カテゴリ:グルメ( 1525 )
ミシュランガイド北海道2017特別版
次なる日本のミシュランガイドは「ミシュランガイド北海道2017特別版」(5月19日発売)になるようです。
北海道は2012年4月に初めて発行され、今回5年ぶりの発行。
f0036857_11532872.jpg

掲載店数は、ホテル111軒、旅館63軒、飲食店・レストラン431軒の合計何と605軒と・・・。
気になるレストランの3★は初掲載のすし店「すし宮川」(札幌市中央区)、★が一つ上がった日本料理店「花小路さわ田」(同)、フランス料理店「モリエール」(同)の3店。
f0036857_11593562.jpg

f0036857_11595053.jpg

(写真は「モリエール」の店内と、そのスペシャリティ「カスベ」)
2★は13店、 1★は60店。
コストパフォーマンスが高い飲食店・レストランとして評価するビブグルマンは116軒だったそうです。
公式ウェブサイト「クラブミシュラン」(会員制)では現在ガイドブック収録の店舗と評価を無料公開しています。

     https://clubmichelin.jp/guide/hokkaido/

     https://clubmichelin.jp/guide/hokkaido/search/restaurant/

ホテル評価では「豪華で最高級」という5パヴィリオンに「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」、「最上級の快適」という4パヴィリオンには「JRタワー日航札幌」、「グランドパーク小樽」、「四季ニセコ」、「ヒルトンニセコヴィレッジ」、「ウェスティンルスツリゾーツ」、「屈斜路湖鶴雅オーベルジュ昊」、「星野リゾート・リゾナーレトマム」がランクインしたようです。
by shackinbaby | 2017-05-17 12:00 | グルメ | Comments(9)
「ポークたまごおにぎり本店」が那覇空港に・・・
沖縄のソウルフードともいえるポークたまごおにぎり。
僕は先日、牧志公設市場近くにあるその専門店「ポークたまごおにぎり本店」を試し、まずまずの満足をしたとここに書きましたが、何とその新店舗が那覇空港国内線ターミナル1階北側に出来たそうです。

     http://porktamago.com/

f0036857_22293140.jpg

朝7時から夜10時までオープンしているそうで、コンビニの冷たい時間のたった「ポークたまごおにぎり」とは違い、注文を受けてからのにぎりたてが味わえるとあっては、これは旅行者にもジモティーにも人気出ること間違いなしでしょう。
f0036857_22374798.jpg

(↑は牧志の店で食べた「トマトフライポークたまごおにぎり・特製タコミートと自家製サルサソース」というおにぎり、↓は同店のメニュー看板の一部)
f0036857_2238030.jpg

皆様もお試しを・・・。
by shackinbaby | 2017-05-11 00:01 | グルメ | Comments(4)
GWバンコク弾丸 (8) 「バーングロムギック」でランチ
朝食はソイ・ポロの「ブルックリンベイカー」でエッグ・ロスコを食べ、ランチはまたまたホテルの近く、ホテルから歩いて5分のタイ料理屋「バーン・グロム・ギッグ」(BAAN GLOM GIG)で食べました。

     https://www.facebook.com/Baan-Glom-Gig-บ้านกลมกิ๊ก-196549713712865/

これが僕の泊まった「ホテル・インディゴ・バンコク・ワイヤレスロード」。
f0036857_2137228.jpg

ホテルと隣の「コンラッド・バンコク」の入る「オール・シーズンズ・プレイス」の間の通路(道路というよろ通路)をソイ・ルアムルディまで出て、「シャトー・デ・バンコク」の脇を更に奥に入ったところにある店です。
f0036857_21374345.jpg

ホテルのレセプショニスト(ここにはコンシェルジュはいません)のお奨めは「サグワンシー」でしたが、「もう行ったことがあるよ」というと、彼女、眼を真ん丸に・・・。
何でもあそこは彼女のとっておきの「(外国人には)知られていない」店なんだそう。

     http://shackinba2.exblog.jp/25247716/

オネーさん、ナイス・チョイス。
あそこを選ぶ彼女の言うことなら間違いはないはず。
そこで彼女の次なるご近所タイ料理店のお奨めは「『サグワンシー』より値段高いですけど、ここが評判良いですよぉ」と、この「バーン・グロム・ギック」の名前が出たのです。
f0036857_21375927.jpg

もちろん、僕はその名前だけは知ってみましたが、まだ未体験。
f0036857_214212100.jpg

ここのオウナーは、タイで人気の司会者・コメディアンのSumo Gigで知られるKiat Kitcharoen氏。
料理上手なKiat 氏の「おふくろの味」を食べさせる店として、確かにタイ・ローカルにもかなりな人気のようです。
場所柄外国人も少なくなく、スタッフのうちの半分以上は英語も可能です。
f0036857_21381767.jpg

一軒家を改装した白を基調にした店内は高級感もあり、「サグワンシー」のような庶民派の店とはだいぶ違います。
f0036857_21383966.jpg

店全体としてはかなりな席数があり、夜や、冬などはテラス席というのも悪くない選択ですが、この時期はやはり冷房の効いた屋内席でしょう。
f0036857_21385420.jpg

メニューは写真も付いていて、分かりやすいもの。
タイ料理は代表的なものが一通り揃っています。
f0036857_21391127.jpg

品揃え的には割と普通です。
スイカ・シェイク(120バーツ++)はタイの典型的なガムシロ入りのもの。
暑い中でこの味は体に沁み渡ります。
f0036857_21392748.jpg

初めての店だと僕がたいてい頼むトードマンプラー(130バーツ++)は肉厚のボリュームあるもので、まさに標準中の標準的な作り。
f0036857_21394520.jpg

旨くないはずがないfish cakeです。
星形に盛られたご飯は50バーツ++。。
f0036857_2140320.jpg

メインにはサーロインのグリーンカレー炒め(200バーツ++)を・・・
f0036857_21402075.jpg

これはもう少し牛肉に良いものを使えば文句のないタイ料理、バジルなどハーブも効いています。
この店、この店を目当てに遠くからわざわざ行くというような店ではないと思いますが、ウィッタユ、ルアムルデ辺りにお泊りの方が気楽にある程度以上のタイ料理と食べたいという時には、良い選択肢になると思いました。
by shackinbaby | 2017-05-10 12:20 | グルメ | Comments(6)
ドバイ土産は「バティール」のデーツ
最近は旅に出てももうあまりお土産って買いません。
GWに出かけたバンコクしかり、ドバイしかりです。
その数少ないお土産の中でも一番喜ばれたのが、ドバイで買ってきた「バティール」(BATEEL)のデーツ(なつめやしの実)でしょうか。
f0036857_13231910.jpg

色は濃い茶色で、見た目はちょっとグロテスクですが、その濃厚な天然の甘みは一度食べたら忘れられない優しい美味しさがあります。
また、デーツは栄養価も高く、干し柿を思わせるような食感と甘さで、日本人には絶対馴染みやすい味。
ただデーツと一口に言っても味も値段もピンキリで、実に多種多様です。
f0036857_13233811.jpg

そんな中で誰でもがデーツの最高品質と認める店が、サウジアラビアに本店を持つこの「バティール」。
本国サウジアラビアでは勿論のこと、アラブ諸国の王室御用達で、僕の泊まったドバイの高級ホテルでもエミレーツ航空のファーストクラスでも、ここのデーツが使われています。
f0036857_1323529.jpg

「バティール」のデーツには、成熟度や製法によって色々な種類があり、食感も違います。
しっかりと乾燥させたドライタイプのものや、口の中でとろっと溶けてしまうほど柔らかいものまで・・・。
更には種を取って、その部分にアーモンド、くるみ、オレンジピールなどを挟み込んでいろいろななテイストを楽しめるのも多く、あるいはチョコレートでカバーした物など、かなりな種類があります。
僕は食感の柔らかい方が好きですが、今回は各種の詰め合わせを・・・。
好きなものを18個詰めてもらって、これで値段は95ディルハム、日本円に直すと1ディルハムを31円で計算すると約2950円となります。
高価ですが、それだけの価値はあると思いますね。
日本茶にも紅茶にも合いますし、とにかく奥さんが喜んでくれました。
特にこのパッケージにも「私、このリボン、大好き」と・・・。
確かに何ともロイヤルでエレガントなパッケージですよね。

エミレーツ航空ファーストクラスではまずはアラビックコーヒーとこの「バティール」のデーツでおもてなしが始まります。
f0036857_14531682.jpg

アラビックコーヒーはちょっと独特のフレイバー。
f0036857_1453377.jpg

「バティール」の店はドバイのショッピングセンターにはたいてい入っていますが、これは僕の泊まったホテルから「ドバイモール」に行く途中にある「スーク・アル・バハール」というショッピングモールの中にある店。
f0036857_13195148.jpg

まるで宝石店のような(言い過ぎ?)、とにかくきれいなディスプレイです。
f0036857_13201291.jpg

店員はフィリピン人など陽気な外国人女性が多く、他に客がいないと、母国の話で盛り上がり、試食と称して、ずいぶんたくさんのデーツを御馳走になってきました。
f0036857_13202878.jpg

黙っていると超澄ました店ですが、こんな試食させてもらって本当に良いの?でしたよ。
皆さんもぜひ味見を申し出てみてください。
by shackinbaby | 2017-05-07 17:48 | グルメ | Comments(8)
favorites in Bangkok
もちろんバンコク旅行は後でまとめますが、先ほどプンバビさんへのコメントを書きながら、このミニ記事をアップ。
バンコクの新しい高級系タイ料理店、それもオーセンティックな料理を出す店はそう多くありませんが、前から行きたかったここにやっと行くことが出来ました。
f0036857_2156221.jpg

でもメニューやウェイターの話を聞いて、僕は店の選択を間違ったと・・・。
つまりここは複数客~グル~プでの食事に焦点を当てているらしく、一皿の量が多い、スモール・サイズには出来ないとも言われます。
そこで一人でも食べられる量のものをと探し、結局こんな高級店に来たのにパッタイを頼んでしまいました。
値段は町のパッタイ屋の約4倍。
f0036857_21562452.jpg

海老など入れ過ぎと思うほど入ってますし、味も良いので後悔はしていませんが、パッタイにこの値段は・・・。
もう1品はサボンのサラダ。
f0036857_21564333.jpg

これも海老の質、大きさ、量がさすが高級店で、ザボンも美味しいものがたっぷり入っていて、好みでした。
後でまた詳しく取り上げますね。
by shackinbaby | 2017-05-02 00:02 | グルメ | Comments(2)
eatin' in Bangkok
バンコクは食の宝庫、ストリートフードから超高級店まで、選り取り見取りです。
滞在中の 一食に、GAGGANグループの最新店、GAAに行ってみました。
f0036857_11135386.jpg

場所は拡張されたGAGGANの向かい、夜なので余り目立ちませんがとてもポップな黄色に塗られた4階建の建物で、客席は 3階まであり、その全ての席がふさがるというとんでもない盛況ぶりでした。
f0036857_11142932.jpg

値段はセットで 2400バーツ++というこれまた常識破りの高値ですが 、タイ人の若いセレブ男女 大集合の様相、すごい雰囲気でした。
シェフはGAGGANのスーシェフだった女性で 、日本ではNOMA'Sのメンバーとして、マンダリンオリエンタルで働いたことがあるそうです。
その彼女自身が僕のテーブルには料理を運んでくれ、一皿一皿長い説明をしてくれます。
どうやら僕が GAGGANをこのブログでいち早く紹介していたことを知っているようなのです。
f0036857_1115029.jpg

12皿からなる料理は 、もちろんGAGGANスタイルで、想像もしない素材の組み合わせで出てきますが、どれも料理として美味しかったですね。
あとで詳しくレビューしようと思います。
今回も日本で最初のレビューになるかと・・・。
by shackinbaby | 2017-04-30 12:00 | グルメ | Comments(4)
今日のランチはコンビニ弁当
今日のランチは、珍しく僕の周りみんな同じものを・・・。
f0036857_11293344.jpg

甘辛チキン弁当というもので458円也。
初めて2段になってるコンビニ弁当を見ました。
f0036857_11294413.jpg

って、そんなにコンビニで弁当なんて僕は買いませんが、今日は職場の連中揃ってのランチということで・・・。
by shackinbaby | 2017-04-29 00:02 | グルメ | Comments(3)
「丸の内ホテル」の「Enjoy!メインプレート@モーニング」
我が家は時々銀座の「セントル ザ・ベーカリー」で食パンを買ってますということを書いた記事は、今でも毎日定期的なアクセスがあります。
それほど人気のベーカリーということでしょう。
その「セントル ザ・ベーカリー」のパンを使ったホテル朝食があると聞きました。
1924年(大正13年)創業となる東京駅前の「丸ノ内ホテル」がそれで、メインダイニング「ポム・ダダン」の洋朝食メニューに「セントル ザ・ベーカリー」のプルマンが使われているんだそうです。

     https://www.marunouchi-hotel.co.jp/ja/pomme_/breakfast

コンセプトは「Enjoy!メインプレート@モーニング」というもので、メイン料理をプリフィックスで選ぶスタイルの朝食。
つまり「選べるメインプレート+サイドバフェディッシュ」という新しい構成の朝食で、バフェとは違う上質な魅力を出しているようです。
f0036857_19441651.png

この「Enjoy!メインプレート@モーニング」は、宿泊しなくても、ビジターでも利用OKとのことなので、時間があるときに試してみましょうか。
by shackinbaby | 2017-04-28 00:01 | グルメ | Comments(6)
利尻昆布ラーメン
僕が今月の初め札幌に出張した時のお土産がこれ、「利尻昆布ラーメン」というものです。
f0036857_23361051.jpg

空港の売店で発見、1個295円(税込)と高価でしたが、即購入。
何故ならこのラーメン、TVの中でしか見たことがなかったからです。
そのTVとは、僕がよく見ている「マツコの知らない世界」のインスタントラーメンの回。
そこでインスタントラーメンの神様のような(?)大山即席斎氏が選んだインスタントラーメン・ベスト3というのが

     1位利尻昆布ラーメン (利尻漁業協同組合)
     2位冷やっこチゲラーメン (エースコック)
     3位究麺(きわめん)エボリューション 旨とろ豚骨 (明星)

だったのです。
2位や3位のラーメンは探せばすぐに見つかったのですが、この「利尻昆布ラーメン」は・・・。
奥さんにデパートやスーパーの北海道物産展などで注意して見ておいてと頼んでおいたのですが、あのTV放映以来初めて、僕は現物を空港で目にしたのです。
f0036857_23362312.jpg

「TVチャンピオン第1回インスタント麺通選手権」優勝者である大山即席斎氏については

     https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%8D%B3%E5%B8%AD%E6%96%8E

に詳しいですが、年間600食以上のインスタンラーメンを食べ、これまでに食べたインスタントラーメンは1万食を超える人と・・・。、
インスタントラーメンのパッケージのコレクションもすごくて、6000点以上もある、そんな人の選ぶナンバー・ワンは食べてみたいじゃないですか。
そうそう、彼の一言で「札幌円山動物園 白クマ塩ラーメン」がバカ売れしたのも記憶に新しいですね。
彼のHPはここです。

     http://masayaohyama.blog.fc2.com/

じゃ、ラーメンを作ってみましょうか。
f0036857_12394775.jpg

注意を引くのは袋の裏に大きめに書いてある「この商品は即席ラーメンではありません」という注釈。
じゃ、「マツコの知らない世界」の「インスタントラーメン」の1位ってのもおかしくない?
2番目に気になったのが「麺の茹で汁をスープに使わない」ということです。
つまりスープはスープ用で別にお湯を準備しなくちゃなので、簡単に出来るラーメンではないようです。
ゆで時間はかき回さないで強火で5分、弱火だと美味しくないとあり、液体スープも前もって暖めておけと注文の多い麺です。
出来上がったら「天然利尻昆布とろろ」を乗せます。
f0036857_11353257.jpg

(葱と法蓮草は僕)トッピング)
昆布がじゃわ~と汁を吸って、良い具合に収まってくれます。
f0036857_11354595.jpg

昆布を混ぜ混ぜして食べてみると、昆布粉末が練り込まれているという緑っぽい麺がまず美味しい・・・。
少し縮れの入った中太麺はつるつる感もコシも心地良く、とてもこれはインスタント(袋にはインスタントではないと書いてありますが)とは思えません。
透き通るクリアなスープは塩味でくどさのない旨みのあるもの。
量もあり美味しく食べられましたが、この値段、手に入れにくさ、作りにくさを考えると、次は探さないかなぁという印象でした。
by shackinbaby | 2017-04-28 00:00 | グルメ | Comments(6)
朝食のおいしいホテルランキング2017@トリップアドバイザー
トリップアドバイザー恒例の「朝食のおいしいホテルランキング」の2017年度版が発表になっています。
「TripAdvisor Best Breakfast Hotels in Japan 2017」。

     http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/bestbreakfasthotel_2017/

ランキングのトップ3は去年と同じ。

     1位 ホテルピエナ神戸
f0036857_20295644.jpg

     2位 ラビスタ函館ベイ
     3位 ホテルロコアナハ(那覇)
     4位 センチュリロイヤルホテル(札幌)
     5位 金沢彩の庭ホテル
     6位 函館国際ホテル
     7位 城山観光ホテル(鹿児島)
     8位 ベッセルイン札幌中島公園
     9位 ホテル日航金沢
     10位 ホテルオーシャン国際通り(那覇)

トップ3は朝食が美味しいホテルとして高名、それで集客しているので、その質は落とせないんでしょう。
北海道と沖縄のホテルが多いですが、この種のランキング、選ぶ層と、求めるものによってだいぶ変わるのは頭に入れておきましょうね。
by shackinbaby | 2017-04-27 00:03 | グルメ | Comments(12)