2014年 05月 11日 ( 3 )
reduced rates! 48039円@パークハイアット東京 (5) 「ジランドール」で朝食
ダイアモンド・メンバー特典@「パークハイアット東京」の一つに無料で提供される朝食というのがあります。
f0036857_23172833.jpg

41階の「ジランドール」で朝の7時から11時までアメリカン・ブレックファストか和朝食を、あるいはどの時間でもルームサービスで朝食を取ることが可能。
ただし和朝食の場合は出来れば事前予約が望ましいとのことでした。
f0036857_23175650.jpg

この「ジランドール」も本当に変わらないです。
f0036857_23181050.jpg

開放感溢れる空間の高い壁を埋め尽くす144枚のモノクロ写真のコラージュはヴェラ・マーサーのもの。
カフェで寛ぐ人々の自然な表情が、シックで落ち着いたインテリアにやさしく溶け込んいます。
カジュアルさと凛とした雰囲気が本当に上手く融合した空間です。
f0036857_23185064.jpg

客層も良く、大声でワーワーキャーキャー騒ぐ人もいないし、各自好きな席で落ち着いてゆったり朝食を取っています。
ウェイトレスの制服も良いし、彼女たちの音を立てない歩き方、しなやかな身のこなしも、東京のホテルではベスト3に入るでしょう。
f0036857_2319352.jpg

僕は窓際席に・・・。
f0036857_23192048.jpg

夜通し降っていた雨が上がり始めています。
良い天気になると良いなぁ、窓からの景色が絶対違ってくるはず。
ウェイトレスに「アメリカン・ブレックファストになさいますか?和朝食になさいますか?」と聞かれます。
えっ、事前予約してないのに和朝食でも良いの?
この日はまだ朝早いので和朝食が事前予約なしでもOKだそう、注文を決める前に取りあえずレストラン中央に並ぶアメリカン・ブレックファスト用のバフェ・テーブル(変な表現?)を見せてもらいます。
f0036857_2323175.jpg

見た感じ、どれも質が良さそう、ディスプレイもきれい・・・。
でも初めてここを利用した頃に比べると衝撃は少ないかな(贅沢)。
f0036857_2320291.jpg

典型的な朝食アイテムが並びます。
f0036857_23201491.jpg

パンも美味しそう。
f0036857_23203546.jpg

シリアルやヨーグルト。
f0036857_23205930.jpg

これはアメリカン・ブレックファストに含まれる和食(変なの、笑)だそうです。
f0036857_2321195.jpg

さぁ、どっちにしましょう、アメリカン・ブレックファスト?和朝食?
by shackinbaby | 2014-05-11 09:56 | ホテル | Comments(7)
もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (1) プレリュード
僕のゴールデンウィーク旅行はベトナムのホーチミンシティ、旧サイゴンでした。
例によって弾丸旅行、それでも2泊+1機中泊でしたから、僕の最近の旅行としては長い方かもしれません。
もちろん個人旅行で、利用したのはJAL、ダイナミックセイバー料金からのアップグレードで、767の新型ビジネスクラス「スカイスイート767」を初体験してきました。
久しぶりのホーチミンシティ(前回は2005年に夫婦で)は相変わらずのバイクとクラクションの洪水.
f0036857_17435925.jpg

それでも以前より排気ガスが改善されているような気がするのは、最近のバイクの性能向上によるものでしょうか。
街中にはたくさんの緑もあり、点在するフレンチ・コロニアルな建物は、僕らにとてもエキゾチックです。
ベトナムはもちろん猛烈な勢いで発展中、ホーチミンシティの中心部は高層ビルがニュキニョキ、前回の来越時とは相当違った景色になってきています。
それでも中心地から少し離れて、ちょっと横道に入るとこんな路上市場も・・・。
f0036857_17442840.jpg

ベトナム風菅笠着用率も以前ほどではないですが、こうしたところではまだまだ相当なものです。
ベトナム・ドンは相変わらず桁数が多い・・・。
物価はこういう地元民相手のところでは、特に食料品は相当に安く、このマンゴが1キロ45円くらいです。
もちろん実際にはもっと値切れるでしょう。
市場も本当に面白かった・・・、ただ観光客も行く市場ではボリボリがすごいです。
↑のマンゴーも10倍くらいの値段を言われそうです。
f0036857_1745239.jpg

これはいろいろな豆や米を扱う店の店頭。
ベトナムではグルメも絶対外せません。
今回タイトル通り「もうこれ以上食べられません」というところまで食べに食べてきました(笑)。
といっても高々8食くらいですけど・・・。
麺類は特に美味しく、これは人気のブンボー・フエ。
f0036857_17453676.jpg

ピリ辛の太麺、フォーも人気ですがブン(太麺)も相当ポピュラーです。
「くう」の後は「ねる」、そっちは今回こんなホテルにしてみました。
f0036857_1746159.jpg

野生の蘭の向こうにプールと真っ白なコロニアル風の客室が・・・。
夜のお姿はこんな風、闇夜に凛とした素晴らしい外観を見せています。
f0036857_17463671.jpg

じゃ、「くう・ねる・あそぶ」の「あそぶ」は?(笑)
そんなことも含めて次回からこの旅行を旅の最初から書いていきますね。
by shackinbaby | 2014-05-11 00:08 | 旅行 | Comments(8)
reduced rates! 48039円@パークハイアット東京 (4) ピークバー
韓国人のレセプショニストは僕を部屋に案内、部屋の説明も事細かにしてくれます。
もちろん慣れている人にはその一部は省略するのでしょうが・・・。
ハイアットのダイアモンド・メンバーなのでイン・ルーム・チェックインしたこと、その他ダイアモンド・メンバーの特典も詳しく説明してくれます。
f0036857_2292519.jpg

朝食は無料、41階の「ジランドール」でもルームサービスでも良いそうです。
ルームサービスでアメリカン・ブレックファストを食べると一人3900円++もしますから、夫婦で泊まると本当にすごい金額が無料となります。
45階「クラブ・オン・ザ・パーク」のフィットネスやスパ施設も無料。
更に午後5時から9時まで、41階の「ピークバー」でカナッペ&ドリンク・サービスもあるそうです。
あれっ、ということはいま「ピークバー」に行けば、何かしら喉がうるおせる?
もちろん行ってみましたよ(笑)。
f0036857_2283477.jpg

「ピークバー」にはDJが入って、低音のビートを効かせた心地良いラウンジーな音楽が次々にかかります。
f0036857_2284812.jpg

僕の周りはすべて外国人、雰囲気はもう日本じゃないみたいです。
f0036857_229344.jpg

外は雨だったので景色は大したことありませんでしたが、気分の良い音楽に好みのドリンク、小皿でたくさん並べられているカナッペ類。
これが無料で楽しめるのは、やはり嬉しい特典です。
ただここでも客が多く、ウェイター・ウェイトレスやバーテンダーは忙しそうで、卒はないものの最高の接遇とまではいってませんでした。
このホテルにはバーがもう一つ、52階には「ニューヨークバー」があります。
そこでのライブ映像を・・・。



こんなシンガーも飛び入りで歌っちゃうんですね。
すごいぞ<「パークハイアット東京」。
by shackinbaby | 2014-05-11 00:07 | ホテル | Comments(17)