カテゴリ:ホテル( 1853 )
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (5) プール、フィットネス
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」にチェックインした後は、恒例のプールとフィットネスへ・・・。
f0036857_2172245.jpg

僕らはいつでも水着など持って出るので、夕暮れ前のひと時を30階のスパ&フィットネス「KIOI」で過ごしました。
f0036857_2174319.jpg

レセプションの前には、もうこんな光景が目に入ります。
一面のガラス窓のすぐ向こうがもうプールなのです。
f0036857_21125939.jpg

ウェブには

営業時間
6:30A.M.~10:00P.M.
フロア
30F
利用料金
クラブフロア、グランドデラックス、スイートご宿泊者さま:無料
デラックスご宿泊者さま:ジム無料、プール・温浴施設1回¥4752
※利用年齢制限:満18才
※上記料金表示にはサービス料10%と消費税8%が含まれております。


とあります。
f0036857_21121522.jpg

僕らはグランドデラックスという部屋の利用なので、この「KIOI」という施設の利用は無料。
夫婦で有料で利用すると1回で1万円弱にもなってしまうので、そう考えるとグランドデラックスという部屋カテゴリーも、クラブラウンジは使えるし、つまり朝食も付くし、案外そう高くはないのかもしれません。
(って、やっぱり高いか・・・笑)
f0036857_21123557.jpg

リラクゼーション・ラウンジ。
f0036857_2113187.jpg

フィットネス。
f0036857_2110357.jpg

僕は気が付きませんでしたが、最新高級機材が入っているそうです。
f0036857_2184337.jpg

ここの値段が影響しているのでしょうか、滞在中2回ほど利用しましたが、利用している人はかなり少数でした。
f0036857_219569.jpg

プールも同じで、泳いでいるのは僕らだけという時ばかり。
f0036857_21163277.jpg

天井にも明かりとりがあり、明るいプールですが、何となく寂しいというか、もう少しデザイン性があっても良かったのでは?と感じました。
f0036857_21164925.jpg

もちろん窓からの景色は抜群。
f0036857_2117943.jpg

プールからは「ホテルニューオータニ」方向が見え、右奥に東京スカイツリー、左奥に新宿の高層ビル群が・・・。
f0036857_2117266.jpg

プール脇についている小さなジャクージ。
浅いし、狭くて足は延ばせません。
f0036857_21174931.jpg

日本のホテルらしく、男女別の温浴施設があります。
f0036857_21151070.jpg

男性用にはドライサウナ、女性用にはミストサウナが・・・。
f0036857_21153440.jpg

ここも大抵誰もいなく、ゆっくりリラックス出来ます。
f0036857_21155826.jpg

浴槽からの景色は皇居方向。
f0036857_21142730.jpg

by shackinbaby | 2017-03-26 08:01 | ホテル | Comments(2)
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (4) ゲストルームの続き
僕らが週末に泊まった「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」。
f0036857_18294279.jpg

その「グランドデラックスコーナーキング」という部屋を見ています。
f0036857_18295852.jpg

今回はベッド周囲から・・・。
f0036857_18301736.jpg

ベッドは柔らかめ、ベッド幅200cm × 長さ202cm × 高さ55cm、1台です。
リネン類は標準より上、肌触りは良好。
置かれている枕も大きめ、柔らかめでした。
f0036857_18303365.jpg

あれっ、これ、何だろう・・・。
f0036857_1830498.jpg

タオルを縛って作った熊さんにハッピー・バースデイのカードが。
ここのホテルにはその情報は行ってないはずなのに、「一休」から?
f0036857_1831691.jpg

六角の箱は「銀座六花」(RICCA)の緑大豆でした。
家に帰ってから食べましたが、甘さ控えめの「豆のグラッセ」ともいうべきもの。
ミネラルウォーター。
f0036857_18413278.jpg

ベッドサイドにはiPadがあり、これでネットは出来ませんが(もちろんfree wi-fiで、アクセスコードもチェックイン時もらえます)、時計、アラーム、照明、各種インフォメーションなどが表示・調節でき、ブラインドやカーテンもこれでコントロールできます。
f0036857_1831258.jpg

壁掛けのTVは動かず、角度が付けられないので、部屋のどこからでも良く見えるという訳ではありません。
ソファでもベッドでも端の方からはX。
f0036857_18314429.jpg

そして、これがこの部屋のハイライト(と、僕は思っています)。
f0036857_1832225.jpg

高層ホテルのコーナールームならではの、大東京を270度見渡せるコーナー。
しかもここは柱がない・・・。
f0036857_18332664.jpg

このホテルではここにカウチが置かれています。
ここに寝そべると、何という空中浮遊感。
f0036857_18334621.jpg

右には東京タワー、正面には国会議事堂、やや左には皇居、そして東京スカイツリー。
東京の主だった名所が一望の下です。
f0036857_18415419.jpg

この日は残念ながら雲が多くて、空気の透明度はいまいち、それでもこの景色はなかなかに得難いものでした。
f0036857_1834187.jpg

最後にウェットエリアを見てみましょうか。
f0036857_18343541.jpg

おぉ、ここにも大きな窓が・・・。
もちろんブラインド(電動)を下ろすことも出来ます。
f0036857_18345776.jpg

バスルーム手前のエリアは床暖房。
ここにもクローゼットがあって、バスローブが入っています。
バスローブの質は普通。
f0036857_18352534.jpg

タオルはまだ新しく、厚みもあり、質の良いものでした。
昼間入浴しても、このホテルでは夕方のターンダウン・サービスの時、本当にきれいに整え直してくれます。
f0036857_18354423.jpg

バスソルトもあり、ヘアブラシなどはしっかりしたもの。
f0036857_2114163.jpg

ボディータオルとへちま+スポンジ。
f0036857_18459100.jpg

バス・アメニティは「セントレジス・ホテル&リゾーツ」などでもお馴染みの「Remède」。
f0036857_18453079.jpg

これルメードゥと読むのか、レメディと読むのか・・・。
f0036857_1846128.jpg

TVモニターも大きく・・・
f0036857_18461863.jpg

座る椅子も大きいのがあります。
バスピローが付いているのも個人的には好き。
f0036857_1846327.jpg

水圧はやや弱め?
浴槽が一杯になるまでやや時間がかかります。
f0036857_18491087.jpg

浴槽からも、椅子に座っても、立ってハンド・シャワーや頭上シャワからのシャワーを浴びていても、大きな窓からは東京タワー方向の景色がよ~~~く見えます。
f0036857_18493338.jpg

トイレは個室。
f0036857_18471517.jpg

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」の「グランドデラックスコーナーキング」というコーナールーム、 東京らしさを体感できる景色は魅力的だし、室内もところどころ質感に欠けたり、せせこましいところもありますが、同じような値段の「アンダーズ東京」のラージルームと比べてみても、作り込みのち密さなどを除けば、こちらの方を選ぶ人がいてもおかしくないかもしれません。
shackinbaby的には、値段を除けば〇な部屋でした。
by shackinbaby | 2017-03-25 08:18 | ホテル | Comments(2)
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (3) ゲストルーム
僕らの泊まった赤坂・紀尾井町の「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」。
34階のクラブラウンジでゆったり座り、窓からの大東京のパノラマを見ながら、ウェルカムドリンクをいただき、更にはテーブル上一杯に出されているスイーツも堪能させてもらいます。
f0036857_17411898.jpg

僕らの部屋はラウンジと同じ34階と・・・。
ラウンジ・スタッフが部屋までアテンドしてくれ、部屋の説明、使い方を丁寧に教えてくれます。
部屋のドアなどは通常の「プリンス・ホテル」よりは重厚な作り。
f0036857_17444919.jpg

閉まる時もピアニッシモ、嫌な開閉音がありません。
部屋番号の下には小さなライトが付き、たぶん赤は「ドン・ディス」、緑は空室の表示かも(不確か)。
あれっ、ドア脇のこれは?
僕が聞く間もなく、部屋のドアが開けられ、中に入るよう促されます。
細長いホワイエの奥に部屋があるようです。
f0036857_1746021.jpg

ホワイエの右側には大きな姿見、左側には・・・やはりドア脇の鍵付きのドアはヴァレー(VALET)ボックスでした。
f0036857_17462861.jpg

最後までここの説明はなく、翌朝の新聞やシューシャインサービスの受け渡しにも、ここは使われませんでした。
こうしたボックスというかクローゼット、ホテルによって呼び方が異なるので正式には何と呼ぶのか分からないのですが、入口のドアを開けなくても物の授受が出来る便利なこれを、このホテルではパスボックスと呼んでいるようです。
f0036857_17465055.jpg

奥に入って行きます。
f0036857_17485825.jpg

おぉ、こういう作り!
窓はカーテンもブラインドも全開にされていて、窓も大きく2面あるので、明るく開放感を感じる部屋です。
f0036857_1747697.jpg

いかがです?この感じ。
さすがはコーナールームです。
f0036857_17472297.jpg

この東京のど真ん中に建つ高層ホテルに泊まるからには、窓からの景色は最高のご馳走、それを目いっぱい楽しむためにはこうした角部屋でしょうということで、この部屋タイプを選びました。
f0036857_17473690.jpg

予約は大手予約サイトの「一休」からで、プラン名は「特別価格&ビューバス付『グランドデラックス コーナー』へアップグレード!クラブ特典付 3月までの宿泊」という長いもので、「グランドデラックスコーナーキング」(ダブル)1泊2名1室81972円というもの。
f0036857_1747521.jpg

僕らの宿泊は土曜日だったので、ウィークデイよりさらに高く、8万円という値段にはビビりましたね(笑)。
shackinbaby家的には高過ぎ、最近こんな値段を出してホテルに泊まったことはありません。
f0036857_17492585.jpg

ま、「一休」のポイントがここから引かれるし、前にも書いたようにここに泊まるきっかけは西武系列のレジャー設備で使える金券をいただいたからで、その金額も引かれますが、それでもため息の出る値段。
f0036857_17494240.jpg

もちろんサードパーティー経由の現地払いにもその金券が使えるか確かめてからの予約です。
f0036857_1750063.jpg

(ソファは4人くらいは掛けられるL字型、もう少しクッション性が良いと好みなのですが。たっぷりのクッションは色合いも含めて〇。窓際のデスクにはBoseのCDプレーヤー。TVのリモコンは和デザインの箱入り。机は段差のある面白い作り)
f0036857_17502028.jpg

全体に良く揃っているホテル内ですが、ここまでは部屋の広さ(58㎡)に比して、ややごちゃごちゃ家具が置かれていて、大柄な人には少しせせこましい気がするかもしれません。
逆に特筆すべきはガラス窓のきれいさ。
これで外の景色がよりクリアに見え、いつでもこの状態位に保つことが出来ていたら、これはすごいでしょう的・・・。
f0036857_17503772.jpg

クローゼットは左右非対称に開きます。
f0036857_17505417.jpg

ネスプレッソ完備。
f0036857_17511568.jpg

冷蔵庫の中の瓶のラベルもすべてきれいにこちらを向けて並べられています。
f0036857_17513214.jpg

鉄瓶風(重くない)のスタイリッシュな茶瓶。
f0036857_17515070.jpg

ティーバッグなどはホテルのオリジナル・ブランドでした。
リヴィング・スペースをまとめて見たところ。
f0036857_1752685.jpg

さてこの部屋は前述のように「グランドデラックスコーナーキング」という部屋タイプ。
58㎡はありますが、ジュニアスイートではないので、リヴィング・スペースとベッドの間には仕切なしです。
f0036857_17522214.jpg

白いクローゼット。
エナメル塗装で、かろうじて安っぽさから救われています。
f0036857_17523677.jpg

まだ出来たててどこもきれい、必要なものは大体揃っています。
靴べら、ブラシ、使い捨てのスリッパ(小さ目)も・・・。
f0036857_1753359.jpg

浴衣もあるし、バスルーム前にはバスローブも、そしてターンタウンの時にリクエストでパジャマも置いておいてくれます。
パジャマは着心地の良いもの。
f0036857_204727100.jpg

空気清浄機付き。
温度、照明などのコントロールはベッドサイドにあるiPadでも簡単に操作できますが、壁面のコントローラーも分かりやすいです。
f0036857_17534559.jpg

この後は次回に触れますが、最後にフロア・マップを・・・。
f0036857_1754916.jpg

by shackinbaby | 2017-03-24 08:01 | ホテル | Comments(10)
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (2) クラブラウンジ
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」36階のレセプションで、チェックインはここでも出来るが、34階にあるクラブラウンジでも可能と言われ、「ラウンジで・・・」とお願いしたshackinbaby夫婦。
スタッフがクラブラウンジまで案内してくれます。
カードキーをセンサーに当てると、客室エリアに入れます。
f0036857_15115844.jpg

エレベーターホール。
表示に日本語があるのは、「プリンス・ホテル」らしい気がしますね。
f0036857_15121829.jpg

このホテルは36階建ての「紀尾井タワー」の30階から36階を占め、全部で250室あるそうです。
エレベーター内。
f0036857_15142077.jpg

制限エリアの中にあるエレベーターなので、ここではカードキーをセンサーにかざす必要はありません。
廊下。
f0036857_15143760.jpg

もう少しインテリア、質感、ライティングに工夫などあっても良いかなと・・・。
で、案内されたのがここ34階にあるクラブラウンジです。
f0036857_20445933.jpg

僕らが着くことの連絡は入っているようで、ラウンジに入るなり、「いらっしゃいませ。お待ち申し上げておりました。shackinbaby様(本当は本名で)」とスムーズな対応。
f0036857_20451634.jpg

ウェブにはこう説明があります。

営業時間
7:00A.M. - 10:00P.M.
朝食
7:00A.M. - 10:00A.M.
ティータイム
10:00A.M. - 5:00P.M.
カクテルタイム
5:00P.M. - 10:00P.M.
※ご利用はチェックインからチェックアウトまで

クラブフロア特典
1. クラブラウンジの利用
ラウンジでの喫食、チェックイン・チェックアウト
2. スパ&フィットネス
室内プール利用無料
3. 温浴施設の利用
バス・サウナ(男性:サウナ、女性:ミストサウナ)利用無料
4. ボードミーティングルーム利用
・クラブフロア/グランドデラックス:2時間まで無料
・スイート:4時間まで無料
5. オリジナルウェルカムドリンク
ウェルカムドリンクの提供
6. シューシャイン無料
ご滞在中のシューシャイン
7. ビジネスセンターサービス
プリントアウト(30枚まで)、FAX、コピーサービス(30枚まで)、WiFi無料


     http://www.princehotels.co.jp/kioicho/guestroom/club_lounge/

f0036857_20453222.jpg

このクラブフロア特典を使えるのはスイート、クラブルームの宿泊者と、僕らのようにグランドデラックスという部屋の宿泊者。
スターウッドの上級メンバー(プラチナ?)も使えるはずですが、オープン当初はかなり混乱していたようで、現在はどのような運用になっているのか、これはスターウッドのメンバーの方にお聞きしたいです。
f0036857_20455279.jpg

カウンターに座って手続きかと思いきや、どうやらここの椅子はインテリア専用のようで、ラウンジの中に案内されます。
f0036857_2046837.jpg

ラウンジは横に広く、その一面は大きなガラス窓で、そこからは大東京のパノラマが・・・。
f0036857_20491491.jpg

窓の前にはクッションの置かれたカウチというかロングソファがあり、このラウンジでは特等席?
f0036857_20463861.jpg

窓際の席に座ると、早速ウェルカムドリンクが運ばれてきます。
シャンパンか苺ベースのノンアルコール・カクテルの選択。
f0036857_20465771.jpg

しばらくすると、チェックイン手続用紙などを持って、スタッフがここまで来てくれます。
f0036857_20483067.jpg

ラウンジ内にはいろいろな席が・・・。
各方向、写真を撮っておきました。
f0036857_2047142.jpg

TVモニターからは音を消したCNNが流れています。
f0036857_20492981.jpg

あれっ、あれは何?
f0036857_20494678.jpg

よく見ると茶釜でした、実際に使うということではなく、インテリアのようでした。
f0036857_20502815.jpg

ラウンジ奥にはテーブルがあり、その上にはティータイム(午前10時から午後5時)ということで、各種のスイーツが並べられています。
f0036857_20505741.jpg

ここのスイーツのラインナップは充実していますよ。
ここでもこの日出ていたスイーツやドリンクは大体写しておきました。
f0036857_21113290.jpg

クイニーアマンなど少しお腹に溜まるものもあります。
マドレーヌはピンチョス・スタイルで・・・。
f0036857_21114737.jpg

翌日も少しバリエーションはありましたが、ほとんど同じようなものが出ていました。
マカロンは塩キャラメルのが〇。
f0036857_2112260.jpg

チョコレート。
f0036857_21194412.jpg

こうしたラウンジには珍しく連日2種類の和菓子が置かれています。
f0036857_21121685.jpg

この日は梅の形をした練りきりと黄身しぐれ。
出来はコンビニ・レベルですけどね、僕は嬉しかったです、これ。
こういうケーキもあります。
f0036857_21122914.jpg

コーヒーメーカー。
f0036857_2120970.jpg

ジュース類はフレッシュなものではありません。
f0036857_21202537.jpg

冷蔵庫の中には日本酒の小瓶(八海山)なども・・・。
f0036857_21204247.jpg

エルダーフラワーシロップはミネラルウォーターで薄めて飲みます。
f0036857_2121347.jpg

和洋いろいろなスイーツをいただきながらチェックインを済ませ、さらに館内やラウンジの説明、クラブフロアのサービスなどの説明を受けます。
「YOGA」はあまり見ませんが、イタリアでは有名なジュース・ブランド。
f0036857_21211790.jpg

説明の際、渡される説明書がこれです。
f0036857_7323682.jpg

by shackinbaby | 2017-03-23 09:04 | ホテル | Comments(2)
ヒルトン・オナーズ、JALでトリプル・マイル・オファー
ちょっと間が空きましたが、JAL利用のヒルトン・ユーザーの方、トリプル・マイル・オファーが来ていますよ。

     https://www.hiltonhhonors.com/ProcessLanding/ProcessLanding/?lp=3XJMBMILESEN

3月15日から6月30日までの宿泊に対して、中国とモンゴルの「ハンプトン」以外はすべてのホテルで、ポインツ&マイルスのエアライン・マイル分をJALのJMBに登録している場合、通常の2倍のボーナスが付いて、トリプル・マイルとなるというものです。
僕は数日前に早速登録しました。
ここの情報アップするのが遅れ、今週に泊まられた方などには、失礼いたしました。
by shackinbaby | 2017-03-22 18:31 | ホテル | Comments(2)
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (1) イントロダクション
ちょこちょこ小出しにしてきた「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」。
やっとちゃんと始められます。
f0036857_1449835.jpg

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」が建つ「東京紀尾井町テラス」は先に営業を終えた「グランドプリンスホテル赤坂」(旧称「赤坂プリンスホテル」)の跡地の再開発事業によって計画された「豊な自然と歴史に抱かれた国際色豊な街」にふさわしい街づくりをコンセプトに、「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」、オフィス、商業施設からなる「紀尾井タワー」と、全室賃貸マンションの「紀尾井レジデンス」、旧李王家東京邸(旧「グランドプリンスホテル赤坂」旧館)を移設した「赤坂プリンス・クラシックハウス」によって構成された複合施設です。
f0036857_14494554.jpg

旧李王家東京邸(旧「グランドプリンスホテル赤坂」旧館)は「赤坂プリンス・クラシックハウス」に・・・。
ウェブには

多くのお客さまに「旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館」として親しまれた、美しいチューダー様式の洋館「旧李王家東京邸」は、1930年に旧宮内省内匠寮の工務課長として活躍した北村耕造(きたむら こうぞう)と、技師の権藤要吉(ごんどう ようきち)らの設計により建設され、2011年には東京都指定有形文化財に指定されました。
建設当時の詳細な資料などを基に照明器具や外壁などの主要部分を当時の状態に復原し、気高く優雅な往時のしつらえを取り戻すと同時に、現代の多様なニーズに応えるため、料飲施設やバンケットを備えた「赤坂プリンス・クラシックハウス」がオープンいたします


とあります。
f0036857_14502588.jpg

僕の記憶では前はもっと白っぽい塗装でしたが、今回のリニューアルで茶色に塗られました。
f0036857_14504283.jpg

最新の高層ビルとレトロな洋館、なかなかのコンビネーションです。
f0036857_14505618.jpg

「東京紀尾井町テラス」には「時×人×緑~紀尾井町の時と人と緑をつなぐ~」というコンセプトの下、パブリックスペースに全部で9個のパブリックアートが揃っています。
↑に見えているのは現代美術家の名和晃平氏が手がけた「WHITE DEER」。
ここ「水の広場」(広場にいろいろな名前が付いています)に設置されたこのアートは、大空を仰ぐ白い大きな鹿の彫刻で、古くから「神使」として信仰を支えるイメージとして人々に親しまれてきた「鹿」を彫刻で制作したものだそうです。
さぁ、「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」の方に話を・・・。
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」へのアクセスは「東京紀尾井町テラス」のいろいろな方向、いろいろな階から可能です。
この階層図を見てもお分かりのように、初めて行くと結構複雑。
f0036857_14562755.jpg

この「赤坂プリンス・クラシックハウス」は「東京紀尾井町テラス」の4階、ホテルのメイン・エントランスは2階になります。
タクシーの乗降はここ2階です。
f0036857_14511097.jpg

ほとんどの時間にベル、ドアマンは待機していて、各所への連絡なども迅速、まだゲストがそう多くないからでしょうか、僕の時のこのエントランス周囲のスタッフは良い動きをしてくれました。
f0036857_1458610.jpg

僕らの名前を聞いたベルは・・・
f0036857_14591940.jpg

最上階36階のレセプションまでエスコートしてくれます。
f0036857_14593462.jpg

(柱の向こうには、1階と結ぶエスカレーターもあります)
f0036857_14595293.jpg

36階エレベーター前にはスタッフが詰めいて、彼女からも挨拶もあり・・・
f0036857_1535257.jpg

(ここと階下と吹き抜けになっている「スカイギャラリーラウンジ・レヴィータ」は人気のバー・ラウンジ、後で行ってみました)
f0036857_1501446.jpg

レセプションで再度名前の確認があり、「ここでもチェックイン出来ますが、34階のクラブラウンジでも可能でございます」と言われます。
f0036857_1543147.jpg

ラウンジも見てみたいので、「ラウンジでお願いします」と・・・。
またまたラウンジまでエスコートが付きますが、レセプション前に広がるロビーラウンジはこんな風になっています。
f0036857_1511867.jpg

かなり大きなキッチン・カウンター付きですが、ここでは飲食は提供しておらず、他のプリンスホテル同様、このエリアは無料で誰でも時間を過ごすことが出来ます。
f0036857_1513862.jpg

窓際にも席があり、景色は抜群。
ここは覚えておくとホテルに泊まらなくても、いろいろに使えるかもです。
レセプション・デスク。
f0036857_152544.jpg

「プリンスホテル」には珍しくフロントではなくレセプションと称しています。
コンシェルジュ・デスク。
f0036857_1522230.jpg

今回はここの力を借りることはなかったので、その実力の程は?です。
ではこのレセプションやビジネスセンターなどがある36階、下の階から上がってきた時の動線の夜バージョンを、繰り返しにはなりますが・・・。
f0036857_15201743.jpg

ライティングがナイト・モードになり今風。
f0036857_15203457.jpg

でもロビーに入ると、最近のホテルにしては照明明るめでコンサバな作り。
f0036857_15204867.jpg

出来て半年なのでどこもとにかくきれい、クリーンですが、質感とセンスがやや昔の「プリンス」(笑)。
f0036857_1521188.jpg

もう少し高級感、あるいはモダンさを出しても良かったのでは?
f0036857_15211484.jpg

このカウンターと内部のキッチン設備はどう使うんでしょう。
f0036857_15212789.jpg

確か以前キティジェットさんがホテルの人に質問なさっていたような記憶が・・・。
f0036857_19513476.jpg

レセプション・デスク脇から客室エリアに入りますが、ここはこのエリアに入る時、カードキーをセンサーに当てて入ります。
なので客室階行きのエレベーターではカードキーは不要です。
f0036857_1522723.jpg

なおこのホテル、アロマ・ヒューザーでホテル・オリジナルの香りを流しています。
オリエンタルでスパイシーなトーンも感じますが、悪くはありません。
by shackinbaby | 2017-03-22 08:01 | ホテル | Comments(8)
ヒルトンの最大35%OFFのタイムセール
ヒルトンの最大35%OFFのタイムセールと聞いてももう胸躍らなくなっちゃいましたね(笑)。
今回は3月27日までの中国本土、マカオ以外のアジア・パシフィック地域の予約で、宿泊日は3月26日から8月31日までが対象です。

     http://apac.hilton.com/?language=jp
by shackinbaby | 2017-03-22 00:02 | ホテル | Comments(10)
HISが台湾の「グリーンワールドホテルズ」を子会社化
HISホテルホールディングスは台湾の大手ホテルチェーンである「グリーンワールド・ホテルズ」(Green World Hotels)の第三者割当増資を引き受け、連結子会社化するとのことです。

     http://www.greenworldhotels.com/

「変なホテル」など、HISが運営するホテルで培ったノウハウを「グリーンワールド・ホテルズ」にも取り入れ収益の拡大を目指し、これをきっかけに中国語圏への進出を本格化させるとのことです。
f0036857_20324074.jpg

そして、「グリーンワールド・ホテルズ」全16軒のホテルのうち1軒は年内を目途に、ロボットがスタッフとして働く「変なホテル」に転換する予定とも・・・。
「APAホテルズ」のアメリカ進出といい、日本のホテルも頑張りますね。
by shackinbaby | 2017-03-22 00:01 | ホテル | Comments(0)
dining in 紀尾井町
僕らが泊まった「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」のレポートを始めようと思っていますが、仕事が溜まっていて、なかなかはかどりません。
もう少しお待ちください。
f0036857_14153064.jpg

朝食は34階のクラブラウンジで食べても、この36階の「オアシスガーデン」というオールデイダイニングで食べても、どちらでも良いと言われています。
僕らは「オアシスガーデン」のこの席で・・・。
やや眩しかったですが、朝日一杯のこの席は僕らには最高の席でした。
by shackinbaby | 2017-03-22 00:00 | ホテル | Comments(2)
ANA、「Hotels.com」で5倍マイル
ANAでマイルを貯めておられる方、3月39日までに「Hotels.com」(ホテルズドットコム)で5月30日までの宿泊予約をすると5倍マイルがもらえます。
つまり税込の宿泊料金200円につき通常は1マイルのところ、5マイル獲得できるというもの。

     https://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/mileagemall/shop/travel/Hotels.com.html

TVでのCMのように、この予約サイトは通算10泊すると1泊無料になる特典もあるので人気です。


by shackinbaby | 2017-03-21 12:00 | ホテル | Comments(2)