2017年 05月 19日 ( 2 )
24 hours Dubai (2) エミレーツA380ファーストクラス搭乗
僕が乗るエミレーツ航空成田発ドバイ行きのEK319便は今年3月26日から3年10か月ぶりにA380での運行となりました。
f0036857_2124219.jpg

エミレーツのエアバスA380は、完全個室式「プライベート・スイート」のファーストクラスが14席、「ミニポッド」型でフラット・ベッドシートのビジネスクラスが76席、ゆとりあるシートというエコノミークラスが399席の合計489席。
それまでのボーイングB777-300ERより、1便当たりの座席数が135席増加した巨大機です。
f0036857_2125680.jpg

ボーディングブリッジに入るとグランドホステスがチケットを再チェック、ファーストクラスとビジネスクラスの客をこの動線に案内。
f0036857_213119.jpg

ここはスロープ、上に上がっていくことになります。
そう、エミレーツ航空のA380のファーストとビジネスは、2階席にあるのです。
シートマップはこんな風。
f0036857_2224187.jpg

長~いボーディングブリッジを抜けると・・・
f0036857_2132612.jpg

美男美女のFA達が満面の笑みで迎えてくれます。
僕は他社のA380には乗ったことがありますが、エミレーツ航空は初めて。
なので、こういう時にはもうすべてFAに任せます。
f0036857_2133863.jpg

おぉ、これがエミレーツ航空のファーストクラスですか。
f0036857_2135617.jpg

やはり豪華さと重厚感、そしてエレガントさも併せ持つ空間が広がっています。
アブレストは1-2-1。
これはカップルなどに最適な中央の2人並び席の写真です。
f0036857_2161513.jpg

この日はさすがにGWの最中、ファーストクラス14席もほぼ満席、僕は事前にネットから席を窓際1人席の2Kで指定しておきました。
この席です。
f0036857_2141399.jpg

いや~、豪華と書きましたけど、あちこちに金色やライトを使って、いかにも中東的キラキラ感を出しているインテリアはもしかすると、ちょっと過剰と感じる人も・・・。
f0036857_2162955.jpg

広さは充分、さすがファーストクラスです。
クッションも大きく、窓際に置かれている白いものはターンダウン用のデュベ。
こういうのはどこかに仕舞っておけば良いのに・・・。
f0036857_2164652.jpg

ボタン一つで自動開閉するミニバー。
f0036857_217441.jpg

でも残念ながら冷えてはいません。
ファーストクラスではここからの利用(もちろんすべて無料)は考えられず、FAに頼む方が普通です。
f0036857_2171667.jpg

モニター画面は画面にタッチしても操作できますが、何しろここではモニターと椅子の位置に相当な距離がある・・・。
なので手もとに置かれているiPad風のこのパッドがコントローラーになっていて、これですべて操作可能です。
このパッドはもちろん取り外して使うことも出来ます。
ただし最近のものに比べてちょっと重い・・・。
f0036857_2173658.jpg

大きなモニターの前には様々なものが。
f0036857_217522.jpg

蘭は生花。
枡離陸・着陸時には下げられてしまう籠盛りのスナック類も眼を引きます。
f0036857_2181048.jpg

ドバイ到着時、FAがお土産にどうぞとすべてを袋に入れてくれました。
それを後で取り出して写真に撮ってみると、こんな風に。
f0036857_21251356.jpg

ここにはレターセット。
f0036857_219581.jpg

ボールペンも付いていて、何とも豪華です。
f0036857_21261520.jpg

これもボタンを押すときらきらの点灯付きで現れるお休みセット。
f0036857_2183554.jpg

中にはこんなスニッフボックス(匂袋)2種類、筋肉痛などに効果のあるクリーム、カーマイン・バーム・・・などが入っています。
「テンプルスパ」製とあります。
f0036857_21262918.jpg

足元も広く、ここに機内誌やイヤフォンが・・・。
機内での着替え用にリラクシングウェアが配られ(着てしまったので写真はありませんが、とても肌触りの良いもの、帰国後も僕は部屋着として使っています)スリッパと共に、こういう黒いバッグに入れて持ってきてくれます。
f0036857_2193187.jpg

このトートバッグは実に重宝して、これも往復で4個ほどもらったので、我が家で奥さんのお使いに、スポーツクラブのお供にと、大活躍しています。
f0036857_9212959.jpg

リラクシングウェアはこういうケースに入ってもらえます。
f0036857_21292426.jpg

あと黒いトートバッグには配られた男性用のアメニティポーチも入っています、見えますか?
こういうポーチです。
f0036857_22593270.jpg

ブルガリ製。
中にはこういうものが入っていました。
f0036857_22594713.jpg

その後、奥さんにお土産にと女性用もいただいたので、以前男女用ともにここで詳しく紹介したはずです。
こういう金色使いがすごいです、いろいろな意味で。
f0036857_21295534.jpg

通路側から出し入れするクローゼット。
f0036857_21303370.jpg

シートの位置は3ポジションのみ。
ドアのボタンはドアの開閉ボタンで、ドアを閉めると本当に個室となります。
f0036857_21305154.jpg

ドアを閉めないとこのくらいには見えます。
f0036857_2131499.jpg

ファーストクラス担当のFAはとてもフレンドリーかつ丁寧、その他にも日本人FAも来て何かと補助してくれます。
ウェルカムドリンク、新聞の配布、ドバイ空港でのファストトラッククーポン配布など・・・。
f0036857_2131213.jpg

A380の窓は意外に小さめ。
f0036857_21313791.jpg

そろそろ離陸のようです。
by shackinbaby | 2017-05-19 00:02 | 旅行 | Comments(6)
「ウェスティン・ナゴヤ・キャッスル」が21年ぶりに元の名前に
マリオット・インターナショナル(旧スターウッドホテル&リゾート)とのライセンス契約が切れ、名古屋市西区の「ウェスティン・ナゴヤ・キャッスル」の名称が来年2月から以前の名称「ホテル・ナゴヤ・キャッスル」に21年ぶりに変更されるとのことです。



「今後は独自のブランディングでさらに愛されるホテルをめざしたい」とのことです。
by shackinbaby | 2017-05-19 00:01 | ホテル | Comments(11)