2017年 05月 20日 ( 3 )
24 hours Dubai (3) エミレーツA380ファーストクラス搭乗の続き、機内食
僕が乗ったエミレーツ航空EK319便、A380のファーストクラスの写真をもう少し色々な角度から。
カーテンの向こうがギャレー、その奥がビジネスクラス、最後尾にラウンジとギャレーというのが2階の大まかな構造です。
f0036857_2135407.jpg

今度は反対側、機首に向かって見たところ。
f0036857_21355764.jpg

カーテンの奥はミニバーと1階に下りる階段、その奥に2つのシャワー個室があります。
ファーストクラスの席の様子。
f0036857_21362823.jpg

真ん中2席の間はディヴァイダーはもちろん下げられます。
飛行機はまだ搭乗が続いているようでシートベルトサインの指示も出ていなかったのでトイレへ・・・。
f0036857_2136469.jpg

ここが噂のトイレ兼パウダールーム兼シャワー室で、その広さは大変なものです。
f0036857_2137166.jpg

狭いビジネスホテル1室くらいの広さはあるかも?
天井がカーブしているのでやや狭くは感じますが。
これが左右に1室ずつあります。
そして充分な照明と充分な空調、そして充分なアメニティー。
f0036857_21371599.jpg

ずらっと並んでいるのはアイルランドのブランド「VOYA」のものです。
ここのボディークリームとリヴァイタライザーは乾燥した機内と僕の肌に良く合い、何度も利用させてもらいました。
で、これがシャワーブース。
f0036857_2137388.jpg

身長184㎝の僕にはやや頭が窮屈かなぁと思うサイズでしたが、ぶつかりはしません。
f0036857_2138282.jpg

ちゃんと座る表面が木で出来た椅子も付いています。
シャワーが出るのは10分、今どのくらいお湯を使ったか一目でわかる表示付きです。
就寝前に僕もシャワーを浴びましたが、湯量はちびちび使えば問題なし、でも湯を止めるとちょっと寒い・・・。
エミレーツのA380ファーストクラスに乗ったらMUST DOの天空のシャワー、一度経験しちゃうと帰路の飛行機ではパス、眠る方を優先しちゃいました。
f0036857_2138183.jpg

FA曰く、この日のファーストは満席、日本発の便はシャワーを浴びる人が多いとのことで、シャワーの希望時間を聞き、調整はしているようでした。
一人利用し終わると、それ専門のスタッフ(FAとは違う制服)が、僕の時はとても陽気なフィリピンの人でした、あっという間に新品同様に拭き上げてくれます。
f0036857_21383317.jpg

搭乗してからだいぶ時間のたった定刻より15分遅れの午後9時35分、EK319便は成田空港を離陸。
ドバイまでの飛行時間は10時間50分、日本人FAは男女合わせて7人乗務しているそうです。
機内セイフティヴィデオ。
f0036857_1948912.jpg

サービスが始まると、まずはアラビックコーヒーとデーツ(「バティール」製)のサービスから始まります。
f0036857_1948245.jpg

独特の香りのアラビックコーヒーですが、僕は嫌いじゃありません。
前にも書きましたが窓は大きくありません。
f0036857_19484280.jpg

ドリンク・サービス。
f0036857_19485942.jpg

機内食のメニューは厚く何ページもありますが、英語、日本語、アラビア語の3か国語併記なので、理解は簡単です。
暖めたナッツはこれだけでもどんどんイケちゃう美味しさ。
f0036857_19515667.jpg

僕は全くの下戸ですが、ドンペリだけは少し頂きました。
f0036857_19521135.jpg

でも全然その美味しさが分かりません(泣)。
f0036857_19522815.jpg

食事は全く自由に、好きな時に好きなものを好きなように食べることが出来ます。
僕は「食事 → シャワー → 睡眠」と予定をしていたので、食事はすぐに出してもらいます。
f0036857_19524469.jpg

これが洋食の基本セッティング。
日本線は和食も用意されていて、それは懐石スタイルで出されるそうです。
エミレーツ航空の和食メニューはケータリング会社の「ゲートグルメジャパン」製で、成田近くにある「北総ベジタブル」と連携して野菜の鮮度を向上、食器も「ノリタケ」とコラボするなど、とても工夫しているとのことですが、やはりここは洋風~アラブ風なものに・・・。
f0036857_1953375.jpg

パンはどれも美味しく、機内でもこんな状態で出せるようになったんですね。
ただしこれはどこの会社でも同じですが、機内は乾燥がすごいので、美味しく食べるには早いうちがベスト。
エクストラヴァージンオリーブオイル、バルサミコ酢、バター、どれも良いものが揃っていました
f0036857_19532365.jpg

まず前菜には、ファーストクラスといえばこれでしょう的キャヴィア。
f0036857_19545055.jpg

クラシカルなセッティング(ブリニ、玉葱、サワークリーム、ゆで卵、レモンなど)の全部乗せで出てきます。
f0036857_19551171.jpg

キャヴィアもたまに食べると美味しいですね。
(って、地上では金銭的な問題で食べられないだけですけど)
第2の前菜はアラブ風のメニューからメゼ(またはメッゼ、アラビア語では مَزة)を・・・。
f0036857_19554652.jpg

これは東地中海周辺で食べられる前菜あるいは軽食のことで、各地で少しづつ内容や体裁は違うようですが、ここではこんなに小皿が並ぶスタイルで出されます。
f0036857_1956137.jpg

これはすごいヴォリューム、一緒に食べるピタパンも付いてきます。
f0036857_19561720.jpg

これを全部食べちゃうともうメインが入らなくなりそう、でも一応すべての味見を・・・。
f0036857_19563774.jpg

茄子のババ・ガニュージュ、ヒヨコ豆のペーストのフンムス、ソーセージのようなマカニクなど知っているものも並んでいます。
f0036857_1957558.jpg

この量。
f0036857_19572172.jpg

中央に寄せてみるとこのヴォリュームで出てくるんです。
そういえばターキッシュエアライン(昔のトルコ航空)に乗った時も、このメゼが並んだのを覚えています。
f0036857_19574454.jpg

by shackinbaby | 2017-05-20 00:04 | 旅行 | Comments(8)
LHWの年会費無料プロモ
ソウルの超高層ホテル「ザ・シグニエル・ソウル」の値段を調べていて、やはり鳴り物入りのホテル、高いよなぁ、それに今のソウルはキナ臭いし、やっぱりやめようかと思っていた時に、このプロモを見つけました。
f0036857_10105880.jpg

「ザ・シグニエル・ソウル」が属しているLHW(THE LEADING HOTELS OF THE WORLD)の年会費無料プロモです。

     https://jp.lhw.com/online-offers/MSTR?ppcode=mstr&pocode=1510br&ext=mcsllc1015&utm_medium=print&utm_source=mastercardlc&utm_campaign=1015mcsllc&utm_content=mclcprint

通常は年間US$150かかるところが無料に・・・。
メンバーは2名までの朝食、アップグレード、5滞在で1泊無料、インターネット無料、各ホテル独自のサービスなどがあるそうです。
by shackinbaby | 2017-05-20 00:03 | ホテル | Comments(3)
ニュージーランド航空のFAが装着するゴーグル型端末に・・・
ニュージーランド航空はいつでもユニークかつイノベイティブな試みにトライしていますね。
今回発表されたのはFAが装着するゴーグル型端末に、利用客の情報を集約する技術の研究。
ゴーグルに情報を表示することで、乗客それぞれに合ったサービスを提供して、顧客満足度の向上をはかろうというものだそうです。

     http://www.aviationwire.jp/archives/120240

使用するゴーグル型端末は、マイクロソフトのAR(拡張現実)を使用したヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」(ホロレンズ)で、乗客の食事や飲み物の好み、旅程、会員情報の詳細などを表示することができるそうです。



後はゴーグルの軽量化、デザインの洗練、情報を得たFAの対応スキルの上達ですかね。
by shackinbaby | 2017-05-20 00:02 | 旅行 | Comments(2)