<   2007年 07月 ( 46 )   > この月の画像一覧
栗林公園の蓮
栗林公園ってなんとなく知っていましたけど、こんなに大きい公園だったとは・・・。
紫雲山を借景に、いくつもの湖や池、膨大な緑、数奇屋つくりの風情ある家屋が点在して、とりあえず一周するだけでも1時間はかかります。
週末とかはきっと観光客でにぎわうのでしょうが、平日の昼下がり、ほとんど人気はありませんでした。
ゆっくりすればいいものを、例によって時間の関係で、超スピードで駆け抜けてきました。
まず、南湖と呼ばれるメインの湖から、紫雲山の方角を見たところです。
f0036857_0462288.jpg

スケールが大きいですね。
どこも向いても写真スポットです。
f0036857_0463866.jpg

でも僕自身がそういうのにあまり興味がないので、園内をぐるっと回って更に人の少ない芙蓉沼のほうに行ってみました。
なぜって、そこはどうも蓮の花が咲いているらしいのです。
またしても蓮の花!って笑わないでください。
なんとなく好きなんですよ。
f0036857_0465396.jpg

咲いてました、咲いてました。
f0036857_047157.jpg

でも蓮の花の開花を見るのは早朝がベスト。
残念、今はもう昼下がり、花は開ききっているのが多かったです。
f0036857_0495524.jpg

やっぱり、この色・形、良いです、好きです。
f0036857_05057.jpg

この栗林公園、元亀とか天正時代の豪農の佐藤氏が築庭、寛永年間に讃岐領主の生駒公、5代松平公(水戸光圀のお兄さん)に引き継がれ、今に至ってるんだそうです。
一言で言うと、「江戸時代初期の回遊式大名庭園」とのことでした。
by shackinbaby | 2007-07-31 00:45 | 旅行 | Comments(13)
うどん・うどん・うどん・・・・・(4)
(3)で取り上げた「うどん棒」からアーケード街に出て丸亀町のほうに数分、高松市美術館の横にあるのが、空港の売店や通販でもお馴染みの「かな泉」です。
県内外に5つの支店を持つそうですが、この紺屋町店だけがセルフ方式なんだそうです。
f0036857_10393566.jpg

他のうどん屋と違って外観にも格調があり、いざ高級店かと思いきや、中は至ってシンプルなセルフのスタイルで安心できます。
今後は釜あげの小(190円)、店の人気メニューというズワイ蟹のかき揚げ(220円)を付けてもらいました。
f0036857_10562712.jpg

うどんは普通に美味しいという感じです。
これまで食べてきた他店で感じるそれぞれの特徴というものを、このお店では感じませんでした。
平均的?でも喉ごしも良いし、文句はありません。
かき揚げは厚くて大きい・・・中に玉ねぎなども沢山入っていて、学生さん向き?・・・・今の僕には油っぽ過ぎです。
またしてもタイミングをはずした感じです。
最終的には、僕は上原屋本店のうどんが一番に思えました。
by shackinbaby | 2007-07-30 00:30 | グルメ | Comments(2)
北浜アリー
高松駅から歩いて10分くらいのところ、宇野へのフェリー乗り場なんかの近くに「北浜アリー」という若者向けのスポットがあると聞き、行ってみました。
古い倉庫を、その潮風にすっかり錆びてしまったトタン張りの外装をそのままに、内装に経営者の感覚を生かしたブティック、雑貨店、レストラン・・・・にしているというところです。
でも・・・でも、これは少し汚すぎ、みすぼらしすぎじゃないでしょうか?
これでもう少し「アート」してれば、もう少し魅力のあるスポットになるでしょうが、いくら若い人たちが安価に思い思いの時を過ごせるところと言っても、これでは・・・。
f0036857_232657100.jpg

by shackinbaby | 2007-07-29 23:14 | 旅行 | Comments(4)
うどん・うどん・うどん・・・・・(3)
場所的には下記の2軒より更に高松の中心によったところにあります。
繁華街の丸亀町にも近いこの店の名前は、なんと「うどん棒」。
f0036857_19521479.jpg

まず触れたいこと、それはこの店の接遇の良さです。
愛想の良いおばちゃんが最高で、とても雰囲気が良いです。。
店内は少し薄暗いので、写真が分かりずらいかもしれませんが、これが今日のランチ。
f0036857_19522812.jpg

刻みうどんと、じゃこ飯。
この「じゃこ飯」というのが実は相当に旨いです。
しょうゆベースの出汁で味付けされたじゃこと刻み海苔が乗っているだけのご飯なんだけど、なんだろう、このじゃこの味。おかわりしたいくらい、です。
細めのうどんはコシも強く、滑らかでいて弾力性十分。
丼ものも扱う食堂形式のお店ですが、うどん屋さんとしても相当の良いところ行くのでは?
by shackinbaby | 2007-07-29 22:50 | グルメ | Comments(2)
うどん・うどん・うどん・・・・・(2)
この店も栗林公園からそう遠くないロードサイドにあるお店。
「ぶっかけ」うどんの専門店と聞きました。
名前は「大円」といいます。
f0036857_23552161.jpg

グルメ本を持っていないので、讃岐うどんの種類とかがよく分かってないのですが、「ぶっかけ」とは、汁なしの麺(プラス具材)に、別の器に出汁が入って出てくるスタイルのことみたいです。
この店には、本当にいろいろな「ぶっかけ」のメニューがあります。
いわく「スペシャルぶっかけ」「スタミナぶっかけ」・・・中には「ざぶとんぶっかけ」なんてのもあって、これはどんなものが想像すらつきません(笑)。
僕のオーダーはオーソドックスに、「海老天おろしぶっかけ」の冷たいの、です。
f0036857_23553995.jpg

ここの麺は艶かしいほどにニュルニュルプルプルで、下や頬の内側に張り付くような感触すらあります。
「ぶっかけ」るだしは甘さが勝ったもので、麺との相性も良いようです。
ただ残念だったのは、天ぷらがさめていたこと・・・これはタイミングの問題でしょうがないのかもしれませんが。
by shackinbaby | 2007-07-29 00:53 | グルメ | Comments(2)
うどん・うどん・うどん・・・・・(1)
仕事先は高松、四国はもう梅雨が明けているので実に強い日差しの中、仕事先の冷房の中にいればいいのに、そこは僕のこと(笑)、時間を見つけては名物の「うどん」を食べ歩いてきました。
時間が限られているので、山の中にあるようなマニア向けの名店ははずして、仕事先からすぐに行けるところで、僕のようなうどんビギナー用の店をピックしました。
最初は栗林公園近くの名店、「上原屋本店」です。
f0036857_2025422.jpg

ここは同好の士と車で行ったのですが、一方通行が多くて、見つけるのにかなり苦労しました。
朝は9時からあいているそうです。
ここでオーダーします。
働いているのは女性ばかり、明らかに「よそ者」と分かる僕らにも結構親切です、
f0036857_2031255.jpg

システムはここに書いてあるように「セルフサービス」、つまりほとんどを自分でやるというシステムです。
まず、「熱いの、冷たいの?」と聞かれます。
外が暑いので、「冷たいの」が食べたくなります。
そう答えると、「ひやしにしますか、それともぶっかけ?」。
まだ用語がよく分かりませんが、とりあえず「ひやし」と答えます。
更に追い討ち、「一玉、二玉?」と。
いろいろなところで食べたいので、とりあえず「一玉」。
これでオーダー完了です。
慣れれば聞かれる前に、こちらから上記の必要事項を言えばよいのです。
トッピングも沢山置いてあって、各種てんぷらやコロッケ、更にはおでんまでも。
おでんは他の店にもおいてありました。
こちらでは、うどん屋には夏でも必ずおでん?
f0036857_2032685.jpg

値札には、うどんは「小」が200円、「大」が300円とあります。
直感的に安いなあと思いましたが、実はこれでも高いほうになるのです、ここ高松では。
f0036857_2034446.jpg

うどんはさすがの味。
つるつるしていて、こしも十分。
イリコ+カツオ+コンブ?といった感じのだしは透き通っていて上品、、生姜とネギ、さらには天かすを入れていただきます。
いや~っ、こういうの食べちゃうと、僕の地元でうどんは食べられませんね。
素晴らしい。
美味!
大ぶりのコロッケもB級グルメの王道の味でした。
by shackinbaby | 2007-07-28 00:28 | グルメ | Comments(8)
二つの「お土産」
先ほど出張から帰ってきました。
その街の報告もしたいのですが、まずはお土産の話から。
なんと、なんと、なんと、僕が長年探していた写真集をその街のアメリカンカジュアルの中古などを売っている店の店頭で発見。
値札のついていないのを何とか交渉して、見事GETできたこと・・・・・これは最近の僕の驚きの中でもトップクラスの驚きでした。
f0036857_1611279.jpg

BIRNEY IMESの写真集で、題が「JUKE JOINT」。
もちろんプレミア価格のハードカヴァーのほうではないのですが、欲しいと思ってからずっと入手できないでいた写真集、多少の汚れと日焼けはありますが、大枚1000円(笑)を支払うにやぶさかではありませんでした。
f0036857_1613094.jpg

中身は、1980年代のアメリカ南部にはまだごくわずか存在していたジューク・ジョイントと呼ばれる黒人専用の安飲み屋(時々は、週末などにブルースなどのバンドが入ることも・・・)を実写したもの。
ジューク・ジョイントのすさまじいまでの荒廃ぶり、したたかに生きる最底辺の黒人達の表情、黒人文化のエッセンスと言うべき独特の美的センス(色使い、フォント使いなど)・・・・すべての写真が息を呑むリアリティーを持っています。
帰りの飛行機では、ずっと、そう「ずっと」その本から目が離れません。
こんな幸運なことってあるのですね。
で、羽田に早めの時間に帰ってこれたので、JAL系のショップ「ブルースカイ」(JALカード・ホルダーは10%OFFだよ)で家族が大好きな「東京ラブリー・モンブラン」を買ってきました。
「フェスティバロ」がやっている唐芋レアケーキ・シリーズの中の羽田空港限定ヴァージョンです。
日持ち(時間持ち?)がしないので羽田から飛び立つときには家庭用のお土産としては買えないし、いつものように最終便近くで帰ってくるとお店がもう閉まっていたりで、僕にとっては以外に買えない商品、今日はやっとGETできました。
3種類の紫芋をブレントしたペーストに、宮崎の栗のペーストをミックスしてできた、口どけの優しいケーキ。
冷やして食べると最高です。それに安いしね。
f0036857_1614334.jpg

by shackinbaby | 2007-07-27 21:00 | 旅行 | Comments(0)
今朝は空港のラウンジで・・・・
ちょっとした仕事に食らいついて(笑)、某都市に向かうべく、今朝の朝飯は羽田空港のラウンジで、ということになりました。
f0036857_22313381.jpg

JALの会員になっているので、「ダイアモンド・プレミア・ラウンジ(DPラウンジ)」というラウンジを(無料で)利用することが出来ます。
場所によって窓がないなどの暗い感じもする「DPラウンジ」ですが、いるのはたいてい仕事前のビジネスマンなので全体的に静か、僕には結構居心地の良い場所なのです。
そこでは朝早いとパン(今日はフルーツ・デニッシュとクロワッサン)などがおいてあり、それに作りたてのカフェ・ラテとトマトジュースとくれば、これはもう立派なコンチネンタル・ブレックファスト。
お絞りも厚手で大きく使いやすいし、朝から気分良く仕事にいけます。

仕事の内容はどうでもいいとして(笑)、どこに行って何を食べたのでしょう・・・・今晩から、書いていきますよ。
by shackinbaby | 2007-07-27 00:04 | 旅行 | Comments(2)
桜海老
f0036857_19433798.jpg

桜海老って今が旬?
これは絶対に美味しいからと、奥さんがお友達からいただいてきた桜海老です。
どこの店のとかは全然分からないのですが、ただひたすら美味しかったです。
嫌な臭みなど全くなくて、食感も香りも最高。
見た目より、ずっと美味しいです。
今日は、大根おろしとミョウガに、醤油を一たらし。
ご飯をもう一杯食べたいくらいでした。
残りは、明日てんぷらかな?

ここまで書いていたら、いただいたお友達からTEL。
その方いわく、「世界中でも、駿河湾でしか水揚げされないと言われていた桜海老なんだけど、最近は台湾産が多いの。これは正真正銘の・・・・」
まだ話が続いていて、結局どこの店のかは分かりません。
(女の長電話はスゴイ)(笑)
by shackinbaby | 2007-07-26 00:42 | グルメ | Comments(2)
ローフード
日本では、まだ聞きなれない言葉ですよね、ローフード。
でも、このローフードこそ、いまアメリカを中心にのヘルシー志向の人たちに大きく注目され始めている食事なんだそうです。
日本では、女優のデミ・ムーアがこの食事法で7キロもの減量に成功したことも話題になり、ダイエットの一方法としても注目を浴びているらしいです。
ローフードとは、「生の(=RAW)」「食べ物(=FOOD)」という意味です。
できるだけ加熱調理せずに、生のまま食べることで、素材本来の持つビタミンやミネラル、そして何より体にとって大切な食物酵素をまるごと摂取できる食のスタイルとのこと・・・・うんうん、とりあえずここまでは分かります。
なぜ、「生」なのでしょうか?
すべての生鮮食品は46度以上で加熱されると、中に含まれる多くのビタミン、特に酵素類が破され始めます。
酵素は消化を助ける重要な役割を果たしますから、破壊されると消化器官に負担がかかります・・・・・この辺に来ると、本当にそうなの?って感じで、理解し切れません(汗)。
でも、女性はこういうの好きみたいです。
もちろん、うちの奥さんも。
ということで、今日はこの食事になりました。
f0036857_12221012.jpg

「資生堂パーラー」が出している「ハーフ&スイーツ」というローフード・シリーズの中の「きのこカレー」と「栗かぼちゃのスープ」が今日のお昼です。
f0036857_12222570.jpg

味は美味しいです。
カレーもスパイス使いが上手で大人の味、動物性材料なしでカロリーは162カロリー(普通のレトルト・カレーは大体220~250カロリーです)。
かぼちゃが香り立つポタージュスープも74カロリー。
ご飯を入れてもせいぜい6単位(480カロリー)です。
サラダつけて7単位。
デザート食べても9単位。
確かにこれを続ければダイエットになるのでしょうが・・・・どうも物足りません、少なくても僕的には。
味が良いのがこのシリーズの特徴のようですが、毎日続けるには、サイフのほうもだいぶ大変、ここもネックですね。
by shackinbaby | 2007-07-25 00:19 | グルメ | Comments(0)