると思います。
f0036857_1802611.jpg

真四角のありきたりの部屋・備品ではなく、細かくデザインされていますね。
電話は2台、「コミュニケーション・センター」という万相談承りボタンもあります。
f0036857_1804774.jpg

木材と金属使い辺り、出来た時には格好良いと思いましたが・・・。
f0036857_181721.jpg

ビジネス・デスクとしても十分使え、コンセント・引出しもご覧の通り。
f0036857_1812274.jpg

42㎡の部屋のかなりの部分をバスルームやベイシンなどウェット・エリアに割いたのも、このホテルの特徴でした。
f0036857_1813999.jpg

スライド・ドアでこうなります。
開けておくと、部屋はかなり広く感じます。
f0036857_181548.jpg

今でもこのバスルームは良く出来ていると思います。
照明も充分、広さも充分、換気もまずまず、方向展開可能なテレビもあります。。
f0036857_1822066.jpg

置かれているカップなどの質も良く・・・
f0036857_1824065.jpg

備品がきれいにすべて引出しに収納されるのも、出来た当時は感激したものでした。
f0036857_183198.jpg

ガラス戸で仕切られた本格的洗い場付きの浴室、頭上シャワー、ハンド・シャワーもあり、お湯をこぼしてもシャワーをどうざぁざぁ浴びても全然問題のないここは、日本人には本当に嬉しい作りになっています。
f0036857_1831847.jpg

相変わらず水圧がすごいです。
f0036857_1834516.jpg

あっというまにこの大きな深い浴槽が満タンになります。
f0036857_1842431.jpg

アメニティはJUNE JACOBS。
あまり好きになれない香り、質です。
浴槽から見たベッド方向の写真。
f0036857_1844529.jpg

クローゼット。
f0036857_1884748.jpg

トイレは自動開閉のシャワー・トイレ、でもバスローブがトイレの中に掛けてあるのは、ちょっと抵抗ある人もいるかもしれません。
トータルすると、経年劣化は部分的に出てきていますが、全然許せる範囲、デザイン的にも時代遅れにはなっておらず、備品にもまだ大きな問題点は出ていません。
浴室は相変わらずゆったり気持ち良く使えるし、ベッド・リネンも標準以上。
となると、あまり文句はないといえばないのですが、全体に値段が僕の予想より高止まり、僕のようにマイ・エリート料金+アップグレードでもちょっと高過ぎと感じてしまう僕の方が値段感覚おかしいでしょうか?
f0036857_185854.jpg

by shackinbaby | 2014-04-30 00:53 | ホテル | Comments(16)