<   2010年 11月 ( 57 )   > この月の画像一覧
サバイサバイな初冬のバンコク (1) イントロダクション
久しぶりのバンコクでした。
それも完全に仕事無しの「遊び」だけのバンコク、2泊4日の旅程でしたが、羽田からの深夜発・早朝着のJAL便を使ったので、実質まるまる3日のバンコク・ライフを楽しむことが出来ました。
羽田発着は体にきつく料金も高めですが、めいっぱい遊びたい人、仕事したい人にはうってつけの便と言えます。
今回はこの便のエコノミー・クラスを使って旅行・・・羽田空港国際線ターミナルのイミグレーション後を初体験、JALファーストクラスラウンジも利用、バンコク市内を行き当たりばったりに動き回り、エアポートリンクに始めて乗ったり、信じられないほど安いマッサージをしたり、新規開店のレストランに行ったり、夜は夜でタイ北部(イサーン)出身者御用達のライブハウスに行ったり・・・本当に楽しい3日間でした。
あまりにサバイサバイ(気持ち良い)な毎日に、日本ですぐに仕事復帰出来るか自分にも分からないほどでしたよ(笑)。
f0036857_1893442.jpg

(バンコクの最中心部の写真、タイ独特の祠とコンクリートの塊の高架鉄道と歩道橋、そしてまだ焼け焦げた跡をさらしているデパート・・・です)
屋久島レポートと同時進行で、今回のこのバンコク旅行の報告もしていきますね。
11月末のバンコクは、バンコクにしては湿度が低く、昼間は33~4度はあって日差しも強烈ですが、雨は降らず観光には便利、朝晩は涼しさすら少しは感じるほどです。
人気の韓国旅行がこれからどうもリスクが大きくなりそうな気配、バンコクでもタクシン派の再活動の可能性が全くないとまでは言いきれませんが、冬のバンコクはどなたにでもお薦め出来るデスティネーションだと思います。
ただ、そう思うのは皆同じで、街中が観光客だらけ、空港も混んでいました。
by shackinbaby | 2010-11-30 01:09 | 旅行 | Comments(4)
サンカラ・ホテル&スパ屋久島 (12)
僕ら夫婦は「サンカラ・ホテル&スパ屋久島」の中でも本館にあるスイート・タイプの部屋に泊まりましたが、本当のお薦めは何と言ってもこの「スイート・ヴィラ」でしょうか。
f0036857_20501893.jpg

下から見上げるとこんな感じです。
たぶん「ホテルあかつき」時代からある建物に手を入れたものでしょうから、はっきり言って明るいところで見るとその外壁などやや??な部分もあります。
f0036857_20504784.jpg

でも、どうでしょう、このゆとりの広さ。
f0036857_1159148.jpg

100平米は軽くあると思います。
f0036857_20513726.jpg

それに海の見えるウッドデッキの本当に広いこと。
f0036857_20515936.jpg

僕に経済的な余裕があれば(笑)、絶対にここですね。
f0036857_20522643.jpg

僕のようなケチケチ派じゃない方のために、ショールームさせてもらいました(笑)。
by shackinbaby | 2010-11-30 00:02 | ホテル | Comments(9)
サンカラ・ホテル&スパ屋久島 (11)
美味しい朝食の後は腹ごなしの散歩。
ホテル玄関の向かいに広がる原生林(?)に、散歩コースが作られています。
f0036857_20433948.jpg

もちろんここは屋久島、散歩コースといっても「ミニ屋久島らしさ」(笑)を感じさせるような山道のコースになっています。
木々の間に見えるのが、出発点のホテルのエントランス。
コースは15分から設定されていて、好きな時間で歩くことが出来ます。
f0036857_20441422.jpg

標識が分かりやすく出ていますので、迷うことはありません。
山道散歩の後、奥さんは「アジア・ハーブ・アソシエーション」でマッサージ、僕はプールサイドのサラで三角枕にもたれながらの読書です。
f0036857_20444090.jpg

スタッフがすかさず「何かお飲み物でもお持ちしましょうか?」と聞いてくれます。
f0036857_1152528.jpg

プールサイドには僕一人
素晴らしく晴れ上がった天気、水の音と時々の鳥の鳴き声と飛行機の飛ぶ音・・・実に穏やかなひと時を過ごすことが出来ました。
奥さんもタイ式のマッサージを受け、上機嫌でプールサイドに戻ってきました。
by shackinbaby | 2010-11-29 23:58 | ホテル | Comments(0)
サンカラ・ホテル&スパ屋久島 (10) 「ayana」で朝食
「サンカラ・ホテル&スパ屋久島」にはレストランが2つ、朝食はこのロビー階にある「ayana」で取ることが出来ます。
時間の7時から10時まで、席数は46席あります。
f0036857_20233190.jpg

レストランはプールサイドに位置していて、一面の窓からはプールと大きく開けた視界、陽の光も本当に一杯入ってきて、実にさわやかな朝食タイムを過ごすことが出来ました。
f0036857_2023504.jpg

ここの朝食は題して「サンカラブレックファスト」。
f0036857_20241270.jpg

ウェブには「屋久島の水と屋久島育ちの酵母を使ったブーランジェ渾身の焼きたてパンと、有機野菜や季節のフルーツ、鹿児島産黒豚のハム、ソーセージ等、地元で取れた新鮮な素材をふんだんに使ったブレックファストをご賞味いただけます」とあります。
f0036857_20243486.jpg

結論から言うとこのウェブの説明は事実、日本にあるバフェ・スタイルのホテル朝食の中でもトップクラスのものの一つでしょう。
パンも美味しい!
f0036857_20245731.jpg

15種類くらいはあるでしょうか、ペストリーも良く出来ていますし、エッグタルトまであります。
f0036857_20251711.jpg

ポテトとリークのポタージュも本格的。
f0036857_20253978.jpg

野菜も各所に使われていて、その野菜がまた美味しい・・・これはカレーです。
f0036857_20255936.jpg

注文で作ってくれるオムレツもきれいな形とふわふわ感、ソースも凝っています。
f0036857_20262161.jpg

フルーツ、チーズ、そしてヨーグルト。
f0036857_2027889.jpg

これだけ食べたらもちろん昼は要りません(笑)。
f0036857_20273294.jpg

このホテル、食事に関しては僕的には充分合格点です。
ただ僕らの場合、夕食も朝食も代金に込みのプランだったので、個別にこの朝食がいくらなのかは知らないのです。
あと何日も滞在しているとちょっと・・・かもしれませんが。
by shackinbaby | 2010-11-29 00:50 | ホテル | Comments(2)
サンカラ・ホテル&スパ屋久島 (9) 
「okas」で満足のディナーの後は、お休み準備のされた部屋でリラックス。
ライブラリーで借りてきたDVDを、後半はベッドの中から見たのが運の尽き、夫婦ともどもDVDは最後まで見られませんでした(笑)。
深夜に僕か奥さんかがテレビのスイッチを切ったのも、二人とも定かに覚えていないほどの熟睡でした。
ベッドのリネン類は実に肌触りの良いもの、もちろん周囲からの音漏れも皆無ですから、このホテルでの快眠は誰にでも約束されるものでしょう。
ということで、翌朝は実に心地良く(早朝に)目覚めることが出来ました。
f0036857_1264635.jpg

たまの夫婦の休日なんだから遅くまでベッドでぐだぐだしていてもなのですが、僕ら夫婦はそれが駄目なんです。
興奮しているという感覚とはちょっと違う、そう、「今日も目一杯楽しむぞ」という気持ちですかね、そんな気持ちが僕ら夫婦にはかなり強くて、いつまでも寝ていられないのです。
朝の6時半ごろ、水平線の辺りが「ほの明るく」なってきました。
f0036857_12185366.jpg

思い切ってベランダに出てみると・・・きりっとした朝の空気が本当にさわやか、遠くで鳴く鶏の声、木々の葉擦れの音、それより更にかすかに本当は聞こえていないかもしれない波の音(僕には確かに聞こえた気がしたのです)・・・。
f0036857_12193388.jpg

水平線の辺りは一瞬たりとも同じではありません。
徐々に徐々に明るさが増してきます。
奥さんが紅茶を入れてベランダまで持ってきてくれます。
ティーバッグではないので、本当に薫り高いモーニング・ティーでした。
f0036857_12204920.jpg

あっ、日の出だ!
f0036857_12213397.jpg

後はもうまるでショータイムです。
f0036857_121753100.jpg

本当に太陽が少しずつ少しずつ昇っていきます。
f0036857_12222224.jpg

空の色もどんどん変わっていきます。
f0036857_12231234.jpg

いや~~っ、これはなかなかのショーでしたよ。
by shackinbaby | 2010-11-28 00:59 | ホテル | Comments(2)
サンカラ・ホテル&スパ屋久島 (8) 
「サンカラ・ホテル&スパ屋久島」の「okas」での夕食を終えて部屋に帰ってくると、ターンダウンはすでに終わっていました。
f0036857_21522798.jpg

箱の中にはお休み前のプチ・スイーツが・・・美味しいチョコレート菓子でした。
f0036857_10575133.jpg

友人に手紙を書いたり・・・
f0036857_1175740.jpg

ソファに寝そべって、DVDを見たり・・・
f0036857_10592543.jpg

ブラインドは重厚な木製で、本当にタイやインドネシアのリゾート・ホテルのようです。
f0036857_1142343.jpg

改めて部屋の全体は、こんな感じです。
f0036857_1151233.jpg

by shackinbaby | 2010-11-28 00:51 | ホテル | Comments(0)
reduced rates! 19200円@「ヒルトン東京」 (3)
ヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)のプロモーション・レートで泊まった「ヒルトン東京」のジュニアスイート。
f0036857_20381033.jpg

夜更けまで騒いでいても部屋に帰って10秒でベッドに沈没すれば、朝は早朝から元気良く起きられます。
もちろん今日はこの後ここから出勤です。
朝食は「エグゼクティブラウンジ」でも食べられますが、この「I LOVE SUITE」というレートプランには「マーブルラウンジ」での朝食も付いています。
f0036857_20382928.jpg

ここはやはり種類の多い「マーブルラウンジ」で食べるべきでしょう。
f0036857_20384896.jpg

ここの朝食も今ではそう特筆すべき品揃えとはいかなくなりましたが、和食なども一通りあるので、ここで食べられれば、ここの方が好きなものを好きなように食べられるでしょう。
f0036857_2039773.jpg

僕はクリスマスツリーが低めのソファとクッションとの対比でよりゴージャスに見えるこの辺の席で・・・。
f0036857_20392772.jpg

でも食べるものは納豆だったりします(笑)。
by shackinbaby | 2010-11-27 01:30 | ホテル | Comments(0)
サンカラ・ホテル&スパ屋久島 (7) 「okas」でディナー
「サンカラ・ホテル&スパ屋久島」のレストランは2つ、「ayana」と「okas」です。
1階にある前者は題して「キュイジーヌ・レジョナル」と。
ウェブには「九州の地方料理を絶妙に取り入れ、フレンチベースで仕上げます。自然の恵みを生かしたシンプルなカジュアルフレンチをご提供します」とあります。
席数は46席、朝食(7~10AM)と夕食(18~21PM)が提供されます。
後者は2階にあり、30席。
ディナーのみの営業(18~21PM)です。
こちらは「キュイジーヌ・ナチュレル」と。
「お客様のためだけに武井シェフが屋久島からのインスピレーションを最大に働かせて創るオリジナルメニューをご用意。自然派のフレンチ・フルコースをご堪能いただけます」とのことです。
僕らのプランには「okas」での夕食が込み、翌日の朝食は「ayana」で取るようになっています。
f0036857_18355096.jpg

店内は高い天井に、やや暗めの照明。
カウンターと高い背もたれ付きのブース席があって、僕らはブース席にしました。
窓の外には昼間ならプール越しに海を臨めるはずですが、この時間はほとんど真っ暗です。
接客は丁寧ですが素人くさい人が多く、でも数人はいかにもプロって感じの人もいました。
アミュースの「きびなご」のフリットからコースは始まります。
f0036857_183669.jpg

「きびなご」はカラっと揚げられ塩の振り方も適切なもの、ソースはツワブキとヨモギのソースです。
ウェイターはそれぞれの材料の産地を事細かに説明してくれます。
どれも屋久島あるいは近隣の島の地名のようです。
ここのパンはとても美味しく、ついお変わりしてしまいます。
コースを最後までしっかり食べるために、パンはなるべく控えておきましょう(笑)。
(シェフ・ド・ブーランジェがここにはちゃんといるのでしょう)
バターは「よつ葉バター」で、これまた最高の味です。
f0036857_18362020.jpg

前菜は「ウマズラ」のカルパッチョ。
「ウマズラ」とは「ウマズラハギ」のこと、冬の代表的な魚で、魚の見てくれがとても「馬面」なので、こういう名前が付いているようです。
f0036857_18364660.jpg

柚子とエクストラバージン・オイルの味付けです。
付け合せのカリカリのカンパーニュが美味しさを増強してくれます。
f0036857_1837380.jpg

次は温かい料理でリゾット。
f0036857_18371930.jpg

蟹は種子島産のアサヒガニ、米は霧島米の「ひのひかり」だそうです。
魚料理はムロアジのブイヨン仕立て。
f0036857_18374762.jpg

たくさん入っている有機野菜も味わい深く、これが今日のほぼメインでしょうか。
肉は牛ロースのグリエ。
長島町というところの黒牛の肉だそうです。
f0036857_1838452.jpg

添えられている柚子胡椒はやや無理やり感がありますが、ここでも野菜が美味しく、肉質・ソース共に標準以上です。
フロマージュはフランス産のものを盛り合わせてもらいました。
f0036857_18382485.jpg

どれも完熟で、良い状態のチーズばかりでした。
デザートも複数皿で出ます。
f0036857_18384295.jpg

ココナッツ風味のブランマンジュと、屋久島産のドラゴンフルーツとパイナップルのアイスクリーム添えです。
プチフール。
f0036857_18385971.jpg

もうお腹もいっぱいですが、これだけ美味しそうに盛られているとスイーツ・ファンとしてはどうしても・・・。
そして最後のデザートは安納芋のモンブランです。
f0036857_18391386.jpg

添えられているのは種子島黒糖のアイスクリーム、味をまとめているのは知覧抹茶。
いかにもレストラン・デザートですが、1+1が2以上にはなっていないような気がしました。
f0036857_18392851.jpg

いや~~、思った以上に美味しくいただけました。
間違いなく屋久島一のフレンチでしょう。
いや関西にまで範囲を広げても、大傘の名店と良い勝負が出来ると思います。
僕らは半ば隔離されたようなブース席にいたので、カウンター・キッチンに武井シェフが本当にいたのかは分かりませんでした。
あ、そうだ・・・僕らは店に入った時から自分たちの名前も名乗りもませんでしたし、食後のサインもしませんでした。
ここではすべてゲストが誰かは分かっているようです。
アマン・スタイルでしょうか。
「okas」の向かいには、スパの「アジア・ハーブ・アソシエーション」があります。
f0036857_1839429.jpg

奥さんは明日ここを利用予定です。
少し中を見せてもらって予約を再確認、あとは部屋に戻ってゆっくり入浴、そして借りてきたDVDを見終わらないうちに二人とも熟睡・・・。
今日は良く動きました。
by shackinbaby | 2010-11-27 00:12 | ホテル | Comments(2)
reduced rates! 19200円@「ヒルトン東京」 (2)
「ヒルトン東京」のエグゼクティブラウンジは、最初の頃よりF&Bの質はずいぶん落ちましたが、それでもラウンジ利用対象客室数が多いせいか、いつも人が多い感じです。
f0036857_20353163.jpg

特に午後6時からのカクテルタイムは座る席もなくなるほど混むことが多いので、ゆったり出来るのはもう少し早い時間でしょうか?
f0036857_20355210.jpg

ラウンジのオープンは朝の6時半、夜は9時で終了です。
無線インターネットOK、ケーブル利用も17か所の接続ポイントが用意されています。
プリンターも利用可です。
f0036857_20361030.jpg

「ヒルトン東京」のパブリック・エリアはどこも混んでいて、ホテルらしい大きなクリスマスツリーとも相まって、もう年末のような気分に襲われます。
f0036857_21495147.jpg

友人を迎えに出たホテルのエントランスも、いかにも冬っぽい感じ・・・。
f0036857_20363189.jpg

3色のライトアップがその感じを盛り上げます。
レストランの集まる2階のエレベーター・ホールにもこんなツリーが飾ってあって、ホテルはもう一挙に忘年会・クリスマスのかきいれ時に突入しているかのようです。
f0036857_20364946.jpg

by shackinbaby | 2010-11-26 01:03 | ホテル | Comments(0)
reduced rates! 19200円@「ヒルトン東京」 (1)
先日「ヒルトンプレミアムクラブジャパン」(HPCJ)に入会してから最初のホテル・ステイを「ヒルトン東京」で体験してきましたので、その報告です。
f0036857_2026389.jpg

ホテル代が20%OFF、ホテル内レストランの飲食が(宿泊時)20%OFFというこの有料会員組織、果たして使い心地はどうでしょう。
早速レートを調べてみると、その(宿泊予定)日は、面白いことに通常の部屋の20%OFFより、いまキャンペーンで行われているスイートの50%OFF(「I LOVE SUITE」というプラン)という料金の方が安かったのです。
それじゃ、普段使わない(使えない、笑)スイートで行ってみよう・・・ということで、今回は19200円也のデラックス・ジュニアスイートの利用となりました。
f0036857_20204558.jpg

このホテルでいう「デラックス」は階数の高さ(20~31階)、部屋の広さはデラックスが付かなくても(このホテルではスタンダード・ルームを「ヒルトン・ルーム」と言います)、「エグゼクティブ」というラウンジなどが利用できる32~38階のエグゼクティブ・フロアでも、ジュニアスイートの広さは皆同じ44平米です。
f0036857_2021293.jpg

この部屋の詳しい説明が必要な方は、ホテルのウェブのここを参照してください。
http://hiltonjapan.ehotel-reserve.com/hilton-tokyo/rooms/deluxe-floor-suite.html
f0036857_20212057.jpg

部屋はリニューアルされていて、ダーク・ブラウンのロー・ソファと同色のウッド・テーブルが印象的なモダンなデザイン。
テレビは36インチ、DVDプレーヤー付きです。
f0036857_20214424.jpg

値段にこだわる僕がどうして「デラックス」にしたの?
そう聞かれる貴方は、ここの愛読者です(笑)。
本当に僕は「安い」方が好きですからね。
f0036857_2022169.jpg

その理由は2つあります。
1つは「ヒルトン東京」のジュニアスイートは、広さは前述のようにすべて同じなのですが、ヒルトン・フロア、デラックス・フロア、エグゼクティブ・フロアそれぞれに内装・備品などが少しずつ違っているのです。
(全部自分の目で確かめたわけではありませんが、たぶんそうです)
下層階のヒルトン・フロアのジュニアスイートはリニューアルが済んでいないか、済んでいたとしても部屋の感じがソファ・デスクなどが古臭い感じ。
デラックスはご覧の通りです。
高層階のエグゼクティブのジュニアスイートはデラックスに似ていますが、バスルームが全然違います。
あっちはスリット・ウィンドー付きの外が見えるタイプになっています。
だからジュニアスイートでもヒルトン・フロアのなら更に安くて確か17000円台だったと思いますが、そこだけは避けたかったのです。
でもエグゼクティブにすると24000円台になるので、今度は高すぎて手が出ません(笑)。
だからデラックスなのです。
それにどのフロアーに泊まってもヒルトンのメンバーシップのおかげで、エグゼクティブ・ラウンジは使えますので・・・。
f0036857_20221630.jpg

理由の2つめは、ジュニアスイートといえどもここはスイート・ルームの分類で、ヒルトンの決まり(「ヒルトン東京」のローカル・ルール?)では、スイートのアップグレードは基本的にないということです。
つまりダイアモンド・メンバーでもスイートの場合はオリジナルの予約通りの部屋で、より上級のスイートになる可能性がとても低いのです。
だからデラックス以上を狙ってヒルトン・フロアのジュニアスイートに予約を入れると大変、僕の嫌いな「そのままの部屋」となってしまうのです・・・文字通り取れば当たり前ですけど(笑)。
そういう意味もあってデラックスで予約を入れました。
f0036857_21461671.jpg

入り口辺りは通常の部屋に比べて余裕があります。
f0036857_20224840.jpg

ミニバーなんかは、一昔前のヒルトンのミニバーみたい。
f0036857_21463252.jpg

クローゼット。
f0036857_21464626.jpg

この辺はちゃんと揃っています。
f0036857_2032489.jpg

バスルームは残念ながら広さもいじってないので、昔ながらの狭いもの。
f0036857_20233381.jpg

他の日本のヒルトンよりシンク回りの備品の数は多いです。
クラブツリー&イブリンのアメニティーも大きめサイズです。
f0036857_20235145.jpg

バスタブは狭くないのですが、もうこのタイプは高級ホテルに似つかわしくないような・・・。
f0036857_21465818.jpg

僕の泊まった「I LOVE SUITE」というレートプランは、これに「マーブルラウンジ」での朝食バフェが付いて19200円ですから、それに僕の場合ラウンジも好きに使えるので、ま、お得はお得でしょう。
ヒルトンHオナーズは4倍プロモーション中(日曜日の宿泊)ですし、JALのマイルも3倍マイル(1500マイル)付きます。
そう考えると「お得と言えばお得」から「はっきりお得」に言い換えざるをえないでしょうね(笑)。
by shackinbaby | 2010-11-26 00:37 | ホテル | Comments(10)