2017年 08月 31日 ( 4 )
頑張るフィンエアー
知らないうちに(僕だけ?)フィンエアーの日本路線がどんどん増えています。
今度は成田・ヘルシンキ線が2018年5月12日からついにダブル・デイリーになるとのことです。
もちろん関空・ヘルシンキ線、セントレア・ヘルシンキ線のデイリー運行ですし、季節運航とはいえ福岡・ヘルシンキ線も週3往復で飛んでいます。
ヘルシンキは日本から一番近いヨーロッパだし、ヴァンター空港はコンパクトで使いやすく、乗継便も豊富、人気が出るのも当然かなぁ。
いずれにしても日本発着のヨーロッパ系エアラインの中で、その存在感は増してきていますね。
もう何年も前ですが、フィンエアーに乗った時の思い出写真。
f0036857_9313886.jpg

f0036857_9314959.jpg
f0036857_93209.jpg

by shackinbaby | 2017-08-31 10:07 | 旅行 | Comments(6)
JALと「ビッグカメラ」の提携5周年記念キャンペーン
僕は本当にそれがお得かよく分かりませんが、通常の電化製品は「ビッグカメラ」で購入、JALのマイルを貯めています。
10月31日まで、JALと「ビッグカメラ」の提携5周年記念として、購入金額税込100円について3マイル貯まるところが4マイルにレートアップしているそうです。

     http://www.jal.co.jp/121campaign/bic_5th/

期間中に「BIG CAMERA JMB WAONカード」に入会して、税込5000円以上使うと、抽選で5人に40000マイルがプレゼントされるなど、いろいろな特典もあると・・・。
by shackinbaby | 2017-08-31 10:06 | 旅行 | Comments(2)
ホテルアクアチッタナハbyWBF
ちょっと小さいかなぁ。
でも新築で値段もリーズナブル、人気出るかもしれません。
那覇の泊ふ頭旅客ターミナル(とまりん)から徒歩1分弱、沖縄有数の観光地である国際通りから徒歩約10分というロケーションにに10月21日オープンする10階建て全231室の「ホテルアクアチッタナハbyWBF」です。
運営は「琉球温泉瀬長島ホテル」などを手掛けている「WBFリゾート沖縄」。
部屋は一番大きい部屋でも25㎡ですから、それは・・・。
f0036857_12251558.jpg

でもこの屋上のルーフトップバーと、上述のように小さいながらシースルーのプールがあるんですよ。
最近のホテルはいろいろ考えてますね。

     https://www.hotelwbf.com/aquacitta-naha/news/news-cat01/hotel-open.php
by shackinbaby | 2017-08-31 10:05 | ホテル | Comments(0)
アマン東京 (4) タイフードフェア
ランチを食べないで、午後1時半ごろ、「アマン東京」に着いた僕ら夫婦。
午後3時というチェックイン時間にはまだだいぶ時間があったのですが、何と部屋はすでに用意出来ていると・・・。
しかも翌日のチェックアウトは午後2時で良いとのこと、これじゃ24時間(以上の)ステイになっちゃいます。
びっくりするやら嬉しいやら、有難うございました<「アマン東京」
でも僕らはとにかくお腹が空いていたので、ランチを食べてから部屋に入ることに・・・。
レセプショニストにそのことを話すと、レストラン、ラウンジに連絡、返事が来るまでそれぞれで出されている料理の内容などいろいろ話してくれます。
その中で「おっ」と思ったのが「ザ・ラウンジbyアマン」で7月と8月にされているというタイ料理(タイフードフェア)。
アマンが出しているタイ料理ならさぞかし本格的あるいは美味しいだろうと、イタリア料理メインのレストランよりラウンジの方で空席を探してもらうと、アフタヌーンティーの予約でラウンジはもうパンパンとのこと。
でもさすがにアマンというか、宿泊ゲストにはとにかく優しく、「ライブラリーの方になってしまいますが、よろしいですか?」と、何とか席を見つけてくれました。
f0036857_2014712.jpg

案内されたのは「ライブラリー」の窓際席。
景色は大手町のビルビューで面白味はないのですが、僕の好きな席の1つです。
ただここは通常食事をするところではないので、小さめの丸テーブルだけなのが残念ではありますが。
ラウンジのメニューを見ると、一般的なメニューの他にタイ料理という見開き2ページのメニューがあり、アペタイザー、メイン、デザートの3品のセット(プリフィックス)メニュー(7684円)というのが、一番ポピュラーなよう。
「アマン東京」のタイフードフェアについてはここで。

https://www.aman.com/sites/default/files/aman-tokyo-summer-brochure-2017.pdf#search=%27%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%9D%B1%E4%BA%AC+%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%27

メニューにはタイの代表的な料理名が並んでいますが、僕らはすべてアラカルトから選びました。
奥さんはパッタイ(2800円)、タイ現地の10倍の値段かも。
f0036857_2015925.jpg

僕も一口もらいましたが、立派な海老が一匹入っているだけではなく、こんなに海老味の強いパッタイをタイで食べたことはありません。
タイ料理独特の調味料入れも出てこないし、使われている材料の質が良いのは分かりますが、タイっぽさがミニマムです。
夫婦でシェアしたシークロンムートート(ポークスペアリブの唐揚げ)もそうです(2900円)。
f0036857_2021120.jpg

とても良い美味しい豚肉、でもチリソースとフライドガーリックが付いてきますが、こんなの似非チリソースです。
これ、シェフは日本人?
絶対タイ人じゃないよねって感じ。
僕らの席を担当してくれたウェイトレスは、注文を取る時から余り感じが良くなく(疲れていた?)、そうした僕らの質問にも「アマン東京スタイルのタイ料理でございます」と・・・。
タイ料理用の調味料(唐辛子、ナンプラー、砂糖など)に関しては「は?」とだけ。
これは僕が主に食べたゲーンキャオワ~ン(グリーンカレー)(2900円)。
f0036857_2022314.jpg

鶏肉と夏野菜が入っていて、例によってこれらは美味しい、素材の質はGOODです。
でも肝心のカレーが全然spicyじゃなく、これからレトルトのグリーンカレーの方がずっとタイを感じられます。
f0036857_2024198.jpg

ジャスミンライスのココナツ乗せは、日本で食べるものとしてはかなり美味しいもの。
トータルして、全く期待外れのタイ料理でした。
材料の良いのは分かりますが、タイ料理のタイ料理たる基本が感じられず、タイ風味のインターナショナル料理といった印象です。
タイが発祥のアマンというイメージに引きずられ過ぎました、僕ら。
これを含め、おおむね満足出来た「アマン東京」ステイの中、ダイニングの質の低下(最初のころの経験では何を食べても美味しかった)、一部のスタッフのおざなりあるいは高飛車な態度だけはマイナス点でした。
by shackinbaby | 2017-08-31 00:02 | ホテル | Comments(4)