<   2006年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧
ラフランス、いつもありがとうございます
米沢の淑子おばさん、季節の贈り物、いつもありがとうございます。
我が家は淑子おばさんのラフランスが届くと、もう秋も真っ盛り、冬も近いかなあ、なんて思っちゃいます。
f0036857_1812380.jpg

食べごろになるにはもう少しの辛抱、それまでは毎日、洋梨の「芸術的な」形を眺めていましょう(笑)。
(かおる)
by shackinbaby | 2006-10-31 18:01 | グルメ | Comments(0)
マンダリンオリエンタル東京、再訪
f0036857_18494370.jpg
f0036857_1849531.jpg

f0036857_18511131.jpg
f0036857_1917405.jpg
f0036857_19175321.jpg
f0036857_19181990.jpg

f0036857_19222256.jpg

f0036857_19185491.jpg
f0036857_19191896.jpg
f0036857_19193811.jpg
f0036857_1919563.jpg

by shackinbaby | 2006-10-31 00:46 | ホテル | Comments(0)
たいめいけん
29日日曜。
午前中の仕事を早々に切り上げて、「東京日本橋パレード」を見に行きました。
知り合いのお嬢さんも出演ということで、興味津々。
2家族で沿道に陣取ります。
f0036857_1245457.jpg
f0036857_12451925.jpg

僕は個人的には「前橋だんべえ踊り」(すごいネーミングですね)と梅后流かっぽれと続くあたりをしっかり見たかったのですが、知り合いのご家族は出演しているお嬢さんにあわせてVIDEO片手に道を急速移動、残念、見過ごしてしまいました(悲)。
早めの夕食は、すぐそばの「たいめいけん」で。
2階でやや高級めに「小皿料理」でもと思いましたが、日曜日はやっていないとのこと。
5~6名(5分くらいです、この店は回転が早い)の行列の後、スムーズに入店でき、おなじみのメニューをオーダーしました。
f0036857_1246054.jpg

ミックスフライ定食。
自家製マヨネーズとレモン、卓上においてあるユニオン・ソースで。
f0036857_12462812.jpg

時期なのでカキフライ定食。
衣のつけ方がいかにも「洋食」。
もう少しサックリいかないものでしょうか?とやや不満。
f0036857_12464039.jpg

ついオーダーしちゃいますよね、コールスローとボルシチ。
値段は今でも50円づつ。
f0036857_12465164.jpg

オムライスは、今日は「牛肉のオムライス、ガーリック風味」。
これはいい出来。
牛肉も少量ながら良いところ使ってるし、卵のふんわり感も十分。
f0036857_1247328.jpg

全体に悪くはないんだけど、値段相応で、高級洋食屋の完成された出来に比べると、EASYさを感じてしまう時もあります。
気軽に入れる店としては十分合格ですけどね。
by shackinbaby | 2006-10-30 12:47 | グルメ | Comments(2)
オーボンビュータン
f0036857_902759.jpg

最近はケーキ屋さんも「新しいところ」を探す勇気と時間がなくなってしまいました。
昔の記憶と、時々のTVや雑誌での情報から、同じような店で買うだけになってしまっています。
尾山台の「AU BON VIEUX TEMPS」は、ちゃんと書くと「オー・ボン・ビュー・タン」でしょうが(「思い出のとき」って意味?)、近くまで行くと無理してでも寄る店で、ここに来ると「いつも同じ店」でもいいかな、って思ってしまうマイ・フェヴァリット・パティスリーです。
今日は代表的なものばかり買ってみました。
まずモカ・ジャマイカン。
コーヒーとカラメルのバヴァロアに、バナナ・リキュールのフレイヴァーがついています。
f0036857_8593426.jpg

フロマージュ・クリュ。
この小さめのサイズがいいですね。
f0036857_8594790.jpg

これははずせない、店の名を冠した「オーボンビュータン」。
カスタード・クリームと洋ナシに、少しのお酒を効かせたもの。
味と食感のハーモニーが最高です。
f0036857_90225.jpg

この河田シェフの店、焼き菓子から大小のアントルメの生菓子まで実にたくさんのお菓子を扱っていますが、「あんまり甘くな~い」がほめ言葉の人には合わない「フランス風の甘さ」をしっかり感じさせるのが特徴かと、個人的には思っています。
そこに日本人シェフならではの「バランス感覚」も加わって、ここはまさに「名店」であり続けています。
また、買いに行きます。
by shackinbaby | 2006-10-29 08:57 | グルメ | Comments(0)
ハーヴェイ・スケイルズ
f0036857_21283147.jpg

10月30日の彼の公演の無料チケット送られてきたけど、イギリスじゃねぇ(泣)。
by shackinbaby | 2006-10-28 00:28 | 音楽 | Comments(0)
おきりこみ
働き者で「カカア天下」といわれた上州の女性たちが、農作業を終えた後、手早く作れて栄養バランスのよい料理として生み出したのが「おきりこみ」、もっと現地らしく言うと「おっきりこみ」という料理です。
手打ちの太めの麺を、サトイモ、大根などを入れた鍋に、切っては入れ、切っては入れしたところから、この名がついたともいわれます。
アツアツのとろりした味わいが特徴の、上州の「オフクロの味」です。
「にぼと」ともいいますから、「煮た」ほうとうという意味でもあるだろうと勝手に解釈しています。
「ほうとう」は山梨のが一番有名ですが、もともとは中国から伝えられた宮中の食文化、美容と健康に良いといわれる薬膳食材(きび粉、山伏茸・・)、小麦粉、水、塩から作られるこの幅広麺、関東北部(特に群馬県)でも比較的ポピュラーです。

伝統的な作り方(某レシピより拝借)
小麦粉を水でこね、耳たぶより少し硬めにこね玉にして、ふきんをかけてしばらくねかせます。
ねかせた玉をめんば板(のし板)に置き、手の平で押して平らにします(昔は一度に1升、2升ととかをこねたので玉に踏みござをのせて足で踏んだものだそうです)。
平らになったら、麺棒で丸くのしていきます。
のしたものを屏風だたみにし、うどんより太めに切ります。
大根、人参、油揚げは「せんぎり」または「いちょう切り」、里芋は皮をむいて3ミリの厚さの小口切りとします。
鍋に水を入れ、煮干を入れてだしをとります。
里芋等の野菜と油揚げを鍋に入れ、やわらかくなるまで煮ます。
味付けは醤油味と味噌味の2種類があります。
醤油味:お吸い物より濃い味つけをします。
味噌味:味噌汁よりも濃く味付け、醤油を少し加えます。
汁の煮立ったなかに打った麺をそのまま入れて煮こみます。
f0036857_136230.jpg

うちのオフクロさんの「おきりこみ」です。
味噌も入った濃い味付けのトロッとした食感の汁と麺、寒くなるこれからの季節には最高ですよ。
by shackinbaby | 2006-10-27 12:50 | グルメ | Comments(1)
僕も香港行きたい・・・・
僕はマイレージをJALに集中して集めているのですが、このところJALとANAが競うように、マイルを「乱発」しています。
JALで言えば、国内線では恒例の10月からのステップ・アップ・ボーナスに加えて、11月からパワー・アップ・ボーナス・キャンペーンも開始。
僕の年内の予定では両キャンペーンとも最高のボーナスをもらえる予定で、合わせてなんと20000マイル。
もうこれはマイルの「乱発」以外の何者でもないです。
航空会社の負担を考えると、「うれしい」というだけでは済まされない状況のように思えます。
海外に目を移せば、競争熾烈なシカゴ線のダブル・マイルをはじめ、これまた魅力的なオファーがいっぱいですが、「乱発」といえるのが中国線です。
ここでもJALとASNAが同じようなキャンペーンをやっていて、JALでいえば、まず「3倍マイル」。フライト・マイルがなんと3倍になります。
さらに「中国線パワーアップ・ボーナス」というのもあって、2回の搭乗(1往復)で6000マイルのボーナス、Cクラスならさらに1往復で4000マイルももらえます。
もう計算しようがないくらいマイルがたまります。
ただ「悟空」料金ではなく、エコノミーセイバー(サブクラスでいうとB)以上が適応というのが悩ましいですが・・・。
ああ、俺も冬の香港、行きたくなりました。
中国線はJALでいうフライオン・ポイントが1.5倍なので、JGCとか目指している人にはいいのですが、もう僕はこれ以上もらってもステイタスは変わらないので、そういう意味ではどうでもいいのですが・・・。
by shackinbaby | 2006-10-26 22:16 | 旅行 | Comments(0)
奥さんが香港から戻ってきました
奥さんが「女どうし」の香港ツアーから帰ってきました。
どこかのレストランくらいは写真撮ってきてよ・・・と頼んでおいたら、「唐閣」のスペシャル・ディナーをちゃんとコース順に撮ってきてくれました。
メニュー表も持って帰ってくれればもっと良かったのに・・・。
でも、さすが、どれもおいしそうですねえ。
よだれ、ジュルジュル・・・(笑)。
f0036857_21414788.jpg
f0036857_214212100.jpg
f0036857_21423013.jpg

このメニューまだあったんですね。
3種類のねぎをアクセントに使った、かつての香港美食コンテストの金賞受賞皿ですね。
おととし食べました、たしか。
f0036857_2142451.jpg
f0036857_21425572.jpg
f0036857_2143779.jpg
f0036857_21431861.jpg
f0036857_21432945.jpg

by shackinbaby | 2006-10-25 21:41 | グルメ | Comments(3)
東京プリンスホテル・パークタワー
「プリンス・ホテル」最強のホテルのはずがどうも芳しいうわさを聞かない、それがこの「東京プリンスホテル・パークタワー」です。
確かにセンス的にもチグハグというか、それ以降開業したコンラッドやマンダリン・オリエンタルなどの5★ホテル特有のビシッと筋の通ったインテリア・デザインも、またホテリエのホスピタリティーなども、残念ながらだいぶ「格下」なホテルです。
強気だったルーム・レイトもじりじり下降していて、空気の澄んだ秋の東京タワーを見ながらの宿泊には、ちょっぴり「お得感」も出てきました。
f0036857_21381046.jpg

f0036857_2139123.jpg

by shackinbaby | 2006-10-23 00:26 | ホテル | Comments(0)
嘘はダメ?(笑)
うちから比較的近い所に、昔でいえば「喫茶店」って感じの店があります。
ときどき寄ってはマスターと馬鹿話をして帰っていたのですが、最近は2代目(息子)さんに店を譲ったらしく、店の一部は改装され、ずいぶん今風の店に変わってきています。
その店に「手作りタルトのセット」というメニューがあって、2・3度食べてみたのですが、まあまあの味のタルトが出てきます。
お客は多くないのに「手作り」って大変だなぁと思っていたら・・・・・
f0036857_20552844.jpg

実は既製品なんだって、きょう先代のマスターから聞いてしまいました。
某大量生産店に買いに行ってるんだそうです。
でも「儲けはほとんどないらしいよ」と忙しく立ち働く2代目を見ながら力なく言うマスターを見ると、もうそれ以上は何もいえません。
住宅街の中の喫茶店、いやカフェも、景気回復とはいえまだまだ大変そうです。
by shackinbaby | 2006-10-22 20:55 | グルメ | Comments(0)