<   2006年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧
クリスピー・クリーム
新宿の「クリスピー・クリーム」は連日長蛇の列って聞いてますけど、ソウルやここ香港の「クリスピー・クリーム」は無料で配られるドーナッツをたまに受け取り人がいるくらいで、結構暇そう。
f0036857_22432571.jpg

「クリスピー・クリーム」って日本人には甘すぎだと思うし、あの新宿の騒ぎは何なの?
by shackinbaby | 2006-12-26 01:28 | グルメ | Comments(2)
二人世界
中級以上のレストランにはたいてい「二人世界」という2人用のセット・メニューがあります。
たいていはアラカルトで頼むより安くできてますし、好きなものが入っていれば、店のスペシャリティも味わえるので、かなり「お得」といえます。
しかも、夜の「二人世界」より昼用の「二人世界」のほうが安くできているので、2日目のお昼に、ホテル直結のショッピング・モール「パシフィック・プレイス」内の人気レストラン「采蝶軒」で試してみました。
この店、ロンドンなどでは「ZEN」という名前で店を出していますし、「采蝶軒」の名前では上海にも進出しています。
店の中央には、風水的に最高という形でシュールな龍のオブジェが飾られています。
店には、およそ300人は入っているでしょう。
感じ的には、ギューギュー詰めです。
おしゃれなショッピング・モール内の店なのに、ここは喧騒の真っ只中、まさに「食のカオス」です。
そんな中でも、料理は待たされることもなくサーブされます。
空になったお茶の瓶にも、常に気を使っています。
雑なようでいて、眼は行き届いています。
これはすごいことです。

まず最初のお皿は、普通に又焼(チャーシウ)です。
でも、これが美味しい、素晴らしい出来です。
外はカリカリ、中はジューシー。
焼き物の極致、さすが香港の店です。
f0036857_13543990.jpg

フカヒレと細切りチキンのスープです。
フカヒレの量もみすぼらしくなく、口の周りのベタベタ感も、相当のコラーゲン量を感じます。
f0036857_13545098.jpg

それなりの大きさの鮑が出てきてビックリ。
これは何頭くらいの大きさになるんでしょう。
久しぶりのナイフとフォークで食べる鮑です(笑)。
歯にネットリ絡みつく鮑の食感・・・しばらく忘れていました。
オイスターソースも美味しく、あぁ、幸せ(笑)。
f0036857_1355015.jpg

次のこれも最高です。
牛肉に見えます?
これ、鳩肉なんです。
薄切りのガーリックとと炒めた鳩肉は、柔らかく、とにかくジューシー。
この店のスペシャリティというのも頷けます。
f0036857_13551337.jpg

「富貴黄金蝦」というこれまたこの店のスペシャリティ。
塩漬けの卵をまぶして揚げた蝦です。
f0036857_13552695.jpg

野菜とゆず味のツミレの炒め。
もうこの辺で相当お腹いっぱいになってしまいました。
f0036857_1357266.jpg

雲南ハムとホタテの炒飯。
ご飯の粒立ちと、その周囲に絡んだ卵、ハムもホタテも渾然一体となって、素晴らしい出来の炒飯でした。
f0036857_1405856.jpg

香港などのレストランの良いところは、結構気軽にメニューの一部を変えてくれるところです。
ここでもフルーツの盛り合わせというセット・デザートをマンゴ・プリンに変えてもらいました。
f0036857_1411152.jpg

マンゴ・プリンの出来は残念、普通でしたが、コース全体としてはなかなかの高評価です。
ホテル内などの超高級店の半分の値段で、これだけのものをお昼に食べられるんですから、香港のレストラン、恐るべし。
by shackinbaby | 2006-12-26 00:46 | グルメ | Comments(4)
夕食後はフット・マッサージ
パンパンになったお腹をさすりながら(笑)、跑馬地(ハッピーヴァレー)のトラム・ステーションに戻る途中に、「卓越足浴」 (Superior Foot Spa)というフット・マッサージの店を見つけました。
このあたりは小さめのマッサージ店が多く、その多くは日本人などの観光客というよりは、このあたりに住んでいる欧米人相手の店なのだそうです。
この店も英語の某ホームページで、その名前だけは知っていました。
確か評価もまずまずだったはず・・・・と、思いきって入ってみました。
迎えてくれたのはオーナーのイネスさん、さすがに英語対応は完璧で、流れるような説明は丁寧で説得力あります。
肩も凝っているというと、「じゃ、肩の時間は長くしましょう」とか・・・。
f0036857_13251142.jpg

マッサージは手抜き無しの65分、棒など使わずに手のみで、です。
僕の痛いところは「お腹が悪い」証拠だと、マッサージのニーちゃん。
この「くいしんぼ」が「お腹が悪い」?
奥さんいわく「食べすぎ・・・ってことなんじゃない?」と。
そう、それなら当たっています(笑)。
by shackinbaby | 2006-12-25 13:26 | 旅行 | Comments(0)
夕食はハッピー・ヴァレーの店で・・・「譽満坊」
「食」は香港最大の楽しみですよね。
そういう意味では、今回の「食」はちょっと失敗系だったかもしれません。
オーソドックスに過ぎた気がします。
冒険心が足らなかったです。
その理由は奥さん連れで僕1人の旅行ではなかったこと、「香港通」(笑)の某氏の「推薦」店という店を無条件で受け入れてしまったこと・・・・。

夕方の香港島のメインストリートはとにかく大混雑。
時間の節約のために金鐘から銅羅湾(コーズウェイ・ベイ)まではMTR、銅羅湾で香港名物のダブル・デッカー「トラム」に乗りかえ、終点の跑馬地(ハッピー・ヴァレー)に向かいます。
f0036857_19372244.jpg

乗車賃はHK$2(30円くらい)、降りるときに払います。
乗るのはもちろん2階、すれ違うトラムやバスとのスリリングなまでの近さに大興奮、周囲の看板のキッチュさも必見ものです。
f0036857_1937395.jpg

今日行く店は「譽満坊」というレストランで、「夜でも高級な飲茶が食べられる」と推薦されたところです。
確かに人気店のようで、入り口には人があふれ、それでもどんどん客が押しかける・・って感じです。
ホテルから予約のTELを入れておいたので僕らはすぐに座れましたが、予約無しではどのくらい待つのでしょう。
店の内装はレトロ風で、そう、有名な「陸羽茶室」みたいな作りです。
「忙しい」店だけあってスタッフも大忙し、ちょっと「ぶっきらぼう」で、親切心にかけます。
片言でしゃべる日本語が、その「がさつさ」に輪をかける感じです。
「高級店」という感じはしません。
でも、メニューを見ると「高級」店です。
飲茶の一品一品が高いです。
確かにそのどれにも、高級食材が使われてはいますが・・・・。
中には「金箔乗せ」なんてのもあります。
まずは、食欲増進の一品、「紅油抄手」から。
「抄手」というのは四川料理で言うワンタンのこと。
「紅油」はいわゆる「ラー油」
香菜が添えてあるのも、好き好きの一品。
f0036857_19375540.jpg

フカヒレ入りの焼売にアワビを乗せたもの。
豪華だけど、味はフツー(笑)。
f0036857_1938954.jpg

蝦のXO醤炒め。
白いご飯がほしくなる中華の定番。
蝦の質と量が、日本の中華料理店より上。
でも、味はフツー(笑)。
f0036857_1938239.jpg

ホタテと野菜の炒め。
野菜の処理は本当に上手だし、ホタテも新鮮、プリプリ。
でも、味はフツー(笑)。
f0036857_19383947.jpg

「竹筒鮑片鶏粒飯」という竹筒入りのご飯もの。
まずい訳のない一品だが、下のほうの出汁のきいたご飯に、添えられている甘めの醤油をかけて食べると、もう最高。
でも、でも、フツーだよね、このクラスの店では(笑)。
f0036857_19385380.jpg

貝柱や鮑の入った蓮の葉包みの粽。
これも、やっぱりフツーの美味しさです(笑)。
f0036857_1939631.jpg

これを日本の店で食べたら文句なく絶賛ものですが、ここは食の都、香港です。
これは「フツーの美味しさ」としかいえません。

僕はもっとスペシャルな美味しさがほしかったです。
贅沢ですが・・・。
by shackinbaby | 2006-12-25 00:32 | グルメ | Comments(1)
夕方になると、窓の外は・・・・
f0036857_19273841.jpg

天気予報では「晴れ」なのですが、ガスっている時も多く、めちゃくちゃクリアにはならなかったのが、残念といえば残念。
窓の外を見るとなぜか伝統的な中国船が・・・・たぶんマンダリン・オリエンタル・ホテル所有の船だと思います。
by shackinbaby | 2006-12-24 19:28 | 旅行 | Comments(0)
香港到着、ホテルは「コンラッド香港」
香港には偏西風の影響で、定時より少し遅れて到着。
イミグレの込み具合はそれほどでもない感じで、15分待ち位。
2人なので、ホテルまでタクシーで・・・・・イヤイヤ少しは倹約(笑)、空港直結のエアポート・エキスプレスで香港島のホテルまで行くことにしました。
今回はエアポート・エクスプレス片道分と、3日間MTR乗り放題、さらにHK$50のリファンドがついているというお得なパッケージ(HK$220)を利用しました。
スタッフは英語完璧、仕事は速い、カードは使える・・・・本土とはだいぶ違います(笑)。
とりあえず近くにあるATMで両替も済ませます。
よくガイドブックにはXX銀行がお得・・・とかありますが、いくら率が良くても一回の両替にかかる手数料が馬鹿になりません。
そこでカードを使ったATMです。
帰国後すぐに返済手続きすれば、これが香港では一番BESTな両替方法ではないでしょうか。
このエアポート・エクスプレスで香港島の中環(セントラル)までは、たったの20分強。
本当に快適で便利。
イミグレを抜けてから40分もたっていません。
ここから各ホテルまで無料の接続シャトル・バスが出ているのですが、これは「無料」に甘えないほうがいいです。
時間かかりすぎです。
僕らのような短期ステイは時間との勝負、迷わずここからはタクシーです。
金鐘(アドミラルティ)のパシフィック・プレイスの一角にある「コンラッド香港」まで6~7分、料金はHK$15の基本料金でOKです。
空港到着1時間以内で、ホテルの57階のラウンジで、この風景を眺めながらくつろげちゃうんです。
f0036857_18254391.jpg

ホテルやショッピング・モール内では、エアコン稼働中。
昼間の気温は20度位で日差しがあるとジャケットを脱ぎたくなりますが、夜とか山頂(ピーク)は、それなりに「冬」です。
眼を左にやれば、超高層のIFCビルも見えます。
f0036857_18501275.jpg

香港には本土からの金持ち客やエグゼクティブ・ビジネス・トラベラーの増加で、フォーシーズンズや改装なったマンダリン・オリエンタルなど本当に値段の高いホテルもあります。
でも、僕らヒルトン信奉者(笑)は、なんたってコンラッドです。
部屋のリノベーションも一部されているようですが、廊下などはエレガントなものの「ちょっと前」って豪華さです。
f0036857_18562679.jpg

最低レートの予約でしたが、エグゼクティブ・フロアのハーバー・ビューにアップグレードされました。
やっぱりなんだかんだ言っても、香港はハーバー・ビューに限ります。
f0036857_18583277.jpg

このベッドに寝ながらも、ハーバーが見えるんです(当たり前か・・・)
窓も大きくとられていて、こんな感じです。
f0036857_18594911.jpg

ヒルトンのメンバーなので、ここでも本当によくしてもらいました。
ラウンジでの終日の飲食、豪華なバフェ朝食のほかにも、こんなものを部屋に用意しておいてくれました。
f0036857_1921478.jpg
f0036857_1922949.jpg

さらには、こんなサービスまでも。
f0036857_1933951.jpg

まずまずのシャンパンでした。
おなじみのコンラッド・ベアは、ターンダウン前なのでこんなところにいました。
f0036857_1943480.jpg

ラウンジのアフタヌーン・ティー・タイムで一息です。
f0036857_1955631.jpg

ラウンジの男性バトラーは燕尾服を着ています。
夜のカクテル・タイムはパフ類を中心に、これも充実した品揃えです。
朝食はラウンジでも取れますが、コーヒーショップでのバフェも選択可能です。
気持ちよい空間でした。
料理は日本料理・インド料理までそろってました。
f0036857_191045100.jpg
f0036857_19105962.jpg

by shackinbaby | 2006-12-24 08:55 | 旅行 | Comments(1)
帰ってきました
遊んでいると、時間は本当に短いです。
2泊3日なんて、もうアッという間。
明日からは、猛烈に忙しい年末体制に突入するんで、仕事のためには寝ちゃったほうがいいんでしょうけど、少しは報告を開始しておきたいので・・・・・。

今回は奥さんと一緒の旅行、時間の余裕を考え、成田に前泊しました。
もちろん、いつもの「ヒルトン成田」です。
夜遅くのチェックインでしたが、ホテルの中はクリスマス・デコレーションのせいでしょうか、リニューアルされたバーからの人のざわめきのせいでしょうか、いつもより「華やいだ」感じがしました。
f0036857_143692.jpg

「テラス・レストラン」もずいぶんスタイリッシュに変身です。
f0036857_173321.jpg

「ショウ・キッチン」スタイルも取り入れ、食器も一新、朝食も気分よく取ることができます。
f0036857_1958.jpg

一部客室のリニューアル、そして12月からのこのレストラン系のリニューアルで、成田の他ホテルより「ひとつ上」という差別化は、成功したように思えます。
これからルーム・レートが上がっていくようではまた考えますが、しばらくは成田はヒルトンで決まりのようです。

JALの香港行きは10時発、ラウンジのスタッフと来年(1月15日)からのJAL系ラウンジのリニューアルの話などをしていると、もうすぐに出発時間。
ほぼ満席のお客を乗せて香港に飛び立ちます。
偏西風の影響で香港までなんと5時間以上かかるので、映画も話題のものばかり、ずいぶん見ることができました。
「UDON」、「フラ・ガール」、「マイアミ・バイス」、帰りに「ワールド・トレード・センター」。
普段余り映画とか観ないので、パーソナルTVの小さい画面とはいえ、ずいぶん楽しまさせてもらいました。
機内食はこんな感じでした。
f0036857_127280.jpg
f0036857_1271885.jpg

JALのホームページの写真と同じだぁ・・・って、当たり前か。
by shackinbaby | 2006-12-23 23:44 | 旅行 | Comments(0)
directly from Hongkong (2)
f0036857_042425.jpg

by shackinbaby | 2006-12-22 22:41 | 旅行 | Comments(2)
directly from Hongkong
f0036857_041238.jpg

by shackinbaby | 2006-12-22 13:39 | 旅行 | Comments(0)
冷麺
暖かい部屋の中で、韓国冷麺をいただきました。
f0036857_13405095.jpg

梨のスライスなんかが、いかにも本格派です。
(今の時期、どうやって調節するんでしょう)
びっくりしたのはスープ。
薄味なんですけど、滋味豊かというか、すごく美味しい味付けです。
これが素人の作品?
Yさんの奥様、たいへん美味しくいただきました。
ありがとうございました。
おかわりしたいくらいでした。
韓国風のカトラリーも素敵でしたよ。

明日から数日不在します。
そう、香港です。
フル・レポートは帰ってから・・・。
by shackinbaby | 2006-12-20 13:41 | グルメ | Comments(0)