<   2011年 07月 ( 63 )   > この月の画像一覧
reduced rates! フォーシーズンズホテル丸の内東京 (1) エントランス
お待たせしました。
奥さんのシンガポール旅行の報告がまだまだ続いていますが、合間を縫って「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のレポートにもお付き合いください。
f0036857_12531014.jpg

僕が良く聞かれる「東京のベスト・ホテルはどこですか?」とか「一番お好きな東京のホテルは?」の質問、こうした質問には「規模は小さく設備に制限はありますが」と断りを入れたうえで、このホテルを僕は挙げています。
過去5回以上のこのホテルの滞在で、嫌な思いをしたことがありません。
パーソナル・ケアという意味ではいつも抜群で、顧客データがよほどしっかりしているのでしょう、僕の部屋からの景色の好みやレストランでの席の好み、いつもPCを持たないで行くことなど、もろもろの細かい事柄について「十分承知しております」とははっきり口に出しませんが、しっかり行動と態度で示してくれるところがすごいです。
それが可能なのは、ここがたった57室という超小規模ホテルであるということ、そしてフォーシーズンズ流の徹底した従業員教育があるからでしょう。
(ご興味のある方は、ぜひ文芸春秋社から出ているイザドア・シャープ著の「フォーシーズンズ / 世界最高級ホテルチェーンをこうしてつくった」の一読をお勧めします)
f0036857_12315366.jpg

どこのサイトに載っていたのか忘れてしまいましたが、「親切な人が多い職業ベスト10(アメリカ編)」というリスティングに「フォーシーズンズ・ホテルの従業員」というのが堂々のランクイン、「対人サービス業を行う他の全てのアメリカ人が見習うべき存在」とのコメントが付いていたのを思い出しました。
そのくらい「フォーシーズンズ・ホテル」=最高のホスピタリティはもう一般人にも定着しているということでしょう。
f0036857_12535523.jpg

東京駅八重洲南口から歩いて2分、ガラス貼りのビル「パシフィックセンチュリープレイス」にある「フォーシーズンズホテル丸の内東京」、ひっそりとしたコリドーを奥に入って行くと、ホテル・ゲストに無料で貸し出されるビアンキの自転車が・・・。
客の気配にすぐに気が付いて笑顔で迎えてくれるホテル・スタッフ。
まだ若い女性がここに詰めていることが多いですが、ホテルの顔とも言うべきこの要所を、良くこなしています。
危なげが全くありません。
時間によってはジョギングから帰ってくるゲスト用に良く冷えたミネラル・ウォーターやタオルも用意されています。
f0036857_12543027.jpg

天井の高いガラス窓の向こうは新幹線の線路ですが、防音も最高で、とてもここが線路なんて信じられない作りです。
f0036857_1255954.jpg

レセプションはホテルとしての最上階の7階。
もうこのホテルはこのブログでも何回も取り上げています。
かつて僕はこう書きました。

・・・エレベーターで最上階の7階に上がると、両開きのエレベーターは反対側が空き、左に曲がるとレセプションです。
たいていは下から連絡が行っているので、ゲストがレセプショニストの前に立つ時には
「XX様、お帰りないませ。
お待ち申し上げておりました」
とすでにほとんどが記載済みのレジストレーション・カードが眼の前に差し出される・・・というスピーディーさです・・・

たいていは本当にこうなのですが、今回はエントランスのスタッフが子供連れの大家族にかかりっきりだったので、勝手知ったるこのホテル、自分たちだけでエレベーターで7階へ直行です。
もちろん自分の名前を名乗れば、「お帰りなさいませ。お待ち申し上げておりました」のいつもの温かい対応が・・・。
f0036857_1314533.jpg

これはレセプション側から、奥のレストラン「EKKI」の方を見たところ。
出来た当初から椅子の配置などほとんど変わっていないはずで、時は経っていますがメンテナンスも充分でフォーシーズンズのレジデンシャルな雰囲気を良く出したエリアです。
f0036857_12554255.jpg

あ、夕方外出から帰ってきた時のこのホテルのエントランスの写真が出てきました。
f0036857_12562372.jpg

モダンでエレガント、そして「用のないものは来るな」的エクスクルーシブ感もちゃんとある凛としたエントランスです。
f0036857_12565517.jpg

昼間とはまた違う雰囲気になるエレベーター前のホール。
f0036857_1257308.jpg

元に戻りましょう。
レセプションでレジストレーション後、担当したスタッフが部屋まで案内してくれます。
f0036857_1322335.jpg

各階のエレベーターホールにあるこうしたインテリアも上質感漂せまくりです。
f0036857_1325363.jpg

ドアが開けられて、部屋に入ります。
f0036857_1232549.jpg

by shackinbaby | 2011-07-31 01:29 | ホテル | Comments(10)
季節だぁ!
桃の季節です。
フルーツ・アレルギーのある方以外なら、およそ日本人で桃のお嫌いな方は少ないでしょう。
フルーツ界の夏の女王ですな。
f0036857_10523454.jpg

我が家は以前偶然買った、この山梨県の「JAふえふき」の「白鳳」という桃が気にいっているので、毎年この時期ここから買っています。
何でも山梨は桃の生産量日本一、代表品種として果肉がしまっていて乳白色な「日川白鳳」、我が家の好みの果肉がち密、そしてとても甘く汁も多い「白鳳」、大玉で果皮が鮮紅色の「浅間白桃」などがあるそうです。
僕の安物のデジカメでは、桃の表面の細かい毛羽立ち具合がお分かり頂けないかもですが、このビロード感は魅惑的です。
by shackinbaby | 2011-07-31 00:05 | グルメ | Comments(2)
奥さんのシンガポール (14) やっと朝食&ラウンジ探検@「マンダリンオリエンタルシンガポール」
朝2時間ほど寝て多少はすっきりしたうちの奥さん達、「ジ・オリエンタル・クラブ」@「マンダリンオリエンタル・シンガポール」には9時半の集合。
f0036857_2058351.jpg

早朝のうちに見ておいた豪華で種類の多いバフェ内容+メインを一品メニューから。
メインのメニューにはパンケーキ、オートミール、ワッフル、フレンチトースト、各種卵料理、エッグ・ベネディクト、スパ・オムレツ(白身だけのオムレツ)、飲茶セット、お粥などが並んでいたそうですが、うちの奥さんのチョイスは「胃に優しそう」という理由で「シンガポール・ワンタン・ヌードル」に・・・。
f0036857_20583959.jpg

これは本当に美味しかったそうで、「高級レストランの味」と評していました。
「スープも麺も好みだったけど、肉厚の叉焼が最高だった」とも・・・。
食事の後は、この広いクラブ・ラウンジの中を探索です。
f0036857_20591678.jpg

ラウンジは横に長い構造で、色々なタイプのパートに分かれています。
f0036857_20594935.jpg

どこも高級感に溢れていて、きれいに片付いています。
f0036857_2102889.jpg

一体何人の人が座れるのでしょう。
f0036857_210579.jpg

ビジネス・コーナーでは無料のネットが楽しめます。
f0036857_2114519.jpg

ミーティング・ルーム風な部屋。
f0036857_2121589.jpg

ラウンジの超長い廊下を見渡すと・・・
f0036857_2135274.jpg

この辺りがラウンジに入ってすぐの、中央の部分です。
f0036857_2142279.jpg

これらの写真は奥さんの手によるもの、僕ならラウンジの入口、レセプション・デスクなども写真に撮るんですが・・・そこはちょっと許してください。
by shackinbaby | 2011-07-30 01:02 | 旅行 | Comments(2)
奥さんのシンガポール (13) 朝食@「マンダリンオリエンタルシンガポール」のクラブラウンジ
「マンダリンオリエンタル・シンガポール」のクラブ・フロア「ジ・オリエンタル・クラブ」のラウンジは朝の6時半のオープン。
f0036857_2046585.jpg

うちの奥さんは眠いけど、ラウンジがどうなっているのか見に行ったそうです。
ラウンジの窓は結露していて、外がこの時は良く分からなかったと・・・。
(残念ながらこの方向はホテルの部屋カテゴリーで言う「シティビュー」で全然面白いものではありません)
f0036857_204641100.jpg

ラウンジ・スタッフは全員とてもアテンティブで、以後通りかかるだけで必ず声をかけてくれ、コンシェルジュ役としてもとても有能だったそうです。
予約至難の「アンドレ」の予約も、ここ経由だったと・・・。
で、朝食。
f0036857_20471233.jpg

彼女曰く、「私が見た中で一番きれいに、上質なものがたくさん置いてあったラウンジ朝食ね」。
f0036857_20474587.jpg

確かに・・・ディスプレイは上手です。
f0036857_20481413.jpg

もちろんこれは前菜バフェで、朝食のメイン(玉子料理など・・・)は注文を受けてから一品一品作り立てを持ってきてくれるシステムです。
f0036857_20484665.jpg

パンのセレクションも・・・
f0036857_20491684.jpg

バターやハニー、ジャムも種類を選べて・・・
f0036857_20494828.jpg

質も良いものばかりだったそうです。
f0036857_2050176.jpg

もちろんここは朝からシャンパンのある朝食。
f0036857_20533778.jpg

決してアルコールが嫌いじゃない(?)うちの奥さんは、シャンパンだけいただいて部屋に帰り、2時間ほど横になったそうです。
で、9時半、ご友人とラウンジで待ち合わせ、またここでちゃんとした朝食を食べたとのことです。
f0036857_20513298.jpg

by shackinbaby | 2011-07-30 00:29 | 旅行 | Comments(6)
奥さんのシンガポール (12) ちょっと寝ます@「マンダリンオリエンタルシンガポール」
香港出身という女性に部屋説明を受け、奥さんと同行のご友人はそれぞれ自分の部屋に分かれ、旅装を解きます。
f0036857_2013084.jpg

時間は朝の6時半前、まだ19階にある「ジ・オリエンタル・クラブ」のラウンジは開いていません。
外はどんどん白んできています。
大きな窓の左側には「ザ・リッツカールトン・ミレニア・シンガポール」と大観覧車「シンガポール・フライヤー」。
f0036857_20114788.jpg

右側には「マリーナベイ・サンズ」と蓮の花の形をした「アート・サイエンス・ミュージアム」が・・・。
f0036857_20122558.jpg

部屋はあまり広くなく、40平米はない感じ。
f0036857_20133297.jpg

立派な胡蝶蘭が、ホテルの格を示しています。
f0036857_20152422.jpg

デスク回りもしっかりしていそう。
f0036857_20162319.jpg

NHKが写るそうです。
f0036857_2016558.jpg

こんなマガジン・ラックも部屋のインテリアに合っています。
f0036857_2358537.jpg

ウェルカム・アメニティはしょぼいですが、ラウンジがあるのでおやつはそちらで…ということでしょう。
クラブ・フロアの特典としてHPには
   Champagne breakfast from 6:30am to 10:30am daily
   Afternoon tea from 11:30am to 4:30pm daily
   Evening cocktail with hors d’oeuvres from 5:30pm to 7:30pm daily
   All-day soft beverages
   Complimentary pressing of two pieces of garment per day
   Complimentary in-room wireless high speed internet access
   Complimentary 15 minute use of computer work station
   Use of meeting room with teleconferencing facilities for up to two hours per day
   Concierge services
   Personalised in-room check-in and private check-out
   Guaranteed late check-out at 6pm
が、挙げられています。
f0036857_20172563.jpg

バスルームは標準サイズ。
奥にトイレがあります。
f0036857_20175619.jpg

トイレット・ペーパーはホテルのロゴ入り。
こういうのを写真に撮っちゃううちの奥さんは、僕の影響をたっぷり受けています(笑)。
f0036857_033538.jpg

バスタブは見た目より狭いと・・・、シャワーブースも最新タイプではありません。
f0036857_0598.jpg

バス・アメニティーは「ELEMIS」。
寝室との間は木製の可変ブラインドで、バスタブからは無理ですが、バスルームからは窓の外を見ることが出来ます。
f0036857_20183043.jpg

歯ブラシなどのアメニティーはすべて引き出しの中に・・・
f0036857_2019715.jpg

最後はクローゼット。
f0036857_072536.jpg

写真を撮り終わって、ちょっと寝ようとすると、どうやらクラブ・ラウンジがオープンのよう・・・。
f0036857_20194062.jpg

まだ朝ご飯は食べたくはないけど、写真は撮っておかないと僕に怒られる(笑)と、取りあえずオープンしたてのラウンジに行ってみたそうです。
たぶんもうご友人はベッドの中ですやすや中?
彼女達の朝食集合時間は9時半だそうです。
寝たいし、写真も撮りたいし、化粧の時間だっているだろうし・・・。
by shackinbaby | 2011-07-29 00:37 | 旅行 | Comments(4)
奥さんのシンガポール (11) 早朝のチェックイン@「マンダリンオリエンタルシンガポール」
もう順番がめちゃくちゃで、すみません。
写真の整理が付きましたので、うちの奥さん達が乗った羽田発JAL035便のシンガポール・チャンギ空港到着からホテルまでの報告です。
f0036857_2003381.jpg

到着は定刻より20分早着の午前5時40分@現地時間。
ターミナル1の到着はこの時間他になかったようで、イミグレーションは写真のようにがら空き。
あっという間にここを通り過ぎ、荷物を受け取り、外に出ると「マンダリンオリエンタル・シンガポール」のサインボードを持ったホテル・スタッフが・・・。
(僕があげたシンガポール・ドルの現金が少しあったので、空港では両替しなかったそうです)
f0036857_201864.jpg

彼女たちの旅行、ツアーという形は取っていますが、限りなく個人の手配旅行。
通常ツアー催行会社のガイドが空港まで迎えに来ると思うのですが、ここでは直接ホテルの車の登場だそうです。
(後で僕が調べてみるとホテルの送迎付きクラブ・フロアのパッケージとフライトの単純組み合わせのようです)
さすがに高級ホテル、送迎もこんな車、これメルセデスのEクラスですよね。
乗り心地は最高だったとのこと。
あまりにも流れるような「こと」の推移に、うちの奥さんはともかく、奥さんの友人はとても驚き、感激していたとのことです。
チャンギ空港からマリーナ地区の宿泊ホテル「マンダリンオリエンタル・シンガポール」までは、早朝なせいか20分もかからなかったと・・・。
そしてシンガポールの朝はどんどん開けてきて、空が白んで来る頃にホテル到着。
この時間でもホテルのレセプションは活気があって、さすがにチェックイン客はいないものの、チェックアウトの客は数組はいたとのこと。
f0036857_2015296.jpg

リノベーション後のこのホテルのインテリアは、シックかつモダンなコンテンポラリー・アジア。
f0036857_2022785.jpg

クールさの中に、情熱的な紅のアクセント・カラーを入れて、温かみも出しています。
f0036857_202591.jpg

この奥がエレベーターホール。
クラブ・フロア(19階以上)に行くには、カードキーによる認証が必要です。
f0036857_2033184.jpg

トップフロアまでの壮大なアトリウム。
とてもきれいな曲線が交差しています。
f0036857_2042590.jpg

ロビー奥のファンクション・ルームの控室のような多目的スペース。
f0036857_2045862.jpg

さすがにこの辺りはこんな早朝は人がいなかったよう・・・。
ホテルのシンボルの赤い花。
f0036857_2053569.jpg

ホテル内至る所にこの花が飾られています。
チェックインは多少待ったもののスムーズ、つまり前日から部屋はブロックされていたということ。
元々は大金を出してブータンに行こうというツアーを予定していた奥さん達、僕はツアーの代金を知りませんが(教えてもらっていない・・・)、結構贅沢な予定が組んであるようです。
(後でも分かるように、一人一部屋という信じられない贅沢を・・・しかも「ジ・オリエンタル・クラブ」というクラブ・フロアのステイです)
高級ホテルの常でチェックインを担当したスタッフが、部屋まで案内、詳しく部屋の説明をしてくれたそうです。
ドアが開かれると・・・
f0036857_2075636.jpg

おっ、オーシャンビュー・ルームじゃないですか!
f0036857_2061555.jpg

朝6時過ぎのシンガポールのオーシャン・ビューが大きな一面の窓から良く見えます。
右側に「マリーナベイサンズ」、左に「シンガポールフライヤー」。
中央には「ヘリックス・ブリッジ」が・・・。
これはなかなかに「新しいシンガポール」の景色ですね。
以前はこの「オーシャンビュー」は「マーライオン」像の見える「ハーバービュー」ルームに比べて人気がなかったのですが(値段も安かったはず)、最近はこのように景色が一変して、がぜんこちらも人気が出てきているようです。
これも僕が後で調べたのですが、「マンダリンオリエンタル・シンガポール」ではこの「オーシャンビュー」も「ハーバービュー」も同じ「ハーバービュー」ルームとして売っているようです。
by shackinbaby | 2011-07-29 00:36 | 旅行 | Comments(6)
福臨門魚翅海鮮酒家丸ビル店
家族が揃うことがあったので、「福臨門魚翅海鮮酒家」の丸ビル店で食事。
f0036857_17424517.jpg

他にも候補はいくつかあったのですが、「福臨門」のカード(5~10%OFF)も時々使わないと、という単純な理由でここに・・・。
「福臨門魚翅海鮮酒家」の丸ビル店は、丸の内ビルの最上階、36階にあります。
店内インテリアは特別豪華というわけではありませんが、一面の窓から広がる大東京のパノラマは、最高のインテリアになっています。
f0036857_1744012.jpg

店内はそれなりに席が埋まっていたので東京タワーやレインボーブリッジ方向の写真は撮れませんでした。
f0036857_17431495.jpg

メニューは基本的に銀座店と同じ。
まずは前菜から。
f0036857_17443281.jpg

仕事が丁寧、食べて味良く見た目でもきれいです。
一部のヌーベル・シノワのような意表をつく「見てくれ」だけということはありません。
基本に忠実な現代の中華前菜です。
ふかひれと冬瓜のスープ、これも上湯が極上。
f0036857_1745538.jpg

冬瓜も季節だし、美味しくいただけました。
次はこの店のスペシャリティの一つ、金鶏の姿揚げ。
f0036857_17453440.jpg

皮のパリパリ感とジューシーな鶏肉は相変わらず美味しいの一言。
f0036857_1746432.jpg

ウスターソースとレモン汁を使うと、超「香港の味」です。
海鮮料理は伊勢海老。
f0036857_17493083.jpg

もうこの辺は中華の王道、炒め加減が絶妙です。
続いては酢豚ならぬ、酢牛?
f0036857_17495689.jpg

和牛をパイナップルや生姜などといためて、甘酢味で仕上げたもの。
当然息子は「うめっ」。
今度は野菜もので冬瓜のキノコあんかけ。
f0036857_17502686.jpg

ヘルシーかつ旨みがたっぷり。
窓の外は夕陽が落ちかけてきて、景色フェチの僕を喜ばせてくれます。
f0036857_17505538.jpg

富士山もこの日はくっきり。
それにしても皇居がこんなに見えちゃって良いんでしょうか的、景色です。
f0036857_17512633.jpg

ラスト・スパートは息子のリクエスト、彼の大好物のエビ・マヨと・・・
f0036857_17515871.jpg

ホタテのXO醤炒め。
f0036857_17523514.jpg

彼曰く「この店は何を食っても旨い」と・・・。
そりゃそうでしょう、天下の「福臨門魚翅海鮮酒家」ですもの(笑)。
締めのご飯は「海老入り中華風アンチョビ炒飯」。
f0036857_1753688.jpg

アンチョビがどこに入っていたの?ですが、美味しさはかなりなもの、ご飯の焚き方・炒め方が絶妙なんでしょう。
f0036857_17562977.jpg

窓の外はどんどん暮れてきます。
ただこの店のライティングだと、これ以上暮れると、窓に店内の様子が写ってしまいます。
この時間位が写真に撮る時にはギリギリな感じです。
f0036857_17573896.jpg

デザートはサンプルの中から選ぶ、いつものシステム。
f0036857_1755096.jpg

マンゴプリンやバナナの飴炊き。
f0036857_17553488.jpg

前者は当然としても、後者が予想外の美味しさでした。
f0036857_17581468.jpg

あまりにも有名で、有名過ぎてかえって敬遠しがちなこの店、時代に合わせてはいますが伝統的な中華料理の技法を大事にした基本への充実さは、これぞ高級中華料理の標準の王道という印象です。
ただ値段のことは聞かないでください(泣)・・・この店の値段の高さは有名ですから。
丸ビルにはご覧のように沢山の飲食店が軒を並べていますが、やはりそのトップに君臨するレストランの一つであることは間違いないようです。
f0036857_17584757.jpg

ま、僕は微妙なところで「銀座店」の方が好きですが・・・もちろん銀座からはこの眺望はありません。
by shackinbaby | 2011-07-28 00:03 | グルメ | Comments(4)
NH「B787」初就航は香港
全日空(NH)が世界で初めて今年導入するボーイング社の中型旅客機「B787」の初の営業飛行は、成田・香港のチャーター便(往復1便)となるそうです。
運航日はまだ未定で、ボーイング社からの納入が9月、チャーター便は有料のツアー形式で10~11月に実施される方向で調整中と・・・。
同便の運行後マイレージ・メンバー用のデモ・フライトを2回実施し、その後羽田・広島、羽田・岡山の国内2路線で定期運航を始める予定とのことです。
f0036857_20325140.jpg

僕はNHが実施するという「マイレージ・メンバー用初就航記念キャンペーン」に応募しようかな、ここ10年お金を出しては一回も乗っていないけど、まだちゃんとの「ANAマイレージクラブ」の会員だし・・・(笑)。
チャーター便には5人、デモ・フライトには300人が招待される予定とのことです。
キャンペーンの詳細は
http://www.ana.co.jp/amc/cpn/fly1st787/index.html
をご覧ください。
by shackinbaby | 2011-07-28 00:02 | 旅行 | Comments(6)
高いお茶と安いお茶
奥さんのシンガポール土産のお茶を、このところ毎日飲んでいます。
高い紅茶と、激安のマサラティーです。
f0036857_1045782.jpg

高い方は「TWG」の「フレンチアールグレイ」(36シンガポールドル)缶入り茶葉、安いほうはインド系巨大スーパー「ムスタファ・センター」で買ったティーバッグ(2.3シンガポールドル)。
何とも両極端なお茶ですが、値段の差も考えてみてください。
TPOを考えてお茶を選べば、上品な薫り高さがアイスティーにしても美味しい前者も、ガラムマサラのフレーヴァーがいかにも人工的な後者もたっぷりのミルクと砂糖を入れれば、共に充分なもの。
質はともあれ強めのフレーヴァーのお茶は、夏のこの時期には悪くないと思いました。
by shackinbaby | 2011-07-27 00:55 | グルメ | Comments(0)
奥さんのシンガポール (10) 「TWG」は「トワイニング」とは関係ないんだって・・・
シンガポール女性2人旅、お茶するところはたくさん書き出しておきました。
また最近シンガポール土産として急上昇の物として「TWG」の紅茶とか、「クッキーミュージアム」(The Cookie Museum)のクッキー(超軟かいので、崩れないように細心の注意が必要です)があるとも、リストには書いておきました。
そんな彼女達が見つけたのがここ、「TWG」の「ザ・ショッパーズ・アット・マリーナベイサンズ」(The Shoppers at Marina Bay Sands)B2にある(2店舗あります)最新店。
f0036857_17285072.jpg

ここは店内は撮影禁止なので、店の入口から撮ったとのことです。
沢山の紅茶の缶がスタイリッシュにディスプレイされる様は、いかにも最新のティー・ショップです。
「TWG」・・・そう、日本でも自由が丘駅南口に「TWG TEA自由が丘」(ティーダブリュジーティー自由が丘)を出しているあのシンガポールの紅茶専門店・サロンです。
僕はこのブランドを始めて見た時、「TWG」とは「トワイニング」(Twinnings)の略じゃないかと思いましたが、実は両社は全く関係なくて、このシンガポールの会社は「The Wellness Group」の略なんだそうです。
シンガポールの会社ですから、当然シンガポールにはいくつもの売り場やティーサロンを持っていて、そのうちの一つがここ。
f0036857_172929100.jpg

「ザ・ショッパーズ・アット・マリーナベイサンズ」のB2階に張り巡らされた(・・・というほどでもないけど)人工水路(キャナル、canal)の上に作られた「TWG TEA SALON & BOUTIQUE ON THE BRIDGE」です。
f0036857_1730525.jpg

シンガポールでは他に「IONオーチャード」や「タカシマヤ」にも店を出していますが、この店が一番お客が多そうな感じです。
この「TWG」はシンガポールというロケーションを活かして、世界36ヵ国の専門農園から800種以上の茶葉や原材料を入荷。
ストレートな紅茶だけではなく、フルーツや花、チョコレートやキャラメルなどのフレーバーが香りたつオリジナル・ブレンドの紅茶もたくさん取り扱っています。
f0036857_1731164.jpg

紅茶だけではなく、紅茶との相性を大切にしたスイーツ、あるいは時間帯によって料理(フレンチ基本)までいただけます。
もちろんすべてのスイーツの中に「TWG」の茶葉が使われていて、人気のマカロン、アイスクリーム、ケーキなど、その種類はかなりなものです。
朝食用のセットメニューからアフタヌーンティ・・・メニューはそれぞれに時間帯で本当に選びきれないほどあります。
奥さん達はまずアールグレイとチョコレートのアイスクリームを・・・。
f0036857_17313321.jpg

アールグレイがチョコレートに負けてしまって、1+1が2以上になってなかったとか・・・。
紅茶は、この店オリジナルのティーポットで出され、これはさすがに香り溢れる本当に美味しいものだったそうです。
紅茶の種類はメニューには圧倒されるくらいにあって、どれにするか迷いに迷うと言っていました。
知っている香りにするか、未知のものにするか・・・。
日本の「SENCHA」(煎茶)や「MATCHA」(抹茶)などまであったそうです。
紅茶の値段はポットで11~14シンガポールドルが多かったそうです。
アイスクリームは1スクープで5シンガポールドル。
f0036857_1732173.jpg

サロンの下は人口の水路、キャナル。
f0036857_1736345.jpg

一人10ドルで乗れるサンパン(中国風の小舟)がしきりに行き来しています。
こんなところで、こんなものに乗って何が楽しいのかと僕は思いますが、彼女の話では、乗り場には行列まで出来ていたようです。
by shackinbaby | 2011-07-27 00:16 | 旅行 | Comments(1)