<   2007年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧
今日の夕飯
奥さんの帰りが遅いので、自作の夕飯です。
こういうのはすぐ出来るし、外れなく出来るんで、時々料理をする程度の僕にはチャレンジしがいがあります。
ブランドの鶏肉は、やはり鶏に味がありますね。
f0036857_1959364.jpg

by shackinbaby | 2007-09-30 21:59 | グルメ | Comments(0)
お買い物は・・・
特に決めたものはなかったのですが、店はほとんど閉まっている秋夕の時期、やはりここは年中無休の免税店しかないだろうということで、新羅ホテルに隣接する「新羅免税店」に、朝食の後、繰り出しました。
この免税店にしたのは、店までのタクシー代に補助が出る(レシートをカウンターに持っていくと金券で返してくれる)、買い物金額に応じてJALのマイルが付く(笑)、以前作ったメンバーズカードがある(割引が期待できる)などの理由からですが、もうひとつうちの奥さんの希望、韓国コスメの「THE FACE SHOP」が唯一免税店の中に入っているのがここ・・・というのも重要でした。
・・・・ところが「THE FACE SHOP」がありません。
店員に聞くともうすでに撤退したとのこと、ただ明洞の店は今日でも絶対開いていると聞いて、午後から明洞に立ち寄り、無事お目当てのコスメは買えました。
渋谷にも支店があるのにね。
でも、韓国で買うほうが圧倒的に安いんだそうです。
もう奥さんはこれだけで大満足・・・彼女の中では「安く買えた」というのもとても重要なことのようです(笑)。
(もちろん、僕もですが)
写真は新羅(シーラ)ホテルとその韓国風風宴会場。
パーク・ハイアットなどにはない、風格が感じられるたたずまいです。
f0036857_2223980.jpg
f0036857_2225528.jpg

by shackinbaby | 2007-09-30 21:42 | 旅行 | Comments(0)
朝食は込み・・・
朝起きてみると、うっすら地面がぬれています。
夜のうちに雨が降ったのでしょう。
それにしても、道に車のいないこと・・・・さすがに「秋夕」(チュソッ)の中日です。
f0036857_2120863.jpg

ところで、ホテルの朝食って、結構高いですよね。
高級ホテルの朝食は特にそう。
ここパーク・ハイアット・ソウルは他のパークの付くハイアット同様、エグゼクティブ・フロアがありません。
(全室エグゼクティブ対応という意味)
エグゼクティブ・フロアがあれば、当然専用ラウンジがあって、簡単な朝食が取れる・・・・朝はあまり食べないからそれで充分・・・・というのが最近の僕らのスタンスだったのですが、エグゼクティブフロアの設定のないこのホテルの場合はどうしよう、悩みました。
近くのCOEXの中には朝食も取れる各種ファーストフードやレストランが複数あるようですが秋夕のど真ん中、きっと今日だけは「休み」という店も多いに違いありません。
でも、今回はうれしい誤算。
チェックインのときに「お客様の宿泊はパッケージですので、コンチネンタルですが朝食は込みです」と言われたのです。
そうだったっけ?
一番安い料金を選択したので(たったの280000ウォン、税金・サービス料免除)、まさか「パッケージ」料金とは思っていませんでした。
30000ウォンX2(日本円にして8000円くらい)が浮いちゃいました(笑)。
ラッキー!
で、朝食です。
2階にある「コーナーストーン」というハイアットらしいモダンなインテリアのレストランでいただきます。
f0036857_21191181.jpg
f0036857_21192845.jpg

コンチネンタルとは言ってもここのは、卵料理の付かないバフェみたいなもので、僕らにはコンチネンタルで充分すぎるほどでした。
フレッシュなジュース、ッコーヒー、各種のパン(これが美味しい!)、冷蔵庫の中に入っている小皿盛りの前菜各種。
f0036857_2119426.jpg

生ハムとメロン、チーズとイチジク、サーモンなど質も上々です。
他にはシリアル類、ヨーグルト類(マンゴ味が美味しかった)、フルーツ類もあり、更にはアイスクリームまでありました。
「本当はアイスクリームは別料金なのよ」と笑いながら女性スタッフ。
「でもうちのはとても美味しいの。テイスティングってことでいかがですか?」
もちろん、いただきますとも。テイスティング(味見)ということでね(笑)。
でも彼女相当な量のピスタチオとマンゴを盛ってくれました。
滑らかで香りも強く、さすがホテル・メイドのお味でしたよ。
・・・ということで、朝食もこのホテルを堪能させていただきました。
by shackinbaby | 2007-09-29 21:17 | ホテル | Comments(0)
夜のホテル
カンジャンケジャンで、お腹いっぱい。
ホテルに帰ると、夜のホテルが僕らを迎えてくれます。
フロントもこんな風に、大人でシックなムードになっています。
照明をちょっと変えただけなのにね・・・・インテリア・デザイナーの勝利です。
f0036857_22134812.jpg

廊下の両側には韓国のアンティークが並びます。
f0036857_22144486.jpg

部屋に帰って、窓を開けると
f0036857_2217647.jpg

わぁ、これは圧巻な夜景です。
f0036857_22211076.jpg

風呂のほうに目を転じてみると、こんな風。
f0036857_22181182.jpg

電気をつけてみます。
f0036857_22182886.jpg

風呂からはこんな風に見えます。
f0036857_2219014.jpg

すみません。
女房に隠し撮りされちゃいました(笑)。
逆はしませんけどね・・・(笑)。
f0036857_221919100.jpg

ヘンなもの(笑)お見せして、すみません。
by shackinbaby | 2007-09-29 09:04 | ホテル | Comments(4)
funkybozeさんへお勧めの新譜CDです
これです。
f0036857_10404538.gif

なんと、ラッセル・トンプキンス・ジュニア、テッド・ミルズ、ウィル・ハートが一堂に会しています。
歌もヨレヨレではないです。
funkybozeさんなら、大歓迎かも?
でも日本じゃ売ってないんだよね~(笑)。
by shackinbaby | 2007-09-28 10:43 | 音楽 | Comments(3)
ソウル第2食め、「プロカンジャンケジャン」
カンジャンケジャン(醤油漬けの蟹)と言えば?
やっぱりソウルの新沙駅周辺でしょ。
その中でも特に美味しい!といわれている噂のお店「プロ・カンジャンケジャン」を、ソウル初日の夕食場所に選びました。
ここも明洞などにホテルを取っていると行きにくいん所なんですよね。
今回は三成洞からなので、がら空きの道をタクシーで10分位です。
どうです、このディープな店構え。
でも扱うのは蟹、値段は高い店なのでちゃんとヴァレ・パーキングの係りがいます。
チラッと見ましたけど高級車ばかり、です。
こういう店はたいてい美味しいんですよね。
店に入る前からゴクリです。
f0036857_16344.jpg

実は、ここ「プロ・カンジャンケジャン」はカンジャンケジャンを韓国の地に初めて送り出した産みの親なんだそうです。
社長さんいわく、20年ほど前はまだ蟹を醤油につけて食べる習慣は韓国にはなかったということです。
で、なんか気になるお店の名前。プロとは?もともと「モッポチッ」だったものを、プロ野球がブームだった80年代初期、たくさんのプロ野球選手がやってくるので、いっそお店の名前も変えちゃえっ、ということで「プロチッ」そして「プロ・カンジャンケジャン」にしたということらしいです。
メニューはたったのこれだけ。
f0036857_161719.jpg

さぁ、メインのカンジャンケジャンです。
なんというミソの色!!
f0036857_163981.jpg

もう恥も外聞もなく、ちゅうちゅう啜り、しゃぶり、身を突っつきます。
f0036857_165212.jpg

これはやめられません、止まりません。
醤油も思ったほどしょっぱくなく、これ以上は食べませんが、ミソの部分の芳醇さと身の部分のネットリ感・・・もう「MELLOWな味」と言うしかありません。
素晴らしい。
今度はアルビビンパ(蟹みその混ぜご飯)です。
20000ウォン(日本円で2800円くらい)もしますから超高級ビビンバ、でも食べてみる価値充分です。
f0036857_1791.jpg

カンジャンケジャンは食べやすいようにあらかじめ切って出されますが、その中で甲羅の形そのままなのがあったので
f0036857_1724100.jpg

白いご飯を注文して、こうしてみました。
f0036857_17397.jpg

これがまた醤油味とご飯という日本人にはたまらない味で、試す価値充分でした。
ただ塩分接種制限のある方は要注意ですけどね。
最後に辛いタコの炒め物も。
f0036857_175312.jpg

ズッキーニとよく合って、辛い中にほのかの甘さも感じられる、最高にご飯のおかずでした。
店の作りは相当に「普通」な感じがしますが、来ている客層はお金持ち・・・あるいはソウルのリピーター観光客って感じで、そういう意味では「普通」の店ではありません。
でも蟹好きな方は、一度試す価値の充分ある店だといえます。
看板や店のメニューに日本語は「同じ店舗はございません」という言葉(単語)だけ・・・これ、なんかヘンですよね。意味あるのかなぁ。
by shackinbaby | 2007-09-28 01:04 | グルメ | Comments(4)
デザートはこれ!
パークハイアットにチェックイン後、近くのCOEXなどをブラブラ。
うちの奥さん、何も買いはしないのに、いかにも楽しそうです。
女の人はこういう時が至福の時のようですね(笑)。
COEXの中に「現代デパート」が入っているので、そこに出ていた人気カフェ・チェーン「アマポーラ」のスイートポテト(正式な名前は知りません)をテイクアウトして、今日のおやつにしました。
f0036857_21195435.jpg

これは韓国では割とよく見るデザートで、半身の甘く煮たかぼちゃの中にスイートポテトがレーズンやナッツなどと一緒に入っているものです。
買うときに英語で「more syrup please」と言ったら、この上から更に蜜をたらしてくれました。
ホテルに持ち帰り、ルームサービスにお願いして少し暖めてもらいます。
ついでにお皿もナイフ・フォークも貸してもらいます。
少し暖めると・・・これが美味いんだなぁ!。
ホクホク感と甘さがちょうどよい、かなり本気で美味いです。
甘い物にさほど興味のないうちの奥さんまでが、半分以上食べちゃったくらいです。
by shackinbaby | 2007-09-28 00:13 | グルメ | Comments(2)
パークハイアットの室内
このホテルでは、部屋への案内ななしでした。
5★ホテルにしては珍しいですね。
エレベーターの使い方などに独特のシステムもあり、こうした点を教えてくれないのは不親切だと思います。
ただ部屋に関しては僕らの希望通りの部屋、中層階でCOEXビューの部屋でした。
一面の窓からは実にダイナミックな視界が開けます。
f0036857_22235345.jpg

部屋は50ヘーベー以上ありますが、やや狭く感じるのは浴室に相当の面積を取っているからです。
(六本木のグランド・ハイアット東京と同じようなコンセプト)
座り心地の良いブランド物の椅子(カッシーナ製だと思う)、フラットTVなどは、オープン当時(5年位前?)はさぞや最新だったでしょう。
その向こうに見えているのが、窓際に配された浴槽。
これもその頃は最初に近かったかもしれないシースルー・タイプの浴室で、もちろん閉めようと思えばブラインドを下ろすことが出来ます。
そのブラインドはすべて電動です。
ただ、ブラインドの開閉も含めてきわめてデザイン重視のスイッチ類(つまりはなれないと使いづらい)が沢山あって、ご年配、眼の悪い人、英語が苦手な人はちょっと苦労するかもしれません。
f0036857_2224662.jpg

広い洗い場も付いた日本人にはうれしいタイプの浴室です。
木の椅子もおいてありました。
f0036857_22242696.jpg

風呂好きには、この景色を眺めながらの入浴、昼も夜もたまりません。
いつまででも入っていたくなります。
窓ガラスも決して曇らないように工夫してあります。
難点をしいてあげれば、水圧がそれほど高くないので、大容量の浴槽に湯を張るのに時間がかかることくらいですね。
f0036857_22244186.jpg

バス・アメニティーはイソップ。
f0036857_22245679.jpg

浴室から寝室のほうを見ると、こんな感じです。
f0036857_22251034.jpg

これもアジアのハイアットなどで時々見ますが、クローゼットが寝室側からも浴室側からも使える・・・開いておくと部屋も広く感じる・・・・そんな仕掛けです。
f0036857_22252436.jpg

この辺の質感はイマイチです。
机などに経年劣化の擦り傷などが目立ちます。
f0036857_22253881.jpg

見た目スッキリしていますが、仕掛けがいろいろあって、電気ポットなどはとんでもないところから飛び出してきます(笑)。
アメニティー類のデザイン性もまずまずです。
f0036857_22255592.jpg

ウェルカム・フルーツのみかん3個というのはどうなんでしょう。
でもこのミカン、レストランとかにも要所要所のアクセントに使われてましたから、秋ということでホテル全体のデザイン性も考えて・・・なのかもしれません。
f0036857_22261094.jpg

by shackinbaby | 2007-09-27 22:20 | ホテル | Comments(0)
「ディーン&デルーカ」のアイスクリームが
JALに登場です。
f0036857_12195288.jpg

僕はハーゲンダッツのより好きですけど、このフレイバーのほうがもっと好み。
f0036857_12224884.jpg

10月からの提供なので、今度のシカゴ線で楽しめそうです。
これは楽しみ。

JAL系のネタとしては、なんとチャーター便で行ったにもかかわらず、JALのマイルがついてました。
今確認したところマイル的にはなんと10000マイル弱、FOPというJALのマイラーが一番気にしている実航マイル・ポイントはなんと3496ポイントもついていました。
JALさん、太っ腹。
いつも有難うございます、です。

いま友人のmaskmanからのメール。
僕にぴったりな川柳があったって・・・・
「旅行好き 行ってないのは 冥土だけ」 東京都・女性
まさに言いえて妙(笑)。
by shackinbaby | 2007-09-27 12:21 | グルメ | Comments(0)
宿泊はパークハイアットソウル
今回のホテルは三成洞(COEXのあるところ)のパーク・ハイアット・ソウルに。
理由はあまりこの地域に泊まったことがないのと、ハイアット・チェーンがマスター・カードと組んでのファスター・フリー・ナイトという恒例のプロモーション(宿泊2回で、1泊無料)中であること、強気な値段設定のパーク・ハイアットもビジネス需要が極端に減る秋夕の季節ということで安いパッケージが出ている・・・こんなところで、このホテルを選んでみました。
ホテルに行く途中、タクシーの窓越しにこんな広告(の一部?)を見つけたので、すかさずパチリ。
世界地図?
f0036857_21142331.jpg

そう、世界地図なんですけど、僕らがいつも見慣れている地図の書き方とは全く逆なのにビックリ。
あぁ、やっぱりここは外国だぁ、韓国だぁ・・・と。
f0036857_21143547.jpg

秋夕の季節なので、ソウル市内の交通量は普段の1/5以下。
もうスイスイです。
予定より相当に早く、12時半には江南の三成洞に着いてしまいました。
パーク・ハイアット・ソウルの外観です。
f0036857_21154180.jpg

入り口はこんな、わざと「目立たないように」「知る人ぞ知る」「隠れ家のような」・・・そんなコンセプトが伝わるようなエントランスです。
f0036857_2116550.jpg

でもこのエントランスの真ん前が地下鉄「三成」の入り口、ものすごく便利そうです。
常時詰めているベルの案内で、エレベーターで最上階(24階?)に。
このホテルは東京のマンダリン・オリエンタルなどと同じで、最上階にレセプションがあるのです。
エレベーターもハイアット・タッチのコンテンポラリー・モダンなもので、否がおうにもホテルへの期待が膨らみます。
レセプションはシンプルかつシック。
ネイティブな英語を話す(ここが大切!)レセプショニストたちは、さすがに訓練が行き届いていて、的確かつ親切。
でも僕らのようにそう英語に不自由のない人間には快適でも、韓国語も英語が苦手な日本人の個人旅行者は相当辛いかもしれません。
ここのところ、つまりここに日本語も堪能なスタッフを置かないところに、このホテルのポリシーのひとつがありそうな気がします。
ホテルもゲストを選ぶ・・・・僕の考えすぎでしょうか。
(もちろん片言の日本語は出来るスタッフにはその後遭遇はしましたが)ホテルのチェックイン時間相当前だったのですが、窓からダイナミックなソウルの街が見たいという僕らの希望通り、中層階のCOEX側の部屋を用意してくれました。
感謝です。
そのトップフロアにあるロビーラウンジ(何か名前がついていたかもしれませんが、失念しました)もスタイリッシュ。
f0036857_21162355.jpg

下はCOEX。
Iのマークのついた建物は、COEXインターコンチネンタル・ホテル。
f0036857_21164568.jpg

反対側。
f0036857_21165731.jpg

道を見てください。
ほとんど゙車、走ってないでしょう。
ちょうど韓国はそんな時期だったのです。
今回の旅はこういう時期をうまく生かした旅にしたい、それだけを考えていました。
f0036857_2117143.jpg

そしてこのホテルの特徴のひとつ、なんとロビーラウンジの奥に、プールがあるのです!
f0036857_21173342.jpg

ラウンジでお茶を飲んだり食事をしたりしている人たちから、丸見えの作りなんです。
相当に体に自信があるとかでないと・・・・ここでは恥ずかしくて、泳げないです(笑)。
もちろんホテルはそれを狙って、こう作ったのでしょう。
恥ずかしながら、僕も夜チョコっと泳ぎましたが、夜空を見ながらの暗めのプールもファンタスティックでしたよ(笑)。
by shackinbaby | 2007-09-27 00:13 | ホテル | Comments(0)