2017年 09月 27日 ( 3 )
羽田空港第2ターミナルの国際線対応工事
日本空港ビルから、羽田空港(国内線)第2ターミナルの国際線対応の工事を10月6日より開始、2020年3月ごろの完成を目指すとの発表がありました。
f0036857_5273538.jpg

第2ターミナルの南側に、地上5階地下1階の建物に、国際線対応の7スポット、税関、出入語句管理、検疫施設や免罪店、チェックインカウンター、手荷物受取場が出来ると・・・。
f0036857_5274847.jpg

あ、こういう風に出来るのね、イメージが湧いてきました。
端から端まで歩くと遠そう・・・。

     http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/whats_new/1014_0925_0617.pdf
by shackinbaby | 2017-09-27 05:12 | 旅行 | Comments(2)
成田でリラックス (2) 「テラスレストラン」@「ヒルトン成田」の朝食
「ヒルトン成田」ではヒルトンの上級メンバーには「テラスレストラン」での朝食が無料で提供されます。
これは「JAVAカフェ」越しに、「テラスレストラン」を見たところです。
f0036857_784976.jpg

「テラスレストラン」はオールデイ・ダイニング、というよりオールデイ・バフェ・レストラン。
朝食もバフェで、朝の6時半から10時まで(週末は11時)までです。
前回ここの朝食をレポートした時と一番変わったのは、このエッグステーションの位置。
f0036857_715528.jpg

窓際となりました。
f0036857_721014.jpg

以前卵料理を作っていたところは窓が閉じられ、前にはホット・ディッシュが並ぶだけに・・・。
f0036857_722376.jpg

卵のサニーサイドアップなどは前はありませんでした。
f0036857_723896.jpg

ヨーグルト、フルーツ。
f0036857_725339.jpg

チーズ。
f0036857_731397.jpg

野菜サラダ。
f0036857_733422.jpg

こうして見ると容器の周囲に野菜が散らばり、余り見良くはないですね。
パンはヒルトン標準。
f0036857_734986.jpg

ソフトドリンク。
f0036857_7447.jpg

シリアル類。
僕は好きではありませんが、オートミールも置かれるようになりました。
f0036857_741984.jpg

ご飯、味噌汁、お粥などはここ。
f0036857_744026.jpg

和食のおかず、粽などの中華点心、焼きそばなど、このジャンルは割と豊富です。
f0036857_75176.jpg

窓際の明るい席で食べた僕の朝食。
f0036857_751871.jpg

あまり食べちゃうとランチ食べられなくなっちゃうので、このくらいに・・・(笑)。
by shackinbaby | 2017-09-27 00:03 | ホテル | Comments(0)
住宅街に突然チョウザメ・キャヴィアが売り物のレストランが・・・
先日息子のマンションの内覧会に行ってきた・・・と書きましたが、その時ランチした店。
駅近くと言えども一応住宅街というかマンションや学校の多いところ、そんなところに国産チョウザメとキャヴィアが売り物のレストランなんてのがあったんです。
びっくり、何でまたこんなロケーションにキャヴィア・レストランが?
f0036857_2111234.jpg

部屋の入口の水槽には小さなチョウザメが泳いでいます。
店内は基本予約がいるようで、実質満席でしたが、僕らは通りすがり、何とか席を作ってもらいました。
中はマダムで一杯。
f0036857_21111854.jpg

ランチなので、キャヴィアを使わないリーズナブルなコースもありますが、店の趣旨を聞くと、僕はそのスペシャリティの入ったコースを食べたくなります。
前菜はチョウザメのカルパッチョ、スモーク、エスカベッシュの3種盛り。
f0036857_21113737.jpg

味は、ま、こんなものかなという味、中でもエスカベッシュが美味しく仕上がっていたかもしれません。
メインはこの店のスペシャリティ、自家製キャビアの冷製フェデリーニ。
f0036857_21115221.jpg

バラの花は食べられ、全体のバラの香りも漂います。
キャヴィアは塩分控えめで、これはさすがに良く出来た一皿でしょう。
f0036857_2112711.jpg

これにパンやデザート盛り合わせ、コーヒーなどのドリンクが付きますが、僕は全然お腹一杯ならず、その後行った内覧会の後、思わずラーメン屋に入ってしまいました(笑)。
f0036857_21122243.jpg

場所柄「メゾン・ド・キャヴィア・ベルーガ」のようではないにしても、キャヴィアをたくさん使うと値段がどんどん上がり(当然か)、この住宅地に合う価格かちょっと疑問。
うちの息子、こんなハイソなレストランのあるところで、暮らしていけるんだろうかと、オートサンはまたまた心配(笑)に。
by shackinbaby | 2017-09-27 00:02 | グルメ | Comments(2)