2017年 02月 14日 ( 2 )
友人と「ノック・クッチーナ・ボナ・イタリアーナ」でお手軽イタリアン・ランチ
久しぶりの東京という友人と過ごした六本木の週末。
宿泊ホテルは「グランドハイアット東京」でした。
夜は彼ときちんとしたところに行ったので、翌日のランチは気軽な店に・・・。
彼の希望がイタリアン、余り遠くまで行きたくないというので、ホテル内の「フィオレンティーナ」か、6階の「チャイナルーム」を六本木ヒルズの方に出てすぐのところにある「ダルマット」か、完璧イタリアンじゃないけど「リゴレット」か・・・といろいろ考えているうちに思い出したのが「ノック・クッチーナ・ボナ・イタリアーナ」。

     http://mother-restaurants.com/

あそこならホテルの前、歩いても1分で行けるはずです。
今では東京ミッドタウンにも恵比寿にも支店のある人気店で、確かここが本店だった記憶。
f0036857_2024282.jpg

僕、ここのリーズナブルな値段と面白(?)パスタ、そしてパン食べ放題が気に入っているんです。
店の前にはテラス席も・・・。
テラスの前の道の向こうがもう「グランドハイアット東京」そのものです。
近いでしょう?
f0036857_20351.jpg

店に入ると、余り外光を入れない作りで、ちょっと暗めに感じますが・・・
f0036857_2032158.jpg

目が慣れれば普通かも、イタリアン・レストランはこのくらいがちょうど良いのかもしれません。
f0036857_2033522.jpg

きれいにはなっていますが、テーブルの間隔は狭めで、カジュアル感のある作り。
サービスは良くいうと親近感のある、悪くいうと少しなれなれしい感じのものですが、料理の説明などは的確で、好感の持てるものです。
f0036857_2034812.jpg

この日は日曜日、平日とは少し内容・値段が違うようです。
アラカルトにも色々なメニュー(「炭火で肉を焼くぞ!」とか「葉っぱサラダが食べたい!」とかジャンル名が面白い)がありますが、ほとんどの人がパスタに野菜サラダと食べ放題のパンが付くセットを注文しています。
f0036857_204497.jpg

僕らは、トリュフ香る!半熟卵で「カルボナーラ・クリーミー・グラタン」という数量限定品(1200円)と、大地香る!!冬ゴボウと豚かしらで「バルダナ・ペペロンチーノ」スパゲッティーニ(1200円)をそれぞれセットで・・・。
コーヒーは別料金ですが、200円で飲み放題です。
でもこの店、水代わりにアイス・ダージリンティーが出され、これもどんどん注いでくれるので、コーヒーはいらないかも。
f0036857_2042641.jpg

野菜は新鮮さは分かるもののフツー、ソースはアンチョビとゴルゴンゾーラだったでしょうか。
そうそう、僕がここに来ると必ず頼むマスカルポーネとこんがりレーズン・パネパンナ(1100円)はもちろん頼みました。
僕、これが大好きなんです。
というより、これを嫌いな人なんているんでしょうか
f0036857_2044066.jpg

特別な酵母で焼かれているというレーズン・パンが炭火で焼かれていて、それをマスカルポーネチーズと生クリームを付けて食べるんですが、これがもうバカウマ。
何という炭火焼の味!
友人は「パンをトーストしただけで、東京じゃ1100円も取るのか」と文句を言ってましたが、食べ始めると止まらない、ほとんど全部を彼が平らげていました。
このパンの焼き具合こそがこの料理のキモなんでしょうが、この店がやっている料理教室でコツを教えてもらっても自宅でこの味は難しいそうです。
f0036857_2045364.jpg

友人が頼んだトリュフ香る!半熟卵で「カルボナーラ・クリーミー・グラタン」。
f0036857_205773.jpg

底にミートソースが敷かれています。
卵は想像程トリュフが香りませんでしたが、量もあるしかなり濃厚なので、友人とシェアがちょうど良いかもしれません。
f0036857_2052478.jpg

こちらは僕が頼んだ大地香る!!冬ゴボウと豚かしらで「バルダナ・ペペロンチーノ」スパゲッティーニというパスタ。
色合いが地味ですが、味は〇。
豚かしらも柔らかい・・・。
f0036857_2053921.jpg

ただ「大地香る!!」なんて!が2個も付くほどには香りませんでした、ここでも。
この店、ちょっと!多過ぎです。
パスタはこの日は他に、高知・土佐まりちゃんのトマトで「ポモドーロ」、佐賀のどがんでんうまかキャベツで「ロースト・ツナカマ・ペペロンチーノ」、Nonケチャップ!これが大人の「自然派・ナポリタン」、有明の磯の香!佐賀のレンコンとのりほのかで「のり・クリーミー」、そして皮ごとパクッと!佐賀の金柑とクルミで「ゴルゴンゾーラ・クリーミー」などのスパゲッティーニがメニューに並んでいましたよ。
どれも食べてみたいそそられるものばかり
ここで止めておけば良かったのですが、薦め上手な女性スタッフに抗えず(?)ティラミス(800円)も注文。
友人のちょっと女の子ににこっとされると断りきれないのは昔のままです(笑)。
f0036857_2055683.jpg

量はでか盛り系、2人で食べてもちょっと多いかもという量。
クリームの中のヘイゼルナッツが口に心地良かったですが、ティラミスとすればフツーかも・・・。
会計が終わって、店のドアを開けてくれ、店の外でしっかり見送りしてくれた女性スタッフに、友人はすっかり「良い店だな、ここは。また来ようぜ」と。
え~、東京にはイタリアンの店なんて何千軒もあるよぉ(笑)。
by shackinbaby | 2017-02-14 00:03 | グルメ | Comments(4)
バンコクのサクララウンジ、ついに3月1日リニューアル・オープン
ついにというか、やっとというのか、バンコク・スワナプーム空港のサクララウンジが3月1日リニューアル・オープンするとのことです。
そういえば、あそこ、去年11月からリニューアル工事のために閉鎖されてましたよね。
閉鎖期間中は、サクララウンジと同じ出国エリア内3階にある「Louis Tavern CIP ビジネスクラスラウンジ コンコースG」が使われていました。
ウェブには

JALはバンコク(スワンナプーム国際空港)サクララウンジのデザインを一新して、2017年3月1日(水)にリニューアルオープンします。
お客さまの声にお応えして、レイアウトを全面刷新しシャワールームの増設など、より快適性を高めた空間をご提供します。 さらに、バンコクで人気の老舗和食レストラン「日本亭」(NIPPON TE)が、より高品質なお食事を提供します。
これからも、お客さまが常に新鮮な感動を得られるようなサービスをご提供することで、「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」をめざし、チャレンジを続けてまいります。


とあります。

     http://www.jal.co.jp/info/inter/170213.html

オープンは3月1日の午前5時45分。
f0036857_18564434.png

ラウンジの面積を拡大、ゆったりしたスペースを確保し、各席の電源/USBポートも大幅に増設する他、シャワーブースはこれまでの1ブースから3ブースに増設、喫煙ブースも新設されるそうです。
f0036857_18565993.png

テンキーロック付きクロークも出来、フード&ビバレッジカウンターも拡張・充実し、タイ国内で6店舗を展開する和食レストラン「日本亭」(NIPPON-TEI)の食事メニューを提供するそうです。
人気メニューのビーフカレーや和食の前菜などが出される予定と・・・。
f0036857_18562779.jpg

これでワンワールド他社のラウンジに流れる客も減ってくるでしょうか。
いずれにしてもあの古いラウンジが相当きれいになってそうで、これは楽しみですね。
by shackinbaby | 2017-02-14 00:02 | 旅行 | Comments(8)