<   2012年 02月 ( 60 )   > この月の画像一覧
またもミシュラン狂想曲の予感?
権威のあるガイドブック「ミシュラン」の2012年フランス版の概要が発表されました。
それによると、日本人がシェフを務めるパリとフランス中部サン・バランタン(サン・ヴァレンタイン)村のレストラン3店が新たに一つ★を獲得。
これでフランス版で星を獲得した日本人シェフのレストランはパリの6店を含めて何と計12店にもなったそうです。
日本人には嬉しいニュースですよね。
ユーロ安という追い風もあって、フランス現地でミシュランの★付きレストランにトライ、しかももしかしたらそこで日本語も通じるかもしれない・・・こりゃあ、何か狂想曲でも起こらないかの予感です(僕だけの?)。
この中で僕が一番気になっているレストランが、サン・バランタン村にある「AU 14 FEVRIER」。
ここの浜野シェフは「聖ヴァレンタイン」を意味するこの村の名前にちなんで、「2月14日」というこのレストランを数年前にオープン。
主に日本人スタッフでここを運営しているんだそう・・・。
こんなフランスの田舎(でもパリから約2時間?)に日本人運営のミシュラン★付きレストランがあるなんて、素晴らし過ぎます。
行ってみたくなる、応援したくなるのは当たり前というものですよね。
この村には日本語のブログがあって
     http://blogs.yahoo.co.jp/saintvalentin0214
タイトルは「愛のパワースポット・フランスーセント・ヴァレンタイン村」というもの。
この村への行き方など情報満載のサイトです。
レストランのほうの詳細は
     http://www.au14fevrier.com/
で見られます。
ある日のメニュー。
f0036857_1031561.jpg

全部はメニューを解明出来ませんでしたが、なかなか魅力的な名前が並んでいますよね。
最後になりますが、残り2つの日本人シェフの店は、パリ1区の「KEI」、パリ5区の「SOLA」だとのことです。
by shackinbaby | 2012-02-29 00:19 | グルメ | Comments(2)
天気に恵まれなかった台北 (22) ツアーも使っちゃいました
仕事の後も1日居残りした台北、この翌日は日本に帰ります。
この台北最後の午後から夜にかけては、某日本人ツアーに参加して台北郊外に出てみます。
f0036857_14124238.jpg

バスに乗って、いくつものホテルをぐるぐる回り、日本人客を次々に集めていく・・・。
こういうツアーにはしばらく参加していなかったので、このスタイル、新鮮というか(皮肉?)、「時間が勿体ないよなぁ」、でも「自力で行くのは大変だものな、ツアーは便利だよな」の狭間で、僕の思いは千路に乱れます。
懐かしの「圓山大飯店」にも寄ります。
f0036857_1413645.jpg

僕が父親に連れられて初めて台北に来た時、ここに泊まったのです。
そして満員のバスに乗ること小一時間、こんなところに着きました。
f0036857_14132969.jpg

詳しくは次回ですが、ここもまた雨、いや土砂降りの大雨。
もう泣きたくなるほどでした。
写真も上手く撮れなかったし・・・。
そんなこんなで、今回の旅行、当初の予定ではこのブログではスルーのつもりでいたのです。
by shackinbaby | 2012-02-29 00:11 | 旅行 | Comments(3)
天気に恵まれなかった台北 (21) ホライズンクラブ@「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザ」
「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザ・ホテル・台北」にも、他の「シャングリ・ラ」ホテルズと同じ「ホライズンクラブフロア」が設定されています。
f0036857_1454119.jpg

「シャングリ・ラ ホテルズ」のウェブには

シャングリ・ラのホライゾンクラブでは、旅なれたゲストの皆様にもご満足いただけるゲストルーム、パーソナルサービス、特典やアメニティをご用意しております。
ホライゾンクラブフロアでは、以下の特典をお楽しみいただけます:
★ホライゾンクラブでのチェック・イン/チェック・アウト
     ホテルにご到着された際、ゲストリレーション係がクラブラウンジへとご案内いたし、クラブラウンジにてチェック・インの手続きを行います。
★ゲストルーム
     ホライゾンクラブフロアのゲストルームでは、各ゲストルームにファックス、ブロードバンドインターネット接続(無料)、パーソナルボイスメールと大型のライティングデスクをご用意しております。
★クラブラウンジ
     ビジネスサービス、ブロードバンドインターネット接続(無料)、プライベートミーティングルームのほか、クラブラウンジでは各国の新聞、雑誌、書籍やボードゲームなどもご利用いただけます。
     クラブラウンジをご利用の際には、ドレスコード(スマートカジュアル)がございますのでご注意ください。
★朝食ビュッフェ
     クラブラウンジでは、毎朝ビュッフェをお楽しみいただけます。
★新聞とフルーツ
     毎日新鮮なトロピカルフルーツと新聞をゲストルームまでお届けいたします。
★スーツプレス
     ご到着後、クラブスタッフがスーツプレスを承ります。
★パーサーサービス
     ご滞在中は、クラブパーサーがホテルの予約、ショッピングや観光のアレンジなどの手配を承ります。
★ドリンクサービス
     クラブラウンジでは、ジュース、ソフトドリンク、紅茶やコーヒーなどのリフレッシュメントをご用意しております。
     また、夕刻にはイブニングカクテルもお楽しみいただけます。


という記載があります。
このホテルでは「ホライズンクラブラウンジ」は36階に・・・。
37階が客室としてのトップフロア、38階はイタリアン・レストラン、39階が上海料理レストラン、40階にスパという構成です。
f0036857_146428.jpg

ラウンジ内には色々なタイプの椅子が並んでいて・・・
f0036857_1462641.jpg

窓際にはこんなソファというエリアもあります。
f0036857_1465195.jpg

晴れていればさぞかしでしょうが、またも溜息です(泣)。
f0036857_1474641.jpg

僕がラウンジを尋ねたのは午後2時過ぎ。
f0036857_1481518.jpg

バフェ・テーブルにはケーキやフルーツの他に、一つ一つ個別包装された何種類ものサンドイッチも並んでいます。
f0036857_148398.jpg

セルフ・サービスのようにも見えますが、すべて担当の女性がお世話してくれます。
f0036857_149557.jpg

僕がラウンジを利用した時は、お客は数人だけといった状態。
とても静かな雰囲気が流れていました。
f0036857_14101659.jpg

朝食は朝の6時半から10時まで、夕方のカクテル・タイムは午後5時半から7時半まで、ラウンジが閉まるのは午後11時半とのことです。
バフェ・テーブルの奥にはミーティング・ルームと、無料で使えるPCの並んでいるエリアが広がります。
f0036857_14104056.jpg

このホテルには今のところ日本人スタッフはいないようですが、「ホライズンクラブ」特典を列挙した日本語の紙があったり、日本人ゲストにもある程度の配慮はあるようです。
f0036857_141121.jpg

(このPCは日本語入力可能です)
by shackinbaby | 2012-02-29 00:03 | 旅行 | Comments(6)
天気に恵まれなかった台北 (20) 「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザ・台北」の客室の続き
僕が仕事の後の居残り台北ステイに使った「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」。
運良く「プラザスイート」というスイートにアップグレード。
その部屋をチェックしています。
f0036857_13355815.jpg

こういう窓際のアーモアって、珍しいですよね。
ちゃんとしたビジネス・デスクがないので、ステイショナリー・グッズなどもここに・・・。
その割にはFAXは標準装備、でもいかにも後付けで、コードやコンセントが今っぽくないです。
f0036857_13362697.jpg

今度はベッドルームを見てみましょうか。
リヴィング・ルームからベッドのほうに行く途中に、クローゼットやラゲッジ・ラックがあります。
f0036857_13365436.jpg

一応何でも揃っていますが、ハンガーのサイズが微妙に違っていたり、バスローブなどがやや洗濯し過ぎだったりします。
f0036857_13371567.jpg

ベッドルームはこんな感じ。
f0036857_13373976.jpg

「ホライゾンエグゼクティブキング」からのアップグレード、ツインならチェックインの時に一言あっても良さそうなのに・・・。
ベッド・タイプが変わるより、アップグレードの嬉しさのほうが個人的には大きいのは大きいですが。
f0036857_1338462.jpg

ここのクッションやスローケットの色合いはなかなかのもの、ベッドそのものとしては標準的。
f0036857_1338305.jpg

こっちのテレビはフラット・タイプでした。
最後にバスルームを・・・。
f0036857_1338575.jpg

総マーブル貼りで、一言で言えば10年前までなら最高に豪華。
f0036857_13392243.jpg

広さも充分、アジアの高級ホテルらしく、そして「シャングリ・ラ」らしく、置いてあるアイテム数も相当な数になります。
f0036857_13395171.jpg

小さ目ですが、ちゃんとTVモニターもあります
f0036857_13401560.jpg

マーブルを貼り巡らしてあるので、全体にやや暗い感じはありますが、照明は十分です。
f0036857_13404458.jpg
シャワーブース。
バスアメニティは他の「シャングリ・ラ」と同じでロクシタン製。
f0036857_13413441.jpg

いかがですか、この部屋。
これでラウンジ・アクセスが付いて最初に書いたように日本円にして総額約35000円。
「W台北」から較べると各所に年月を感じますが、ベテラン・ホテルならでは円熟味も感じられて、台北での高級ホテルという時の選択肢にはまだまだ十分候補の「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」でした。
by shackinbaby | 2012-02-28 00:05 | 旅行 | Comments(16)
こんなR&Bコンサートも・・・の続き(好評につき)
数日前に取り上げた、マニアックな面子のR&Bコンサートのポスター掲載が一部で(どこ?笑)人気を呼んだので、その好評(?)第2弾を・・・。
どれもこれからすぐの日程のものを、ディープ・サウス中心に選んであります。
f0036857_0454958.jpg

昔からあるフライヤーの形式にはのっとっていますが、フォントの選び方が新しいですね。
f0036857_0445417.jpg

この辺り3枚は、基本的に同じパッケージのようですが、メル・ウェイターズ(MEL WAITERS)が連日出演で頑張ってます。
f0036857_0443820.jpg

新人「クラス・バンド」(KLASS BAND)の大きな扱いはびっくり、こういうのは日本にいては分かりません。
f0036857_045764.jpg

これはルイジアナ・フレイヴァー入ったフライヤー。
f0036857_0453240.jpg

マルディグラのイメージも入れたデザインが面白いですね。

最後に更にマニアックな話。
ここで「KLASS BAND」として出演が予定されているのは、正確には「KLASS BAND BROTHERHOOD」のほう。
一般に「KLASS BAND」というのとヴァージニアの白人パーティ・バンドのことを言いますからね。
僕らの方はこっち。
f0036857_1905826.jpg

by shackinbaby | 2012-02-28 00:02 | 音楽 | Comments(2)
ガルーダ・インドネシア航空の東京(羽田)-デンパサール(バリ島)線
JALのデンパサール線廃止直前にバリ島を旅行、それは「これが最後のバリ?」というシリーズで、2010年の10月に連載しています。
僕の中では本当に「これでしばらくバリ島訪問はないな」と思っていたのですが、ガルーダ・インドネシア航空(以下GA)が4月28日から羽田・デンパサール線を開設、しかもその時間帯が僕のような弾丸旅行派には嬉しいものとなっているというニュースを聞いて、またぞろ「むずむずするもの」を感じ始めています(笑)。

f0036857_2027142.jpg



GAには僕はこれまであまり良いイメージがなく、しかも「もうすぐスカイチーム入り」というキャリアーなので、僕には本当に考慮の外にあるエアラインでした。
でもこの羽田・デンパサール線の発表は、それをひっくり返すほど魅力的です。
まず就航開始予定日は前述のように4月28日。
使用機材は「A330-300」、エグゼクティブクラス42席 エコノミークラス215席という機材だそうです。
スケジュールですが、便名はGA887(月水金土日)/GA886(火木金土日)。
出発は羽田 01:00、到着はデンパサール 07:00。
デンパサール出発は 15:30(金・土は15:00)、羽田到着は 23:30(金・土は23:00)。
GAのウェブを見てもずいぶん充実してきていますし、何よりGAには「入国審査官が搭乗して、機内で到着ビザの発給や入国審査が完了する『機内入国審査プログラム』がある」というものすごい利点があります。
あぁ、本当にバリ島に行きたくなりました!

追加情報ですが、バリ島では1013年に「APEC」が開催されることもあって、デンパサールのングラ・ライ国際空港の拡張工事や、べノア/ヌサドゥア間の高速道路の開設などさまざまなインフラ整備が始まっているとのことです。
by shackinbaby | 2012-02-27 00:22 | 旅行 | Comments(12)
天気に恵まれなかった台北 (19) 「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」の客室
アップグレードを告げられた僕の「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」ステイ。
予約は「シャングリ・ラ」のウェブからで、「ベストレート/カスタムステイ」レートの「ホライゾンエグゼクティブルーム」、11600台湾ドル(元)++=総額13398台湾ドル。
日本円に直すと約35000円。
あまりディスカウントされてない料金からだったからでしょう、こちらから言い出しわけでもなく簡単にアップグレード、ラウンジ・アクセス付き、アーリー・チェックイン&レイト・チェックアウト可能、エアライン・マイレージ加算可能・・・。
帰国してから、僕がアサインされたスイート(普通のスイートで「プラザスイート」と呼ばれているようです)の値段を調べてみると12200台湾ドル++位からみたいですから、アップグレードといっても金額的にはほんのちょっぴり。
もしかすると僕のようなレートで泊まった人間はすべてこうしたアップグレード対象になるのかもしれません。
f0036857_13225365.jpg

木材が多用された重厚な、言葉を変えればややオールドスクールなドアを開けると、こんな部屋。
キーは昔ながらの金属キー、入室時キーボックスに差し込んで始めて電気の入るスタイルです。
f0036857_13231540.jpg

「シャングリ・ラ」のウェブのこの部屋の説明によると

ビジネストラベラーやエグゼクティブの皆様にもご好評をいただいているプラザスイートでは、ゆったりとしたつくりのゲストルームでのご滞在、ホライゾンクラブの特典やパーソナルサービスをお楽しみいただけます。
1ベッドルームのスイートでは、広々とした快適なリビングルームを備え、プライベートなミーティングなどに快適にご利用いただけます。
フラットパネル衛星テレビ、DVDエンターテインメントシステムを完備。
広々とした大理石張りのバスルームには液晶テレビ、シャワーブース、バスタブがございます。
ブロードバンドインターネット接続(無料)。
客室面積は、72平方メートルです。


とのこと。
f0036857_13234582.jpg

「W台北」などとは違う、本当に昔からある高級ホテルという雰囲気ぷんぷん。
f0036857_1324821.jpg

オープン以来大きなリノヴェーションというのは行われていないのでしょう、良くメンテナンスはされていますが、例えばライトごとにスイッチの位置や点け方が違っていたり、最近のホテルから来ると旗色の悪くところも多くあります。
f0036857_1327410.jpg

でも全体には上品なシノワズリー趣味のコーディネートが、そのマイルドなカラー・スキームと相まって、いる人間を落ち着かせてくれます。
残念なのは窓、前回の宿泊時もでしたが、窓の清掃が十分ではありません。
ピカピカだった「W台北」とは大違いです。
窓の外は相変わらず、「台北101」を今度は逆方向から見ることになります。
前にも書きましたが、今回の台北のホテル選びには「台北101」ビューにこだわってみたのです。
ま、結果として連日の曇り空に、僕の計画は最悪の結果でしたが・・・(泣)。
f0036857_1324325.jpg

ウェルカム・フルーツは、あまり食べようと思うタイプのものではなく、観賞用?
蘭の花が置かれているのも、スイートのアメニティでしょう。
f0036857_13251771.jpg

このアーモアのおかげでテレビは小さいまま、ウェブにあるような「フラットパネル衛星テレビ」ではありませんでした。
古いし、小さいテレビ。
当然画像も荒い・・・。
最新のものに慣れてしまうと、これは結構嫌なものです。
NHKは映ります。
f0036857_13253738.jpg

ミニバーコーナーは高級ホテルらしく、何の不足もなし。
いろいろ使っても、夕方のターンダウンの時にきれいに補充・清掃されます。
f0036857_13314180.jpg

スイートらしくこういうコーナーもありますが、一人旅だと、荷物置きになってしまいます。
f0036857_13245552.jpg

FAX常設。
f0036857_13293752.jpg

この窓際アーモアの中にセイフティボックスがあります。
f0036857_1330073.jpg

かなり高層階なので、改めてこの天気の悪さが悔やまれます。
f0036857_1332158.jpg

by shackinbaby | 2012-02-27 00:21 | 旅行 | Comments(8)
天気に恵まれなかった台北 (18) 「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」
僕の台北旅行はここで一日半の空白・・・実に忙しく実に「つまらない」仕事オンリーの一日半でした。
あてがわれたホテルは日本でいえばビジネスホテル風。
食事も会議場のロビーにケータリングのバフェが出て3食食べ放題でしたが、本当にため息が出るほど退屈ないつも同じ内容。
ま、仕事だからしょうがないですけどね。
以上のような状況だったので、この辺はすべてすべて省略。
写真もほとんど撮りませんでしたし、また撮るような状況でもありませんでした。
割と真面目にディスカッションしたり、結構それなりに打ち込んだ一日半だったんですよ。
僕の他の参加者は、桃園空港から朝の便で日本に帰国、僕だけはこの連載の最初に書いたように1日「居残り」をしたので、以下はその時の記録となります。

僕の自腹での台北「居残り」宿泊は、ホテルを変えて「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」(香格里拉台北遠東国際大飯店)に・・・。
f0036857_1235595.jpg

このホテルも台北の高級ホテルシーンでは大分ベテランの方に入りますが、ホテルの入る高層のツイン・タワーは相変わらずこの地区のランドマークのよう。
左側のタワーが僕が宿泊する「シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル・台北」で、43階建てです。
f0036857_1243631.jpg

(右側のタワーはショッピングモールの「遠企購物中心」やオフィスが入っています。ただモールは現在リノヴェーション中、ほとんど店は開いていません)
f0036857_125615.jpg

ホテルのエントランス周りは高級ホテルの常、人が多めに配されていて、タクシーで到着してもチェックイン作業はストレスフリーです。
男性レセプショニストはホスピタリティ充分、英語力も抜群で、さらりと「スイートにアップグレードさせていただきました」なんて言われると、「新しいホテルばかりが、良いわけじゃなねーよな」と思わずにやり。
f0036857_1253368.jpg

レセプションのあるロビーは現在の基準からすると天井が低めとか、デザイン重視の階段がある(バリアフリーではない)などややオールドスクールですが、そのシノワズリー溢れる豪華さは、最近の建築では難しいほどの豊富なマーブル使いなど、誰が見てもすぐに分るほどです。
f0036857_13203741.jpg

ホテルの外観は丸いタワー、その丸い構造の真中にまた円柱がある作りで、そこがエレベーター・ホールになっています。
f0036857_1375056.jpg

ホールには豪華な蘭の花が飾られ・・・
f0036857_1381125.jpg

客室階には宋王朝の置物が置かれたり、ちょっと非日常な、重厚だけれどエレガントな雰囲気が醸し出しだされています。
f0036857_12747100.jpg

客室へのアテンドがなかったり、エレベーターが最新のものと違ってややふらついたり・・・とかはありましたが、アサインされた部屋への道筋は、なかなか気分の良いものでした。
f0036857_128157.jpg

スイート、どんな部屋なのでしょう。
アップグレードという言葉は、いつでも本当に嬉しいものです。
by shackinbaby | 2012-02-26 23:41 | 旅行 | Comments(9)
こんなR&Bコンサートも・・・
わぁ、ダウンホームな面子。
昔だけど、このリトルロックの劇場、行ったことがある。
結構立派なところ。
f0036857_9364070.jpg

ところで「TROY」って?
男性3人組の「TROY]?
ブルースの「TROY TURNER]?
まさか僕らの「TROY」@COLUMBIA録音?
僕ら(マニア)の夢って、広がりますね(笑)。
もう妄想ですけどね。
by shackinbaby | 2012-02-26 23:40 | 音楽 | Comments(2)
天気に恵まれなかった台北 (17) 「何善之」でランチ
僕の台北2日目のランチは大安区の大安路一段にある上海料理の店「何善之」で取りました。
食事の後にホテルをチェックアウト、仕事仲間と合流予定です。
f0036857_1017645.jpg

「何善之」とはアヘン戦争の時代、中国大陸で通訳として活躍した人の名前だそう。
この店のオウナーは俳優さん、台湾の「アカデミー賞」に相当する「金馬賞」を受賞した「アヘン戦争」という映画で、この「何善之」の役を演じた人で、そこから店の名前を取ったとのことです。
ま、日本にもある芸能人がやっている店ということでしょうか。
でもネットでの評判も上々なようだし、何よりオープン時間が午前11時からと台北のレストランにしては早かったので、ここを選んだのです。
f0036857_10173662.jpg

店はこんな感じ、ちょっとおしゃれ系のインテリア。
スタッフは基本的に親切で丁寧、最低限の英単語を並べることの出来る人はいます。
メニューは写真も大きく分かりやすいです。
一部日本語も添えられています。
一品料理、麺、点心からデザートまでかなりの種類がメニューにはあります。
f0036857_1018957.jpg

メニューの他にも「今日のお薦め」みたいなものもあり、その辺は言葉の壁もあって理解は難しかったです。
「小菜」も一皿60元でかなりな種類が並んでいました。
f0036857_10183936.jpg

台湾の家庭料理のようなおかずは、どれも本当に美味しそう。
特に興味をひかれたのは、枝豆の高菜合えとか、シシトウの中に挽き肉が詰められたものなど・・・。
f0036857_10191359.jpg

僕は飲みませんがアルコールのお供に、またご飯の箸休めに、最高の小皿でしょう。
塩味がピタリと決まっています。
まずはお馴染み小龍包を注文。
f0036857_10194212.jpg

この店では一蒸篭に8個、値段は安くめの130元!!(日本円にして何とたったの約340円)。
某有名店は10個で確か190元ですよね。
味はかなり良くて、その某有名店と比較しても違うのは中のスープの微妙な差のみ。
こちらの方がスープがややクリアではなく、少し舌に残る感じがあります。
ま、それも好みの程度の差。
針生姜とほんの少しの醤油の力で、いくらでも食べられてしまいます。
で、メインには僕一人では手に負えない量で、実は相当量残してしまったのですが、東坡肉を・・・。
f0036857_1020796.jpg

この店の「私房東坡肉」は320元。
煮込んで煮込んでトロトロなまでになった東坡肉。
ここでの食べ方は、「光餅」と呼ばれるハンバーガー状の蒸しパンに挟んで、タレをたっぷりかけていただくスタイル。
台湾名物の「割包」と同じ食べ方です。
f0036857_10293768.jpg

これが美味いのなんのって・・・とろけそうな皮の部分と、ジューシーな肉の部分、そしてそれを包むほかほかの胡麻付きパン。
青梗菜も入れて、パクッ。
f0036857_1030823.jpg

もう「止まりません」が、相当お腹にたまりますので、これは3~4人でどうぞ、です。
f0036857_10225278.jpg

僕の台北でのベスト「東坡肉」は今まで「蘇杭」という店のでしたが、あそこより味付けはややあっさり、こちらの方が今の僕には好みかもしれません。
とにかく食べた料理、すべてが美味しかったレストラン。
値段もリーズナブル、観光客などはいなそうでしたが、僕のような外国人にも親切に対応してくれる店でしたよ。
by shackinbaby | 2012-02-26 00:15 | 旅行 | Comments(12)