<   2010年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧
パリ・ビギナーズ・ノート (1) 成田からJL405便でパリへ
お待たせしました。
僕が何十年ぶりかに訪れたパリとヴェルサイユへの旅行レポートの開始です。
フランスについては本当に何も知らない状態での個人旅行だったので、今回の報告はパリ初心者の覚書ということで「パリ・ビギナーズ・ノート」と題してみました。
f0036857_13483595.jpg

前にも書きましたが、僕の今回の5泊7日の旅行は、いわゆる「リフレッシュ休暇」のようなものでひねり出した1週間、ちょうどその間に僕のXX回目の誕生日も迎えます。
一度外国で誕生日を祝ってみたいという希望もあったので、その辺も組み込んでのスケジューリングでした。
(あ、いま思い出しました・・・10年以上前に韓国の「グランドハイアットソウル」のクラブ・ラウンジで、ラウンジ嬢とウェイターに突然「ハッピー・バースデイ」と歌われ、一人では食べきれない大きなホールのケーキをいただいたことはありました・・・遠い眼)
で、今回の旅行は僕一人、奥さんは僕のおふくろさんの世話があるので、長い留守は出来ないのです。
取り合えずお土産を沢山買ってくることを約束しての(笑)一人旅です。
f0036857_13484551.jpg

チケットはJALの「ビジネスセイバー週末28」、往復共にJALから毎年もらうアップグレード・ポイントを使ってファーストクラスにアップグレードです。
つまり34万5000円(プラス諸税27980円)が、アップグレード・ポイント(往復で24ポイント必要)の利用で、ファーストクラスの222万3300円(プラス諸税同額)という値段に化けてしまうのです。
これがJALのアップグレード・ポイントの一番正しい(お得な)利用法だと思っています。
1ポイント当たり7万8000円以上の換算になりますからね。
f0036857_13485645.jpg

成田空港での手順はいつもの通り。
銀行でユーロに両替(1ユーロ=126円強)、JCBのカウンターで濡れティッシュ(笑)とショッピング・パスポートをもらいます。
ま、JCBはメイン・カードではないので実際にはほとんど使いませんが、海外各地のJCBデスクは、個人旅行者には強い味方になることがあるので、そんな意味でもJCBカードは持ち続けているんです。
(でもこの空港カウンター、確かこの6月かなんかで閉鎖になるはずでしたよね)
チェックインはファーストクラス・カウンターで待たずにすぐ・・・パリ行きはトランクに鍵がかけられます。
セキュリティーのファスト・レインからイミグレ、JALのラウンジまですべてで所要時間3分くらい、こういうストレス・フリーに慣れてしまうと、空港が普通程度に混んでいてももう地獄に見えてしまいます。
f0036857_1349656.jpg

僕の乗るJAL405便パリ行きは午前11時の出発、JAL便は10時過ぎくらいの出発便が多いので、ラウンジはかなり混んでいます。
この盛況振りを見ると、JALの搭乗率が10%以上も下がっているようには見えないのですが・・・。
もちろんここで朝ご飯、しっかりいただきます。
f0036857_13491744.jpg

和食・洋食ごちゃ混ぜで・・・「スープストックトーキョー」の冬野菜の西京味噌風味のスープとオニオンスープ、「メゾンカイザー」のパン辺りは相変わらず美味しさです。
f0036857_13565319.jpg

「キルフェボン」のクッキーと、まだここにはあった「ドライ納豆」をつまみながら、新刊本サービスの単行本とJALガイド「パリ」というガイドブックをいただいて・・・。
ラウンジ入室時に予約しておいたマッサージを受け、奥さんに頼まれていた免税品も受け取り(電話予約でもらえる小物プレゼントが嬉しいらしく、彼女は電話予約派です、もちろん「JAL DUTYFREE」ですからJALカードでの10%OFFも忘れませんよ)、今度はエレベーターで一つ上の階のラウンジに移ります。
f0036857_13494551.jpg

何故って・・・ここの方が圧倒的に静かだからです。
少しネットでパリ情報を見たりしていると、もう搭乗時間も近くなってきています。
f0036857_13495896.jpg

出発は92番ゲート、サテライト側からです。
f0036857_13501087.jpg

ゲートに着くと、ちょうどボーディング・アナウンスが流れるところ。
f0036857_13502181.jpg

パリ行きのJAL405便は、ボーイング777-300ERのW73タイプです。
f0036857_13503249.jpg

ファーストクラス・シートは1-1-1の3列というコンフィギュレーションで全9席。
f0036857_13504362.jpg

個人的に一番好きな席が取れたので、そこに・・・。
今日はお子さん連れのご家族(4人でしたから、正規に払えば飛行機代だけで900万近くかかりますね!)とビジネスマン風の方数名と僕、空席は1席のみでした。
by shackinbaby | 2010-03-31 23:41 | 旅行 | Comments(4)
さすがに疲れ果てたので・・・
・・・もう寝ます。
で、寝る前に典型的な観光写真を2枚ほど、あまりにもベタで恥ずかしいのですが・・・。
いつ見ても、どこから見ても、きれいなエッフェル塔。
f0036857_243145.jpg

我が「東京タワー」とは、風格と気品の点で全然違うよな~(笑)。
ヴェルサイユにも行ってきました。
f0036857_2433349.jpg

人っこ一人いない「鏡の回廊」の写真、これは割と貴重かもしれません。
年間400万人以上の入場者があるという「ヴェルサイユ宮殿」こも、こういう時があるんですね。
あぁ、疲れました・・・明日から本格的な仕事・・・もう、眼がくっつきそうです(笑)。
by shackinbaby | 2010-03-31 02:50 | 旅行 | Comments(4)
まだ仕事、終わりません(笑)・・・合間に、ちょっとしたニュースでも(笑)
僕が今日の午後2時過ぎ、JALの406便でパリから成田に着いた時の話を・・・。
僕は今日はファーストクラスだったので、降機が一番最初。
ブリッジを渡って角を曲がると、すごい人だかり・・・。
良~く見るとそれはカメラを持って「PRESS」という腕章をした大報道陣、50人くらいはいたでしょうか、とにかく僕が最初の降機客だったので、反射的にかもうカメラを構えている人までいます。
何?
何なの?
誰か有名人でも乗ってた?
ファーストクラスに乗り合わせた人を頭で思い浮かべてみますが、???です。
報道陣は最初の通過客である僕を見たのは一瞬中の一瞬だけ、ただひたすら僕より後方を凝視しています。
誰なんだろう?
誰を待っているんだろう?
あぁ、誰だか知りたい、誰だか見てみたい(笑)・・・もうミーハー丸出しです。
ところどころにJALのスタッフも警官も立っています。
誰?
誰?
僕は歩くスピードを遅くします(笑)。
ワァとかキャーとか言う声も聞こえません。
本当に誰?
あからさまに立ち止まったりすると何か言われそうなので、仕方がない、トイレに入ります(笑)。
(尿意が少しだけあったことは事実です、笑)
で、30秒後(?)トイレから出てくると・・・ちょうど!
目の前にJALのスタッフに囲まれて
トリノのフィギュアスケート世界選手権で金メダルを取った浅田真央ちゃんが歩いているではないですか!
黒いジャージの上下にムートンのショート・ブーツ、全く化粧っけのない顔に大きなマスク・・・JALのスタッフも慣れたもので、巧みにガードしながら大げさにならないようにエスコートしています。
浅田真央ちゃん、確かユナイテッド航空と契約していたはずですが、JALも使うんですね。
きっと彼女はビジネス・クラス・・・でもどれだけの人が彼女だと気が付いたでしょう、もしかするとあの大きなマスクをして窓側の席にずっと身を潜めていたのかもしれません。
有名人ってこういう時、本当にかわいそうですよね。
メイン・ターミナルまでのモノレールも僕のすぐ近くに誘導されてきて、僕と彼女との距離は1メートル位(笑)。
思わず「おめでとうございます」って言いそうになったんですが、どうも周囲はそんな雰囲気じゃない・・・分かっている人もいたようですが、誰も騒がないし、ましてや写メなど・・・という感じでした。
彼女もなるべく人を眼を合わせないようにしていましたし、報道陣も同じモノレールに乗りながら、もうそれ以上の接触はしてきません・・・騒がないということがこういう時のルールかとも思い、僕はじっと我慢の子でした(笑)。
今度はパスポート・コントロール、ここでまたもニアミス(笑)、僕が並んだ列のすぐ後ろに誘導されて来たのです。
一緒にいたのはお母様?
まるでマネージャーさんのようでした。
で、さっき見たTVのニュース。
f0036857_22104283.jpg

僕が見た真央ちゃんはこれとは全然違う印象、化粧も全くしていない、普通の女の子、それもちょっとダサめな印象の・・・(笑)、ただスタイルは抜群だったですが・・・。
彼女、こういう舞台に立つとものすごく映えてオーラが出てきますね、きっと天性のスタ-性を備えているのでしょう。
でも、やっぱり声をかけたほうが良かったかな?「おめでとうございます」って。
これは心残りです。
で、一つ分かったこと。
いくら彼女のようにスーパースタ-でも、金メダルを取って凱旋という降機の際にとても注意しなければならない状況でも、ファーストクラス客の方をまず優先するんだな、ということです。
by shackinbaby | 2010-03-30 22:18 | 旅行 | Comments(2)
ただいまぁ、先ほど・・・
・・・成田に到着しました。
はぁ・・・(笑)、いま旅の全行程を思い出してみても、今回の旅行も本当に上手く行きました。
まず、思い残すところのないパリ旅行でした。
食べたいものを食べ(3★レストランからビストロ、ファミレスもどきからルームサービスまで・・・)、泊まりたいホテルに泊まり(もちろん僕のことですから、ポイント利用や半額セールなどの「お得」なレートは眼一杯利用して・・・・)、遊びたいように遊んで(普通のダンス・クラブにもブルースのライブをやっているクラブにも、夜のセーヌ川の遊覧船だって乗りました)きました。
まさにこのブログのタイトル通り「くう・ねる・あそぶ」を地で行く5泊7日でした。
あぁ、満足した!(笑)
いま、留守中に起こった出来事に対する処理を急遽しているので仕事場ですが、早く帰って一っ風呂浴びたいです。
あともうちょっと。
今晩にでもパリのレポートを始められると思いますが、取り合えずこの辺の写真を・・・。
レストラン・デザートの美味しさを・・・
f0036857_20553423.jpg

居心地の良いホテルを・・・
f0036857_20583831.jpg

いつまで見ていても見飽きないこの夜景を・・・
f0036857_2056114.jpg

どう表現していったら良いのでしょう。
拙い写真と文章ですが、今夜から僕の「パリ・ビギナーズ・ノート」を始めたいと思います。
僕の不在中にコメントをお寄せくださった皆様、レスは今夜までお許しください。
by shackinbaby | 2010-03-30 17:58 | 旅行 | Comments(13)
ホテルの使い捨てスリッパ
僕の悪い癖で旅行の当日とか前日にならないと、荷物をまとめる気になりません。
最近はJGCのステイタスによる、空港までのフライトキャディー・サービスも、いくらファースト・クラスやビジネス・クラス利用でも、片道しか利用できません。
それも3月末まで、です。
その後はすべて有料になるそうです。
ま、このご時勢ですからね、これは仕方ないことかもしれませんが・・・。
なので(笑)、今回は空港までは荷物を持って出かけます。
(相変わらずケチですね、我ながら、笑)
行き先がパリなので、トランクも大きなもの・・・だから色々詰め込めます。
そんな中で、今回持っていこうか悩んだのが、これ、使い捨てスリッパです。
f0036857_21521657.jpg

ヨーロッパのホテルはどうでしょうか?
高級ホテルなら、こうしたものは揃っているのでしょうか?
持っていかなくても、行きのJALの機内に用意されているスリッパをはき捨てないでいけば良いだけですが・・・。
で、確か日本やアジアのホテルに置いてある使い捨てスリッパを過去に持ち帰ったものが、少しは家にあるはず・・・と探してみると、出てきました、出てきました(笑)。
一番左のは色合いから分かるように(笑)、ドバイのホテルのものです。
ソールも極薄ですがしっかりあって、滑り止め効果に優れています。
右のは、日本のシャングリ・ラの・・・。
典型的なホテル・スリッパですが、とにかく大きくて、底のクッションもとても厚くて、室内履きとすれば、個人的には最高に感触の良いものです。
(僕は、大足です、笑い)
真ん中のは、極初期の汐留のコンラッドのです。
これは他のものと違ってとてもしっかりしたハードな作り、スリッパというよりサンダルに近い感じです。
あまりに好評で持ち帰る人が続出したのでしょう、その後「持ち帰り不可」になったはずと覚えています。
僕の時はハウスキーピングの人に聞いてOKをもらって持ち帰った記憶があるほど、ちゃんとしたもの。
シャングリ・ラのと並んで、僕の大足に合うので・・・これをトランクに入れていこうかなぁ?(笑)
by shackinbaby | 2010-03-29 00:56 | ホテル | Comments(6)
最近の検索ワードランキング
久しぶりにこれをやってみます。
最近の検索ワードランキングです。
つまり、どんな検索ワードから、このブログに辿り着かれたのかのランキング、エキサイトのブログでは、レポート→ネームカード→アクセス解析という操作で、日々自動的表示されます。
これが結構興味深いときもあるんです。
何で?というような・・・(笑)
で、今日現在の結果は
     1位 借金君
     2位 借金君の<くう。ねる。あそぶ>
     3位 借金君のくうねるあそぶ
     4位 フォーシーズンズホテル イスタンブール
     5位 アリイタワーのプールは小さい
     6位 ポウサダ・デ・サンチャゴ
     7位 コンラッド香港 ゴールド アップ
     8位 ニューヨーク ミレニアムヒルトン 朝食
     9位 ホドゥグァジャ
     10位 カバリエリ ヒルトン
というものした。
う~~ん、あんまり面白くはないけど、何で?というものもあります。
1~3位は、いつもの常連(笑)、ま、どこかで「借金君」というハンドルネーム、あるいは「くう・ねる・あそぶ」というブログ・タイトルを見聞きされて、それで検索→当ページへということでしょう。
4位は、これからイスタンブールに旅行される方の検索でしょうか?
僕は2軒あるイスタンブールの「フォーシーズンズ」のうちの「スルタンアフメット」に泊まりましたが、本当にトルコ風なエレガンスに溢れたプチ・ホテルでしたよ。
f0036857_1910660.jpg

イスタンブール観光のど真ん中にありながら、適度に閑静な周囲、屋上のテラスからの景色も最高で、値段さえ折り合えば、イスタンブールでも指折りに推薦出来るホテルです。
5位は面白いキーワード・・・何でこんなのを調べる人が?(笑)
f0036857_16305428.jpg

確かに小さいですが、ヒルトンのプールの中では、エグゼ感う漂う場所です。
f0036857_16311426.jpg

ジャクージもあります。
6位はマカオのホテル。
スモール・ラグジャリーな、最近のカジノ中心の巨大ホテルとは一線を画したホテルで、上質を求めるお篭り系のカップルには最高でしたよ。
7位に出てくる「アップグレード」は、過去にも良く検索されていました。
皆さん共通の関心事ということですね。
8位はこれから泊まられる方の予習でしょうか?
f0036857_16313773.jpg

高層階から見るブロンクス方面の景色は、昼も夜も僕のフェイヴァリットです。
f0036857_16315347.jpg

お尋ねの朝食は、アメリカのヒルトンのラウンジにほぼ共通のこんなものです。
f0036857_16431829.jpg

ここは上級メンバーがもらえる朝食券にはチップが込みだったと思うので、この「チャーチ&デイ}での朝食は完全無料です。
後は韓国の胡桃饅頭とローマの名ホテルが良く調べられいました。
これ、個人暦にはとても興味あるランキングなので、また時々やりましょう。
by shackinbaby | 2010-03-29 00:11 | Comments(6)
ついにJALも、そして何とエグゼクティブクラスでも・・・
JALからのステイタス・カードの送付も終わったようです。
僕はこの4月からもJGP、なかなかダイアモンド(JML)には戻れません(泣)。
で、そのJALですが、ボーナス・マイル乱発(笑)の他にも、顧客流出防止のための施策を次々に打ち出してきています。
f0036857_12204597.jpg

その一つが4月からも引き続き行われる「欧米線お帰りサービス」で、今回はその内容がさらに強化、日本で発券された
・ファーストクラス大人普通運賃
・エグゼクティブクラス大人普通運賃
・JALビジネスセイバー運賃
・JALビジネスセイバー14運賃
などの日本発往復航空券に対して、「お帰りお車サービス」か「JALIN利用クーポン 15000JP」が付き、更に何と「JALヘリコプターサービス」 まで提供されることになりました。
f0036857_13392218.gif

これは、もうここではお馴染みの「森ビルシティーエアサービス」が運営する「成田エアラインコネクションサービス」を使ったサービスのようです。
サービスはヘリコプターとハイヤーのコンビネーションサービス。
ファーストクラス利用の客は東京23区内指定の場所までの送り、エグゼクティブクラスの利用客は、渋谷区、千代田区、中央区、港区、新宿区の一部(「大久保通り」以南)までとなるそうです。
もちろんそれ以遠は、「森ビルシティエアサービス」手配による有料サービスがあるそうです。
でも、2010年4月1日~6月30日(日本到着分)の期間中は、キャンペーンにより全員23区内までのハイヤーサービスを無料で利用出来るそうですから、こりゃぁ使わない手はなさそうですよ。
by shackinbaby | 2010-03-28 00:19 | 旅行 | Comments(2)
同窓会はタイ料理?
先日、僕の青春時代、同じ釜の飯を食った仲間たちとのミニ同窓会が、何とタイ料理屋でありました。
タイ料理で同窓会、随分時代も変わったな・・・の意見しきりでしたが・・・幹事の一言「旨けりゃ、いいじゃん」の一言で「乾~~杯」、もう後は旨いとかタイとかもうどうでもよくなって(笑)、怒涛の宴会へ・・・。
(まっつん先生、盛り上がったよ~~~ぉ!)
場所は東京近郊の某市のJR駅前。 
で、以下は宴会とは別の観点からの記述です。          
f0036857_0261116.jpg

このプーパッポンカリーにしても、海老の揚げ物にしても、僕的には全然イマイチ・・・あぁ、まだるっこしい、タイでこの料理食べた~い、と叫ばせるほどの不完全燃焼作でした。
香辛料がまるで気が抜けた使い方ですし、第一蟹そのものが新鮮そうじゃなかった・・・卵の絡め方はまずまずと言えましたが・・・。
ま、昔はプーパッポンカリーが日本で食べられるなんて考えられなかったこともありましたからね、これはこれで良しとすべきなのでしょうか、皆に本物のあの濃厚なプーパッポンカリーを味あわせてあげたい・・・そんな気になってしまう一皿でした。
調理人はタイ人のようですが・・・日本人に合わせるとこうなってしまうのでしょうか。
f0036857_026309.jpg

香辛料の使い方は本当に大切ですね。
あと油の使い方、これはもう世界の料理に共通かも知れませんが・・・。
昔の日本のタイ料理屋よりはずっとタイに近いのですが、まだまだ「フェイクのタイ」です。
f0036857_0264765.jpg

料理は沢山オーダーしたので、他の料理は写すのを忘れていました(はしゃぐのに夢中で・・・)。
最後にパッタイや、センレックのパッシーユーなどを頼み、デザートはモーケン*で締め、3時間以上に渡る大宴会はめでたくお開き、皆は何を食べたかもう忘れちゃっているかもしれませんが、僕には不完全燃焼感で一杯。
しばらくは日本でタイ料理食べるのは止めておこう・・・5月のGWにはまたタイに行けるのだから・・・それにしても、あぁ、この何とも中途半端な僕のタイ気分をどう鎮めよう(笑)。
ということで、これを書きながら僕の大好きなスナーリー**のCDを聞いています。

     * タロイモから作った焼きココナツプリン
     ** スナーリー・ラチャシマー、プンプアンと並んで僕が一番好きなルークトゥンの女王




       これは今は亡きプンプアンのライブ映像、タイ風の「泣き節」満載です。
by shackinbaby | 2010-03-27 00:57 | グルメ | Comments(10)
パリのガイドブック、やっと買いました(笑)
やっとパリのガイドブックを買いました。
「地球の歩き方」です(笑)。
でも、読んでいるうちに「フランスではこう・・・」の記述が多すぎてもう頭が痛くなってしまって(笑)・・・もう「当たって砕けろ」式に、あまり深く考えない、英語は世界中通じるつもり・・・・で、行ってきます。
普段事前にガイドブックなど読ん行く国なんてないのに、ついパリだと構えてしまって(笑)・・・リラックス・リラックス。
ただ、僕の趣味の一つの「食べ歩き」だけは、さすがに花のパリ、人気の店は事前に予約していかないと入れなさそうなので、以下の3店のみ予約は完了しています。
★「?」(笑)
理由:
多分パリでも有数の予約の取りにくさの店だから
シェフの宇宙(?)を感じてみたいから
f0036857_1483151.jpg

★「L'Absinthe」
理由:
現代的なビストロの代表として
ミシェル・ロスタンの店
宿泊ホテルのすぐ近くだから
f0036857_1484442.jpg

★「Le Jules Verne」
理由:
景色が良さそう
bercyさんのお勧め
アラン・デュカスの店だから
f0036857_1418744.jpg
f0036857_14182128.jpg

後は、何とか気が向くままに・・・さて、どうなりますことやら・・・観光バスにも乗らないつもりなので。
by shackinbaby | 2010-03-26 00:07 | グルメ | Comments(4)
reduced rates! 13400円@「京王プラザホテル」 (3)
予期せぬアップグレードで気分ウキウキの「京王プラザホテル」ステイ。
f0036857_19524150.jpg

この日は仕事が午後からということもあって、いつもより超ゆっくり、目覚ましを見るともう9時過ぎという熟睡振りでした。
(でも、ベッド自体はそうスペシャルなものではありません)
で、僕の今回のプランには朝食が付いています。
いただいた朝食券では3店舗から朝食を選べて、
     ・和洋ブッフェ「グラスコート」(7時~10時)
     ・和食ブッフェ/和定食「かがり」(7時~10時)
     ・和洋ブッフェ/洋定食「樹林」(5時~11時、和洋バフェは6時から)
時間は大体10時までのようです。
ゆっくり入浴し、配達されている新聞を片手に、前回ディナー・バフェを食べた「グラスコート」に・・・。
f0036857_1953215.jpg

食事を終わって店を出る人が多いなか、僕などは多分一番最後の客に近かったでしょう。
f0036857_1953196.jpg

客はその時間、3分の1くらいが外国人、ウェイターやウェイトレスにも外国人がいて(もちろん日本語も堪能)、さすが東京のインターナショナル・ホテルです。
でも全体にサービスは良く言えばカジュアル、悪く言えばあまり丁重ではなく、テーブルの上もなかなか片付きません。
バフェ・テーブルの上も、もう終了時間が近いからでしょうか、どんどん淋しくなっていきます。
皿によっては「残り物」感、「残骸」感が漂っているものもあります。
確か有料で食べると2600円ちょっととか・・・和食も洋食もあるし、卵料理をすぐ作るサービスもあるし、これはこれで・・・前回のシャングリ・ラはスタイリッシュで高品質だったけど4200円するしな・・・色々考えます(笑)。
f0036857_1956518.jpg

ま、これだけ食べれば「元は取っている」(笑)でしょうが、和洋食の各アイテム、品質的には・・・あまり期待しないでください。
f0036857_19541457.jpg

食事を終えて、7階にあるジム(無料とのこと)に行こうかと思ったのですが、チェックアウトは午前11時、僕も昼からの仕事に出なくてはなので・・・部屋に戻り午後の資料作りなど雑事に・・・。
さすがにメガ・ホテル、レセプショニストはてきぱきとしているのですが、チェックアウトはかなりな行列でした。
f0036857_19544363.jpg

これは南館にあったインテリア、本物ではなくてフェイクです。
今回僕がラッキーにもアップグレードでアサインされた「プラザプレミア」の部屋でも、リニューアルという化粧が剥げかかっているところもあるし、外国人団体を積極的に入れて、4★のカジュアル路線で客室稼動率を高率に維持していても、高く売れる部屋が少しはないと、ちょっと先細りな感じはします。
で、結論。
ホテルに泊まる目的、ロケーション、金額が自分なりに釣り合えば、ここは依然新宿というホテル激戦地でも「使える」ホテルだと思いました。
by shackinbaby | 2010-03-25 00:51 | ホテル | Comments(1)