2017年 09月 06日 ( 2 )
「ヒルトン東京」のexecutive junior suite
もうこのホテルはいちいちレポートなんか要らないよね・・・と大まかな紹介だけした最近の「ヒルトン東京」ステイ。

     http://shackinba2.exblog.jp/28113888/

それでもホテラバさんからジュニアスイートは久しぶりだからちゃんと書いといてくださいとリクエストが・・・。
はい、分かりました!と、写真中心で僕がアサインされた部屋について簡単に紹介しておきますね。
f0036857_18254916.jpg

レートは前にも書いたように、1泊1室26000円++でHPCJ割引後は26520円というもの。
いま現在行われている50%OFFタイムセールならもっともっと安かったでしょうが。
チェックイン時、king hiltonがexecutive junior suiteにアップグレード。
いつもこうではありませんが、午後3時までのレイト・チェックアウトもOK、メンバーシップ様々で本当に有難いと思いました。
(この日のexecutive junior suiteの値段は44000円++もしたんですよ)
f0036857_1826529.jpg

ヒルトンのウェブにはこの部屋タイプに付いて

障子と襖が配された客室は随所に和の趣を感じさせ、シンプル美を追求したデザイン。
ビジネス、レジャーに関らず、ワンランク上の滞在をお約束。
ガラスのワーキングデスク、窓際には一人掛けのリラックスチェアが配され、全米売上No. 1のマットレスブランド、サータ社のヒルトン・セレニティベッドがゲストを上質な眠りへといざないます。


とありました。

     http://www.hiltontokyo.jp/rooms/executive_floor_double

f0036857_1827454.jpg

「ヒルトン東京」のベッドは泊まり慣れているせいか、とても寝やすく、リネン類も超高級品ではないものの、充分〇です。
f0036857_18275557.jpg

大きなローソファはこの部屋の大きな特徴の一つ。
f0036857_1828123.jpg

浴室は改装されて個室になっているタイプ。
ベッドルームとの間はもちろん開閉できます。
f0036857_18284511.jpg

ミニバーのキャビネットの色は通常の部屋とは違います。
f0036857_1829965.jpg

キャビネットと冷蔵庫の中。
f0036857_18293391.jpg

ネスプレッソ完備でした。
カプセルは3種類1個づつ。
f0036857_18411497.jpg

クローゼットの備品はヒルトン標準です。
f0036857_1830551.jpg

浴衣とバスローブは引出しの中に・・・。
f0036857_18424247.jpg

ここまでは良かったのですが、このハンガーはちょっと。
f0036857_18425866.jpg

ずいぶん傷ついたハンガーが混じってるし、ハンガーとしての統一もない・・・。
f0036857_18301770.jpg

ベイシン周りは狭いですが、照明も充分で、使いやすくなっています。
f0036857_18303243.jpg

アメニティーはクラブツリー&イブリンのやや大きめボトル。
f0036857_18342339.jpg

浴室は洗い場付きです。
f0036857_18304568.jpg

「ヒルトン東京」にはジュニアスイートでもまだ未改装のバスルームもあるので(33階以上)要注意。
f0036857_18311576.jpg

窓の外からは新宿の高層ビルのシティラインが・・・。
f0036857_18312826.jpg

by shackinbaby | 2017-09-06 00:02 | ホテル | Comments(8)
お台場「ダイバーシティ」のフードコート ~ 金子半之助
僕が「ヒルトン東京お台場」に泊まった時、時々食べに行く「ダーバーシティ」のフードコートのお気に入り店を書いています。
前回は「夏はカレーじゃ」(笑)と「インド式カレー 夢民」を取り上げました。
今回はお馴染み、天丼の「金子半之助」です。
f0036857_2261923.jpg

もう最近は至る所に支店がありますが、最初の頃の室町本店は1時間待ちとか2時間待ちとかすごい行列でした。
このフードコートの良いところはそこまで混まないこと。
注文して、天丼が出来るまで約15分もかかりますが(ポケベルが鳴る)、揚げたてが出来たてほやほやで出て来るので、待つのもそう苦になりません。
f0036857_2263743.jpg

これが江戸前天丼(1200円)。
相変わらずすごいヴォリュームですねえ、ビジュアル・インパクトが半端ないです。
圧巻は丼からはみ出る穴子、海老は2匹、ししとう、小柱のかき揚げ、海苔、玉子・・・と乗っています。
箸で崩すとどろっと黄身が出てくる卵は丼汁の浸みたご飯との相性も良く、食欲をそそる胡麻油+サラダ油のブレンド油もちょうど良い具合だし、穴子など表面はパリッと身はフワッと揚がっています。
でもここでの勝利は丼汁かな?
ちょっと濃いめかなと思うものの、くどくなく、本当にちょうど良い感じ。
もちろん高級店の天丼には全然かないませんが、コスパ的にはこれで充分でしょう。
でも値段はフードコート値段、本店ならこれ、1000円でお釣りが来たと思います。
店のウェブから金子半之助の歴史を。

日本調理師一心会二代目会長を務めた、金子半之助。
浅草生まれの金子半之助は誰よりも下町を愛し、和食を愛した江戸っ子です。
金子半之助の孫にあたる金子真也が幼き頃に祖父より頂いた閻魔帳(レシピ帳)。
その中には、門外不出の『秘伝の江戸前の丼たれ』の作り方があり、この秘伝の 丼たれに合うタネ(材料)との試行錯誤を重ね、ようやく1杯の天丼が完成した。

by shackinbaby | 2017-09-06 00:01 | グルメ | Comments(4)