2017年 08月 28日 ( 4 )
JAL機内食から和食が消える?「RED U-35」ファイナリストの若手シェフ達の饗宴
ALの中長距離国際線機内食が9月から大きく変わりそうです。
「新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション」という「RED U-35」(RYORININ's EMERGING DREAM)の歴代ファイナリストとなる若手シェフ達の監修による機内食となり、何と和食が消えるそうです。

     http://www.redu35.jp/

このメニューは日本発の上記路線で、エコノミーとプレミアムエコノミーでの提供となり、内容は3か月毎に変更されると・・・。
9月からのメニューは前述のように和食という選択が亡くなり、中華か洋食(フレンチ)に。
中華は「RED U-35 2016」でグランプリを受賞した「szechwan restaurant 陳」の井上シェフが監修、洋食(フレンチ)は、「RED U-35 2016」で岸朝子賞を受賞したザ・プリンス パークタワー東京の「レストラン ブリーズヴェール」の桂シェフの監修とのことです。
前者のメインは「マイルドエビチリ 翡翠ライス添え」。
後者は「ハンバーグ パプリカのケチャップ風ソース フェットチーネクリームソース」。
サイドディッシュはよだれ鶏(井上シェフ監修)、タコポテトサラダバーニャカウダーソース(桂シェフ監修)、ココナッツのブラマンジェと南国風リンゴのコンポート(桂シェフ監修)と・・・。
和食ファンはもしかすると12月の冬メニューを担当する「菊乃井本店」の成田シェフ辺りで出てくるかもしれませんね。
JALは機内食ではいろいろ冒険をしています、これが吉と出ればJALファンの僕は嬉しいのですが・・・。

     http://press.jal.co.jp/ja/release/201708/004393.html


by shackinbaby | 2017-08-28 18:01 | 旅行 | Comments(6)
JALの機内食「資生堂パーラー for Resort」、新メニュー
JALは9月1日から成田発ホノルル、コナ行きのハワイ路線で資生堂パーラー監修による「資生堂パーラー for Resort」で新メニューを提供するとのことです。

     http://press.jal.co.jp/ja/release/201708/004394.html

ハワイ線の往路のエコノミーとプレミアムエコノミーの1食目。
9月から11月までの秋メニューは「やわらかなビーフのブランケット 伝統のチキンライスを添えて」で、
f0036857_18263237.jpg

12月から1月まで提供される冬メニューは「コク深いビーフの赤ワイン煮 マッシュポテトを添えて」だそうです。
f0036857_1826043.jpg

サイドディッシュはアルコールとも相性のよい「パテ・ド・カンパーニュ」、資生堂パーラー チーズケーキ For Resort スペシャルフレーバー「リリコイ」のチーズケーキが添えられると・・・。
資生堂パーラー というとその名前だけで、何か美味しそうに感じますよね。
by shackinbaby | 2017-08-28 18:00 | 旅行 | Comments(2)
アマン東京 (2) プレリュード
僕らが「一休」を利用して、公式レートより相当安く泊まった「アマン東京」(アマン東京(1)をご参照ください)。
ではその細部を順番に見ていきましょう。
とはいってもこのホテル、前回宿泊時もかなり詳しく書いたので、もう付け加えることもありません。
今回はこの辺りは写真だけでよろしいでしょうか?
ここ数日の忙しさから抜け出せれば、少しだけ印象を言葉にして書き込むかもしれません。

後記:ミニマムなキャプションをつけました。
「アマン東京」は「大手町タワー」の最上階6フロアにあります。
1階にエントランス、33階にレセプションとロビー、レストランなど、34階にスパやフィットネス、プール、35階から38階に客室84室が広がっています。
f0036857_7124163.jpg

ここはJR東京駅北口から歩いても7~8分、地下鉄大手町駅A5出口からは直結でわずかに数分。
でもこのホテルに来る人のほとんどはタクシーで、かもしれません。
f0036857_7125671.jpg

でも、ここはタクシー運転手には分かりずらいところですね。
というか、わざとそう作ってるんでしょうけど。
外には「アマン東京」のロゴはありません。
少し中に入るとやっと「アマン東京、ホテル車寄せ」の表示が出てきます。
f0036857_7131312.jpg

この細長い暗い通路を奥に入っていくと、そこが「アマン東京」のエントランスです。
この通路は車専用、歩きで使用することはできません。
f0036857_7132687.jpg

高い天井、直線を多用したシャープでコンテンポラリーなデザインの中に、木材使いなど和のテイストもしっかり入っています。
f0036857_7134272.jpg

特筆すべきは清掃状態の良さ、ガラスなど一点の曇りもなくピカピカです。
ドアマットだって新品のよう。
f0036857_7135657.jpg

そしてドアマン、ベルの対応の良さは印象的です。
「チェックイン」と告げると、日本語の堪能な外国人ドアマンが「お名前をいただけますでしょうか?」 
f0036857_7141295.jpg

名乗った後、この何とも和と季節を感じさせる生け花のところを左に曲がると・・・
f0036857_7142882.jpg

もう一つドアがあるのですが、僕が名乗ってからわずか数秒しかたっていないのに、女性ベルがドアを内側から開けてくれながら、「お待ち申し上げておりました、shackinbaby様(本当は本名で)」と。
f0036857_7144482.jpg

まさにアマン・マジック!?
ま、インカムなどの利用と、都市型ホテルとはいえ84室しかないホテルに旅装で到着すると、チェックイン時間も知らせてあるので、shackinbabyの名前をリストから見つけるのは難しいことではないのでしょう。
f0036857_715411.jpg

「アマン東京」には僕らがタクシーを降りて入ってきたメインエントランスの他に、この「ザ・カフェby アマン」前に出るドアもあります。
(もう一つ「大手町タワー」内に出られるドアもあります)
以前まだこのホテルの全容がベールに包まれていた時、僕はこの「AMAN TOKYO」というロゴがマスキングされている写真を撮り、その凹凸から絶対「アマン東京」だと推測した、あの懐かしの(?)ロゴ。
f0036857_7151916.jpg

↑の左がメインエントランス前の車置きです。
f0036857_7163037.jpg

「アマン東京」名物の人力車と、何やら高級車が・・・。
f0036857_716521.jpg

皇居の周りを30分ほどまわってもらって約1万円です<人力車。
「ザ・カフェbyアマン」の周囲は森。
だいぶ良い具合に木々が茂ってきています。
f0036857_7171915.jpg

「大手町タワー」、高~い、上を見上げると首が痛くなるほど。
f0036857_7173750.jpg

森の中の「ザ・カフェbyアマン」。
f0036857_718357.jpg

奥に「アマン東京」の「ザ・カフェbyアマン」側のドアが見えていますね。
f0036857_7182130.jpg

ここからホテル1階内部の写真となります。
f0036857_7194212.jpg

素晴らしい一枚板のデスクの両脇にデスク&チェア。
左右対称に整然と・・・。
数センチ動かしてもバランスが崩れそうな「アマン」ならではの世界がもう始まっています。
f0036857_720275.jpg

この分厚い一枚板は3部作、後は33階のレセプションと34階のスパにあります。
特にスパのは大きく素晴らしい・・・。
もちろん和の設いも忘れていません。
f0036857_7201771.jpg

「アマン東京」の中には数々の美術品がありますが、まず僕らの目に入るのはこの菅原健彦氏の巨大な作品。
f0036857_7204125.jpg

氏といえば都市景観など身の周りの風景を岩絵具で描く大画面や、大自然に対峙した水墨画などを手掛けるので有名です。
サイズは小さめですが、「パレスホテル東京」にも氏の作品がありましたね。

     http://www.sugawaratakehiko.jp/

f0036857_7214149.jpg

とてもアテンティブなベルに案内されて奥にあるエレベーターへ。
f0036857_7215913.jpg

エレベーター前にあるのが僕の大好きな左官職人、挾土(はさど)秀平氏による巨大作品です。
f0036857_7221872.jpg

いや~、これも良いですね。
f0036857_7223233.jpg

日本の秋の野のイメージでしょう、松ぼっくりなども見えます。
f0036857_7225385.jpg

彼の作品はホテルのあちこちに見られます。
僕は「ペニンシュラ東京」やシンガポールの「吉兆」のよりも好きですね。
f0036857_729115.jpg

エレベーターで33階のレセプションまでベルと共に上がります。
この時、問わず語りに僕らが「アマン東京」に来る時のタクシーで遭遇した不快な出来事をベルに話していたのですが、これがあっという間にスタッフに共有されて、いろいろなところで話に出され、こちらが恐縮するほどだったのは、さすが「アマン」と思いました。
しかも僕らの顔を見ただけで、何日も泊まっているわけでもないのに・・・。
たぶんモバイル端末にゲスト情報をどんどん入れて行って共有しているんでしょうが、そのゲストに寄りそうという努力は、出入りの激しい都市型ホテルなのに、やはりすごいなと。
f0036857_7232687.jpg

33階のレセプションカウンター。
ベルはここまでで、今度は待ち構えているレセプションスタッフに引き継がれます。
f0036857_7234424.jpg

ここにもあの一枚板と、挾土秀平氏の左官ワークの壁。
f0036857_72493.jpg

実際にはここに座ることはなく、奥のロビーのチェアに案内され、ウェルカムドリンクを飲みながらのチェックインとなります。
前回はホテルの公式サイトからの予約だったからか、インルーム・チェックインでしたが。
f0036857_7255469.jpg

そのロビーの俯瞰写真です。
f0036857_726225.jpg

ここもすべてがピシッと整えられていますね。
以下、次回に・・・。
by shackinbaby | 2017-08-28 05:01 | ホテル | Comments(4)
ヒルトンのQ3プロモ、8月1日から
HKさんにもコメントいただいています、ヒルトンの9月1日からのQ3プロモはダブルアップ、ポイント2倍です。

     https://www.hiltonhhonors.com/en_US/HHCM/20170822_17457/

f0036857_6471679.jpg


Sign up and earn Double Points on every stay from September 1 through
December 31, 2017, with the Double Up promotion.
Have Diamond Status? It's your lucky day! Sign in below to enjoy an extra bonus offer, just for you.

とあり、登録すると

Hey Diamond member! Not only will you earn Double Points on every stay,
but you'll also enjoy 10,000 Points for every 10 Nights (up to 50,000 Points)
from September 1 through December 31, 2017.*

とでてきます。
つまり10泊ごとに10000ポイントのボーナスということですね。
皆様、ぜひご登録を・・・。
by shackinbaby | 2017-08-28 05:00 | ホテル | Comments(0)