2017年 03月 04日 ( 3 )
reduced rates 12692円@ヒルトン東京ベイ (4) セレブリオラウンジの朝食
前回「セレブリオラウンジ」の朝食について触れられませんでしたので、ここで多少の追加。
f0036857_0124717.jpg

ヒルトン・オナーズのダイアモンドメンバーは、このラウンジで朝6時間から10時まで朝食を食べられますが、フル・バフェの「フォレストガーデン」でも食べられますし、僕の時は本当に混んでいたので普段はデザート・バイキングなどで使っている「ラウンジ・オー」まで朝食会場として使われていました。
f0036857_0154781.jpg

朝食の品揃えはカクテルタイムよりは良く、基本的な朝食アイテムは並んでいますが、連日だと飽きてしまうようなもの。
f0036857_0155967.jpg

大体写真に撮っておきました。
f0036857_0161180.jpg

ご飯、味噌汁、納豆、漬物のような和食もあります。
f0036857_0162373.jpg
f0036857_017522.jpg

ケース入りのパン。
f0036857_0163922.jpg

フルーツ少々。
f0036857_0165274.jpg

1日中活躍のセガフレード製コーヒーメーカーです。
f0036857_0173618.jpg

以上でこのホテルのレポートは終わりですが、値段上下の激しいリゾートホテル、東京駅まで20分で出られるので、僕のようにディズニーに縁のない人間でも、値段次第では利用価値のあるホテルといえます。
by shackinbaby | 2017-03-04 00:03 | ホテル | Comments(8)
ヒルトン・オナーズの新points & money特典雑感
3月1日からのヒルトン・オナーズの新points & money(ポイント&マネー)特典は、ざっくりいえば従来のものをよりフレキシブルにしたものですが、僕のPCからは不具合が多く、なかなかこの記事を書けませんでした。
まずはログインした画面で、希望のホテルや日にちを選ぶと、いろいろな料金が出てきます。
左側のrate type(料金タイプ)のPay by the point(ポイントで支払う)をクリックすると、ポイントを利用したプランも表示されてきます。
Pay with points(お支払いはポイント&マネーで)のアイコンをクリックすると(最初これホチキスかと思っちゃいましたが、ポイントとマネーをスライドするというような意味なんですね)、スライダーが現わらわれます。
全額ポイントの場合のポイント数と、無料が両端に表示され、その間を動かしていくと(スライドさせていくと)、XXポイントとXX円のようにポイントと必要金額がフレキシブルに表示されるという仕掛けです。
points & moneyの料金はキャンセル可の料金ですから、較べるのはflexible rateとかhonors discount となりますが、いくつかシミュレーションしてみると、どうやら1ポイントが0.5~06円で換算されているようです。
で、どんな使い方をするとポイントが有効に使えるかとこれもいくつかでシミュレーションしてみましたが、どれも(全額支払い、全額ポイント、ポイント&マネー)ほとんど同じような結果になりました(間違っていたらぜひお教えください)。
全体的に見ると、平日というか閑散期にはstandard room rewardに必要なポイント数が以前より少なくなったところもありますが、かなりなホテルでは必要ポイント数がアップしていますね。
3月1日の今回の改定、僕ら側からすると改悪という方が正しいようです。
なおタム・コンも少し変わりましたが、そう大きい変更はないようです。
ただこれまでアワードを含む滞在にはポイントが付きませんでしたが、付くようになったようです(要再確認)。

・・・と書いてきましたが、時間のなさで十分吟味できていないかもしれません。
皆さんのご意見、お考え、ご考察のほどをお聞きしたいです。
by shackinbaby | 2017-03-04 00:02 | ホテル | Comments(10)
ベトナム航空のサービス紹介サイト
ベトナム航空は昨年7月に「スカイトラックス」社から4スターエアラインに認定されたことを受けて、その特徴、サービス内容をアピールするための専用サイトを作り、力を入れています。
対応言語は今月末には8か国語対応に・・・。
日本語版はここです。

     https://4star.vietnamairlines.com/ja/

冒頭には

ベトナム航空は、スカイトラックス者による4スターエアライン認定を受け、アジアのベストエアラインの一員になりました。4スターエアラインとしての誇りを持ち、4スターにふさわしいサービスをお約束します。

とあり、新たに導入したエアバスA350-900型機とボーイングB787-9型機の様子や、ビジネスクラス利用者向けの「ロータスラウンジ」の様子などをパノラマ画像で紹介。
そのほか機内食やエンターテイメントなどの充実ぶりを動画などでアピールしています。
昔の(僕が乗ったのはもう10年前です)シンプルで素朴なイメージのフライトから大きく変わってきているようですね。
ANAの資本導入も、影響しているのでしょうか。
by shackinbaby | 2017-03-04 00:01 | 旅行 | Comments(14)