カテゴリ:グルメ( 1516 )
朝食のおいしいホテルランキング2017@トリップアドバイザー
トリップアドバイザー恒例の「朝食のおいしいホテルランキング」の2017年度版が発表になっています。
「TripAdvisor Best Breakfast Hotels in Japan 2017」。

     http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/bestbreakfasthotel_2017/

ランキングのトップ3は去年と同じ。

     1位 ホテルピエナ神戸
f0036857_20295644.jpg

     2位 ラビスタ函館ベイ
     3位 ホテルロコアナハ(那覇)
     4位 センチュリロイヤルホテル(札幌)
     5位 金沢彩の庭ホテル
     6位 函館国際ホテル
     7位 城山観光ホテル(鹿児島)
     8位 ベッセルイン札幌中島公園
     9位 ホテル日航金沢
     10位 ホテルオーシャン国際通り(那覇)

トップ3は朝食が美味しいホテルとして高名、それで集客しているので、その質は落とせないんでしょう。
北海道と沖縄のホテルが多いですが、この種のランキング、選ぶ層と、求めるものによってだいぶ変わるのは頭に入れておきましょうね。
by shackinbaby | 2017-04-27 00:03 | グルメ | Comments(8)
首里では場違いのものを
急な用事で「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」に泊まったので、空港からゆいレールで首里駅まで移動中に、夕食は何食べようとネットでチェック。
首里辺りの有名店は大体行ったことがあるので、それらを避けて見ていると、沖縄黒糖カレーの店というのが目につきました。
「あじとや」という店で、沖縄に数店あるスープカレーのチェーン店のようです。

     http://ajitoya.net/

沖縄でスープカレー?
黒糖カレーって?
f0036857_10255518.png

地図を見ると、首里の駅から大きく考えればホテル方向なので、だいぶ距離はあるのですが、歩こうかと・・・。



雨のぱらつきも上がり天気は曇り、湿度がそれほどでもなかったので、歩きやすかったです。
基本的には首里城の近く。
f0036857_1063573.jpg

店はこんなPOPな外観。
ターゲットは観光客というよりは、地元の若者といったところでしょうか。
f0036857_1064710.jpg

店内は意外にも混んでいて、日本語がネイティブではない女性1人と、キッチン内のシェフ1人で回しているよう。
一番人気はグリル・チキンのカレーとのことですが、僕はここは沖縄、釜揚げゆし豆腐カレー(880円)の黒糖トッピング(50円)というものにしてみました。
ご飯は1杯までお替り自由です。
f0036857_1065715.jpg

店のウェブでは

沖縄の伝統食材の一つ「ゆし豆腐」。まえさとの釜揚げゆし豆腐は、昔ながらの製法により地釜でゆっくりと仕上げられています。地釜独特の風味と香ばしいおこげの香りがたまらない、あじとやの新作カレーです

とありましたが、ゆし豆腐そのものをまず味わってみると、確かに美味しい豆腐。
でもこれが強烈なスリランカ風カレーと一緒になると、あの繊細な風合いはどこへやら、これはゆし豆腐と一緒にした意味がないような気がします。
1+1が1以上になっていない・・・。
カレーそのものもウコンなど沖縄スパイスも多用してということですが、僕にはよく分からず、辛さは選べるので辛さこそ僕の好みでしたが、追加された黒糖がこくや美味しさを上げているとも思えず、僕的には△なカレーでした。
野菜もやや貧弱、北海道の有名店辺りのとは全然量も質も違います。
僕の沖縄というワードにこだわった選択がまずかったのかな。
ここは各種メディアに割引の宣伝を出していて、僕は「食べログ」に付いていたクーポンで、食後にこのアイスクリームを無料でもらいました。
f0036857_107770.jpg

店から歩き始めたのですが、途中でヘタれてタクシーを拾うとしましたが、夜の首里はタクシーがほとんど走っていない。
首里城の入口まで歩きましたが、もうこの時間警備員だけ。
もう少し歩いて大通りでやっとタクシーを捕まえることが出来、数分でホテルに・・・。
良い運動にはなりましたが、ほとんど人の歩いていない暗い夜の首里は、昼間とは変わってちょっと寂しかったです。
タクシー会社に電話しても「今一杯で・・・。20分くらいしたらもう一度電話してみてください」の繰り返しでした。
by shackinbaby | 2017-04-26 00:04 | グルメ | Comments(4)
ついに出ます、「ミシュランガイド・バンコク2018」
ついに出ます、ミシュランのバンコク版!
シンガポールに続いて東南アジア2冊目となる「ミシュランガイド・バンコク2018」は12月の発売予定だそうです。
タイ政府観光庁のユタサック長官は「質の高い観光客を呼び込み、滞在中の食費拡大につなげる」とミシュランガイドの発行を歓迎。
この発行で、観光客の1日当たりの食費は現行の平均1000バーツ(約3200円)から10~15%増加すると見込み、レストランがガイドブックへの掲載を目指すことで、食やサービスの質向上も期待できると・・・。
2年目からはバンコクだけでなく、南部プーケットや北部チェンマイでの調査も視野に入れるとのことです。
これは面白い、バンコクの店はいろいろ知っているつもりですが、バンコクでも屋台系などのストリートフードでミシュランの★なんてところが出てこないか、興味津々です。
by shackinbaby | 2017-04-24 11:54 | グルメ | Comments(14)
バニラエア+ラッキーピエロ
バニラエアと成田国際空港会社、函館のハンバーガーレストラン「ラッキーピエロ」はバニラエアの成田・函館線の就航を記念した共同キャンペーンを開始したとのことです。
一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」に、ポテトと、バニラエアだけにバニラ・シェイクをセットにした限定メニューを提供したり、「ラッキーピエロ」で配付するポストカードからアクセス出来るアンケートに回答すると、バニラエアの成田・函館線の往復ペア航空券や「ラッキーピエロ」の食事券、成田空港のオリジナルグッズなどがプレゼントされたりするそうです。

     http://www.jiji.com/jc/article?k=000000120.000004762&g=prt

僕も「ラッキーピエロ」、大好き。
特に「チャイニーズチキンバーガー」は本当に旨いですね、あれは名作です。
f0036857_08544568.jpg
ハンバーガーという体裁をとったおかずパンみたい・・・。
f0036857_22414065.jpg

by shackinbaby | 2017-04-22 00:02 | グルメ | Comments(28)
「帝国ホテル東京」の「ハレクラニ・フェア」
「帝国ホテル東京」はハワイのホテル「ハレクラニ」との提携による恒例の「ハレクラニ・フェア」を今回は4月26日から開催するとのことです。

     http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/special/halekulani_fair2017/index.html

ホテル内レストランやラウンジ、バーなど4店舗とホテルショップで、「ハレクラニ」の人気メニューや、ハワイをイメージした料理、カクテル、スイーツなどを提供するフェアで、例えば本館17階の「インペリアルラウンジ・アクア」では、「ハワイ・ハレクラニ・ランチブフェ」(4500円)や
f0036857_2293759.jpg

「アフタヌーンティー・ハワイ」(4320円)を提供、「ハレクラニ・カクテル」とハワイにちなんだ「帝国ホテル・オリジナルカクテル」も用意されるそうです。
「アフタヌーンティ・ハワイ」は

     パイナップルチーズケーキ
     リリコイ・メレンゲタルト
     ハワイアン・チョコレートトライフル
     林檎のサラダ 蜂蜜とサワークリームのドレッシング
     本日のスープ
     フリフリチキンのフォカッチャサンドイッチ
     冷製スモークホタテ・山葵入りマッシュポテトとリリコイソース
     蟹とアボカドとベーコンのサンドイッチ
     ロミロミサーモンのバゲットサンドイッチ

というラインナップと・・・。
f0036857_2295215.jpg

     http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/imperial_aqua/plan/afternoon_tea.html

うちの奥さんは何となくそそられているようです。
by shackinbaby | 2017-04-20 00:02 | グルメ | Comments(2)
久しぶりに見たクレープ・シュゼット
奥さんのゴルフに付き合った時、そこのレストランでディナー・コースのデザートが何とクレープ・シュゼットでした。
3000円台のコースなのに、この古典的な実演がテーブルサイドで見られたんです。
f0036857_2155680.jpg

f0036857_21492379.jpg
f0036857_21494058.jpg

f0036857_21495821.jpg

f0036857_21501556.jpg

たぶんこれを見たのは20年ぶりくらい。
昔は高級フレンチのデザートといえばクレープ・シュゼットでしたが、次第に時代遅れとなり、もうお若い人は誰も知らないデザートになっているかもしれません。
味はともかく、このデザート実演を久しぶりに見られて本当に良かったです。

クレープ・シュゼットについての「ウィキペディア」の説明。

クレープ・シュゼット(Crêpe Suzette、あるいはクレープシュゼット)は、フランスの菓子で、熱いカラメルソースを掛けたクレープ、オレンジジュース、すりおろしたオレンジの皮、さらにフランベしたリキュール(通常はグラン・マルニエ)から成る料理である。
オーギュスト・エスコフィエが「シュゼット・パンケーキ」としてレシピを著述し、世に広まった。
一般的には砂糖を掛けたクレープにグランマルニエを注ぎ、それに火を付けて作る。
こうすることでグランマルニエのアルコールが蒸発すると同時に砂糖が濃厚なカラメルソースとなる。
レストランなどでは派手な演出として客の目の前で作られることが多い。
家庭などでフランベができない(あるいはしづらい)状況でも作れるレシピも存在する。
1898年には既にフランスのレストラン、マリーにメニューとして出されていた。


(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88)
by shackinbaby | 2017-04-19 00:02 | グルメ | Comments(6)
お土産は「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のエクレールに
この週末はある会合があったため日本全国から旧友たちが集まり、僕の周囲では至る所、ミニ同窓会が・・・。
僕も一番親しい仲間たちと楽しい夜を。
彼らも今晩それぞれの地に戻って行ったのですが、お土産をもらった人もいるので、奥様へということで、僕も急遽お土産を調達してきました。
一番長い人で帰宅まで6時間くらいという人もいたので、有料で保冷剤を付けてもらったこれを・・・。
(写真は我が家用の2本入りです)
f0036857_14564929.jpg

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のエクレール。
夕方に買ったのですが、売り切れてなくて良かった・・・。
越後屋さんと数日前チョコレートについてお話を聞いていたところだったので、これを思いつきました。
我が家の評判としては、「私ならこの半分の長さで、半額が良いわ」とうちの奥さん。
奥さん、言うねぇ。
by shackinbaby | 2017-04-17 00:02 | グルメ | Comments(0)
深夜のファミレスは罪悪感あるよね
深夜にファミレスに来ています。
刻みわさびのおろしハンバーグを、ご飯大盛りで食べています。
f0036857_1261950.jpg

う、旨いけど、すごく罪悪感感じています(笑)。
by shackinbaby | 2017-04-16 00:01 | グルメ | Comments(12)
蓮霧(レンブ、ワックスアップル)をいただいちゃいました
蓮霧(レンブ、ワックスアップル)をいただきました。
f0036857_1937750.jpg

「これ、見たことないでしょう」と自慢そうに差し出されたのですが、僕は知ってるんですよぉ。
台湾で食べたことがあるんです。
でも確かに日本の果物屋の店頭で見たことはありませんね。
調べてみると日本でも沖縄辺りでは少量流通しているようですが・・・。
f0036857_1938312.jpg

色は深い赤色で、少し紫も入ってる感じ、とてもきれいな色のフルーツです。
大きさは手のひらサイズと思っていたら、これはかなり大型のもの。
手をパァに広げたくらいあります。
蓮霧を切ってみるとこんな感じ、中は瑞々しく白色、さくっとしてさっぱりした梨っていう味と食感でしょうか。
f0036857_1939762.jpg

もう少しですが、台湾で食べたものの方が甘味も強く美味しかったですが、これはこれで結構は〇な味かもしれません。
蓮霧についての一般的な知識は、ここを参照してください。

     https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96
by shackinbaby | 2017-04-15 00:02 | グルメ | Comments(8)
「ダブルツリーバイヒルトン那覇」の朝食
ここで過去にもう数回は取り上げた「ダブルツリーバイヒルトン那覇」。
それでも客室についての前回のレポートは、ものすごいアクセス数でした。
なので複数回レビューしたとはいえ、あれで終わりにせず、ホテルの朝食についても触れておきますね。
参考になれば幸いです。
f0036857_7133946.jpg

朝食はホテル唯一のレストラン、ロビー階レセプション脇にある「ザ・リバーサイド・カフェ&ダイニング」で、朝の6時半から通常は10時まで、土日祝日は10時半まで。
ヒルトンのステイタスのある人は(ゴールド以上?)無料でここのバフェ朝食がいただけます。
f0036857_7141184.jpg

朝食券は特に無く、このステイタス・シールの貼られたキーケースを見せるだけ。
このホテルではレストランのエントランスに、無料のドリンク(さんぴん茶など)と自家製のサーターアンダーギーが置かれています。
f0036857_7143310.jpg

実は僕は急いでいたのと、レストランがかなりな混みよう、前にもここで何回も食事したし、最近はだんだんとその質が落ちてきているようなので、ちゃっちゃとバフェの様子を手早く撮っただけで食事はせずに、ここのドリンクとサーターアンダーギーの立ち食いだけでチェックアウト。
なおここでも他の日本のヒルトン同様、メンバーは優遇があり、席なども多少考えてくれてるようです。
店内の様子、やっと人の写り込まないところを探して・・・。
f0036857_7145778.jpg

時間帯にもよるんでしょうが、ここ、朝食時は本当に混むんです。
エッグステーション。
f0036857_715998.jpg

沖縄風オムレツって何なんでしょう?
ケチャップの隣に置いてあるアンダースー・ソースをかけたもの??
後は普通の朝食アイテムが和洋、そして沖縄風のものも・・・。
f0036857_7152362.jpg

ただ違うのは朝からあるチョコレート・ファウンテン。
f0036857_7155051.jpg

これは東京のホテルでも朝食時は見たことないです。
お客が多過ぎて、品物が少なめになっても補充が追い付きません。
f0036857_716456.jpg

有料だとあまり積極的には食べたくありませんが、無料ならもちろん・・・有難いことだと思っています。
以上、「ダブルツリーバイヒルトン那覇」の朝食状況でした。
by shackinbaby | 2017-04-14 06:51 | グルメ | Comments(8)