2014年 05月 21日 ( 5 )
reduced rates! 26400円@「ハイアット リージェンシー箱根リゾート&スパ」 (1)
あるウィークデイの僕の休みの日、東京からほんのわずかで行けるリゾート地、箱根に行ってきました。
f0036857_14869.jpg

普通に仕事を終わり、東京駅でうちの奥さんと待ち合わせ。
何でも奥さん、かなり忙しかったらしく、デパ地下とかで買い物する時間もなかったと。
なので、僕らは東京・小田原間で本当に久しぶりに駅の売店で買った駅弁を夕食に・・・。
f0036857_142240.jpg

これといった特徴もない普通の幕の内弁当でしたが、電車の中で弁当を食べることのほとんどない僕らは、駅弁というだけでちょっと嬉しかったして・・・(笑)。
小田原で乗換え、箱根登山鉄道に。
箱根湯本からは更に小さな電車に乗り換えます。
f0036857_14348.jpg

もうこの時間、箱根湯本からの電車は1車両に客は1~2人といった感じ。
周囲は真っ暗。
昼間ならさぞかし緑がきれいでしょうに・・・。
f0036857_11283592.jpg

目的地の強羅までは約40分、途中にスイッチバックする箇所が3か所もあります。
途中駅はすべて無人駅、切符は降りる客毎に車掌が回収に走っていました。
強羅で降りたのは僕ら夫婦と、たぶん台湾からの男性2人組だけ。
駅前はタクシーの看板に明かりが点いているくらいで真っ暗、でもタクシーは停まっていません。
どうしようと思っていると、1台のタクシーが・・・。
どうやらこういう遅い時間は電車の到着時間に合わせてタクシーが来るようになっているようです。
僕らの予約した「ハイアット リージェンシー箱根リゾート&スパ」へは所要時間5~6分、値段は基本料金。
もちろん昼間なら小田原駅とホテルを結ぶシャトルバスもあるし、強羅駅からの無料送迎もあります。
着いたホテルは闇夜の中にひっそり。
タクシーを降りると、きりっとした冷気にジャケットを羽織りたくなります。
f0036857_144846.jpg

ドア周辺は無人。
ただこんな夜遅い到着は少ないらしく、満面の笑みで迎えてくれたレセプショニストは、名乗る前に僕らのことを認知してくれていました。
チェックインはテーブルの前に座ってのもの、全体に丁寧で不足のないものでした。
f0036857_145925.jpg

ダイアモンドの特典としては部屋のデラックス・ルームへのアップグレード、2名分の朝食無料、レイトチェックアウトなど・・・とのこと。
f0036857_151268.jpg

インテリアはさすがのハイアット・タッチ。
そう高級ということもありませんが、何ともスマートにまとめています。
でも、ここ、「森トラスト」が会員制ホテル「グランフォーレヴィラ強羅倶楽部」として建設したホテルをリニューアルしたもの。
実際には「グランフォーレヴィラ強羅倶楽部」 → 「グランフォーレ強羅ホテル」 → 「モルガン・スタンレー」に売却 → 2006年「ハイアットホテルアンドリゾーツ」の一つとしてリニューアルオープン → 「モルガン・スタンレー」より香港の「SUN HUNG KAI」に売却・・・という経緯をたどっています。
f0036857_152483.jpg

日本のハイアットとしては8番目のホテル。
レストラン・スパ・ロビーなどのリニューアルはお馴染み「スーパーポテト」、逆に客室などはオリジナルのままに近いそうです。
f0036857_153638.jpg

僕の予約レートはハイアットのウェブからで、マイ・エリート料金の一泊一室26400円(すべて込み)というもの。
このホテルはリゾートホテルらしく、部屋代のシーズナリティがすごくて、週末や休前日には値段が相当に高騰します。
この日はGW後のウィークデイ、かなり値段の安い方の日だったと思います。
レセプショニストが館内を案内しながら部屋まで案内してくれます。
ここは地上6階建て(北館、東・西館)、全79室のホテル。
f0036857_154935.jpg

レセプションから階を一つ降りると、このホテルを特徴付ける「リビングルーム」が・・・。
ここで午後4時から7時まで、シャンパン・生ビール・ワイン(白・赤)・コーヒー・紅茶・ジュースの、フリーフリー・サービスがあります。
僕らが行った数日前に中央の暖炉は本物(?)が終了、蝋燭での明かりに変わっていました。
f0036857_16388.jpg

以前来た時はもっと寒い頃、ぱちぱち燃える本物の暖炉の周辺で、暖炉の温もりを直に感じながら、あるいは中庭の自然を望みながらアウトドア・テラスで、好みのドリンクをいただけるサービスはなかなかに印象的なものでした。、
朝7時から10時にもコーヒー・紅茶・ジュースなど同様のサービスがあります。
f0036857_161790.jpg

そんな説明を受けながら、図書室というか談話室の「ドローイングルーム」の脇を抜け・・・
f0036857_164532.jpg

(こういうところ、いかにもハイアット風だなぁと思います)
f0036857_163061.jpg

アサインされた4階で降りて、部屋に案内されます。
f0036857_185362.jpg

by shackinbaby | 2014-05-21 00:18 | ホテル | Comments(18)
ANAがヒルトンでダブル・マイル+
ANAマイレージクラブは7月31日まで、ヒルトンのダブル・マイル・キャンペーンをしています。
ポイント&マイル・オプションでマイルをANAにすると、通常US$1の支払い毎に1マイルもらえるところ、2マイルになります。
面白いのはその後で、期間中の合計積算マイル数が最も多かった1名に、30万円分に相当する「ANA SKYコイン30万コイン」と「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」 のスタンダードルーム・オーシャンビュー2名1室の4泊分がプレゼントされるとのことです。
これは興味あるけど、1名だからなあ、バンケットがらみの宿泊などした人にはどう逆立ちしてもかなわないしなぁ・・・。
やっぱり狙うのは無理ですよね。

     https://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_partner/2014_1/hilton/index.html?cid=EMM140080mie
by shackinbaby | 2014-05-21 00:17 | ホテル | Comments(0)
今日のLCCニュース
ジェットスタージャパン乗って蟹や牛肉もらおう!

     http://www.jetstar.com/jp/ja/1jet

6月16日から22日の成田・札幌GK101便搭乗の乗客7名に蟹がプレゼントされるというキャンペーンが始まります。
希望者はイメージキャラクターの桐谷美玲さんがCM撮影で使用したカニの模型を持って記念撮影も出来るとのことです。
「ワンジェット・ワンクラブ」キャンペーンと・・・。
7月18日から24日までは成田・高松線で、今後は讃岐牛をプレゼントする「ワンジェット・ワンビーフ」キャンペーンも始まるとのことです。
f0036857_858497.png


ピーチアビエーションの機長不足問題がまた大変なようで、8月に運航予定だった那覇・台北線56便が、新たに欠航するとのことです。
この影響で、7月から10月に欠航する見通しの便数は1680便に増加。
5~6月の欠航確定便を合わせると、5月1日から10月25日までの全計画便1万2886便の16.5%にあたる2128便が欠航する見込みだそうです。
機長訓練生2人が退職したことが原因だそうですが、この人たちはどこへ?
競合他社の引き抜きということでしょうか。


春秋航空日本は国土交通省航空局の就航許可を取り、6月27日から成田・高松線など3路線を開設します。
使用ターミナルは第2だそうです。
by shackinbaby | 2014-05-21 00:16 | 旅行 | Comments(4)
もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (16) パークハイアットサイゴンのスイート
ハイアットのダイアモンド・オファーでいただいたスイート・アップグレードでスイートにアップグレードした「パークハイアットサイゴン」。
お一人様旅行にスイートは贅沢でしょうが、ま、良いでしょう。
f0036857_21501818.jpg

ほぉ、こういう感じですか、「パークスイートキング」(Park Suite King)
ホテルの外観、ロビーなど今までのインテリアと同じ、エレガントなフレンチ・コロニアルでまとめています。
スイートなのでもちろんそれにゴージャスさも・・・。
f0036857_21504249.jpg

ホテルのウェブにはこの部屋の特徴を

Park Suite Kings are 70 square metres in size and feature French wooden shutters that provide a warm residential setting.
Room characteristics include a separate living room area, a spacious bedroom, one king bed with plush feather pillows and duvets, wooden floors, a white marble bath with a walk-in rain shower, and high-speed Internet access. Pampering amenities for guests entail luxurious bathrobes, yukata garments, slippers and bathroom toiletries.

と・・・。
通常の部屋が34㎡くらいの広さですから、2部屋分の広さです。
f0036857_21505541.jpg

窓には木製のフレンチ・ドアが、そして窓からはプールが見えています。
f0036857_21511191.jpg

白塗りはあくまで白く、フレンチ・ドアの木々にも傷一つありません。
この反対側の部屋からは市民劇場が見えるそう。
部屋に僕を案内してくれた女性は、こちら側の方が静かで人気ですといってましたが、これは好みかもしれません。
f0036857_21512714.jpg

ゆったり大きなソファは僕の好みのタイプ、クッション性も座り心地も最高です。
そしてどこかのソファのように(笑)、擦り切れたり縫い目が解れたりも全くしていません。
f0036857_21543584.jpg

この一人用ソファもすごい、ここまで大型のものもホテルでも珍しいでしょう。
f0036857_21552049.jpg

テレビはBRAIA、NHKも映ります。
ウェルカム・アメニティは3種類、ドライフルーツ、クッキーと甘くないパイ。
どれも最高に美味しく、止めらない止まらない・・・です。
f0036857_21574781.jpg

クッションなどもかなりなもの。
f0036857_21554756.jpg

デスクやチェアもまた重厚、質感がすごくて、シーリング・ファンも含め、この部屋のレジデンシャルな雰囲気を最高度に高めてくれています。
f0036857_21514177.jpg

もちろん今のホテル、コンセント類は充分揃っています。
f0036857_220684.jpg

ビジネスユースにもばっちり。
f0036857_2204159.jpg

壁紙もフレンチ・テイストですね。
f0036857_21515515.jpg

ミニ・テーブルの上にはベトナムらしいフルーツの盛り合わせが・・・。
f0036857_2152111.jpg

これで季節のマンゴでも乗っていたら!
f0036857_21522734.jpg

この奥はパントリーになっていて、ま、はっきり言えば、巨大なミニ・バー・コーナーです。
f0036857_21524698.jpg

by shackinbaby | 2014-05-21 00:15 | 旅行 | Comments(5)
ANA、イスタンブール線就航か
このほど日本とトルコで合意した羽田深夜発着枠の活用なども視野に入れ、ANAは羽田・イスタンブール線の開設に動いているとのことです。
ANAは成田・関空から週21便飛んでいるトルコ航空とコードシェアしていますが、自社便での運行は実現すれば初めてとなります。
787機投入でしょうか。
一昨年、ANAが成田・イスタンブール線に就航の話もありましたが、実現はしていませんでした。
f0036857_11151947.jpg
f0036857_11153316.jpg

by shackinbaby | 2014-05-21 00:14 | 旅行 | Comments(0)