2015年 09月 03日 ( 5 )
JAL「ビジネスクラスに搭乗して一休.comレストランクーポンプレゼント」キャンペーン
JALの9月からのキャンペーン、「ビジネスクラスに搭乗して一休.comレストランクーポンプレゼント」にもご注目ください。

     http://www.jal.co.jp/inter/ikyu_cp/

キャンペーンはJALの国際線航空券を、携帯・スマートフォンサイト含め日本地区JALホームページからビジネスクラス運賃を購入、応募すると、全員に一休.comレストランクーポン1000円分がプレゼントされるというもの。
更に応募者から抽選で、一休.comギフトペア食事券3万円コースが5組10名にプレゼントされるそうです。
応募期間は11月30日までで、対象出発期間は9月28日から来年1月5日まで。
by shackinbaby | 2015-09-03 16:19 | 旅行 | Comments(0)
中国線2往復以上搭乗でマイル・eJALポイントが当たる!JAL中国線キャンペーン
JAL便で中国によく行かれる方は、JALが9月からやっている「中国線2往復以上搭乗でマイル・eJALポイントが当たる!JAL中国線キャンペーン」は登録しておくと良いと思います。
例によって当たる確率は高くありませんが、抽選で10名に20000マイル、20名に30000eJALポイントがプレゼントされるそうです。

     http://www.jal.co.jp/inter/china_cp/
by shackinbaby | 2015-09-03 16:18 | 旅行 | Comments(0)
思い出のホテルオークラ本館 (3) ルームサービスでフレンチトースト
「ホテルオークラ東京」本館終了前に宿泊して思い出に浸ろうというshackinbaby。
このホテルといえば食事、なるべく多くのレストランでいろいろ食べたいと思っていたのですが、さすがの大食漢の僕でも1泊では3食以上は食べられません。
(本当はこれに某パーティー出席でプラス・アルファがありましたが)
f0036857_23172084.jpg

ランチは和食の「山里」、ディナーは「テラスレストラン」ときたので、朝はどうしましょう。
特典で泊まっているので朝食は付いていません。
そこでホテルのウェブのレストラン案内をいろいろ見ていると、この時期やっている宿泊プランの中に「オークラ伝統のフレンチトーストとエッグベネディクトを、一度に味わえる朝食をルームサービスで」というサービスを盛り込んだプランが複数あったのです。
あ、そうだ、大好きなこのホテルのフレンチトーストを今回はまだ食べてなかった・・・。
確か通常のルームサービスにもフレンチトーストはなかったはず。
それがルームサービスで食べられるのならぜひ食べてみたい、頼めば(お金を出せば)可能かもしれない、コンシェルジュに電話してみます。
(ここのコンシェルジュ・デスクはすごいです。オールナイトで詰めているかどうかは確かめませんでしたが、深夜0時、朝6時にはちゃんとデスクにスタンバイ、on dutyでした)。
すると、しばらくの保留+折り返し電話の後、OKと。
やったぁ、それなりの料金はかかりましたが、これは嬉しいサプライズです。
頼んだ時間ぴったりにピンポ~~ン。
f0036857_23181379.jpg

新聞や靴磨きを頼んでいた靴とともに、カートが部屋に運ばれてきます。
トレイの上には野菜スティック、ちょっとした果物。
f0036857_23184979.jpg

フレンチトースト用のバターとメイプルシロップ。
バターがこれは柔らか過ぎです。
f0036857_23193658.jpg

あぁ、これこれ。
姿かたちは全く変わっていません。
このフレンチ―トーストを出している「オーキッドルーム」のウェブには
「オーキッドルームのフレンチトーストは丸1日じっくりとパンを浸け込み、お客様のご注文をいただいたら、低温のオーヴンで全面に焼き色がつくまでふっくらと焼きあげること15分。
(ここが決め手。焼き色が悪いとすぐしぼんでしまい、ぷるんとした食感のおいしさを味わえません。)
そして、メイプルシロップを添えて提供いたします。
朝食のメニューとして大変高い評価をいただき、リピーター客をつくりだして当ホテルの代表的なメニューとなりました。
また、『このフレンチトーストは、世界一』と絶賛された外国の元首もいらっしゃいます。
広びろと心なごむ、朝のオーキッドルーム。
ウェイターが爽やかな笑顔とともに運んでくるこの一品。“幸せな一日”のはじまりです。」
とあります。
そしてそのレシピは

     http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/recipe/details/452

に載っています。
f0036857_23201499.jpg

味、食感、このフレンチトーストは本当に特別というか独特で、フレンチトーストというより「ホテルオークラのフレンチトースト」という感じ。
最期に食べられて良かったです。
もちろんこの人気メニューは旧館のレストランにも、将来の新館のレストランにも引き継がれていくはずの「ホテルオークラ東京」を代表する名品でしょうから、最後というのはちょっと変かもしれませんが。
f0036857_23205690.jpg

この朝食にはエッグベネディディクトも付いていて、これまた端正な作り、およそこの料理の標準と言える作りでした。
f0036857_23215715.jpg

形もきれい、オランデーズソースもくど過ぎず、これも美味しかったですよ。
f0036857_23223841.jpg

フルーツなどは貧弱ですが、特別にこの朝食を手配してもらったコンシェルジュには感謝。
なおフレンチトーストとエッグベネディクトはホットプレートに乗せられて運ばれてきます。
有難うございました&ご馳走様でしたぁ。

参考までにルームサービスの朝食はアメリカンブレックファストとヘルシーブレックファストがそれぞれ4000円+、和朝食が4200円+でした。
by shackinbaby | 2015-09-03 16:17 | グルメ | Comments(6)
キャセイパシフィック航空のラウンジ・ポリシー
多くの方が夏休みに海外に出かけられていたのを本当に羨ましく思っていたshackinbaby。
先日夜中にいつものようにJALのマイルを使ってどこか行けないかなぁといろいろシミュレーションしていると、5日後の出発で僕にとても都合の良い時間帯のキャセイパシフィック航空の成田・香港線が往復共に空きありと出ているじゃないですか。
おっ、これはラッキー。
ちょうど中華料理も食べたくなってたし(笑)、今年は9月27日が中秋節なので月餅もまだ買えるだろう・・・。
(あぁ、ハーゲンダッツの月餅、今年もまた食べたい!)
思い立って数分、予約はもう取れていました。
羽田便に空きがなかったのは残念でしたが、ま、いいか、マイルで行けるんだし・・・。
でもそうは思うものの翌日、もう一度僕の予約日の状況を見てみると、何と羽田発の便に空きが出ているじゃないですか。
またまたラッキー。
JALにTELして、すぐに往路を成田発から羽田発に変更してもらいました(特典券なので、日にち、便名の変更は可能)。
キャセイパシフィック航空の方の予約番号も教えてもらい、今度はキャセイのウェブから席の指定を・・・。
羽田便は77Wなのでビジネスクラスは1-2-1のアブレスト、速攻窓際一人席をGETしました。
往復ともそこそこ席指定は済んでいて、混んでそうな便なのによく取れたなぁとちょっとにっこり。
キャセイの特典券は搭乗日の4日前まで取れますので、最後の最後にJALの方に席の放出があったということでしょうか。
で、キャセイのウェブを久しぶりに見ていると、こんなページに行き当たりました。

     http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/airport/lounge-etiquette-guidelines.html

「ラウンジのご利用に際してのお願い」という文章で、こんなの以前にもありましたっけ?
僕からしたらごくごく当たり前の常識的な使用ガイドラインなんですが、こういうものを出さざるを得ないほど、ラウンジを不適切に使っている人がいるということなんでしょうか。
「キャセイパシフィック航空および香港ドラゴン航空では、大切なお客様に快適な寛ぎのお時間をお過ごしいただけるよう、ラウンジでは静かで落ち着いた空間をご提供したいと考えております。
ラウンジをご利用になるすべてのお客様に快適にお過ごしいただけるよう、『ラウンジのご利用に際してのお願い』をご一読ください」

から始まり、もう最初から「そんな奴いるんかい」などと突っ込みまくりの文言満載で、これは結構面白かったです。
最初の数行だけだって
ラウンジのプロフェッショナルな環境にふさわしい服装でお越しいただくようお願いいたします (→ふさわしくない奴がいるんだぁ、短パン・ビーサンは不可?)
本や雑誌はご利用後は必ず棚またはラウンジスタッフまでご返却ください(→返さないで持ってっちゃう奴もいるんだぁ、皆が読んだ手あかのついたものなのに)
ソファや長椅子、ベンチに横たわることはご遠慮ください。テーブルや椅子、その他の家具に足を乗せることはお控えください。素足でのご入室およびご利用はお断りしております(→横たわるは長時間ディレイの時はしょうがないかも、でもその他こんなことまでわざわざ書かなくちゃならないってのは、そういう奴がいるということ?)
とか・・・。
この後は皆さんもご覧になってにやにやしてみてください。
そしてラウンジ内での言動に関して、僕を含めてもう一度見直す良いチャンスとすることにしましょう。
by shackinbaby | 2015-09-03 16:16 | 旅行 | Comments(10)
ドラマのようなスカイマーク問題
しばらく取り上げなかったスカイマーク問題。
最近アップされたこの記事「ANA、『目障りな』スカイマーク支配狙い傍若無人→梯子を外される 裏切り、裏取引…」を読んで、多少の色眼鏡はある印象はあるものの、そのあまりの波乱万丈ぶりに、本当にこれはドラマだ、いやドラマ以上にドラマだ、絶対将来これをネタに小説やドラマ化があるだろうと思わせるドロドロぶりがたっぷり楽しめます(不謹慎?)。
しかも現在進行形、ご興味のある方は少し長いですが、これをご覧になってください。

     http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150903-00010006-biz_bj-nb

文章は結びに
「ANAは今回の勝利で、長年の課題だったスカイマーク掌握の確実な道筋をつけた。
半面、新たな課題も抱え込むことになった。
それはエアバスと裏取引したといわれるA380の引き取りだ。
同社は大型機から燃費性能に優れた中型機への転換を戦略的に進めてきた。
そこへA380を導入すれば戦略に齟齬を来すほか、機材と路線のミスマッチが運賃値上げにつながり、ひいては日航との競争力弱化要因になる恐れもある。
『スカイマーク再建問題は決着したが、ANAにとってはこれからがスカイマーク掌握に向けての正念場になる』(業界関係者)」
とありました。
第3者の僕としては、これまでの経過を振り返るとともに、今まで明らかになってなかったやり取りも出てきて、すごく面白かったですね。
その前篇にあたる「ANA、恐るべき策略と攻撃能力 スカイマークの息の根を止め『締め上げた』10カ月」

     http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150903-00010003-biz_bj-nb&ref=rank

も合わせて読むと、この問題の初めからがよく分かりますよ。
by shackinbaby | 2015-09-03 16:15 | 旅行 | Comments(4)