カテゴリ:ホテル( 2076 )
reduced rates 17591円@ヒルトン東京お台場 (2)
「ヒルトン東京お台場」のtwin premium executiveという部屋を見ています。
f0036857_19492643.jpg

広さは40㎡。
某大手予約サイトのこの部屋の説明には


プレミアムエグゼクティブツインルーム
レインボーブリッジ側の上層階に位置し、東京の大パノラマや、朝日、夕日を眼前の望む自慢の客室。明るい色合いのフロアリングの床は、ナチュラルな雰囲気で特に女性に人気。客室からレインボーブリッジや東京タワーがご覧いただけるほか、バスルームからもお部屋越しに東京湾を眺めることができます。バスタイムの後はバスローブに身を包み、コーヒーや紅茶を楽しみながら海を行きかう船の光をお楽しみいただくなど、上質な時間をお過ごしください。
■専用ラウンジ
3階には専用のチェックインカウンターとラウンジがあり、ゲストリレーションズオフィサーが常駐して、お客様のあらゆるご用を承ります。ラウンジでは、ご朝食・お飲物の無料サービスをご利用いただけます。


とあります。
ウェルカム・アメニティはマカロンと蜜柑。
f0036857_19505833.jpg

窓の外にはバルコニー、その向こうには東京湾のベイビュー。
f0036857_19414177.jpg

レインボーブリッジや東京タワー、その周囲に東京の高層ビルのシティライン。
f0036857_1942469.jpg

いつ見ても素晴らしい景色です。
特にこういう晴れた日には・・・。
f0036857_19422865.jpg
f0036857_19425135.jpg
f0036857_19431342.jpg

窓の方からドア方向を見たところ。
f0036857_19433688.jpg

この3面鏡も特徴的かもしれません。
f0036857_19435552.jpg

バスルームとベッドの間は、このタイプではガラス窓です。
f0036857_19441560.jpg

ブラインド全開時のバスルームからの見え方。
f0036857_19444890.jpg
f0036857_19451763.jpg
f0036857_19454689.jpg

バス・トイレは一体型ですが、トイレは洗面台の陰に少し隠れます。
f0036857_19461178.jpg

ベイシン。
f0036857_19465318.jpg

タオルやバスローブはここに、パジャマは客室の引出しに入っています。
f0036857_19482100.jpg

クラブツリー&イブリンのアメニティーも全ヒルトンで定着してきましたね。
このカテゴリーでは化粧水などの小瓶の追加があります。
f0036857_19482234.jpg

「ヒルトン東京お台場」もこのクラスの部屋になると、全体に高級感も出て来て、どなたもまずまずの満足感は得られるんじゃないでしょうか。
by shackinbaby | 2017-11-22 12:00 | ホテル | Comments(0)
reduced rates 17591円@ヒルトン東京お台場 (1)
nagiさんはまだ「ヒルトン東京お台場」のクリスマス・デコレーションをご覧になってないということで、僕の数日前の宿泊をまとめておきます。
f0036857_1926032.jpg

ロビーに入ると、この大きなクリスマスツリーがお出迎え。
f0036857_19262535.jpg

ホテルにクリスマスツリーって合いますよね。
f0036857_19265420.jpg

ヒルトンのクリスマスにはたいてい飾られるクリスマス・トレイン。
この時は30分のメンテナンス中ということで、電車は動いていませんでした。
f0036857_19271919.jpg
f0036857_19273872.jpg

ロビーの一角、PCの置いてあるところもホームメイド的なデコレーションが・・・。
f0036857_19275916.jpg

レセプション・カウンターの後ろは一面のガラス窓、レインボーブリッジが一望の下です。
f0036857_19372365.jpg

でも僕は最近はここでチェックインせず、直接3階のエグゼクティブラウンジに行くようにしています。
f0036857_19284363.jpg

たいてい顔見知りのレセプショニストがいるので、このホテルはほぼ顔パス状態(?)。
f0036857_19291287.jpg

この時、ラウンジは午後2時半から5時までのティータイム中。
アウトドア席は風さえなければこの時間など昼間はまだ充分OKですが、カクテルタイムとなると温度的に少し辛くなってきているようです。
これが「エグゼクティブラウンジご利用の皆様へ」という説明書。
f0036857_19293481.jpg

アサインされたのは13階のtwin premium executiveの部屋でした。
f0036857_19295716.jpg

オリジナルの予約より何段階のアップグレードなんでしょう、いつも有難うございます。
以前はある特定の中層階の部屋をリクエストしていたのですが、そのリクエストを外してからは、この辺りの部屋がアサインされることが多くなってきました。
f0036857_19301793.jpg

f0036857_19304438.jpg

明るいうちにチェックインしたので、陽の光もたっぷり入って、いつもより部屋が明るいせいか、広く余裕を持って、より良く見えました。
f0036857_1931487.jpg

ベッドは大き目だし、スプリングやリネン類も最高級ではないものの、僕には合っていて、このくらいにメイクベッドされていれば、もちろん〇です。
(以前はずいぶんひどいメイクベッドが続きました)
f0036857_19312524.jpg

無料のミネラルウォーターは部屋に計4本。
f0036857_19314727.jpg

ミニバー・コーナーもよく揃っています。
f0036857_19322191.jpg

ネスプレッソがあるのは、このクラスのホテルではよく見るようになりましたね。
f0036857_19325065.jpg

冷蔵庫もワインまでよく揃っているほうだと思います。
f0036857_1935593.jpg

なおこの時の宿泊レートですが、limited offerの14000円++で泊まったと思っていましたが、フォリオを見直すと14250円++のHPCJのroom only料金で泊まっていました。
ということは総額17591円。
今日のヒルトンのセールでは12250円++から出ていましたから、ちょっと高い値段での宿泊となっちゃいました。
by shackinbaby | 2017-11-22 00:01 | ホテル | Comments(7)
「J.D..パワー アジア・パシフィック」の「2017年日本ホテル宿泊客満足度調査」
ここでは各種のホテル・ランキングを紹介していますが、今回は「J.D..パワー アジア・パシフィック」が発表した「2017年日本ホテル宿泊客満足度調査」の結果です。
この調査およびランキングは、日本全国のホテルグループ・チェーン166ブランドを対象に、宿泊者のホテルでの経験やサービスに対する満足度を調べるもので、全国18歳以上の男女26729人からの回答をもとに算出しているそうです。
ホテルが提示する正規料金の最多価格帯や客室面積に基づき、料金別の4部門を設け、宿泊客の満足度を測定。

     1泊35000円以上部門では2年連続で「帝国ホテル」
     1泊15000円~35000円未満の部門では「ロイヤルパーク」
     1泊9000円~15000円未満部門では「JR九州ホテル」
     1泊9000円未満部門では4年連続で「スーパーホテル」


がそれぞれトップに選ばれています。
1泊35000円以上の部門では
     1位 帝国ホテル
     2位 ザ・リッツカールトン
     3位 ハイアットリージェンシー
     4位 星のや
     5位 ザ・プリンス
     6位 インターコンチネンタルホテル
     7位 ウェスティン
     8位 リーガロイヤルホテル
     9位 ホテルオークラ
     10位 ホテルニューオータニ
     11位 シェラトン
     12位 マリオット
(すべて記載はオリジナルの通り)
という順位付け。
詳細は

     http://japan.jdpower.com/ja/press-releases/2017_Japan_Hotel_Guest_Satisfaction_Index_Study

をご覧いただくとして、朝食の満足度が高いことが、スタッフの対応や客室などの満足度よりもリピート意向につながることが確認されたとか、周囲の人にホテルを推奨する際やウェブ上のクチコミでも「朝食の良さ」がホテルの魅力として伝えられる傾向が強かったとしています。
成る程とは思いますが・・・。
by shackinbaby | 2017-11-21 18:38 | ホテル | Comments(10)
お暇だったら・・・
お暇だったら(?)ご覧ください。
僕が時々見ている(というか録画している)テレビ朝日系の深夜番組「激レアさんを連れてきた。」の昨日(11月2日)分は2つのテーマで構成されていて、くも膜下出血で倒れたほうのメインの話も思わずニヤニヤしてしまいますが(女性は嫌がるかな)、「スイートルームに宿泊したマイケル・ジャクソンのどうかしてる無茶ブリを全て叶えてみせたホテルマン」という開始後36分ごろから始まる話の方も面白かったですね。
この方は「キャピトル東急ホテル」の営業部長さんだった方のようです。

     https://tver.jp/episode/36869775

ティーバーなので来週にはこの画像は見られなくなります。
by shackinbaby | 2017-11-21 18:37 | ホテル | Comments(2)
ホテルはどこももうクリスマス仕様
この時期東京のホテルに数軒は行きましたが、どこももうクリスマス仕様になっていました。
f0036857_20564810.jpg

これはmy favorite hotelのロビー。
f0036857_20571387.jpg

もちろん時期もですが、ホテルにクリスマスツリーって似合いますよね。
f0036857_20575024.jpg

お馴染みの「クリスマストレイン」には子供たちが群がっていたので、写真撮影はパス。
f0036857_2114932.jpg

でも空気の澄んだ冬の日のこのホテルのご馳走は、やはりふんだんに見ることのできるレインボーブリッジ・ビューでしょうか。
f0036857_20583733.jpg

14000円++というlimited offerでの宿泊でしたが、いつも通りカジュアルで気持ち良いステイとなりました。
明日からのヒルトン50%OFFのセール、どんな値段が出て来るでしょうね。
by shackinbaby | 2017-11-20 21:14 | ホテル | Comments(8)
新千歳空港国際線増築部分に高級ホテル
新千歳空港はこの30日から中国、ロシア機の発着制限が大幅に緩和されるなど、来年3月下旬に始まる2017年夏ダイヤから、日中時間帯の1時間当たり発着枠が現在の32便から10便増の42便に増え、一層の混雑が見込まれるとのことです。
新千歳空港ターミナルビルを運営する北海道空港は2019年に現在の国際線ビルを大規模に拡張し、国際線旅客の収容能力を現在の約1・7倍に当たる年間350万人に増強する予定であることは以前ここに書きましたが、外国人観光客などの増加に対応するため、国際線ビルの増築部分に8階建ての高級(富裕層向け)ホテルも20年に開業予定とのことです。
f0036857_104462.jpg

ホテル部分は4階から8階までで約25000㎡。
ホテルには高級レストラン、スパ、入浴施設などを併設し、客室はスタンダードから最上級スイートルームまで、約180室規模で計画しているとのことです。
どこのホテルになるのかの言及はどの記事にもなかったようです。
by shackinbaby | 2017-11-20 21:13 | ホテル | Comments(0)
「ウォルドルフアストリアバンコク」の予約が始まっています
僕が今回のバンコク旅行で、「ウォルドルフアストリアバンコク」の工事の進捗状況をチェックしてきたことは昨日の

     http://shackinba2.exblog.jp/28608084/

でお伝えした通りです。
f0036857_21295039.jpg

だいぶ出来ましたねぇ。
f0036857_21302034.jpg

建物全体の名前は「マグノリア・ラチャダムリ」。
60階建てというバンコク最高層の建物の1つですが、ビルの1階から16階部分が「ウォルドルフアストリアバンコク」と言われています。
確かにその辺りで建物の作りが変わります。
上の階はコンドミニアムのようですが、55~60階にレストラン、居住者専用のパブなどが入居すると聞いていますから、ホテル施設としては上層にもあるということでしょうか、まだいまいちよく分かっていません。
f0036857_2130568.jpg

で、「ウォルドルフアストリアバンコク」ですが、以前は不安定だったウェブサイトもだいぶ整ってきました。

     http://waldorfastoria3.hilton.com/en/hotels/thailand/waldorf-astoria-bangkok-BKKWAWA/index.html

予約もこのウェブではすでに受け付けていて、来年の8月1日以降で可能です。
最初の週末で見てみると、flexible rateでは
     deluxe room (50㎡) 9000バーツ++
     deluxe room, high floor (50㎡) 9900バーツ++
     suite (75㎡) 12500バーツ++
     astoria suite (100㎡) 15000バーツ++
     royal suite (300㎡) 209000バーツ++
という値段が出ていました。
deluxe roomはこんな内装のようです。
f0036857_22103449.jpg

よく分からないのがhigh floorというカテゴリー、16階までの上層部ということでしょうか。
だったらあまりhigh floorという意味もないような気も・・・。
これはsuiteのバスルームとのこと。
f0036857_22105668.jpg

ウェブにはこんな「コンラッド大阪」のような階段もアップされていました。
f0036857_2211755.jpg

ウェブの部屋カテゴリーは

     http://waldorfastoria3.hilton.com/en/hotels/thailand/waldorf-astoria-bangkok-BKKWAWA/accommodations/index.html

に載っていますが、まだ文字だけのカテゴリーも多いです。
ダイニング・ベニューに関しては

     http://waldorfastoria3.hilton.com/en/hotels/thailand/waldorf-astoria-bangkok-BKKWAWA/amenities/restaurants.html

にあり、15階、55階、57階などと、そのロケーションの記述がありました。
もう少し情報が揃ったら、またここに書きますね。
いづれにしても期待しています、ヒルトン・ユーザーとしては。
by shackinbaby | 2017-11-20 00:02 | ホテル | Comments(6)
reduced rates 14113円@ダブルツリーbyヒルトン那覇 (2) ブレックファスト
最近の「ダブルツリーbyヒルトン那覇」ステイについて、簡単に触れています。
後半は、このブログではとかく注目の朝食内容を・・・。
f0036857_12164896.jpg

朝食レストランはホテル1階にある「ザ・リバーサイドカフェ&ダイニング」、そのエントランス前には無料のドリンクが並んでいます。
以前はここに自家製のさーたーあんだーぎーもあったのに・・・。
f0036857_12225776.jpg

僕はメンバーシップのおかげでここの朝食バフェを無料で食べられますが、有料なら確か1人1700円のようです(不確か、要確認)。
朝は6時半から。
レストランは大きく2つの部屋に分かれていて、ヒルトンのメンバーは奥の方に案内されます。
f0036857_12231489.jpg

やはり人気は卵料理のカウンターでしょうか。
オムレツと目玉焼きだけというセレクションですが、オムレツのソースとして沖縄風の油味噌(甘め)が置いてあります。
ポピュラーなホット・ディッシュ類。
f0036857_12233368.jpg

蒸篭に入った焼売、焼きそば、お粥など中華系も・・・。
f0036857_1224196.jpg

人参シリシリや島豆腐など沖縄物。
f0036857_12241986.jpg

沖縄そばもあります。
f0036857_1225028.jpg

和食系。
f0036857_12243940.jpg

フルーツやヨーグルト。
f0036857_12252277.jpg

サラダ。
f0036857_12254291.jpg

パン類。
トースターが付いていて、暖めたり焼いたりできるのが良いですね。
f0036857_1225594.jpg

ジュース各種。
f0036857_12261850.jpg

僕の朝食、この日は食欲なく、これにパンだけ。
f0036857_12263798.jpg

ヒルトン・メンバーが優先的に案内される奥のエリアにはこんな丸テーブルも出ていました。
f0036857_12265958.jpg

だんだん値段の上がってきたこのホテル、最近の「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」ほどではないにしても、値段の優位性が少なくなると、那覇中心部のステイ=「ダブルツリーbyヒルトン那覇」ではなくってきている感じがします。

by shackinbaby | 2017-11-19 00:02 | ホテル | Comments(4)
reduced rates 14113円@ダブルツリーbyヒルトン那覇 (1) ゲストルーム
もう数回は取り上げている那覇は「ゆいレール」の「旭橋」駅前にある「ダブルツリーbyヒルトン那覇」。
今回はスルーしようと思いましたが、ホテラバさんにも言われたので一応簡単に・・・(お名前出してしまってすみません)。
f0036857_1210268.jpg

ここも「ソルヴィータ」からリ・ブランドしたばかりの頃に比べると、ずいぶんと値段が上がりました。
f0036857_12104436.jpg

今回の宿泊レートは1泊1室11564円++、総額14113円というHPCJの部屋のみのレート。
(「部屋のみ」といっても、僕はステイタスの関係で朝食が付くので、この予約でOKなんです)
f0036857_1211371.jpg

オリジナルの予約は1 double bed guestroom、チェックイン時レセプショニストに「デラックスにアップグレードさせていただきました」と言われましたが・・・
f0036857_12112476.jpg

最上階12階のこのマッサージ機の付いた部屋は「デラックス」ではなく、1 queen bed premiumというカテゴリーじゃないかと。
f0036857_12114519.jpg

ま、良いか、アップグレードされたんだから。
いつも通りチェックイン・カウンターでチョコチップ・クッキーはもらえるし、部屋には沖縄風のスイーツのプレート(本当に簡単なもの)とミネラルウォーターが2本置かれています。
f0036857_1212562.jpg

部屋の広さは19㎡、マッサージ機があるので、よけい狭く感じます。
それとこれは確かではないのですが、この部屋に入った時にかすかな臭いが・・・。
人間の加齢臭のような臭いだった記憶です。
もしかするとこのマッサ―ジ機、表面のほとんどはビニールレザー製ですが、これが臭いの原因かもしれません。
すぐに気にならなくはなりますが・・・。
f0036857_12122469.jpg

この部屋タイプにはネスプレッソが置いてあるのは嬉しいことです。
ウェット・エリアはどの部屋タイプも大抵同じで、バスタブは昔ながらのシャワー・カーテン・スタイル。
f0036857_12124318.jpg

アメニティは最小限なものしか置いてなくて、例えばシェーバーとか綿棒などは、チェックイン時、レセプションでもらえます。
f0036857_1213210.jpg

そうそう、チェックイン時、こうしたクーポンももらえます。
f0036857_12132068.jpg

部屋からの景色です。
f0036857_12133928.jpg

バスターミナルの所に工事が始まっていて、その規模からしてここにもホテルが入るのかと調べてみましたが、ヒットするものはありませんでした。
by shackinbaby | 2017-11-18 00:02 | ホテル | Comments(2)
「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座」、来年オープン
2016年から「滞在するレストラン」をコンセプトに三重県賢島、静岡県熱海、神奈川県箱根で小規模高級ホテルを次々にオープンさせているレストランの「ひらまつ」。

     https://www.hiramatsu.co.jp/

     https://www.hiramatsurestaurant.jp/

     http://www.hiramatsuhotels.com/

4軒目は来年7月、沖縄県宜野座村松田のビーチ沿いに建つ19室のヴィラタイプのリゾートホテル「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座」となる予定とのことです。
敷地面積は約2ヘクタール以上に及び、客室全てにテラスが付き、そのうち2室はプライベート・プール付きと・・・。
f0036857_1274622.jpg

部屋の広さは53~95㎡。
敷地内のレストランでは、地元産はもちろん世界の最高級食材を使った「ヒラマツ」の料理を提供するそうです。
料金は、2人利用で1部屋あたり10万円以上。
沖縄の高級ホテル・ラッシュにもすごいものがありますね。
by shackinbaby | 2017-11-17 12:07 | ホテル | Comments(0)