2017年 09月 14日 ( 3 )
今日のランチは「天のや」のたまごサンド
今日のランチは後輩が買ってきてくれた「天のや」のたまごサンド。
もう、これ、本当に有名ですよね。

     http://amanoya.tokyo/menu.html

店のウェブには

天のや女将によるオリジナルレシピで、関西風の出汁をたっぷりと使用した出汁巻き玉子と、マスタードの利いたマヨネーズソースのハーモニーが絶妙なバランスです。
天のやのお土産専門店では、レギュラーサイズに加えて本店にはないハーフサイズのご用意もしております。
フワフワのパンとフワフワの玉子、想像以上の味わいと食感をお楽しみ下さい。


とあります。
f0036857_1293474.jpg

確かに和風の卵焼きとマスタード味のマヨネーズソースはふわふわのパンによく合っています。
「天のや」は麻布十番の麻布通り1本裏手の建物1階に85年前の1932年にオープンした甘味処。
僕が昔あそこ(店内)で食べた時の出来たて感は、口に含むと出汁の旨みがふわふわのパンの間にジュワーと広がって、マスタードマヨネーズの軽い刺激と共に、かなりなものと思いました。
が、まぁ、今回はテイクアウト、作られて少し時間がたっているので・・・。
それからこれは食べていると少し飽きるかも、他のものを挟んだサンドイッチも食べたくなるし、これはもう少し食べたいなくらいの数切れがちょうど良いようです。
by shackinbaby | 2017-09-14 13:00 | グルメ | Comments(2)
ヒルトン東京ベイ (3)
「ヒルトン東京ベイ」の最後は「セレブリオラウンジ」の様子についてです。
夕方のカクテルタイムは午後5時半から7時半まで。
f0036857_2233962.jpg

ラウンジに行くのが少し遅くなったので、上手く写真が撮れませんでした。
(ゲストが多過ぎて・・・、でも座る席がないということはありません、ここはかなり大きなラウンジです)
ピザ。
f0036857_2235952.jpg

海老のアヒージョ。
でも大蒜味はあまり強くありません。
f0036857_2241473.jpg

ガスパチョ、フルーツカクテル。
f0036857_2242649.jpg

ケーキ類。
f0036857_2243941.jpg

サンドイッチもあり、ピザといい、お腹が膨れるものも多いです。
f0036857_2245245.jpg

アルコール類の一部。
f0036857_2251141.jpg

ここのゲストはアルコールの消費がすごくて、たまたまかもしれませんが、僕の周囲の方は「そこまで飲む?」というくらい、何度も何度もアルコールを取りに行かれていました。
f0036857_2252756.jpg

僕は後半は、誰もいないテラス席に席を移して、タブレットを弄りながら、静かに過ごしました。
f0036857_2254146.jpg

今度は朝の6時半から始まる朝食の様子を・・・。
ダイアモンドメンバーは「ザ・スクエア」のフル・バフェも利用できますが、それほどの食欲もない時はこちらで充分でしょう。
f0036857_225551.jpg

一応の和洋の朝食アイテムは揃っています。
f0036857_2261160.jpg

大体のところを写真に撮っておきました。
f0036857_2263124.jpg

洋食のベイシックなところ。
f0036857_2264547.jpg

ご飯やお粥。
f0036857_2265820.jpg

味噌汁、漬物やちょっとした和のおかず。
f0036857_2271573.jpg

フルーツ。
f0036857_2272883.jpg

「ヒルトン東京ベイ」は完全なリゾートホテルではありますが、リゾートホテルゆえに日にちによって値段の上下が激しい・・・。
僕はそこを良く考えて(値段をよく見て)、舞浜駅から東京駅までは20分ほど、ビジネス・ユースとしても充分使えるホテルと考えています。
レストランもテイクアウトからいくつものレストラン、館内にコンビニもあるので困ることはありません。
なお舞浜駅・ホテル間の無料シャトルバスも頻回に出ているので、ディズニーリゾートラインにお金を出して乗る必要もありません。
最後にラウンジの案内書を・・・。

f0036857_8263595.jpg

by shackinbaby | 2017-09-14 00:03 | ホテル | Comments(2)
今日の航空系面白話
まぁ、これ、部外者はあまりのことに脱力してしまうというか、でも飛行機に搭乗予定だった人にはたまったもんじゃない話です。
エアベルリンは既報の通り現在再建努力中。
そんな中、9月12日、同社が運航を計画していた750便のうち、何と100便超が欠航となってしまったんだそうです。
その理由は、同社に所属するパイロット1500名のうち約200名が「病気」になり、予定されていた運航便が急遽欠航となってしまったと・・・。
しかもその「病気」、乗務員のブリーフィング中、または搭乗便へ向かう時間に、多くのパイロットが「病気」になったらしいんです。
そして搭乗予定客はすべて突然のキャンセルのめに・・・。
200人も同時に「病気」になるなんて、特別な感染症しかないでしょうから(そんな報告はない)、こんなパイロットの茶番はどんな事情があろうとも、搭乗客を馬鹿にしているしか思えません。
こんなことをすることにより再建の道がさらに遠のくとは思わなかったでしょうか。
(ま、僕の知らない裏の正当な理由があったらごめんなさいですが)


by shackinbaby | 2017-09-14 00:02 | 旅行 | Comments(4)