2017年 02月 06日 ( 3 )
旧知のソウルファンさんの「ホテルキーフォレスト北杜」
僕の古くからの友人「旧知のソウルファン」さんが、小渕沢の「ホテルキーフォレスト北杜」に行ってこられたそうです。
「小淵沢アートヴィレッジ」の中心となる「ホテル・キーフォレスト」。
f0036857_1651425.jpg

f0036857_16524271.jpg
f0036857_1653490.jpg

6室のみの客室は風や水など山梨県北杜(ほくと)市を代表するテーマが設けられ、更に2014年にオープンした別館「ヴィラ・キーフォレスト」は大きな建築に部屋がたったの2つのみというゆったりした作りです。
f0036857_1723973.jpg

ホテル内のどこもがデザイン好きにはたまらないまさしくデザイナーズ・ホテル。
八ヶ岳、南アルプス、富士山など、山々を一望できるスカイテラスや宿泊客なら無料で利用できるスパ・温泉施設も見逃せません。
f0036857_1735667.jpg

f0036857_1742040.jpg

f0036857_17194987.jpg

どこも自然とアートの調和が考えられているようです。
そうそう、「小渕沢カントリークラブ」でのゴルフ、テニスコートでのテニスなども楽しめると・・・。
ダイニングは「ステーキハウス・キースプリング」で、地元の牧場から直送される甲州ワインビーフのステーキやビーフシチューがスペシャリティ、甲州ワイン鱒、山梨県産ワイン、地元の野菜で仕立てたサラダも美味しいそうです。
f0036857_1781542.jpg

また左党には「中村ウィスキーサルーン」がうってつけ。
世界中のヴィンテージ・シングル・モルトウィスキーが並ぶホテルバーで、朝はホテルの朝食会場として、午後5時からはバーとして営業しています
f0036857_17123965.jpg

f0036857_17242549.jpg

更にここには「中村キースヘリング美術館」もあるのが、アート好きにはたまりません。
日本建築大賞も受賞したキース・ヘリングの作品のみを展示する世界で唯一の美術館。
ここが写真撮り放題というのも嬉しいところです。
f0036857_18131410.jpg

f0036857_17303623.jpg

f0036857_17333022.jpg
f0036857_17334340.jpg
f0036857_17335666.jpg

ショップもキース・ヘリングだらけですね。
ポップ!
f0036857_17353851.jpg

スタイリッシュなデザイナーズ・ホテルですが、お値段はさほど高くなく、アート系がお好きな方にはここは良いかもしれません。
「旧知のソウルファン」さん、今回は本当に有難うございました。

     http://www.artkeith.com/stay/
by shackinbaby | 2017-02-06 00:03 | ホテル | Comments(6)
JAL、ANAのFacebookファン向けイベント
JAL、ANA共にFacebookファン向けのイベントが開催されるようです。
JALのは「JAL Facebookファン感謝イベント with タカラッシュ in 羽田」というもので、3月18日開催。
今回は昨年12月に開催したイベントの第2弾で、整備工場を含む羽田空港内の見学施設「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」で開催され、前回と同じく、参加者にはSKY MUSEUM内に散りばめられたヒントを手がかりに、謎解き「ソラナゾ検定」で航空博士を目指してもらうとともに、格納庫を見学してもらう企画だそうです。
詳細・申し込みなどはウェブを参照してください。

     http://www.jal.co.jp/socialmedia/facebook/thanks/2017_03/?121=34161208ZZZZ7328000000001911ZZZZZZ000764

ANAの方は3月12日で、Facebookなど同社の公式SNSアカウントを利用している人向けイベント「ANAファンフェスタ2017」が羽田空港で開かれます。
イベントは4回開催。
入れ替え制で各回100人ずつ計400人の募集と、JALより規模は大きそうです。
詳細・申し込みなどはウェブを参照してください。

     http://www.ana.co.jp/domestic/promotions/sns/spring2017/
by shackinbaby | 2017-02-06 00:02 | 旅行 | Comments(4)
近所のバーにジュークボックスがあるというので・・・
近所のバーにジュークボックスがあるというので、行ってみました。
アルコールなんか普段全く縁がないのに・・・。
f0036857_12354719.jpg

実はジュークボックスを自分の部屋に・・・というのが僕の長年の夢で、いつかはと思って常に物色しているのですが、実際に買うまでには至っていないんです。
1960年代のアメリカの雰囲気があって、状態が良くちゃんと機能するものというと、お値段もそれなりだし、重いものなので送料もかなり・・・。
ジュークボックスに自分の好きなレコードを入れて、いつでも聞きたい時に聞いてみたいのです。
レコード・プレイヤーで聞くより、音質的にじゃないプラス・アルファ感があるんですよ、ジュークボックスで聞くと。
このバーでのジュークボックスのレコードセレクションはこんな風でした。
f0036857_12303365.jpg

客層が相当上って感じですね。
マスターに聞くと、時々稼働しているそうです。
この店にはピンボールマシーンも置いてありますが、そちらの方がやや人気が上だとのこと。
ちなみにジュークボックスで僕が欲しいのはこのバーにあるのよりもう少し古い時代のもので、ウルリッツァー社製のこんなのとか・・・
f0036857_185271.jpg

シーバーグ社製のこんなのだったりします。
f0036857_18414937.jpg

この辺りになると1940年代後期のもので、基本が78回転のSP盤(45回転の7インチもOK)というヴィンテージ振りです。
f0036857_18394347.jpg

最後にジュークボックスといってもお分かりにならない方のために、ウィキペディアからその説明を・・・。

ジュークボックス とは自動販売機の一種で、本来、店舗に置き、内部に多数のシングルレコードを内蔵し、任意の曲を演奏させ楽しむために消費者が硬貨を投入する事を収益目的とする機械である
by shackinbaby | 2017-02-06 00:01 | グルメ | Comments(6)