2017年 03月 16日 ( 3 )
そうだ京都行こう (10) 錦市場
僕らの泊まった「ハイアットリージェンシー京都」はメンバーシップのおかげで午後4時のレイト・チェックアウトが可能。
「将軍塚青龍殿」でゆっくりして帰ってきても、まだまだ時間があります。
そこでこれまではホテルの近く、空いているところを中心に回ってきましたが、今度は奥さんの希望で京都の台所と言われている(?)錦市場に行ってみることにしました。
f0036857_23262174.jpg


     http://kyoto-nishiki.or.jp/about.html

f0036857_23424497.png

本当に狭い通りの両側にびっしりとお店が・・・。
そこは半分はアジア系の観光客と思しき人がキャリーケースなどを転がしながらひしめき、とにかく旺盛な購買意欲と、商人魂が熱くぶつかって、実に見た目活気のあるところでした。
f0036857_23264216.jpg

でも京都の人の台所といったようなイメージはあまりなく、観光客用の飲食店街という風に・・・。
f0036857_2331597.jpg

奥さんによると値段もやや高めかも・・・と。
↑の店には漬物アフタヌーンティーなんてメニューもあり、覗いたところ満席の盛況でした。
f0036857_2327230.jpg

朝はしっかり食べたし、10時のおやつに豆餅も食べたので、そうお腹が減っているという訳でもないのですが、両側にこれだけ飲食店が並んでいると、ここで何か食べたい・・・。
ネットで見つけていたチョコレートコロッケ(!)の店は閉まっていたし、どこにしようとうろうろしていると、このオジさんと眼が合ってしまいました。
f0036857_23272296.jpg

牡蠣専門の店でオジさんはもうここで50年も牡蠣を剥いていると・・・。
f0036857_23273894.jpg

感じが良かったので食べていこうと奥に入ると、奥に広い店。
僕らが知らなかっただけで、かなりな人気店のようです。
f0036857_23275244.jpg

牡蠣のメニューとお酒がいろいろあって、ワインと一緒に牡蠣を食べている人が多く、客単価はかなり高そうな店。
生牡蠣はマルエモンで1個670円でした。
f0036857_2328838.jpg

焼き牡蠣は2個で600円。
f0036857_23282292.jpg

共に悪くない牡蠣でしたが、奥さん曰く「京都で牡蠣を食べなくてもねぇ」と。
そりゃ、そうです。
でもそう考えると、なかなか食べるものが決まりません。
なお牡蠣の店はレシートに「牡蠣屋 錦だいやす」と店名がありました。
結局、僕らはこの2軒の並ぶ店に分かれて入り、一休みすることに。
奥さんは左の「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」でケーキとお茶を、僕は右の「富美家」という老舗でうどんを・・・。
f0036857_23283757.jpg

残念ながら奥さんの方の写真はないのですが、なかなか美味しいケーキばかりだったと・・・。
僕の方は錦市場から場所を変えて最近リニューアル・オープンしたという店で、とてもきれいでモダンな内装の店でした。
(以前の場所は同系のバウムクーヘン屋に・・・)
f0036857_23285665.jpg

ここはホテルのコンシェルジュに教えてもらい、彼女曰く「一番京都らしいおうどんの店だと思います」と。
それに彼女、にこっとしながら「それにお値段もリーズナブルですし」と付け加えてくれます。
ぎくっ、僕らの財布状況を見破られたか(笑)。
f0036857_23291341.jpg

この店にはいろいろなうどんと甘味のメニューがありますが、一番人気は富美家鍋(670円!)という鍋焼きうどんとのこと、もちろん僕の注文もそれにしてみます。
f0036857_23293789.jpg

運ばれてきたのはものすごくぐつぐつ煮立った土鍋、鼻をくすぐる甘めの出汁の香り・・・。
具材は、海老天、小さな餅2個、椎茸、蒲鉾、花麩、生麩、葱、卵。
ここでが出汁が主役なんでしょう、衣を以上に厚く揚げた海老天がその出汁を吸って庶民的美味、海老が完全に脇役です。
熱々のうどんを食べて体が温まった後は、奥さんと合流、お互いの店の話などしながら、更にぶらぶら歩きし、午後4時のチェックアウトに合わせ、ホテルに戻りました。
f0036857_23295229.jpg

この後は、今回の京都行きのハイライト、先輩でもある長年の友人ご夫婦と祇園のステーキ屋で食事。
夜遅い新幹線で帰宅の途に就きました。
ステーキ屋は美味しかったですが、値段を聞いてびっくり、高過ぎです。
有名なカツサンドをテイクアウトしようと喉まで出かかりましたが、16000円以上という値段には、奥さんの目が許してくれませんでした。
それでも今回の京都旅行、1日半にしては夫婦ともども良く動き、良く食べました。
桜の時期など観光に適したシーズンではありませんでしたが、僕らとしては満足のゆく旅行となりました。
by shackinbaby | 2017-03-16 00:04 | 旅行 | Comments(24)
シティホテルの顧客ロイヤリティ調査(NPS®)トップのホテルは・・・
インターネット調査の「NTTコムサーチ」が21業界、140ブランドを対象に友人や同僚に薦めたいかの顧客満足度調査を実施、顧客ロイヤルティを測る指標としてのNPS®(Net Promoter Score®)のベンチマーク調査の結果を発表したとのことです。

     http://research.nttcoms.com/database/data/001945/

その結果の詳細は

     http://research.nttcoms.com/database/data/002059/

をご覧いただくとして、シティホテルのトップは「ザ・リッツカールトン」でスコアは12.2ポイント、2位以下の名前は伏せられていますが、2位は7.6ポイント、3位は3.1ポイント、4位以下はマイナス・ポイントとなり、12社の平均はー8.6ポイント、最下位は-36.1ポイントだったと・・・。
評価項目別に見ていくと、満足度が最も高かったのは「客室の清潔さ」、次いで「居心地がよく、くつろげる空間」だったそうです。
一方、満足度が最も低かったのが、「その他設備の質」(スパ、ジムなど)、次いで「ホテルのウェブサイトのわかりやすさ」、「予約のしやすさ、予約時の対応のよさ」とのこと。
ホテルを選ぶ決め手となった情報源は、「家族や友人・知人からのお薦め」(32.7%)、「ホテルのホームページ」(31.8%)、「旅行関連サイトでの口コミ」(12.1%)が上位。
なお、「ホテルのホームページ」は決め手となった情報源の2位となったものの、要因別の重要度、満足度(「ホテルのウェブサイトのわかりやすさ」)では低い結果となっていて、潜在的な重要度が高いことが推察されるとのことです。
出来れば12社全部の名前と順位が分かると良いけど、無理ですかね。
by shackinbaby | 2017-03-16 00:03 | ホテル | Comments(4)
デルタ+アレッシ
デルタ航空はから、ビジネスクラス「デルタワン」(Delta One)とファーストクラスで、今年後半から「プレミアム・セレクト」でも、イタリアの「アレッシ」(Alessi)ブランドののテーブルウェアを採用するそうです。
ナイフやフォークナドノカトラリー、グラス、皿、ナプキンリング、塩・胡椒のシェーカーなどすべてアレッシ製と・・・。
f0036857_20332467.jpg

やはり格好良いですね、アレッシ。
モダン・エレガンス!
これを(特に金属製品)傷つけずにいつもぴかぴかで使われると良いのですが。

     http://news.delta.com/delta-introduces-one-kind-alessi-designed-serviceware-30000-feet

日本での「アレッシ」の通販サイトはここです。

     http://alessi.shop-pro.jp/
by shackinbaby | 2017-03-16 00:02 | 旅行 | Comments(4)