2017年 09月 20日 ( 4 )
部屋にレコードプレイヤーがある大阪の「次世代型ソーシャルホテル」
京都に続いて大阪・弁天町に「HOTEL SHE, OSAKA」がオープンしています。

     https://www.hotelsheosaka.com/

「SHE,」は、ゲスト同士の交流を誘発し、地域や文化のメディアとなることがコンセプトのホテルブランド。
ターゲットは35歳以下のミレニアル世代で、「つながり」を意識した「次世代型ソーシャルホテル」として運営されています。
f0036857_23383382.jpg

特にこの大阪のコンセプトは「アナログなトレンドカルチャーのあるライフスタイル」だそうで、何と全客室にアナログレコードプレーヤーを用意し、レコードリリースサービス「バイナルクルーズ」が提供する約200枚のレコードを視聴・購入できたりするんだそうです。
f0036857_23384936.jpg

僕はレコードを超偏愛するマニアですから、35歳以下がターゲットといわれても(笑)、一度はここを試してみたいです。
客室は全体に狭く、ツイン(14㎡)16室、ダブル(14㎡)24室、デラックスダブル(20㎡)6室の全46室で、狭い分値段もリーズナブルです。
f0036857_2339488.jpg

でもベッドは全室シモンズ製。
1階には、若手バリスタが共同経営するカフェ「Work Bench Coffee Roasters Osaka」があり、ゲスト同士が交流しやすいL字型のソファを中心に、テラス席やテーブル席も用意されています。
f0036857_2340761.jpg

今後は、アーティストとコラボしたギャラリーにもなる予定。
更に1階にはシェアキッチン、3階にはランドリーもあるそうです。
ロケーションからしてビジネスユースとしてはどうでしょうか、でもSNS世代の意識高い系の人達にはすんなり受け入れられるんじゃないでしょうか。
まして音楽好きには・・・。
ただレコードプレーヤーがあっても、防音が駄目なんてのは駄目ですけど。
今後こういうホテルはどんどん増えていくでしょうね、値段は全然違いますが渋谷の「TRUNK (HOTEL)」など相当流行っているようですし・・・。

     https://trunk-hotel.com/
by shackinbaby | 2017-09-20 12:01 | ホテル | Comments(0)
やっぱりね、影響でちゃった
LCCの香港エクスプレスが予定していた中部・グアム線の就航を延期したというニュースに続いて、今度はデルタ航空が成田・グアム線の運航を来年1月8日で終えると明らかにしたようです。
理由は「路線を維持するのに十分な需要がないため」と・・・。
つまり北朝鮮がグアム周辺にミサイル発射を検討していると警告した後、日本からの観光客が激減したことが影響したのでしょう。
(グアムの観光当局によると、グアムへのパッケージツアーや修学旅行などのキャンセルは8月だけで7426件に達し、その大半が日本からの予約だったとのこと)
成田・グアム線はデルタ航空の他にJALとユナイテッド航空が飛ばしていますが、両社からは今のところ何の発表もありません。
なおデルタ航空の成田・サイパン線、成田・パラオ線は通常通りの運航とのことです。
by shackinbaby | 2017-09-20 12:00 | 旅行 | Comments(4)
reduced rates 39013円@コンラッド東京 (5) ベタービュー、アフタヌーンティータイム
(4)にも書いたように僕らがチェックインした時は、曇り、雨&プチ嵐状態の悪天候。
したがって窓からの景色には望むべくもなかったのですが、翌日は打って変わっての晴天、ベイビューの方のエグゼクティブラウンジからは、本当にきれいな浜離宮、東京湾の景色を見ることが出来ました。
f0036857_18184168.jpg

やはりこのホテルはこのビューですよね。
f0036857_18185832.jpg

窓際に設けられた2人掛けの席は競争必至です。
f0036857_18191218.jpg

今度は午後3時からのアフタヌーンティーの写真を。
これはチェックインの時のまだ何も並べられてない写真ですが・・・・
f0036857_18225714.jpg

時間になるとこのバフェ・テーブルにスイーツやサンドイッチ、アイスクリームなどが並べられます。
f0036857_1820172.jpg

僕らは少し出遅れて参加したので、テーブルの上はやや乱雑になっていましたが、スイーツの補充は割とまめに行われていました。
f0036857_18201595.jpg

僕はここで一番美味しいのはいつも出ている2種類のアイスクリームだと思っています。
この日はバニラと抹茶。
f0036857_18202972.jpg

トッピングもいろいろあるので、生マンゴーソースを抹茶アイスの上からたっぷり。
でも抹茶にマンゴはちょっと合わなかった気がしないでも・・・(笑)。
f0036857_18204198.jpg

奥さんに「そんなに食べると、夕食入らないよ」と怒られましたが、こういうバフェ形式、ついついいろいろ試したくなっちゃうんですよね。
全体に以前のアフタヌーンティー・スイーツより、質・量ともに落ちている感じはしました。
by shackinbaby | 2017-09-20 00:03 | ホテル | Comments(17)
「100人のトップシェフが選ぶベストレストラン東京 シェフ推し」という本
アマゾンの「レストランガイド」カテゴリーのベストセラー・ランキングを見ると、例えば今日現在では「Hanako」10月12日号「夢見る銀座」をトップに、「Hanako」や「BRUTUS」の各グルメ号、博多華丸の「食わずに終われんばい!in 福岡」、山本益博・マッキー牧元らの「東京とんかつ会議」などに続いて、「100人のトップシェフが選ぶベストレストラン東京 シェフ推し」という本がランクインしています。
f0036857_23454444.jpg

「BOOK」のデータベースによると、この本は

グルメサイト「ヒトサラ」が、いま注目の料理人、老舗の料理人ほか、総勢100名の「一流料理人たち」に、「本当は教えたくないおいしい店」を徹底取材!シェフたちが行きつけのお店をこっそり教えてもらいました。高級フレンチから下町の居酒屋まで、560軒のお店を掲載。これ一冊で、仕事の接待、大事な人とのデート、友人との気軽な飲み会など、様々なシーンに役立ちます。

という内容としています。
推薦する100人の「一流料理人たち」とは、例えば池川義輝(鳥しき)、石川秀樹(神楽坂 石かわ)、落合務(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)、川手寛康(フロリレージュ)、笹島保弘(イル ギオットーネ 丸の内)、杉田孝明(日本橋蛎殻町 すぎた) 、早乙女哲也(みかわ是山居)、高良康之(銀座レカン)、豊島雅信(鹿浜 スタミナ苑)、生江史伸(レフェルヴェソンス)氏など、多ジャンルから選ばれています。
そしてその彼らが「いま訪れるべき店560軒」として選んだのは、いまシェフが最も注目する11店、フレンチ・イノベーティブ、イタリアン、日本料理、鮨、中国料理、焼肉・ステーキ、和食・その他、洋食・とんかつ・ラーメン・カレー、各国料理、居酒屋・ワインバー・カフェ・その他・・・と、これまた多岐にわたっています。
エリア別インデックスも付いていますので、お店選びにも便利に出来ています。
f0036857_23594051.jpg

なかなか興味深いリスティングで参考になることも多いですが、ここはホテルを前面に出しているブログ、この本で選ばれたホテル・レストランのみ種明かしをしておきましょうか。

     グランドハイアット東京 「チャイナルーム」
     ザ・キャピトルホテル東急 「ORIGAMI」
     ザ・リッツカールトン東京 「アジュール・フォーティーファイブ」
     ハイアットリージェンシー東京 「キュイジーヌ・ミッシェル・トロワグロ」
     パークハイアット東京 「梢」
     (セルリアンタワー東急ホテル 「タワーズバー・ベロビスト」)

まぁ、どこも美味しいと思いますが、どうしてこのレストランなのか、どのトップシェフが選んだのか、何人のトップシェフが選んだのか・・・など、興味を持たれた方は本屋さんでぜひどうぞ。
by shackinbaby | 2017-09-20 00:02 | グルメ | Comments(0)