2017年 03月 09日 ( 4 )
カタール航空の新ビジネスクラスシート「Qスイート」
さんだーばーどさん、aka BKS-BBAさん御用達のカタール航空の新ビジネスクラスシート「Qスイート」が発表になりました。

     http://www.qatarairways.com/global/en/press-release.page?pr_id=pressrelease_itbseatreveal_eng

航空業界で初めてビジネスクラスでダブルベッドが可能となり、、プライバシーパネルを備えて、調整可能なパネルと中央の4つの可動式モニターは、一緒に旅行する同僚、友人、家族で共有スペースとしたり、プライベートスイートにするなど、それぞれのシチュエーションにによって、変更できるんだそうです。
f0036857_17514145.jpg

f0036857_17565648.jpg

f0036857_1875595.jpg

う~~ん、ビジネスクラスのシートもどんどん変化していきますね。
もちろんカタール航空ですから、シートにはハンドステッチのイタリアン・レザー、ゴールドフィニッシングなど、贅沢なディテールが施されていたり、新たな食事や飲み物のコンセプトを発表し、機内食の提供メニューもさらにグレードアップされるそうです。
BKS-BBAさん、乗ってきてぇ!
by shackinbaby | 2017-03-09 20:32 | 旅行 | Comments(6)
國光客運の「國光客運台北車站」オープン
3月2日の桃園空港MRT正式開業に対抗するかのように(?)、國光客運の新しいバスターミナル「國光客運台北車站」が同日オープンし、桃園空港・台北駅間の1819線が東三門からこの新ターミナル発着に移動となっているようです。

     http://www.kingbus.com.tw/newsContent.php?pid=486

僕は実際に見ているわけではないのですが、國光客運の新しいターミナルはMRT台北駅のM2出入口の上部に位置するようです。
f0036857_194430100.jpg

行き方についてはM1出入口から地下通路を通ってバスターミナルへアクセスすることができ、大きな荷物を持っている人はM2出入口のエレベータを使用することができると書かれています。
このターミナルのオープンにともない、今後、台北駅と桃園空港を結ぶシャトルバスは24時間体制で運行するとのこと。
台北駅から空港までの所要時間は約55分、運賃は大人125台湾元だそうです。
このバス、MRT開通後も、まだまだ需要はあるはずよね。
既に語経験の方、台湾在住の方の追加情報、訂正をお待ちしています。
by shackinbaby | 2017-03-09 20:31 | 旅行 | Comments(0)
そうだ京都行こう (4) 居酒屋でも質の高い和食
僕らの京都での夕食は、友人の仕事終わりに合わせて午後9時とかなり遅い時間からのものに・・・。
店は京都近郊在住の彼に任せ、「大丸京都店」からほど近い食事の美味しい居酒屋というか、若者向け割烹といった店に予約を入れてくれてました。
f0036857_223328.jpg

人通りの多いところの角に建つ店ですが、なかなか一見では入りにくい感じ。
中はカウンターのみ、全部で12席くらいでしょうか、まだ若い寡黙な男性2人がただひたすら料理を作り続けています。
f0036857_223314.jpg

客の席からカウンター越しに、料理人まで1メートルもなく、息遣いまで分かる距離。
f0036857_2243235.jpg

お客に年配者はおらず、皆若そうな人達ばかりです。
そしてどの人も良く飲まれています。
これがこの日のメニュー。
f0036857_225190.jpg

全体にこういう外見の店にしては(失礼!)、値段高いですかね。
それでも春野菜の酢味噌和えのお通しに続いて、このメニューから、友人は飲む中心、僕らは食べる中心で・・・。
食べたものの半分も写せはしませんでしたが、主なものの写真を。
蛸と季節の菜の花の辛し和え。
f0036857_225474.jpg

蛸は本当に柔らかく、辛しと合います。
菜の花は少しピンボケだったのでもう1枚パチリ。
f0036857_2263668.jpg

素晴らしい色合いと味付けでしたね。
やはりこの店は居酒屋というより割烹と呼んだ方が良いのでしょうか。
f0036857_224173.jpg

お聞きすると、何でも「和久傳」のご出身とか・・・。
そりゃあ、料理が旨いはずです。
京都らしい素材からは生麩のバター焼き。
f0036857_2271384.jpg

蓬とかぼちゃの生麩。
これもバターの風味、塩味がちょうど良く、友人のお酒はどんどん進むようです。
奥さんも「ヘルシー過ぎなくて、これなら良いわね」とにっこり。
鴨肉100%の鴨のハンバーグ。
f0036857_2274214.jpg

鴨肉の美味しさと、和風だれ、合いますねぇ。
この店名物というポテトサラダ。
f0036857_2281325.jpg

ポテトはつぶさず、上から生クリーム・ベースのソースをかけただけですが、酒飲みにも〇だったそうです。
僕の〆は牛丼。
といってもここの牛丼は豪華で、醤油だれに漬けた和牛を炭火で炙り、丼にしたもので、旨くないわけない・・・という仕上がりです。
f0036857_2283366.jpg

小さい店で、炭火焼きメニューも多いので、強力な換気扇はありますが、時にかなり煙たくなります。
でも、それがまた、食欲をそそるんでしょうが・・・。
全体に美味しい店でした。
ただ少し値段が高めかな?(何度も書いてごめんなさい)
観光客などはいず、地元のちょっと収入高い目のヤング御用達のような店ですが、きっと京都にはこういう路線のお店は何百軒とあるんでしょうね。
なので、ここの名前は伏せておきます。
なお友人は、「ろはん」、「年神」、「うずら屋」、「富小路春隆」といった食事の美味しい系カジュアル店にも予約入れようと当たってくれたそうですが、彼と僕らの時間と店の空き状況が一致したのは、この店だけだったようです。
この店の後、近くにある古い京町屋を使った「Bar奥」というバーに移動。
ここは下戸の僕にはその価値が良く分からない店ですが、ウィスキーの種類がものすごかったです。
翌日は別の友人というか先輩と、今度は超豪華な店で夕食の予定です。
by shackinbaby | 2017-03-09 00:04 | グルメ | Comments(29)
エミレーツの「LEAP」
個人的にゴールデンウィークにエミレーツ航空に乗る予定があるいうことで、最近エミレーツの話題がやたら目につきます。
今日取り上げるのはこれ、エミレーツのFAのビジネス・コミュニケーション・スキルについての話です。

     https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000008650.html

世界を飛び回る彼らは、フライトで寄せられる要望やクレームに対応できるエミレーツならではの対応術「LEAP」(リープ)を念頭に、乗務しているそうです。
f0036857_12251094.jpg

LEAPのLとはLISTEN。
相手の言い分をよく聴くことだそうです。
EはEMPHATHIZEという意味。
相手の気持ちに寄り添い、心情を理解することと・・・。
AはASK OPEN QUESTIONで、他に質問がないか尋ねること。
PはPARAPHRASEのPで自分の言葉で問題をきちんと理解したことを示すこと、だそうです。
「LEAP」で乗客からの要望を聞き入れた後は、問題解決の為に最善を尽くし、難しい要求でも「NO」と言わず、伝え方を工夫し、代替案を検討し、提案すると・・・。
う~~ん、これが実現していたら本当に素晴らしい。
果たしてどんどん近づいてくる僕のフライトはどうでしょうか、本当に楽しみです。
by shackinbaby | 2017-03-09 00:03 | 旅行 | Comments(2)