2017年 02月 22日 ( 3 )
reduced rates 22026円@ヒルトン小田原リゾート&スパ (2)
僕らの「ヒルトン小田原リゾート&スパ」ステイは、ウィークデイの休みに前乗りという形で・・・。
東京駅で夫婦で待ち合わせして、エキナカで軽く食事、夜食用の惣菜やスイーツなども買って、新幹線で小田原経由で根府川駅へ。
(どうしてホテルで夕食にしないかって?それはバフェにしてもコースにしても美味しさがイマイチでコストパf-マンスが良くないからです)
f0036857_1137618.jpg

ホテルへの無料シャトルバスは小田原駅からも根府川駅からも出ていますが、ホテル至近駅の根府川からの方が遅くまで本数出ています。

     http://www.hiltonodawara.jp/pdf/access/bus_timetable.pdf

通常は小田原から20~25分、根府川からは10分ですが、これからの梅や桜の時期は混むので、なかなか時間通りにはいかないようです。
特に週末の小田原は・・・。
僕らのように遅いチェックイン客はあまりいないようで、無人駅の根府川からバスに乗ったのは僕らを含めてたった3人でした。
チェックインはクールな対応の女性レセプショニストによってでしたが、スムーズには行われ、この日は満室とのことでアップグレードが出来ないと、赤ワインを頂けることになりました。
確かにこの日はウィークデイなのに満室だったようで、ウェブでは数日前から満室表示で予約不可、大きな団体というかツアーが入っていたようです。
f0036857_11371936.jpg

僕らがアサインされたのは最上階、12階建ての12階でした。
でもここにはバンケット会場があって、エレベーターを降りた瞬間、ものすごい歓声が・・・。
f0036857_11373443.jpg

これはまずいと思ったのですが、客室部分との間にはしっかりしたドアがあり、ドアさえしっかり閉まっていれば、その声に悩まされることはありませんでした。
予約したのはこの部屋、ジュニアスイートというカテゴリーの部屋です。
f0036857_1137494.jpg

ホテルのウェブにはこの部屋の説明として

ホテル内に4室のみ、最上階の12階に位置する54㎡の洋室です。
ツインベッドが配された広々とした空間で、2名様から3名様でご利用いただけます。
東海道五十三次の9番目の宿場として知られる小田原宿にちなみ、提灯、クロマツなど小田原の歴史、自然、文化の要素を取り入れた和モダンなデザインの客室です。 
お部屋は禁煙室のみとなります。


とありました。
f0036857_1138249.jpg

更に

相模湾を望むオーシャンビュー
すべての客室が相模湾に面しており、広大な海と空が織り成す絶景を望むことができます。
小田原にちなんだ和モダンなデザイン
東海道五十三次の小田原宿にちなみ、提灯、クロマツなどを取り入れた和モダンなデザイン。
全客室Wi-Fi接続可能
全室でビジネスや観光に最適なWi-Fi 接続可能(有料)。Hオナーズ会員は無料。


ともありました。
f0036857_11381324.jpg

質感はそう高いわけではないのですが、リニューアルされてまだ数年、どこもまだきれいで経年感はありません。
f0036857_11382633.jpg

ライティングもまずまず。
f0036857_11384165.jpg

デスクを開けると、大きな鏡が飛び出し、パウダー・コーナー兼用に・・・。
f0036857_1146999.jpg

ドルチェグスト完備。
f0036857_11385575.jpg

ミニバーや冷蔵庫内はヒルトン標準です。
f0036857_1147309.jpg

f0036857_11474583.jpg

ミネラルウォーターが2本。
f0036857_1139236.jpg

以前はいろいろなお菓子の盛り合わせだったここのウェルカム・スイーツ、今はホテル・オリジナルの「湘南ゴールドバウムクーヘン」になっていました。
「湘南ゴールド」の収穫時期は3月下旬からじゃなかったかと思うので、ちょっと季節的には合わないかも。
f0036857_11393981.jpg

味は悪くなかったですけどね。
それに「湘南ゴールド」に高濃度含まれるナりルチンは最近の研究では花粉症予防に有効だというし・・・。
アップグレードできなかったお詫びという赤ワインもすぐに届きました。
f0036857_1145375.jpg

丸テーブルの上には、いつものヒルトンに置いてある雑誌類。
f0036857_11592424.jpg

以下、次回に続きますが、この部屋が16000円++。
リゾートフィーなどいろいろついて最後には1室2名1泊22026円にまでなってしまいましたが、週末などの繁忙期には6~7万くらいにまで値上がることもあるこの部屋を、前回のヒルトンの「スイート半額セール」で取れたのは、ま、良かったと思っています。
このホテルの客室タイプについては

     http://www.hiltonodawara.jp/rooms/#suite

をご覧ください。
by shackinbaby | 2017-02-22 00:03 | ホテル | Comments(6)
エールフランスの羽田発深夜便で行く旅の名前、「翌朝、逢え→るフランス」
以前ここでお知らせしたエールフランス航空の、羽田発の深夜便で行く旅の名前を募集するキャンペーンの結果が判明、大賞受賞者には羽田・パリ線深夜便のエコノミー乗り放題(!)の航空券がプレゼントされるそうです。
大賞は「翌朝、逢え→るフランス」。
4万件を超える応募の中から「晩ボヤージュ」、「パリナイトワープ」、「やっParis寝ながら行かnight!!」」、「パリの朝日で目覚める旅」の4作品が特別賞となり、その他100作品が入賞としたとのことです。
エールフランスだし、パリだし、駄洒落過ぎてもイメージに合わないし、こういうのって意外に難しいですね。
僕が考えたのは「やっParis寝ながら行かnight!!」の粗製類似品でした。
僕の思いつきはついついこういう方向で、やはり性格が出ちゃうんでしょうかね(笑)。
by shackinbaby | 2017-02-22 00:02 | 旅行 | Comments(23)
新千歳空港に「ANA SUITE LOUNGE」が・・・
新千歳空港の新ANA国内線ラウンジが隈研吾氏監修のもと今秋リニューアル・オープン、最上級ラウンジの「ANA SUITE LOUNGE」も新設されるとのことです。
リニューアル後は現在のラウンジから面積が2倍になり、3階に移転すると・・・。
合わせてラウンジに直結する優先チェックインカウンター、保安検査場も2階エリアに新設されるそうです。
ANAは来年度以降、福岡、伊丹、那覇空港で、ラウンジのリニューアルを進めるほか、今後導入する機内プロダクトのデザインを含めて、隈研吾氏が監修する予定だそうです。
隈氏とは、これは著名人が出てきましたね、さすがANA!
f0036857_22291020.jpg

by shackinbaby | 2017-02-22 00:01 | 旅行 | Comments(10)