<   2008年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧
小田原から箱根へ、 守谷のパン
本当にうちの旅行は短いです。
もう帰ってきちゃいました(笑)。
しかも午後の仕事に間に合うように帰ってきたので、実質一日半の旅行でした。
最近僕のおふくろの体調があまり良くない(腰痛です、念のため)ので、夫婦で長期に家を空けるということが出来ず、うちの奥さんのストレスがちょっと溜まっちゃってるみたいなのです。
どこか1泊くらいで気晴らしに出かけられないかと考えていたところ、うちの奥さんから「箱根のハイアットなんかどうかしら?」と持ちかけられました。
何でも彼女の友達が行ってとても良かった・・・・とのことで、彼女も行ってみたくなったのだそうです。
ハイハイ、OKですよ・・・・と言いながら、僕もいろいろ調べてみました。
すると、なかなか良さそうなんですよ、この時期の箱根のハイアット。
特にウィークデイ。
     まず、オフピーク時なので値段がかなり安い。
     ハイアットのプロモーション中で、ゴールドパスポートのボーナスが1000ポイント付く。
     今は別のプロモーションもあって、1滞在を2滞在とカウントするダブル・カウント中(上級ステイタスの維持に便利)
     今なら箱根湯本駅からホテルまでのタクシーが無料
などなど・・・・「おいしい」ことの多い時期だったのです。
それに奥さんからのリクエストとあれば、行くしかないでしょう・・・・ということで、久しぶりに夫婦でリラックス旅行をしてきました。
行きは僕のうちからとても便利な湘南新宿ライナー一本で、小田原まで。
グリーン車を奮発です(笑)。
もちろんグリーン券は前もって買っておきます・・・車内で買うと値段が高いんだそうです、ご存知でしたか?
もちろん知ってる?・・・・失礼いたしました。
僕は普段グリーン車なんて乗らないから、本当に知らなかったんです。
f0036857_217624.jpg

2階席ってなんか気持ちよいよね・・・とか言っているうちに小田原に。
ここで小田急に乗り換えるんですが、今回は小田原で下車、この店に寄って見ました。
f0036857_2182237.jpg

そう、あの有名な「守谷のパン」です。
小田原駅から歩いて1分、いつ行ってもあの佇まい、あの行列のパン屋です。
f0036857_219748.jpg

変ったのはパンの値段くらい、あの鄙びた内装も、無愛想でややタカビーなオバチャン店員も、全然変っていません。
この日も行列。
でもさばくオバチャンたちの動きの素早いこと素早いこと・・・すぐに順番は回ってきます。
f0036857_2183478.jpg

ここの名物はあんこタップリの(タップリすぎ)のあんパン、でも他のパンもたいていどれもハズレがありません。
昔懐かし~い味がします。
それでいて材料をケチってる感がなくて、しかもちょうどよいくらいの手作り感があるのです。
それにまだまだ値段も安いです。
人気のあるはずです。
僕の前のお客さん、あんパン10個の袋を3つも買っていました。
f0036857_2194695.jpg

ここのはとにかくあんこの量が半端じゃない・・・・びっしり隅から隅まで詰まっていますから、一つ150グラムとして、さっきのお客さん、30個買えばなんとあんパンだけで5キロ弱の重さになっているはずです(笑)。
スゴイ!
この店一日に10000個作っていれば・・・・あぁ、もう計算出来ません(笑)。
紙袋に入れられたあんパンはまだ暖かくて、待ちきれない僕らは食べながら駅に戻ります。
久しぶりに立ち食い(歩き食い?)しちゃいました(笑)。
f0036857_21101019.jpg

皮か皮でちゃんと主張してるんですがあくまでも薄く、主役のあんこはとても懐かしい味のあんこです。
甘さも自然な感じで、いくつでも食べられちゃう気がします。
でも、食べちゃダメです(笑)。
僕でも2つ目で、そうとう胃にきちゃいましたから・・・(笑)。
もちろん他のパンもたいてい美味しいんですが、この日買ったものではこの甘食が良い感じでした。
f0036857_21103442.jpg

甘食って分かります?
辞書的に言えば「焼き菓子の一種。直径5-6cmの平たい円錐形をしている」とでも書いてあるでしょうか。
スポンジケーキと菓子パンの中間的な存在で、ミルクと卵の味が郷愁を誘います。
ここのは特に端っことかのカリットした甘さに特徴があるようです。
このあと某かまぼこ屋でかまぼこも購入、でも狙いはここでくれる喫茶券(笑)。
店の2階でコーヒーとかがいただけるんです。
そのサービスがまだあることを確かめてから買う僕ら夫婦は、相当なしたたか者です(笑)。
暖かいコーヒーで一息入れた後、小田急で箱根湯本へ。
どこのかまぼこ屋?って、ここで書いちゃっていいのかなぁ。
某超有名店ですよ。
f0036857_2351647.jpg

かまぼこもちょっと付きます(笑)。
by shackinbaby | 2008-02-29 21:11 | 旅行 | Comments(1)
ただいまリラックス中
f0036857_20523544.jpg

f0036857_20534982.jpg

帰りましたら、詳しく報告しますね。
では・・・・温泉にでも・・・・。
by shackinbaby | 2008-02-28 20:58 | 旅行 | Comments(4)
ホテルニューオータニ (5) 夜から朝へ
ニューオータニの話題の最終回です。
ターンダウンされたベッド周囲はこんな具合。
最近リニューアルされた部屋は、どのホテルでも照明使いがすごくカッコいいですね。
これに実用性が加われば(必要なときに必要な明かりが手元で操作できる)まさに最高なんだけど・・・。
f0036857_8223353.jpg

昼間はビルに埋もれた感じでよく分かりませんでしたが、リニューアル後、フルハイト・ウィンドウといって部屋の上から下までがすべて窓という眺望の良さになり、ベッドからこのライトアップされた東京タワーの夜景もよく見えました。
f0036857_8233257.jpg

もちろんベッド・リネン類の品質は最高、肌触りもとても良かったですが、僕はもう少しカッチリしたシーツの張りかたが好みです。
今日はもちろん通常の仕事に入るので、早起き。
窓を開けての迎賓館の緑は、眼の栄養になります。
f0036857_8235753.jpg

ラウンジには朝食が用意されています。
もちろん朝からガッツリ食べたい人には、館内のどのレストランでも朝食がとれるそうです。
f0036857_8242991.jpg

このラウンジの売り物の1つが「世界で唯一、朝食にピエールエルメのクロワッサンが食べられる」・・・ということで、ピエールエルメのあの大きなクロワッサン(といってもフランスでは普通の大きさ、日本のが小さすぎ)やペストリーがうやうやしくガラス・ケースに鎮座ましましています。
ゲストがクロワッサンを取るとその「サクサクハラハラさ」ゆえに多少のパンくずが落ちます。
スタッフはそれをすべてふき取り残りのクロワッサンの位置を調整します。
そんな濃厚なサービスが行われます、このラウンジ。
f0036857_8245475.jpg

スープのほかにも、お粥と多少のおかず、チーズ類、シリアル類などが並びます。
そうそう、バターはエシレのものでした。
エシレのバターが朝食に並んでいるのは、日本ではここくらいでしょうか。
「数より質」のこのF&Bに対するポリシーが良くでてる朝食でした。
ピエールエルメのクロワッサン?
そう、世界一かどうかは分かりませんが、贅を尽くした材料で作ったクロワッサンということは分かります。
使われているバターの量も相当なはずなのに、あまり胃にもたれません。
焼き加減、保存状態も最高で、サクサクしてハラハラ落ちてくるクロワッサンは、本当に美味しいものですね。
ご馳走様でした。
帰りは四谷まで歩いて、約8分。
東京駅に出て仕事場に行くと、以外にこのホテル、僕にとって使いやすい場所にあるのかもしれません。
ただ全体的にスタッフのスキルにばらつきが多く、出来る人、やる気のある人、親切な人とその逆の人のギャップに驚かされることも多々あった・・・ということは付け加えさせていただきます。
接客のプロと素人が同居している感じでしたね。
これをどうとるかで・・・次の宿泊が「アリ」あるいは「ナシ」が決まるでしょう。
あと値段と・・・・。
by shackinbaby | 2008-02-27 08:34 | ホテル | Comments(0)
うちの今度のおふくろさんのお祝いに・・・
これがいいと思って問い合わせたんだけど、注文殺到でどうも駄目なよう・・・残念。
f0036857_844945.jpg

写真の通り、珍しい白いイチゴと通常の赤いイチゴを使ったデコレーションケーキ。
白いイチゴは希少価値が高く、その白さを強調するため、白と赤の2種類のイチゴを使用してケーキを飾っています。
白いイチゴは、防府でイチゴ栽培を行う山本丈志さんという方が栽培、品種登録出願中のため正式名はまだないそうなんです。
全国に約2,000株しかなくて、まだたったの7軒の農家で生産が始まったばかりといいます。
「お祝い」には最適と思ったのですが、この一日で問い合わせ・予約が大殺到と・・・ネットの力ですね。
by shackinbaby | 2008-02-27 00:04 | グルメ | Comments(0)
ホテルニューオータニ  (4) ピエールエルメ、 THE SKY
ニューオータニにステイとなれば、「ピエール・エルメ」のケーキの1つは食べてみたくなります(笑)。
他の参加者達はスイーツに興味のない人ばかりに見えたので、こっそり一人で買いに行きます(笑)。
f0036857_11203232.jpg

相変わらず魅力的なケーキが芸術品のようにディスプレイされていて、どのケーキにするか眼移りしてしまいます。
今日のチョイスは、このアーティスティックな形をしたケーキ。
チョコレートの中はプラリネ・クリームにヘイゼルナッツが一杯。
外側のパリパリのチョコレート、土台のクッキー、プラリネのフワフワ感、心地よく歯にあたるヘイゼルナッツ・・・・味も形もですが、こうした複雑なテクスチャーの妙味も、優れたケーキに必要不可欠な要素と言えるでしょうね。
夜は遅くなってから、参加者全員による会食の形で、本館17階にあるビュッフェ・レストラン「THE SKY」で食事です。
でも僕はカンファランスの合間を縫って、午後5時半にディナータイムの始まるこのレストランに行き、明るいうちに写真を一枚撮らせてもらいます。
暗くなってしまうと僕の低性能デジカメでは写真が取れなくなってしまうからなんです(笑)。
ほんとこの辺は「ブログに載せるため」の行為ですから、僕の生活、大分とブログに振り回されてますね(笑)。
f0036857_11395069.jpg

この最近リニューアルされたレストラン、360度の回転展望とともに、厳選された旬の食材をさまざまな味わいで楽しめるビュッフェ・レストラン。
店内中心部に大きく広がる「ステージ・キッチン」から、鉄板焼、寿司をはじめ、和・洋・中・スイーツと豊富な料理をその場で調理し、用意してくれます。
「Design your own style ! 」
「あなたの好みの料理が必ず見つかる」
これがこのレストランの「売り文句」のようです。
f0036857_11401288.jpg
f0036857_11403616.jpg
f0036857_1141867.jpg

360度すべてに席がありますから、席数は全部で随分あるでしょうね。
200席弱くらい?
でも面白いのは、席が回転しているので、ゆっくり料理を吟味して調理が終わるのを待っていると、自分の席が移動してしまっていて、どこが自分の席が分からなくなってウロウロしてしまうことですかね。
回転レストランならでは、です。
料理は多種多様。
僕はアペタイザーに寿司から始めました。
f0036857_11413719.jpg

後ろのスープは、オニオンスープとなんと豚汁(笑)。
このごちゃ混ぜ感をどう感じるかで・・・・。
f0036857_114259.jpg
f0036857_11422860.jpg
f0036857_11425465.jpg

もちろん全部の写真は撮ってなので、これだけではなく、中華系にも美味しいものも多かったです。
パスタのステーションは、フォーまで選べました。
最後はご飯ものから、エビチリ丼と穴子丼。
さすがにご飯の部分は少し残してしまいましたが・・・。
f0036857_11431888.jpg

それでもデザートは別腹?(笑)
でも、これはちょっとやりすぎですね(笑)。
f0036857_11434329.jpg

ピエールエルメの4点盛りのデザート・プレートも別料金で選べるようですが、僕はさすがにパス。
窓からの夜景も堪能して、帰る人は帰る、泊まる人は泊まるで、今日は勉強もしたけど楽しいことの多かった日だな・・・の感慨とともに、赤坂の夜は更けていきました(笑)。
でも、翌朝聞くと、およそ半分の人達はホテルを出て本当の「夜の赤坂」に繰り出したのだとか・・・・みんな、元気だなぁ(笑)。
f0036857_11441710.jpg

by shackinbaby | 2008-02-26 11:20 | 旅行 | Comments(5)
今日の手料理
今日は奥さんが実家だったので、夕食はshackinbaby風「男の手料理」。
まあまあの出来だったので、僕の日記であるここに記録を残しておくことにします(笑)。
f0036857_1925313.jpg

前にも書いたように圧力鍋をゲットしてからは、とにかく煮込み料理が簡単なので、奥さんがいないとたいていこれを使っちゃいます。
すね肉と野菜と豆類をタップリ、特にダイコンをこれでもかと入れてみました。
ポイントはニューヨークで買ってきた薫り高い特製の黒胡椒。
挽きたてを、これもタップリと。
余分に煮ておいたダイコンはスープとともにお夜食にいただきます。
余分な油を使わずに煮込むだけなので、「高たんぱく低脂肪」風にはなっていると思います。
by shackinbaby | 2008-02-25 00:24 | グルメ | Comments(10)
ホテルニューオータニ  (3) エグゼクティブハウス禅
このホテルニューオータニのホテル・イン・ホテル「エグゼクティブハウス禅」には、専任スタッフが常駐するエグゼクティブ・ラウンジが完備、チェックイン・チェックアウトなどだけではなくコンシェルジュ業務もこなしてくれます。
ラウンジは朝の6時から夜の11時まで開いていて、朝食、ティータイム、カクテルタイムそしてナイトキャップと時間に応じたメニューが提供されます。
f0036857_19202458.jpg

このラウンジ、宿泊ゲストの数にもよるのでしょうが、とにかくいつ行っても空いていて静かです。
スタッフの目配りも完璧です。
その分ちょっと「見張られてる」感じ(笑)もあるくらいです。
f0036857_19203884.jpg

で、ここからが僕の感想なのですが、このラウンジのF&B(飲食)に関するポリシーは、最近の外資のホテルに多く設置されているようなエグゼクティブフロアのそれとは大きく違うような気がします。
よくラウンジにあるF&Bに関して「品数が少なくて・・・」などのコメントを見ることがありますが、そういう意味ではここのラウンジは文句の出るラウンジの最右翼でしょう。
でも、ここでは低サービスとか省コストの結果のそれではなくて、「ラウンジは食べ放題のブッフェじゃない」というポリシーを強く打ち出しているからだと思います。
その分提供されるものの品質は高くキープされています。
f0036857_19153737.jpg

ティータイムのお供は、こうした盛りあわせ。
すべてピエール・エルメ製。
テーブルにずらっと並んでいるわけではありません。
こうした姿勢は一部のホテルのエグゼクティブ・フロアのラウンジでのフード争奪戦(一番ひどかったのが大阪のザ・リッツカールトン、あれはひどかった、ヤンキー・ママ風の女性陣とその子供達が大騒ぎでお皿を引っ掻き回していた・・・・絶句)に見られるような「お金を余分に払ったんだもの、元を取らなくちゃ)的発想を明確に拒否して、ラウンジ本来の静かで親密な(cozy, quiet and intimate)姿をキープしたいという、ホテル側の姿勢だと思います。
ある意味、ゲストを選別するポリシーを出しているのでしょう。
ホテルご自慢の日本庭園は、相変わらずこのホテルの「売り」。
f0036857_19171865.jpg

冬なので、色彩的に多少寂しいところもありましたが・・・。
f0036857_19175040.jpg

カンファランスの合間を縫ってこのラウンジまで戻って、一人くつろぎます。
夕方5時半からは、各種のお酒が揃ったカクテルタイムが始まります。
f0036857_19205764.jpg

夕日・夕焼けもよく見えます。
f0036857_19211921.jpg

アルコールの種類は他のホテルより豊富、おつまみは品数は少ないものの、全体に高品質。
オリーブ、ドライトマト、野菜スティック(とても新鮮でみずみずしかった)、チーズなどなど・・・。
f0036857_19213966.jpg

またカンファレンスに戻り、夜はこのホテルの最上階「THE SKY」でビュッフェの夕食が付くそうなので、それも楽しみです。
by shackinbaby | 2008-02-25 00:16 | ホテル | Comments(4)
ホテルニューオータニ 「エグゼクティブハウス禅」 (2)
予想以上のリニューアルされた部屋で大満足の僕ですが、早速持参のPCでこのホテルのホームページを見てみます。
なんと、すごく大々的にこのフロアがフューチャーされていて、知らなかった僕はホテル・ファンとしては失格でしたね(笑)。
ホームページによると
★70%以上が、ビューバス。
「エグゼクティブハウス禅」の70%以上の客室は、バスルームからリビングルームを通して、そのまま空へと広がる景色をご覧いただけます。デラックス以上の客室には、グローエ社のレインシャワーを採用。ほとんどの客室に取り入れた、バスタブから直接行き来できるシャワーブースは、そのスタイリッシュなデザインに加え、利便性も向上いたしました。

★トップエグゼクティブの為に特別に誂えたバスアメニティ
タオル類とバスローブには、アメリカ産で最高級の超長綿である「スーピマ綿」を使用し、日本で製品化したオリジナルデザインを採用。驚くほどの吸水性で、湯上りのお身体をふんわりとやさしく包み込みます。
落ち着いた香りを拡げる「墨」をイメージしたオリジナル石鹸や、グリーンの香りのオリジナル入浴剤に至るまで、一品一品こだわったオリジナルのアメニティ。さらに、日本では初めて導入される、「サルバトーレ・フェラガモ製 タスカンソウルシリーズ」のバスアメニティが、疲れた身体をリフレッシュしてくれます。

★寝心地のよいベッドで深い眠りを誘う
ベッドリネンには、エジプト綿100%の極細の糸を用いた、イタリア・フレッテ社製品を採用。すっと足を滑り込ませた瞬間から、まるで天使の羽に包み込まれたような安眠をお約束します。また、ベットマットレスにはポケットコイルマットレスを採用し、心地よい硬さが、疲れを癒します。
だそうです。
すごいですねぇ(笑)。
最高級と言われるものをすべてぶち込んだ感じのラインアップです。
f0036857_1294732.jpg

TVのチャンネル数も多いですし、無料のミネラルウォーターも一保堂のお茶類も完備です。
ただ残念ながら、ティー・セット類などの質感はザ・リッツカールトン東京などには遠く及びませんが・・・・。
f0036857_1301660.jpg

f0036857_131546.jpg

窓に面したビジネス机もスタイリッシュです。
椅子もかっこいいのですが、やや座り心地が・・・。
f0036857_1313426.jpg

バスルームとベッドルームの間のブラインドを上げると、こんな感じ。
f0036857_131521.jpg

下げるとこんな風です。
f0036857_132961.jpg

デザイン的にはこれで良いのでしょうが、ちょっと質感が・・・。
スタイリッシュなコーヒー・カップとソーサーも同じような印象を受けました。
f0036857_133752.jpg

部屋の中にもいろいろなオブジェが並んでいます。
f0036857_1345186.jpg

f0036857_1354140.jpg

f0036857_135283.jpg
f0036857_135131.jpg

浴室も広く取られています。
アクリルのドアを閉めれば半個室になり、シャワーも充分浴びることが出来ます。
もちろんいま流行のレイン(フォレスト)シャワーも完備です。
浴槽はやや狭めです。
f0036857_1361538.jpg

フェラガモのバス・アメニティーは、ほんと良い香りです。
f0036857_1372624.jpg

透明の洗面器と椅子が面白いですね。
f0036857_1381045.jpg

タオル類もタップリ、バス・オイルも2種類おいてありました。
f0036857_137367.jpg

まだ新しいバス・ローブなどの感触もGOODです。
f0036857_1383513.jpg

浴槽から窓越しにベッドルームを見ると・・・。
f0036857_1384931.jpg

クローゼットも大きめ・広めです。
f0036857_1412410.jpg

スリッパはなんと黒。
この写真を見て、うちの奥さん、「スリッパの写真撮るなんてあなただけよ」と大嘲笑です。
確かに・・・・(笑)。
f0036857_141467.jpg

でも、黒はこのフロアのテーマ・カラー、こういうところにまで気を配っているのでしょう。
by shackinbaby | 2008-02-24 00:31 | ホテル | Comments(3)
ホテルニューオータニ 「エグゼクティブハウス禅」
先日、ホテルで開かれたある催しもの(?)に参加したら、なんと自宅までのタクシー・チケットかホテルの宿泊券が付く・・・というとんでもない厚待遇に遭遇してしまいました。
こんなことめったにありません。
ホテル好きの僕のこと、当然ホテル宿泊を選びました(笑)。
本当は遠隔地から参加している人が対象だったようですが、僕も「おこぼれに預かった」というわけです。
そのホテルとは赤坂にあるホテルニューオータニ。
赤坂に聳え立つ巨大ホテルです。
レストランの数が豊富にあるので家族と食事に行ったりしたことは何回もありますが、宿泊となると思い出せないくらい昔に一度きり・・・だったと思います。
とにかく大きいホテル、宿泊棟だけだって「ザ・メイン」という本館(旧館)と、「ガーデンタワー」という40階建ての高層の新館がありますし、その間を各種のショッピング・モールやレストラン、宴会場が埋め尽くしますし、一番赤坂見附寄りには「ガーデンコート」という棟もたっています。
とにかく久しぶりに行くとかなり迷って複雑な構造をしています。
それに各棟で高低の差もあり、「ガーデンタワー」の6階が「ザ・メイン」でいうとロビー階にあたるとか・・・・もしかして僕が間違っていることを書いていたら訂正してください<ホテラバさん(笑)。
これは僕が普段あまり使わない(正面とかメインのエントランスではないという意味です)アーケード階に入る方の小さい入り口、ここから17階建ての「ザ・メイン」を望んだところです。
f0036857_1141053.jpg

最上階は回転展望レストラン、最近リニューアルされた「THE SKY」です。
僕にとっては超懐かしい「リブルーム」というステーキハウスのところを通り、エレベーターで二つ上に上がれば、そこが「ザ・メイン」のロビーです。
でも僕らがアサインされた部屋はいわゆるエグゼクティブ・フロア扱いらしく、11階にあるラウンジでチェックインが行われました。
f0036857_1115840.jpg

新宿の高層ビル群が見えるソファで、飲み物をいただきながらのチェックインです。
f0036857_1121558.jpg

ラウンジは細長く、ずっと奥まで続いています。
f0036857_1123186.jpg

それにしてもスタイリッシュな空間、僕の想像していたこのホテルのイメージとずいぶん違います。
ラウンジのスタッフにいろいろお聞きすると(ここのスタッフの丁寧さ、気の使い方は相当なものです、都内の最高級ホテルのそれを凌駕するかの丁重さでした)、なんでもこのニューオータニ、最近ハイブリッド・ホテル・プロジェクトと言うのに取り組んでいて、「地球環境に配慮することが、ゲストの真の快適さにつながる」という信念のもと、地球環境に配慮しながら、ゲストの快適さを最大限に引き出す努力を重ねているんだそうです。
そのプロジェクトの一環として「ザ・メイン」を去年の10月にリニューアル、その11階と12階には「ホテル・イン・ホテル」という全く新しいコンセプトのラグジュアリー・ホテル「エグゼクティブハウス禅」が誕生したのだそうです。
僕らはそのフロアーにアサインされたということなのだそうです。
いや~~っ、うれしい誤算です。
こんなホテルなら僕は大歓迎。
とにかく丁寧すぎるほど丁寧なスタッフと、これから案内される部屋への期待で、僕の小さな胸は(笑)もうドキドキです。
エレベーターをこの2フロアーで降りると、こんな感じです。
シックな黒を基調(「禅」がテーマだからでしょう)にしたデザインです。
f0036857_117545.jpg

エレベーター・ホールから各客室に行くには専用のカードキーが必要です。
このドアは外からはカードのみでアクセス可能、セキュリティーにも充分配慮されています。
f0036857_1154853.jpg

リニューアルといっても、天井高までは手をつけられないので、最新のホテルに比べると、天候の高さ、廊下の広さなどはやや窮屈に感じます。
それでも廊下は凝った照明とこうした花々でアクセントがつけられています。
f0036857_116521.jpg
f0036857_1162511.jpg

部屋に入るとこんな感じです。
モダンでしょう。
今流行のコンテンポラリーでシャープなデザインにアジアン・テイストがタップリ・・・ってタイプです。
部屋の広さは50ヘーベー弱といったところでしょうか、ゆったりした作りです。
f0036857_118449.jpg

窓からの景色は緑が沢山です。
窓に室内が少し反射し見づらい写真かもしれませんが、この緑は迎賓館の緑です。
f0036857_119340.jpg

こちらはニューオータニご自慢の日本庭園と左に高層の「ガーデンタワー」が見えます。
f0036857_1192060.jpg

これは予想以上の部屋で、タクシー・チケットよりホテル宿泊を選んで本当に良かったです、ホテル・フェチの端くれとしては(笑)。
by shackinbaby | 2008-02-23 23:08 | ホテル | Comments(0)
世界有数のレコードコレクションが売りに出されています
僕の最大の趣味は、このブログではあまり取り上げていませんが、なんと言っても音楽。
それもレコードの収集というのが、僕の人生を通しての最大の趣味なのです。
で、もちろんその仲間というのが世界中に沢山いるわけで、その仲間内での最近の一番の話題がこれでした。
f0036857_1095910.jpg

300万枚のレコード、30万枚のCD・・・・など、個人のコレクションとしては世界最大級のコレクションが一括してオークションで売りに出されたのです。
f0036857_10191528.jpg

実は数日前が締め切りだったのですが、僕これを買おうか本当に真剣に悩んでいたのです。

http://cgi.ebay.it/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&rd=1&item=140206309501&ssPageName=STRK:MEWA:IT&ih=004

最終ビッド額はUS $3.002.150(日本円にして3億5000万弱)!
う~~~ん、このコレクションの規模としては激安でした(笑)。
僕がビッドに躊躇したのは、もし買えたとしてもアメリカのピッツバーグからの送料がとんでもないものになりそうだったからです。
まぁオークションが終わった今となっては負け犬の遠吠えですけど、桁が一つ下くらいだったら買っても良かったかなぁ?(笑)
ただ、このあとの僕の人生は今とは相当違った人生になりそうではありましたが・・・・(笑)。
by shackinbaby | 2008-02-23 11:08 | 音楽 | Comments(6)