カテゴリ:グルメ( 1557 )
実家滞在中~大勢でファミレスへ
この週末は、実家に来て親戚たちと過ごしました。
夜はベランダから花火を見たりして楽しみ、翌日は複数いるチビちゃん達と、近所の(ローカルな)ファミレスでランチ。
その店のメインは子供たちが大好きなハンバーグで、案の定大喜び、鉄板熱々で出されるハンバーグを熱い熱いと騒ぎながら、必至でぱくついていました。
f0036857_1692464.jpg

この店は枝豆の冷たいスープ、サラダに続いてメインのハンバーグが出て来て、パンやライス、ガーリックライスなども付き、ライス系はお替り自由、食後には好きなドリンクとアイスクリームが付くというコース仕立て。
f0036857_1693598.jpg

ハンバーグもグラム数を選べ(これは300g)、掛けるソースも数種類から選べ、コースすべてで1200~1300円程度なのは安いと思いましたね。
子供たちが多少騒いでも大丈夫だし、サービスもマニュアル通りとはいえ流れるようで卒はないし、子供も含む家族での食事にファミレスは見直しました。
味も悪くなかったですよ。
by shackinbaby | 2017-08-14 00:02 | グルメ | Comments(4)
「ジャッジョーロ銀座」でディナー  (2)
JALから頂いたギフト券でのお食事@「ジャッジョーロ銀座」です。
f0036857_1945452.jpg

階段を下りて行くと(エレベーターもあります)、「サンタマリアノヴェッラ」の小物も飾られた重厚なエントランス、中は黒を基調としたエレガントな空間で、一面は鏡、オープンキッチンの周りにはカウンター席もあって、ニューヨーク辺りのお洒落たイタリアンといったデザイン。
流れている音楽もカンツォーネではなく、ジャジーなものでした。
f0036857_19452018.jpg

サービススタッフは全員黒服の男性、どの人も相当慣れていて、いかにもプロといった接遇です。
f0036857_19454161.jpg

僕らは予約の際にギフト券を使うことを言っているので、メニューを見せられることもなく、スムーズに食事に入りました。
ウェルカムドリンとしてシャンパン(銘柄不明)、下戸の僕もこのくらいは飲めます(笑)。
f0036857_19455611.jpg

アミュースは京都産の白いトウモロコシの冷たいポタージュ、アクセントはマッシュルーム・パウダーのようでした。
f0036857_19461551.jpg

これは予想できる味。
北イタリアで良く食べられるチーズをまぶした薄いパンのテゴレも出されます。
次がこの店のスペシャリティ、15種のハーブサラダの入った前菜プレート。
通常はこの2~4倍の量が出て来るそうですが、僕らは盛り合わせなのでこの量と・・・。
f0036857_19463471.jpg

食感良い葉野菜各種に緑のハーブ類、合計15種類がてんこ盛りになったもので、この2~4倍もあったら相当なボリュームに思えますが、全然食べられちゃう感じ、ドレッシングのメインはバルサムコ酢です。
ブルーベリーやフランボワーズのちょっとした甘さも良いアクセント。
f0036857_19465313.jpg

さすがにこれは美味しい葉野菜サラダでしたよ。
これに隣に付いているパルマ産22ヶ月熟成生ハムやイタリアン・サラミを合わせてもまた〇。
でも所詮はサラダだしなぁ・・・と悪魔の考えも(笑)。
f0036857_19471073.jpg

モッツァレラチーズのカプレーゼ。
f0036857_19472948.jpg

魚貝のマリネ。
f0036857_19475164.jpg

まだ温かいフォッカッチャ、なくなるとどんどん持ってきてくれます。
f0036857_19486100.jpg

ここまで不味いものはありませんが、サラダ以外は特別感ありません。
パスタの2種盛り。
f0036857_19482468.jpg

一つはサマートリュフの入ったバターソースのパスタ、もう一つはニョッキ。
これは一皿で量を多くで良く、トリュフも出来ればテーブルで削って欲しかった・・・。
f0036857_19484243.jpg

そのサマートリュフ、もう少し香って欲しかったですが、奥さんは「美味しい・・・」と。
彼女はこうしてちまちま少しずついろいろ味わえるので、彼女のこれまでの評価はOKのよう。
ニョッキはパプリカのソースですが、セロリがとても利いていて今の時期向きです。
f0036857_1949369.jpg

メインも肉、魚の合い盛り。
何で、ここはこういう盛り方ばかりなんでしょう。
もちろんアラカルトで頼めばこんなことはないのでしょうが・・・。
f0036857_19492456.jpg

尾崎牛と焼き野菜、レモンや出汁醤油の入ったマスタードで食べます。
f0036857_19494019.jpg

塩胡椒のみの味付けですが、焼きも良く、しいていえば肉質がやや硬かったかな・・・。
そこへ行くと魚の真鯛の炭火焼きの方はすべてに文句なく、大蒜チップと青菜も良い効果を出しています。
f0036857_19495754.jpg

でもでも、思い出してみるとここはハーブを売り物のリストランテ、「サンタマリアノヴェッラ」の系列店(?)、そうした料理が今回最初のサラダ以外出てきませんでした。
何故?
これじゃ普通のイタリアン・レストランです。
隣のテーブルでアラカルトで注文している人の料理からは、良いハーブの香りが漂ってきたりします。
ま、僕らはギフト券に寄るお仕着せのコース、このレストランの特徴をたっぷる味わうためにはアラカルトの方が良いのでしょう。
デザートはチーズケーキと生姜のアイスクリーム。
f0036857_19501332.jpg

生姜フレイバーは良かったです。
食事の〆はハーブティー(レモンなどの柑橘系)とイタリアらしくビスコッティ。
f0036857_19502988.jpg

なおここの食器はすべてジノリで統一されているようです。
奥さんの印象は「いろいろ食べられて、食べられないものは無いし、私は〇、美味しかったわ」と。
僕は多分この店での注文の仕方を間違えたのかなという印象、メニューにいろいろあるハーブと使った料理を頼めば、また違った印象を持つのかなと・・・。
ま、とにかくJALからもらった無料の食事ですから、これで良しとしましょうか。
ご馳走様<JAL。
by shackinbaby | 2017-08-07 11:07 | グルメ | Comments(2)
「ジャッジョーロ銀座」でディナー  (1)
夫婦で記念のディナーを銀座7丁目の「ジャッジョーロ銀座」で取りました。
この店はフィレンツェにある世界最古の薬局サンタ・マリア・ノヴェッラの自然治療や予防医学という思想をもとにしたリストランテ。

     http://www.giaggiolo.jp/

店のウェブには

フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会から始まった病める人々への救済としての癒しの治療、豊かな自然を持つこの地方の野草やハーブ、その薬効や香りの効能を処方として生まれたその思想は薬局としての原点であり、現代のストレスフルな生活や、近代医療では届ききらない日常の健康維持に深く関わります。
当店は、素材本来の味を重んじ潔い美味しさを追及する伝統的なトスカーナ料理に、フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラのこの思想を取り入れたメニューを提案。
野菜、魚、肉など全て、鮮度だけではなく栽培法、産地にこだわった安全性の高い食材を、素材にストレスを与えないシンプルな調理法で提供します。
またハーブという自然の香りや薬効の力を取り入れた、サンタ・マリア・ノヴェッラの食品もメニューに取り入れます。


とあります。
値段的には高級ですが、バカ高い店ではありませんが、僕らはここでも無料で食事をしてきました。
今回使ったのはJALから頂いたギフト券。
僕はここ数年JALではJGPというステイタスなので、年に1回、サービスセレクションという名のギフトをもらえるんです。

     https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/sentaku/

中にはいろいろなコースがあって、そこから自由に選択できるのですが、僕は「スマートギフトコース」というギフトカタログ(リンベル スマートギフト カタログ)が送られてくるコースにし、そのカタログの中にこのレストランでのディナー券というのがあったのです。
f0036857_556385.jpg

奥さんは以前からこのレストランに興味があったようで、これはちょうど良いと・・・。
JGPは31000円相当、もしダイアモンドなら51000円相当のギフトのようです。



さあ、実際にはどんなレストランだったでしょう、奥さんは気に入ったようですが僕は・・・。
f0036857_9554564.jpg
f0036857_9561039.jpg

f0036857_9563198.jpg

by shackinbaby | 2017-08-06 08:00 | グルメ | Comments(2)
六本木グルメバーガーグランプリ2017
今日奥さんは外出と書きましたが、彼女のランチは女友達と六本木でハンバーガーだったようです。
その店は恒例の「六本木グルメバーガーグランプリ2017」参加店で、投票したり、インスタに投稿したりと、楽しんできたようです。

     http://www.roppongihills.com/sp/burger_2017/

「グランドハイアット東京」の「オークドア」のバーガーのようなレギュラーメニューから、参加各店が趣向を凝らしている特別限定メニューまで、参加バーガーはいろいろ。
彼女は「ダルマット」でこれを食べてきたみたいですが・・・
f0036857_2342025.jpg

上記ウェブには、美味しそうなバーガーがいろいろ出ています。
(ただし彼女曰く、写真ほどにはきれいに出てこなかったと・・・)
あぁ、ハンバーガー、食いたくなってきました。
f0036857_23465025.jpg
f0036857_2347425.jpg
f0036857_23472659.jpg
f0036857_23473364.jpg

by shackinbaby | 2017-08-04 05:05 | グルメ | Comments(10)
今日は仕事、休みです
今日は平日ですが、僕は仕事お休み。
しかも何も予定を入れてません。
当地はあまり暑くなく、でもほぼ晴天、更にどういう訳か湿度もあまりないので、本当に快適な日です。
奥さんはお出かけ。
ランチはもう3日前に僕がお遊びで作ったビーフシチューの残りとガーリック・トースト。
圧力鍋を買ってから煮込み料理だけは時々自分で作っています。
ホテルでもらった赤ワインがあると、その後はたいていビーフシチューに・・・。
f0036857_6113475.jpg

デザートは先日もここに書いた頂き物の宮古島のマンゴ。
f0036857_1138452.jpg

ねっとりし過ぎず、甘さも濃厚過ぎず、とてもさわやかな風味のアーウィン種マンゴでした。
さぁ、午後は何しようかなぁ?
by shackinbaby | 2017-08-03 15:56 | グルメ | Comments(4)
夏の贈り物
知り合いたちが次々に夏休みを取っています。
その中の1組は宮古島へ・・・。
お土産と暑中見舞いを兼ねて、こんな大きなマンゴが送られてきました。
f0036857_1964687.jpg

2つで1キロを超えていましたから、かなりな大玉のマンゴ。
食べるの楽しみだなぁ。
本当に有難うございます<Yさん。
by shackinbaby | 2017-08-02 00:02 | グルメ | Comments(2)
今日は何の日?
日本では(世界中なのかな?)ほとんど一年中毎日何かの記念日ですが、今日8月1日は「バイキングの日」だそうです。
バイキングといっても8~11世紀頃にヨーロッパ北部や西部の沿岸を略奪したゲルマン民族の一つ、ノルマン人の通称バイキングの方のバイキングではなく、食べ放題の料理(ビュッフェ、僕はバフェと表記していますが)の方の意味のバイキング。
その理由は1958年の8月1日、「帝国ホテル」が新しいレストラン「インペリアル・バイキング」(後の「インペリアルバイキング サール」)をオープンさせたことにちなんで、2008年に「帝国ホテル」が制定したんだそうです。
同店は食べ放題スタイルの料理に「バイキング」の名を付けた「バイキング料理」発祥の店として知られ、その店名は社内公募され、当時上映中だった映画「バイキング」の海賊が豪快に料理を食べるシーンが店のイメージにふさわしいことから名づけられたとのことです。
f0036857_12285574.jpg

大皿から自由に取り分ける北欧の伝統的な料理「スモーガスボード」を研究した第11代総料理長・村上信夫氏らの手により誕生させたバイキング形式は60周年を迎えようとしています。
f0036857_1229795.jpg


     http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/sal/plan/viking_day.html
by shackinbaby | 2017-08-01 10:47 | グルメ | Comments(4)
奥さんが出してくれたダイナミックな即席デザート
今日は日曜日。
デザートタイムに奥さんに「何か、ある?」と聞くと、「あぁ、もうメロン食べちゃわなくちゃだよ。匂いがすごいもの」と・・・。
あぁ、そういえば頂き物の夕張メロンがありました。
奥さんはメロンがあまり好きではなく、我が家でメロンを食べると言えば、僕だけ。
「じゃ、メロンで良いよぉ」というと、数分後、こんなダイナミックなデザートが出てきました。
f0036857_21152711.jpg

メロン丸々一個を半分にし、種を取ったところにアイスクリーム。
自分では食べないので、明日は残り半分が出て来るんでしょう。
アイスクリームはとてもシンプルなものを乗せてくれたので、メロンとの相性も良く、すごく量もたっぷりでしたが、最後まで美味しく食べられましたね。
by shackinbaby | 2017-07-31 00:01 | グルメ | Comments(8)
1日遅れの・・・
今年の土用の丑の日は25日。
我が家も世間様と同じく、この日には鰻を食べることが例年多かったのですが、今年はどうしても都合がつかず、1日遅れで・・・。
f0036857_11192694.jpg

やっぱり鰻、それもスーパーやファストフードのじゃなくて、鰻屋の鰻は高級店じゃなくても(この店はかなりな大衆店)旨いなぁ。
by shackinbaby | 2017-07-27 15:12 | グルメ | Comments(10)
夕食は「牛かつもと村」で・・・
新橋は食の宝庫、カジュアルな店から高級店まで何百という店が、深夜遅くまでそのドアを開けています。
この日はJR新橋駅付近をぶらぶら街歩きをしていると、いつもは行列の絶えない店に行列がないことを発見。
f0036857_18243658.jpg

それは牛かつの店、「牛かつもと村」のことです。
サクサクの衣で牛肉を包んで揚げ、「レアな肉のうまみを堪能できる」というふれこみの「牛かつ」の専門店。

     http://www.gyukatsu-motomura.com/

去年か一昨年にはこの牛かつ、一種のブームとなり、この店も東京に数多くの店を出し(本店は渋谷)、近くには「おか田」という人気店もあります。
ここはいつ通っても階段に溢れんばかりの行列、この時はそれがなかったので、「あれっ」と・・・。
狭い階段を下りてゆくと、やってるやってる、店は休みじゃない、ドア越しに見たところ取りあえず店内は満席。
でも何で今日は行列がないんだろう、ま、いいや、今日は僕も牛かつにするかと・・・。
ということでこの日僕はこの人気店にほぼ待ち無しで入店することが出来たんです。
f0036857_18245450.jpg

カウンター席とテーブル席、全部で20席くらいはあるでしょうか?
以前の記憶のようにドア前に行列が出来るという程ではないですが、常時ほぼ空席は出来ないくらいに、お客は来店。
メニューはシンプルで、牛かつ麦飯セット1300円か、それにとろろが付いたセットが1400円、それぞれに牛かつがダブルになったもの(260g)の計4種類のみ。
f0036857_18251076.jpg

調理は前もって仕上げてあるようで、注文後テーブルにこのセットが出て来るまでほんの数分。
(これは牛かつとろろ麦飯セット、牛かつは基本の130グラム)
f0036857_1828456.jpg

牛かつとは牛肉に小麦粉・とき卵・パン粉をつけ、油でごく短時間(30秒くらい?)揚げたもので、揚げ時間がとにかく短いので、牛肉がレアに仕上がっているのか特徴です。
f0036857_18254448.jpg

こんな具合。
(でもこれ、牛脂注入肉ですよね、たぶん)
f0036857_1826061.jpg

それを各自の手前にある鉄板で好きに焼いて、山葵や玉葱のソースと共に食べるというもの。
もちろん赤身の残ったこのままで食べてみたい気もしますが、限りなくレアに近い状態の肉をそのまま食べてしまって大丈夫なのか、ほんの少し疑問点もある僕は、少しだけ焼いてから・・・。
味はもちろん美味しいです、山葵が特に合い、さっぱり食べられますが、僕には男の1食として少し物足りなかったかな。
f0036857_18261753.jpg

麦飯は1杯だけお替りできるので、それで取りあえずお腹一杯に・・・。
じゃ、牛かつをダブルにすれば?
そうするとプラス800円、2000円を超えてしまいます。
もしかすると僕と同じようなことを考えている諸氏が新橋には多く、競争の激しいこの街、よりコスパの良い店に流れているので、一時の行列もないのかもしれません。
ま、ただ単に、タイミングの問題だったかもしれませんが。
by shackinbaby | 2017-07-25 19:20 | グルメ | Comments(22)