2017年 09月 02日 ( 2 )
いつもの「ヒルトン東京」
仕事にかこつけて、経費扱いでいつもの「ヒルトン東京」に泊まりました。
数日後に始まる50%OFFなどで予約出来れば、もっとリーズナブルなレートをGET出来たのでしょうが、これは通常予約。
1泊1室26000円++でHPCJ割引で総額26520円。
安くはないけど、経費で落とせるから、ま、良いか(笑)。
f0036857_15563141.jpg
今回は珍しくジュニアスイートにアップグレード、いつも通りカジュアルで快適なステイとなりました。
f0036857_15595359.jpg
f0036857_15590715.jpg
チェックイン時、ラウンジにシードルや氷結、ネクターサワーピーチなどが冷やされていました。
f0036857_16015115.jpg

by shackinbaby | 2017-09-02 15:43 | ホテル | Comments(10)
アマン東京 (6) コーナースイートの続き
「アマン東京」のコーナースイートに泊まった僕ら夫婦。
部屋チェックの後半になります。
f0036857_224744.jpg

リヴィングルームには和風のスライドドア(障子風?)に隠された、こんなスペースもあります。
f0036857_2242545.jpg

開けると、快適なワークエリアが・・・。
f0036857_2244024.jpg

広くはないのですが、すべてに手が届き、コンセント類も豊富、とても使いやすかったです。
その脇がトイレ。
f0036857_22241575.jpg

トイレがリヴィングからは見えない配慮は良いですね。
今後は入口入って左側のベッドルームを・・・。
f0036857_2253550.jpg

黒いスリッパは、オープン当初泊まった時に小さ過ぎるとクレームしましたが、今は外国人にもフィットするサイズになっています。
f0036857_2255360.jpg

目立つ傷など全く見当たらないフローリングに、ベッド周囲に畳マット。
f0036857_226929.jpg

基本的にこの部屋タイプはキングベッド1台ですが、前もって頼んでおくと、こうしてハリウッドツイン風にメイクベッドしておいてくれます。
f0036857_2262462.jpg

写真で見るほどではないですが、こうベッドを作ってもらうと、一人一人はやや狭いベッドとなってしまいますが、不自由はありません。
ただこのツイン用のベッドマットはオリジナルのものよりは質は落ちるようです。
ただしリネン類などはかなり上質、枕も気持ち良いものでした。
ベッドルームの窓際も魅力的です。
f0036857_2264553.jpg

こちらからは右手に東京タワー、左手にレインボーブリッジが見えます。
あぁ、これも天気が良ければ・・・です。
ここにもこんなデスクが。
f0036857_227048.jpg

和とモダンの融合、それに「アマン」スタイルのシンプリシティ、良い感じです。
f0036857_2271458.jpg

この下には冷蔵庫、ソフトドリンクはすべて無料で、いくら飲んでも夕方のターンダウン時、完璧に補充されます。
大きなクローゼット。
f0036857_2273759.jpg

バスローブは僕の大好きなシンガポールのブランド「プロー」のもの、肌触り最高です。
f0036857_228040.jpg

引出しの中には大きめサイズの浴衣が・・・。
f0036857_228128.jpg

ベッドルーム全体を入口からと、窓の方からと撮ってみました。
f0036857_22285085.jpg

壁掛けのTVは見やすいように角度も付けられます。
f0036857_2285252.jpg

ベイシンはダブルで、前には一面の大きな鏡。
f0036857_229938.jpg

奥はトイレになっています
f0036857_2292365.jpg

水の跳ねなどを考えると、もう少し深い方が・・・。
スタイリッシュ過ぎるかも。
でも汚してもターンダウンの時すっかりきれいにしてもらえます。
さすがに「アマン」、ターンダウン・サービスはしっかりしたものです。
f0036857_2293985.jpg

ボディーローションなどのアメニティ、オリーブ石鹸などは渋谷油脂製。

     http://socc.jp/

f0036857_221063.jpg

アメニティも豊富です。
f0036857_22103520.jpg

洗面所からドア無しで、少し下がったところに広いバスルーム。
f0036857_22105047.jpg

窓も特大で、前述のようにこの方向からは東京タワーからレインボーブリッジまでを見渡すことが出来ます。
f0036857_2211922.jpg

木の桶や椅子が、和を強調しています。
f0036857_22112844.jpg

バスタブは深く、日本人向き。
f0036857_2212165.jpg

ターンダウン時に日本的な良い香り(多分檜だったか?)の袋が薬湯用に置いてあり、使い方が書かれた紙も置いてありました。
(10分くらい湯に漬けろとか・・・)
バスソルトももちろん陶器製の瓶の中に一杯。
アマン・スタイルのバスローブの掛け方も格好良いです。
f0036857_22122289.jpg

アメニティ。
f0036857_22123747.jpg

ベッドルームの方にも少し開けることが出来ます。
f0036857_22125341.jpg

いやいや、さすがに「アマン東京」のスイートルーム、ハードはどこも抜かりはありませんね。
by shackinbaby | 2017-09-02 00:02 | ホテル | Comments(2)