2017年 05月 07日 ( 3 )
ドバイ土産は「バティール」のデーツ
最近は旅に出てももうあまりお土産って買いません。
GWに出かけたバンコクしかり、ドバイしかりです。
その数少ないお土産の中でも一番喜ばれたのが、ドバイで買ってきた「バティール」(BATEEL)のデーツ(なつめやしの実)でしょうか。
f0036857_13231910.jpg

色は濃い茶色で、見た目はちょっとグロテスクですが、その濃厚な天然の甘みは一度食べたら忘れられない優しい美味しさがあります。
また、デーツは栄養価も高く、干し柿を思わせるような食感と甘さで、日本人には絶対馴染みやすい味。
ただデーツと一口に言っても味も値段もピンキリで、実に多種多様です。
f0036857_13233811.jpg

そんな中で誰でもがデーツの最高品質と認める店が、サウジアラビアに本店を持つこの「バティール」。
本国サウジアラビアでは勿論のこと、アラブ諸国の王室御用達で、僕の泊まったドバイの高級ホテルでもエミレーツ航空のファーストクラスでも、ここのデーツが使われています。
f0036857_1323529.jpg

「バティール」のデーツには、成熟度や製法によって色々な種類があり、食感も違います。
しっかりと乾燥させたドライタイプのものや、口の中でとろっと溶けてしまうほど柔らかいものまで・・・。
更には種を取って、その部分にアーモンド、くるみ、オレンジピールなどを挟み込んでいろいろななテイストを楽しめるのも多く、あるいはチョコレートでカバーした物など、かなりな種類があります。
僕は食感の柔らかい方が好きですが、今回は各種の詰め合わせを・・・。
好きなものを18個詰めてもらって、これで値段は95ディルハム、日本円に直すと1ディルハムを31円で計算すると約2950円となります。
高価ですが、それだけの価値はあると思いますね。
日本茶にも紅茶にも合いますし、とにかく奥さんが喜んでくれました。
特にこのパッケージにも「私、このリボン、大好き」と・・・。
確かに何ともロイヤルでエレガントなパッケージですよね。

エミレーツ航空ファーストクラスではまずはアラビックコーヒーとこの「バティール」のデーツでおもてなしが始まります。
f0036857_14531682.jpg

アラビックコーヒーはちょっと独特のフレイバー。
f0036857_1453377.jpg

「バティール」の店はドバイのショッピングセンターにはたいてい入っていますが、これは僕の泊まったホテルから「ドバイモール」に行く途中にある「スーク・アル・バハール」というショッピングモールの中にある店。
f0036857_13195148.jpg

まるで宝石店のような(言い過ぎ?)、とにかくきれいなディスプレイです。
f0036857_13201291.jpg

店員はフィリピン人など陽気な外国人女性が多く、他に客がいないと、母国の話で盛り上がり、試食と称して、ずいぶんたくさんのデーツを御馳走になってきました。
f0036857_13202878.jpg

黙っていると超澄ました店ですが、こんな試食させてもらって本当に良いの?でしたよ。
皆さんもぜひ味見を申し出てみてください。
by shackinbaby | 2017-05-07 17:48 | グルメ | Comments(8)
GWバンコク弾丸 (2) JAL707便
僕の久しぶりのバンコク旅行。
いつも通り午後2時過ぎまで仕事をして、その後の搭乗ということで、フライト・オプションはあまりなく、よく乗るJAL707便(午後6時5分発)が今回も往路のフライトとなりました。
f0036857_19391862.jpg

機材は787-8。
f0036857_19535958.gif

プレミアムエコノミー無しの2クラス制で、ビジネスクラスは2-2-2の7列、計42席、エコノミーは計144席の、全186席という機材です。
f0036857_19393319.jpg

やはり時期はGW、機内は見渡したところほぼ満席の盛況。
サービスは中距離線のいつものJALサービスでした。
f0036857_19394543.jpg

ただ何とチーフが顔見知りというか、ドア口で顔を見合わせた途端、お互いに「おぉ」&「あらぁ、今日もご一緒させていただきます」と・・・。
JALにFAが何人いるのか知りませんが、つい最近お世話になった人にすぐまた出会う、あるようでいて以外にないことだと思います。
f0036857_19401072.jpg

隣に駐機しているアメリカン航空機の向こうに夕陽が・・・。
f0036857_19402317.jpg

鶴丸が一杯。
f0036857_1940387.jpg

行ってきまぁす。
f0036857_19405220.jpg

この機材はスカイwi-fi装備の機材なので、早速接続。
通常は24時間利用でJALカードの10%OFFを使ってもUS$16.80するのが、JALでもらえるプロモーションコードで無料となります。
(GWの後半に乗ったエミレーツ航空でもwi-fiは使え、最初の2時間は無料、それ以降はUS$1という料金体系でしたが、中国上空のうちは繋がらず、繋がってもかなり遅く、余り快適ではありませんでした)
f0036857_1941611.jpg

この時、JUN2さんからのコメントを僕が見ていれば、もしかして「shacinbaby ミーツ JUN2さん」が実現していたかもしれません
でも、機内で「JUN2さ~~ん」とお探しするわけにもいかなかっただろうし、やはりミーティングは無理だったかもです。
機内食は和食と洋食2種からの選択。
僕はこの日和食を選んでみました。
いつもの芝大門(移転したんですね)「くろぎ」の黒木シェフのメニューです。
タイトルは「春霞」。
f0036857_19413299.jpg

筍旨煮と鮑柔らか煮、出汁巻き玉子と海老の艶煮、くらげと椎茸の胡麻酢和え、鯛南蛮漬、鮪と平目のお造り・長芋田楽・トマト甘酢漬け・・・という内容。
相変わらずどれも手が込んでいて美味しく食べられましたが、全体に少し冷え過ぎ、もう少し常温に戻して欲しかったです。
f0036857_19414622.jpg

台の物はいつも通り魚と肉の合い盛り、肉は国産牛和風ステーキ、魚は鮭幽庵焼で、これもやや味付け濃い目で(機内ではこれでちょうど良いようです)美味しく出来ていましたよ。
f0036857_1942085.jpg

それに機内で炊いたご飯に味噌汁。
デザートの前にチーズ・ボードをもらいますが、今回のはあまり・・・。
f0036857_19421331.jpg

デザートは黒胡麻葛餅。
最近はこのデザートが多いですが、あられをかけて食べるのが好きだったのですが・・・
f0036857_19422793.jpg

今回は黄粉と黒蜜で、というものでした。
f0036857_19424085.jpg

この後歯を磨き、映画を見ながらうとうと。
バンコクまでの飛行時間は約6時間40分です。
到着2時間前にこうした軽食が・・・。
インスタント麺も選べます。
f0036857_19431636.jpg

フライトマップをつけてみると、おぉ、だいぶ近づいてきました。
f0036857_19433013.jpg

あ、バンコクの街の灯りも・・・。
f0036857_19434698.jpg

飛行機が駐機場に着くと窓は真っ白に、多分外は相当な湿気なんでしょう。
f0036857_19435760.jpg

スワナプーム空港ターミナル内に入ると強烈な冷房、あぁ、この感じこの感じ、バンコクに来たぁ!って実感します。
機内でいただいたプライオリティレーンのクーポンで、ここを通ります。
f0036857_1944873.jpg

この日は一般のパスポートコントロールも混んでいるようには見えず、クーポンを使わずに後日に取っておいてもと思ったのですが、最近は日付と便名がちゃんと入っているので・・・止めておきました。
タクシー乗り場もこの日は意外に閑散と・・・。
ほぼ待ち無し。
f0036857_19441932.jpg

最近はこんな風なレーン分けなんですね。
f0036857_19442991.jpg

機械の前には誰もいず、自分で番号札を取り、その番号のレーンに行くシステムでした。
by shackinbaby | 2017-05-07 00:03 | 旅行 | Comments(16)
GWバンコク弾丸 (1) いつもの成田出発
今年のGWは例年になく遊びまくりました。
ま、いつも通り長期に休むことの出来ない僕のこと、細切れにですが・・・。
f0036857_16323348.jpg

前半にはバンコク、後半は別旅程でドバイと北京。
共に2泊3日弱程度の短期旅行でした。
f0036857_16324491.jpg

まずは4月下旬に出発した久しぶりのバンコクの方から。
f0036857_16325784.jpg

(GWに入ろうとしている日、成田空港はいつもよりかなり混んでいましたが、ファーストクラスチェックインカウンター → ファストセキュリティレーン → JALファーストクラスラウンジの動線は最強です。
f0036857_1813027.gif

後半に旅行したドバイはエミレーツ航空の特典航空券だったので、「北」のワンワールドのファストセキュリティレーンを使いました)
f0036857_16331227.jpg

今回のバンコク行きチケットは僕には珍しくすごく普通の発券、何の工夫もないDクラス。
往復で199000円、その他諸税など加えると総額204850円というチケットでした。
(僕は今はJGPなので、この往復で14702マイル、FOPは11558ポイント貯まります)
f0036857_16332657.jpg

前からタイ好きを公言、タイに行きたい行きたいと言っていたかったのになかなか行くチャンスに恵まれなかったshackinbaby。
自分の休める日程で、即ネットから取れるこの値段を見た時に(しかも4月に入ってから)、この高値を高いとは思いませんでした(うそうそ、本当は高いと思いましたけど・・・)。
f0036857_16334487.jpg

でも時期はGW、相当前から日程を決めてチケットを買っておかないとダイナミックセーバーからのアップグレードは難しそうな時期、それならこのクリック一つで何の苦労もなくビジネスクラスのチケットを買っておいた方が・・・、そう考えたのです。
あとこれで大量のFOPを稼いでおけば、もう今年後半は本当に楽。
来年もダイアモンドではなく今年同様JGPで良ければ、あと1万数千ポイントで基準に到達、今年後半は無理してJALに乗らなくても良くなります。
f0036857_16335932.jpg

それにGWはもう一つエミレーツ航空でドバイに行きます。
JALのマイルと使っての特典旅行で、有償で乗れば130万円以上の旅程が無料なので、全体に気が大きくなっていたことも事実です。
JALのファーストクラスラウンジは激混み(たぶん4階の方もでしょう)、靴を磨いてもらっている間に寿司だけ摘まみ、そそくさとこの日僕が乗るJAL707便バンコク・スワナプーム空港行きが出るサテライト側に移動します。
f0036857_16341798.jpg

この時間ゆっくり休めるのはここでしょう・・・と行ったのは、カンタス航空のラウンジ。
(ワンワールドのサファイア以上なら使えます)
f0036857_16343156.jpg

時間は午後5時過ぎ、この後はこのラウンジも混んでくるはずですが、僕の経験ではこの時間はまだほとんど利用者はいないはず。
予想は大当たり、いたのは僕を含めて4~5人といったところで、広い館内は静かそのものでした。
f0036857_16345973.jpg

このラウンジは、本館とサテライト間通路の付け目にあって、形として歪というか変な空間ですが、それをうまく利用していろいろなタイプの席が用意されています。
(通常は鍵がかかっていますがシャワーブースも3室もあります)
f0036857_16351273.jpg

この時は全面ブラインドが降りていましたが、ここが開けられれば一面の窓、すごく明るい開放的な印象のラウンジとなるでしょう。
f0036857_16353839.jpg

スタッフはこまめに見てまわっているものの、摘まむものはJLに比してかなり貧弱。
f0036857_16355275.jpg

メインはこの硬焼きそばでしょうが、う~~ん、食べる気には・・・です。
f0036857_1636565.jpg

オーストラリア人らしいご夫婦は、全部を何度も見まわし、このマフィンだけ取って行かれていました。
f0036857_16361930.jpg

冷蔵庫の中。
f0036857_16363217.jpg

僕は窓際に並ぶPCのある席に座り、JALの寿司に続いて、こんな第2の皿を・・・。
f0036857_16364629.jpg

だって、昼食べない出来たんだもんと言い訳しておきます(笑)。
僕の乗るJL707便はサテライトの87番ゲートから、午後6時5分の出発。
f0036857_1637441.jpg

え~~い、まだ時間に余裕があると、今度はサテライト側のJALファーストクラスラウンジにも行ってみます。
ラウンジの梯子!
f0036857_16371757.jpg

う~~ん、こちらも普段と違ってかなりな混雑。
こちらのラウンジのダイニングエリアはドアで仕切られた個室型。
f0036857_16372921.jpg

あぁ、この匂いをかぐとなぁ、お馴染JAのカレーの匂いがかすかに・・・。
f0036857_16374317.jpg

やはり手が出てしまいました(笑)。
本日ラウンジ食、3食目です。
この後機内食も出るというのに・・・。
f0036857_16375878.jpg

ボーディング開始は午後5時45分。
f0036857_16381637.jpg

機材は見たところ787-8のようです。
f0036857_16384814.jpg

さぁ、いよいよ久しぶりのバンコク、タイ。
機体に胸はわくわくです。
f0036857_1639065.jpg

まさかこの時にはJUN2さんと同じ機に乗り合わせているとは思いもしませんでした。
by shackinbaby | 2017-05-07 00:02 | 旅行 | Comments(0)