<   2011年 04月 ( 47 )   > この月の画像一覧
PORRETTA SOUL FESTIVAL 2011
毎年7月にイタリアの温泉地ポレッタで開かれる「ポレッタ・ソウル・フェスティバル」に今年は行こうかと計画中です。
自分の時間が取れて、安いチケットが見つかればの話で、まだまだ不確定な計画段階です。
24回目になる今年は、7月の21日から24日までの開催で、出演者はサザンソウル・ファンには垂涎の
Swamp Dogg, Spencer Wiggins, William Bell, Percy Wiggins, Sugar Pie DeSanto, Harvey Scales, Toni Green, Austin de Lone All Stars, Chick Rodgers, Tribute To King Curtis with Sax Gordon & Groove City, The Memphis All Star Rhythm & Blues Band
という布陣。
f0036857_18105671.jpg

もちろん「YOU TUBE」などでその画像は流れるし、今がそこに行かなくてもその概要は容易に体験出来るのですが、やはり「生」は最高で、その「場」でしか感じられない「何か」が必ずあるはずです。
それにポレッタは温泉(「PORRETTA TERME」)、テルメなのでリラックスと言うプラス・アルファもあるし・・・行けると良いなぁ。
by shackinbaby | 2011-04-30 00:42 | 音楽 | Comments(6)
マリーナベイサンズ (8) ヘリックスブリッジ
「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上プールからの景色を堪能、今度はこのホテルそのものの夜景を見たくなり、建物の外に出てみることにしました。
f0036857_13483890.jpg

ホテル・ロビーは夜のモード、相変わらずたくさんの人が歩いています。
本当に活気があります。
f0036857_13485686.jpg

「マリ-ナ・ベイ・サンズ」はホテルの他に、カジノ、エクスポ&コンヴェンション・センター、シアター、ショッピング・アーケード・・・と、とにかく本当に広くて、最初のうちは一体どんな構造になっているのか、どことどこが繋がっているのか、地図をもらっても分からないほどです。
f0036857_13491057.jpg

ショップの多い部分はご覧のような構造、一番下の階が一部に水路のある「カナル・レヴェル」(CANAL LEVEL)、その一つ上が地下1階の扱いで「ギャレリア・レヴェル」(GALLERIA LEVEL)と呼ばれています。
「ライオン・キング」が上演されているシアターはこの地下1階にあります。
(今ならホテル宿泊者は「ライオン・キング」がプリントされたキーを見せると、30シンガポール・ドル引きです)
ブランド・ショップはこれでもかと言うほどたくさんあり、夜遅くまで店を開いています。
もう一つ上の階が「ベイ・レヴェル」(BAY LEVEL)、ここで外と通じでいます。
日本でいう1階です。
出てみると、この景色。
f0036857_1349257.jpg

シンガポールは本当にどこも景観造りが上手ですね。
冷房の効いた館内から出てくると、湿気を帯びた南国の夜風が体にまとわりついて、ちょうど良い感じです。
水辺に作られた遊歩道まで出てみると、わっ、これは凄い!
f0036857_13494170.jpg

僕の部屋から見下ろしていた景色がちょうど目の高さに広がります。
かなり暗い遊歩道には所々に恋愛モード真っ最中のカップルが・・・(笑)。
そんなカップルの邪魔にならないように、僕は遊歩道をぐるっとまわり「ヘリックス橋」(THE HELIX BRIDGE)までやってきます。
f0036857_1350080.jpg

これは去年の4月に開通したばかりの歩行者専用道路で、渦巻きの中にいるようなユニークなデザインで有名な、世界初のらせん橋です。
(ライトアップされた大観覧車の「シンガポールフライヤー」にもご注目)
振り返るとホテルの全景が・・・。
f0036857_13501938.jpg

橋には所々に展望プラットフォームがあって、ここからのマリーナ地区の夜景がまた最高です。
どうですか、この大パノラマ。
ホテルから歩いても10~15分位なものです。
僕のお薦めの夜の散歩コースです。
f0036857_13503999.jpg

あっ、蓮の花がイメージの「アートサイエンス・ミュージアム」のライトアップも始まりました。
f0036857_13505632.jpg

眼を少し右に向けると・・・この景色。
f0036857_13511591.jpg

マリーナ地区の夜景を目に焼き付けて、またこのショップ街を抜けてカジノやホテルの方に戻ります。
この辺りには有名シェフのレストランのたくさんあるのですが、残念、今はお腹一杯。
店の感じを偵察するだけで、明日のランチにでもどこか試してみましょう。
ウォルフガング・パックの「CUT」、ダニエル・ブルーの「DBビストロモダン」、そしてマリオ・バターリの「オステリア&ピッツェリア・モッツァ」・・・。
どこも見たところ満員盛況の様子、予約は必要かもしれません、ランチでも。
f0036857_13513244.jpg

ここはスケート・リンク。
クラビーな音楽にシンクロするライティングが今っぽいです。
f0036857_13515076.jpg

この奥には大きなフードコート、和食から、中華、タイ、マレー、シンガポール、洋食・・・世界中のあらゆる料理が食べられます。
近くにはスーパーマーケットやドラッグストアもあり、「マリーナ・ベイ・サンズ」では一番庶民的な雰囲気の漂っているところです。
by shackinbaby | 2011-04-30 00:28 | 旅行 | Comments(2)
滞在7時間のソウル (6) その他いろいろ~帰国
参鶏湯のランチの後、午後3時前からは、奥さんの「コスメ中心に明洞ほっつき歩き」の開始です。
f0036857_23192885.jpg

もう同じような店に何軒入ったか分かりません。
f0036857_23195930.jpg

「エチュードハウス」、「ネイチャーリパブリック」、「トニモリ」、「スキンフード」、「フェイスショップ」・・・。
それに総合化粧品屋みたいなところのノン・ブランドも・・・一体、彼女、どう使い分けるんでしょうね。
で、最終的にロッテデパートの地下に戻ってきたのが午後4時半頃、少し食料品(畳イワシとか・・・)を買い足して、ついでに試食もいろいろ・・・(笑)。
f0036857_2320187.jpg

「フォション」のピザ・ブレッド(3200ウォン)は思わず衝動買い、水が自由に飲めるフードコートの椅子に座ってゆっくりいただきます。
街中では、奥さん念願の(?)プルコギ・バーガーもイカ・リングとともに・・・。
f0036857_23203994.jpg

奥さんの感想、「思ったほどでは」・・・、そりゃそうでしょう(笑)。
「JCBプラザ」で荷物を受け取り、「ロッテホテル」前からタクシーで金浦空港に。
これだけ荷物が多いと、A’REXや地下鉄で帰る気にはなりません。
やはりタクシーで、です。
空港までは約30分、値段は端数を少し切り上げて3万ウォン(約2400円)ちょうどを払いました。
f0036857_232106.jpg

チェックイン・カウンターは超閑散。
ラウンジはイミグレーションの前、KALのラウンジだそうです。
f0036857_2321185.jpg

中は昔からあるタイプの普通のラウンジ、サンドイッチなどの軽食類はハイアットのケータリングのようです。
f0036857_23213671.jpg

搭乗時間ぎりぎりまで、金浦空港国際線ターミナルの1~3階に入っている「SKY CITY」を見て歩きますが、安物ばかりで日本人観光客の買い物の仕上げにはならない感じです。
でも、僕は普段用に欲しかった色のズボン(パンツというよりズボンって感じ)を3万ウォン(約2400円)でゲットしました。
食堂も一通りありましたが、どこも活気がない感じです。
出国はここから。
f0036857_23215799.jpg

仁川と比べて出入国は超簡単。
イミグレも混んでおらず、この簡単さは一度経験すると病み付きかもしれません。
僕らの乗る飛行機はJAL94便、19時35分発です。
機材は往路と同じ767-300。
f0036857_23221723.jpg

機内はまたも満員。
羽田まではちょうど2時間、往路で最後まで見られなかった「ツーリスト」の続きを見ます。
奥さんは熟睡モードです。
そりゃあ、疲れたでしょう。
あれだけアドレナリン出しまくりで、ものを買いあさったら・・・。
f0036857_23223488.jpg

機内食は空弁の「遊食楽園」、その中でも「福井お国自慢弁当」というもので、柔らか豚ロースのソースかつ丼、焼き鯖寿司御飯、蓮根醤油炒め、柴漬、パイナップルのフルーツゼリーの盛り合わせ。
「無いよりは良い」という程度のもので、くれぐれも味には期待しないことです。
そして羽田空港には定刻の午後9時40分に到着。
荷物も赤いファーストクラス・タグのおかげで(この線にファーストはないのにね・・・)ほぼ一番に出てきたので、すぐに空港モノレールに・・・。
でもそこからが地獄、夫婦それぞれに最高にがさばる重い荷物を抱えてですから・・・本当に一杯買い込んだのです、今回の旅行。
結論的には奥さん、自分の思い通りに動けて買い物も出来た訳ですから超大満足、僕としては相当に不完全燃焼だったソウル日帰り旅行でした。
by shackinbaby | 2011-04-29 00:17 | 旅行 | Comments(4)
いよいよゴールデンウィークですね
いよいよゴールデンウィーク突入です。
皆様のご予定はいかがですか?
旅行好きな方が多く見てくださるこのブログ、きっと東に西に皆様お出かけでしょう。
成田国際空港(NAA)の予測によると、4月28日から5月8日までのゴールデンウィークの出入国者数は、前年比48.0%減の38万2400人となるとのことです。
出入国別では、出国者が47.3%減の19万1700人、入国者が19万700人。
実績が予測通りに推移した場合には、過去10年間のゴールデンウィーク実績で、SARSの影響を受けた2003年度実績の38.1%減を下回る結果となるそうです。
東日本大震災や原発事故、それらを受けた航空会社の減便などが大きく影響した結果と分析とか。
自粛も行き過ぎは・・・と旅行熱も大分上がってきましたが、僕らを取りまく状況は3・11以前とはまだまだ大きく違います。
ただ旅行に出よう・・・と決めたからには、明日への元気を出す意味でも楽しみ尽くしたいものです。
皆様の楽しいゴールデンウィークをお祈りしております。
by shackinbaby | 2011-04-28 01:00 | 旅行 | Comments(0)
マリーナベイサンズ (7) トワイライトタイム
どんな時にも魅せてくれる「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上プール、いよいよ僕の大好きなトワイライト・タイムの到来です。
f0036857_122870.jpg

刻々と変わる空の色、午後7時過ぎからはまるでショーのよう・・・。
f0036857_1222894.jpg

高層ビルの明かりが煌めき始めます。
f0036857_1224430.jpg

こんな時のプールでひと泳ぎもロマンティックでしょう。
f0036857_1225992.jpg

さすが赤道近くの国、この時間の地上200メートルでも寒いとは感じません。
むしろ僕にはちょうど良い位の温度と言えます。
反対側のジャクージ側の眺めもなかなかのものです。
f0036857_1231497.jpg

でも、やはりこちら側か?
f0036857_1233382.jpg

普通の展望デッキからの風景よりも、プールがある分、非日常感が増して、僕はこのアングルの景色が好きですねぇ。
f0036857_1241139.jpg
f0036857_124454.jpg

これは自分の部屋からの写真。
f0036857_125167.jpg

まさにシンガポールならではの景色が目も前に広がります。
f0036857_1251437.jpg

プールから、展望デッキからの景色も素晴らしかったですが、自分の部屋の窓からこの景色というのは、最高のご馳走ですね。
マリーナベイ周辺のどの高級ホテルをも凌駕する眺望です。
by shackinbaby | 2011-04-28 00:00 | ホテル | Comments(2)
滞在7時間のソウル (5) 明洞参鶏湯
奥さんの怒涛の買い物オーラですっかり忘れていたソウルでのランチ、午後2時も真近かという時間になってしまったので、僕のお腹は相当に・・・です。
でも、うちの奥さんは、食事は何でも良い、ロッテリアのプルコギバーガーで良いんじゃない、とまで言い出すのです。
明らかに買い物に夢中で、食べ物の方に興味が向かないようです。
僕は根っからの食いしん坊、せっかくソウルに来ているんだから、何か韓国らしいものをと思っていました。
まだ少し肌寒く感じる日だったので、僕の気分はスジェビ(韓国風のスイトン)辺りだったのですが、彼女、新世界デパートから明洞に向かう道で、この看板を見つけたのです。
そして、「これだったら食べたい」と。
f0036857_17254873.jpg

ハングルではなく漢字なので日本人にも良く分かる料理名。
参鶏湯(サムゲタン)の店です。
f0036857_17261031.jpg

ガイドブックなど資料を持って来なかったので、僕はこの店「明洞参鶏湯」のことは良く知りません。
過去に長安、百済、高麗、ソウルと名の付く参鶏湯屋は行ったことがありますし、近くの栄養センターなんて店も確か経験があります。
どうしよう、店の前で考えます。
奥さんは「どこでも良い」「何でも良い」「参鶏湯は食べたい」・・・。
ちょうどそこに韓国人のサラリーマン風な人2人が店から出てきました。
更に、一組韓国人らしいカップルが店に入っていきます。
ということは、ここは観光客オンリーの店ではない・・・悪くないかもしれない・・・なので、僕らも入店です。
(マッサージ屋の「マシサーヅ」にニヤッとしながら・・・)
f0036857_17262593.jpg

店内は意外に広く、大きい店。
最近改装でもしたのでしょうか、割と重厚な(古い?)イメージのある参鶏湯屋としては、とてもモダンな作りです。
外が見える席が空いていたので・・・。
f0036857_17264035.jpg

店の女性も日本語バリバリというわけじゃないのが、返って嬉しいです。
だって化粧品屋のオネーさんたち、もう、日本語(+押し売り?)が上手すぎるんだもの。
奥さんは普通の参鶏湯(つまり黒い烏骨鶏を使った高価なオゴルゲタンではない方)を、二人ともそれじゃ面白くないので、僕は数少ないメニューの中から(参鶏湯専門店なので・・・)チジミを・・・。
(値段は両方とも同じで13000ウォン)
チジミはソウルではブチンゲと言った方がリピーターっぽいよう、そして天気が雨なら、ピンデトッにするのが超リピーターのようです。
まずはバンチャン(おかず)が出てきます。
韓国料理屋の常で、こうしたおかず数品は料金に含まれていて、たいていお替り自由です。
f0036857_17265760.jpg

参鶏湯屋でたいてい出てくる高麗人参を漬けたお酒の人参酒も出てきます。
f0036857_17271013.jpg

鶏一匹まるまる使うこの参鶏湯は、漢方の王道的存在である高麗人参やニンニク、ナツメ、栗などと一緒に煮込むタン(湯・スープ)料理で、たくさんある韓国料理の中でも特に栄養価が高い「ボシン(補身)料理」として、夏バテ対策にも、産後の女性の滋養強壮にもポピュラーな料理です。
スープにはあまり味がついていないので、塩や胡椒で自分の好きな味に調えて食します。
奥さんの評価は「美味しい」、僕は「フツー」(笑)。
ブチンゲは皿一杯の大きさ。
f0036857_17272551.jpg

ワケギと海鮮を入れた韓国のお好み焼き、日本人でこれの嫌いな人は少ないでしょう。
醤油ベースのタレで食べますが、どういう訳か参鶏湯の店なのに予想以上の出来。
縁の少しカリッとしたところも、真ん中のふわっとしたところも、僕の好みでしたよ、ここの。
お腹を満たせば、奥さんの頭はもう買い物へ。
この後は明洞の化粧品屋を延々と・・・。
はっきり言って僕はかなり飽きちゃいました。
by shackinbaby | 2011-04-27 00:56 | 旅行 | Comments(12)
滞在7時間のソウル (4) ロッテマート
僕ら夫婦の日帰りソウル買い出し旅行。
10時40分に金浦空港に飛行機が着いてから45分で、もうこの「ソウル駅」前の巨大スーパーマッケット「ロッテマート」に入店、出だしから快調かつスピーディです。
f0036857_16562190.jpg

韓国のスーパーはうちの奥さんの行きたかった所の最右翼、帰り際に金浦空港の国内線ターミナルと国際線ターミナルの間にある「Eマート」というチョイスもあったのですが、欲しいものは早く買ってしまいたいらしく、海苔・ごま油・・・など延々と続く食品のウォント・リストはここで調達することにしたのです。
f0036857_1659145.jpg

以前はここ、ロッカーに荷物を預けてから買い物した覚えがありますが、今はレジ列に向かって右奥にあるサービスカウンターで荷物を預かってもらうシステムになっているようです。
(日本人だけ?)
ショッピング・フロアはこの2階と一つ上の3階の2フロア。
うちの奥さんの主戦場は2階で、3階は家電、文房具、本、衣類、インテリアなどがあるようです。
f0036857_17191218.jpg

買い物はまず化粧品、「THE FACE SHOP」などの値段をチェック、日本語の上手な店員がいたのを幸い、もう入店数分で買い込み始めます。
ここは本当に日本人客が多く、日本人好みの品を扱う店にいる店員の多くは日本語ペラペラです。
僕は外国に行くとこういう人達にはかなり用心しますが、奥さんには「日本語が通じて安心」と映ったようです。
買ったものの他にたくさんのサンプルをおまけとしてもらえたのも、奥さん、嬉しそうです。
続いては食料品。
f0036857_17192767.jpg

ここでも彼女の作った買い物リストに沿って、カートにどんどんものを投げ入れていきます。
値段を見ては「安い安い」を連発しながら・・・。
今回は液体物も買うことからか預け荷物用のかなり大きなバッグを夫婦ともども用意していったのですが、入りきるかどうか・・・と言うほどの量を最初の3~40分で買い込んでしまいました。
f0036857_17194331.jpg

もちろん日本と同じようにレジ袋は有料、でもこの梱包用の段ボールは無料です。
f0036857_17195711.jpg

大量の荷物を持った後は「ロッテホテル」までタクシーで・・・。
一般のタクシー(黒い模範タクシーじゃない)は本当に安い、日本人でも安心して乗ることが出来ます。
お釣りも正確にくれますよ。
初乗りはたったの2400ウォンです。
で、何で「ロッテホテル」?
はい、荷物を置きに・・・です。
感の良い方はお分かりですよね。
ホテルの6階にある「JCBプラザ」(世邦旅行内)の荷物預かりサービスを利用、「ロッテマート」で買った大量の荷物を預かってもらうのです。
手ぶらになった僕等は「ロッテデパート」、「ロッテ免税店」を見て歩き、「ロッテデパート名品館『アベニュール』」の「アモーレ・スパ」を経て、明洞へ。
by shackinbaby | 2011-04-27 00:55 | 旅行 | Comments(6)
マリーナベイサンズ (6) イブニングカクテルタイムから夕暮れへ
「マリーナ・ベイ・サンズ」の「ザ・クラブ・ルーム」や「スイート」に宿泊するゲストは、屋上階(57階)のプール前にある「ザ・クラブ」を利用することが出来ます。
f0036857_17133593.jpg

ここの午後5時から7時まではイブニング・カクテル&カナッペ・タイムで、アルコールを含むドリンク類といろいろな種類のつまみが無料で提供されます。
f0036857_17135573.jpg

2560室もあるホテルなので、このクラブハウスの利用対象客もかなり多く、アフタヌーンティの時とは別の広い方のスペースが使われます。
f0036857_17141914.jpg

食べ物は沢山用意されていますが、質の方は平均的。
とり当ててグルメ向きということはありません。
f0036857_17143261.jpg

席は冷房の効いたインドアも、テラス部分も選べます。
f0036857_17145038.jpg

だいぶ日が翳ってきても、プールには相変わらず泳いだりくつろいだりする人がいます。
f0036857_1715650.jpg

前にも書いたように、親切なマネージャーが「ハ~~イ、shackinbaby(本当は本名で・・・)サ~ン」と満面の笑みで、日本のヤフーのトップページを表示したラップトップを持ってきてくれたりもます。
ゲストの数が多いので全員にこの気配りというわけにはいかないでしょうが、基本的なホスピタリティはなかなかなものです。
f0036857_17155386.jpg

テラスからプール越しに見るシンガポールの空は、そろそろ魅惑のトワイライト・タイムに突入です。
f0036857_17163333.jpg

by shackinbaby | 2011-04-26 01:11 | ホテル | Comments(24)
マリーナベイサンズ (5) もっとプールを
シンガポール「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上(57階)プールです。
f0036857_1728178.jpg

「もっとプールの写真を・・・」の個人的メールもいただきましたので、ダブりを承知で、ここに追加大公開です。
タワー1の方にまず子供用の浅いプール。
f0036857_17235036.jpg

中央のタワー2の辺りは誰でも入れるプール。
f0036857_1724844.jpg

こちらから見ると一番奥のタワー3の方に大人用と書かれたエリア、でも監視員はあまり厳密に使用を区別していないようです。
深さは子供用以外はすべて同じ。
タオルは部屋番号など不要で、自由に借りられます。
プールには部屋からガウンで行くことも出来ますし、更衣室も下の階にきれいなのが完備です。
f0036857_17495163.jpg

サンデッキでくつろいでいると、ドリンクの注文表を持ったスタッフなども回ってきます。
f0036857_17242451.jpg

強烈だった日差しも少し翳ってきて、地上200メートルに吹く風に涼しさが混じるようになってきました。
f0036857_17244063.jpg

f0036857_17245492.jpg

思い切ってカメラを持って水の中に入ってみます。
f0036857_17252723.jpg

デッキ部分から見るとインフィニティに見えるエッジも、安全を考えてかこういう幅のある安全なものになっています。
f0036857_17254437.jpg

いくらガラス板があっても、この一番端の半水中ベッドに寝そべるのは怖かったです。
板には「ここに寄りかからないで」と書いてありますが、ここに寄りかかる勇気のある人はかなり少ないでしょう。
f0036857_17261099.jpg

プールの反対側には3箇所くらいにいろいろなジャクージがあります。
これは暖かいの。
f0036857_17263489.jpg

こちら側はガラス板の向こうに、シンガポールのシー・ビューが広がります。
f0036857_17271215.jpg

午後5時からはクラブハウスでイブニング・カクテル&カナッペ・タイムが始まるはず。
部屋に戻って服を着替えましょうか。
f0036857_17273554.jpg

by shackinbaby | 2011-04-26 00:09 | ホテル | Comments(11)
まだ迷ってる
GW旅行のホテルのキャンセル期限が迫ってきて、本当にどこにしようか迷っています。
f0036857_23184614.jpg

「HOTEL DE LA PAIX」のかなりお得なオファーをあるところから頂いたのですが、スタイリッシュ過ぎるところにずっとというのも飽きるかなぁ・・・とか思うし。
あぁ、迷う。
by shackinbaby | 2011-04-25 00:50 | 旅行 | Comments(0)