2017年 04月 06日 ( 4 )
2017年版「世界のベストレストラン50」
バンコクの「GAGGAN」が3年連続でトップを、日本を代表する「龍吟」や「NARISAWA」が毎年ランクインする「アジアのベストレストラン50」。

     http://www.theworlds50best.com/blog/News/asias-50-best-restaurants-2017-list-in-pictures.html


その親分格にあたるランキングの「世界のベストレストラン50」の2017年度版も発表になっています。

     http://www.theworlds50best.com/list/1-50-winners

それによると
     
     1位 Eleven Madison Park (New York)
f0036857_20583938.jpg

f0036857_20585265.jpg

     2位 Osteria Francescana (Modena, Italy)
     3位 El Celler De Can Roca (Girona, Spain)
     4位 Mirazur (Menton, France)
     5位 Central (Lima, Peru)
     6位 Asador Etxebarri (Axpe, Spain)
     7位 Gaggan (Bangkok)
     8位 Maido (Lima, Peru)
     9位 Mugaritz (San Sebastian, Spain)
     10位 Steirerek (Vienna, Austria)

がトップ10でした。
「Eleven Madison Park」が今年ついにトップに、去年トップの「Osteria Francescana」は2位にランクダウンです。
それにしてもアメリカのレストランが1位とは・・・。
時代の主流は再びアメリカになんてことはないでしょうか。
相変わらずペルーのレストランの評価が高いです。
日本のレストランでは、「NARISAWA」が18位、45位に「傳」が、 「龍吟」は52位、「鮨さいとう」が97位、「フロリレージュ」が99位にランクインしています。
f0036857_2112598.jpg

f0036857_2120465.jpg

(写真は「フロリレージュ」)
by shackinbaby | 2017-04-06 21:28 | グルメ | Comments(6)
「乃が美」の生食パン
今日の夕食は娘が手土産に持ってきた食パンがメイン。
1日に5000本以上も売れるという「高級『生』食パン」専門店「乃が美」の生食パンです。

     http://nogaminopan.com/shop_list/

「もう、あの通りに行くと、通る人通る人、みんなここの袋を持ってるんだよ」とは娘。
f0036857_19533156.jpg

「生食パン」は焼かずにそのまま食べる用の食パンで、登録商標済みの名称と・・・。
卵を使用せず、小麦は最上級のカナダ産小麦、職人の手作り・・・などをうたっていて、この店はこの食パン1本で勝負している店です。
(他にジャムなどはあるみたいですが)
値段は2斤で800円。
(ハーフの1斤は事前の予約のみのようです)
で、この生食パン、しっかりした弾力とふわふわが両立してるんですね。
口にいれた瞬間にパンが「とろけていく」ような生地、芳醇な小麦そのものの旨味と甘味が確実に感じられます。
店が言うようにこのパンはすぐにバターやジャムを塗らず、まずはそのままの味わいを楽しみたい、そんな気持ちにさせてくれる食パン。
言い換えると日本人にはとても向いている食パン、でもフランス人はこれをすぐにはパンと認めないかもしれませんね。
Aちゃん、ご馳走様ぁ。
by shackinbaby | 2017-04-06 21:27 | グルメ | Comments(6)
ユナイテッド航空、成田・仁川線、10月に運休に
ユナイテッド航空は去年成田・シンガポール線を運休し、残る日本・アジア線は成田・仁川線のUA78/79便のみとなってしまっていましたが、ついにそれも成田発は10月27日で運休となるようです。

     http://www.routesonline.com/news/38/airlineroute/272179/united-ends-tokyo-seoul-route-in-oct-2017/

僕は昔、ユナイテッド航空に友人がいたこともあって、ほとんどすべての海外フライトがユナイテッド航空という時代がありました。
マイレージに嵌り始めたのもその頃です。
特に成田発のアジア線は良く使わせてもらい、理由はただただ他社に比べて安かったし、アップグレードも容易だったからですが、成田・仁川線などはその頃1日2便体制だったこともあって、本当に気軽にソウルに遊びに行かせてもらっていました。
その頃すでに韓国のブログをやられていたshojiさんのところに書き込んだりした記憶もあります、確か。
あぁ、時代は変わりますね。
ユナイテッド航空の日本・アジア線がすべてなくなるというのは、今は僕は全く乗ってませんが、お若い人には想像できないほど、寂しい、ショックなことなんです。
by shackinbaby | 2017-04-06 21:26 | 旅行 | Comments(20)
今期の旅行は石垣から (4) 「Yugafu Yamabare」の朝
僕らの石垣旅行は相変わらずの弾丸。
泊まった「Yugafu Yamabare」のオウナーさんにもびっくりさ(呆れら?)れましたが、1泊2日より短い、たったの26時間の滞在でした。
で、翌朝。
実質この日1日が僕らの石垣旅行です。
f0036857_12361676.jpg

到着した前日は風の強い曇り中心の天気でしたが、この日はまだ風はあるものの、かなりな晴天に・・・。
そういう意味では僕らの今回の旅行は天気に恵まれた方だったと思います。
f0036857_1248890.jpg

陽の光が強いと、海もプールもそのブルーを濃くし、これはいわゆる「石垣ブルー」が楽しめそう。
僕らは朝夕の2食付プランでの予約です。
朝食はチェックイン時、好きな時間に決められ、夕食は島料理と洋食の交互とのことでしたが、朝食は連日洋食と・・・。
f0036857_1236407.jpg

ここのゲストは最大で3組なので、他のゲストと合う可能性は低め、特に朝食時は、です。
f0036857_12371052.jpg

まずはジュースなど希望のドリンクがこのメニューから頼み放題。
野菜サラダと人参のポタージュ。
f0036857_12372336.jpg

サラダにはイタリアン・ドレッシングとクリスピー・ベーコンがかけられ、スープともども標準の味でした。
烏骨鶏の目玉焼きと焼き野菜、そしてベーコン。
f0036857_12373614.jpg

どれも質は〇、悪くありませんが、ま、特別かといえば、そこまでは・・・という感じ。
パンは焼きたて、熱々で運ばれてきます。
f0036857_12441963.jpg

チーズとクランベリーのパン。
焼きたてはやはり美味しく感じます。
デザートはピーチパイン。
f0036857_12381265.jpg

まだ少し酸っぱいですね。
これはもう少し後の季節の方が良いでしょう。
石垣ではサトウキビとパイナップルは畑に多く見ました。
最後のコーヒー(と部屋の鍵の写真)。
f0036857_1238249.jpg

パンもしっかり食べると結構お腹一杯になります。
朝食後、部屋に戻ります。
f0036857_12383865.jpg

朝起きた時より、どんどん空は青く、温度も体感として24度くらいには上がってきてる気がして、気分は石垣~~~です。
湿気はほとんどなく、風もそれほど気にならず、むしろpositiveに・・・。
部屋の窓を全開にして、僕は朝風呂。
f0036857_12385095.jpg

プールは温水ではないので、泳ぐにはまだ早いですが、足を付けてばちゃばちゃ、冷たくなり過ぎるとまた風呂へと、こういうぐでぐでの過ごし方はリゾートならです。
f0036857_1239392.jpg

ボーズのプレーヤーからは、ラウンジで借りていたCDや、持参した自作のCD-Rの音楽が・・・。
f0036857_12391980.jpg

午後からはレンタカーを借りる予定なので、その前にこの山原地区を散歩。
f0036857_12482389.jpg

太陽はますます燦々と、時にぎらぎらもしてきます。
海に向かって下りて行く道はいくつもあり、その間に小さなゲストハウスやサーフ・ショップなどが点在しています。
f0036857_12491017.jpg

石垣には至る所に花が・・・。
ハイビスカスですね、これ。
f0036857_12492578.jpg

失礼ながらいつお客さんが来るんだろうというようなのんびりしたサーフ・ショップ。
f0036857_12494193.jpg

全く人通りのない小路をあちこち歩き、最後は防風林を超えて、海岸縁に・・・。
ホテルから最短で3~4分ほどで着きます。
f0036857_12495679.jpg

海はめちゃくちゃきれい、この透明度は何?というほど透き通っています。
しばらく岩に腰掛け、波の音を聞き夫婦でボーッと。
ただ防風林を抜ける時はいわゆる獣道なので、ハブなどに注意は必要かもしれません。
f0036857_12502740.jpg

石垣は花も溢れていましたが、蝶々も一杯です。
f0036857_12504357.jpg

動きが速いのでなかなか写真に撮れませんでしたが、↑の写真中央に花に泊まっている蝶々が1匹見えます。
すぐ近くにはギャラリー「蝶館カビラ」もあり、奥さんに行こうかといったのですが、蝶が多くい過ぎるとちょっと嫌だ、サナギ系もXとのことで、僕らは行きませんでした。
f0036857_833986.jpg


     http://kabirairino.sakura.ne.jp/house1702.htm
by shackinbaby | 2017-04-06 12:01 | 旅行 | Comments(2)