<   2012年 03月 ( 68 )   > この月の画像一覧
ルアンパバーン弾丸 (9) ルアンパバーン空港から「アマンタカ」へ
いよいよ着いたラオスのルアンパバーン。
タイとは時差はなく、時刻は午前11時過ぎ。
空は青空とは言えませんが、太陽は出ていて全体にhazy、霞がかかっているかのようです。
(この時期の気候はいつもこうだそう、観光に一番良いクリアな天気は11月頃がベストとか・・・)
温度は30度くらいはありそうですが、とてもさわやかに感じて、さすがは山間の町。
f0036857_11354465.jpg

ここでルアンパバーンについて少しまとめておきましょうか。
ルアンパバーンは、ラオス北部に位置する古都。
過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたために、「ルアンプラバン」あるいは「ルアンプラバーン」と呼ばれることが多かったようですが、最近はこの「ルアンパバーン」に統一されつつあります。
町自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産に登録されてから、一躍有名に・・・。
地理的には首都のビエンチャンからメコン川を約400キロメートル上流にさかのぼったカーン川との合流場所に位置、人口は約60000人の町です。
f0036857_1136364.jpg

降機して空港ターミナルに入ると「VISA ON ARRIVAL」のカウンターとイミグレーションのカウンターが・・・。
ラオス入国にヴィザのいらない日本人はすぐにイミグレの列に、イミグレ職員は意外にも気さく、イミグレ作業そのものも超短時間で終了です。
あっという間に外に出ると、そこにはたくさんのガイドやドライバーがそれぞれのホテル名やゲスト名を書いたボードを持って立っています。
その中央には他の出迎えの人とは違うオーラを放つ真っ白な制服の眩しい「アマンタカ」のドライバーが陣取っていました。
f0036857_11361741.jpg

僕の泊まる「アマンタカ」は空港・ホテル間は往復送迎が宿泊料金に込みで付いています。
もちろん事前に到着便などディテールは詳細に(メールで)聞かれます。
車に乗り込む前にもう冷たいおしぼりが出ますし、ドライバーの英語もまずまずのもの。
車の中にはタマリンドのキャンディなどの用意もありました。
空港の滑走路を横目に見ながら、車が走ること約10分強。
町並みはタイ北部の田舎町といった風情、車やバイクも割と多いですが、クラクションなどはほとんど聞こえず、排気ガスなども感じません。
f0036857_11363564.jpg

この角を曲がると「アマンタカ」正面玄関です。
f0036857_1137054.jpg

あ、この角のレストランというかコーヒーショップにはお世話になりました。
「Dao Coffee Luang Prabang」というところ。
f0036857_11371815.jpg

とてもスタイリッシュで雑誌「CREA」辺りが飛びつきそうな店で、売り物のラオス・コーヒーだけではなくラオスのスタンダードな料理も楽しめます。
値段も「アマンタカ」の1/3くらいなので、気軽に立ち寄れるお店でした。
f0036857_11385879.jpg

「Dao Coffee Luang Prabang」の角を曲がると、「アマンタカ」の正面玄関です。
f0036857_11391829.jpg

「アマンサラ」のように常時門を閉じているわけではありませんが、門番のチェックは厳しそうです。
門番というかセキュリティ・スタッフは、ゲストの車が通ると、いつでも笑顔で「サバイ・ディー」とタイのワイのような挨拶をしてくれます。
f0036857_11393561.jpg

正面玄関。
いや~~、良い感じですね。
鳥の鳴き声とかすかなバイクの音のみの静寂さの中に広がるフレンチ・コロニアルの世界。
f0036857_11395463.jpg

きれいに清掃されて、塵ひとつ、落ち葉一つ落ちていない館内。
緑は素晴らしい色の緑、手入れも万全。
f0036857_11401877.jpg

そんな「アマンタカ」正面玄関で僕を迎えてくれたのは・・・
f0036857_11405078.jpg

何とこのホテルのGMその人だったのです。
f0036857_1142735.jpg

僕の到着をどうして知ったのでしょう。
車の中からも連絡しているそぶりはありません。
門番が「来たぞ」と知らせるのでしょうか。
僕が車から降りるなり、待ってましたとばかり「Welcome to ”AMANTAKA”」と満面の笑顔で握手・歓迎してくれるのです。
これで気分良くならない訳はありません。
これが世にいう「アマン・マジック」?
椅子に座りながらシドニー出身のGMから直接ホテルの詳細についてレクチャー受けるというのは、たった24室しかないという「アマン・リゾーツ」の中でも最小規模のホテルだからでしょうか、それとも彼がこの日、暇だったからでしょうか。

★ルアンパバーン観光全体については
http://wikitravel.org/ja/%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3
など詳しいサイトがたくさんあります。
ご参照ください。
by shackinbaby | 2012-03-31 00:55 | 旅行 | Comments(6)
R&Bコンサート
一部で大好評(笑)のR&Bコンサートのフライヤー、今日も都会派と南部派双方のファンに・・・。
f0036857_20294897.jpg

皆様はどっち派?
f0036857_161361.jpg

あぁ、本気でアメリカに行きたくなってしまいましたぁ。
by shackinbaby | 2012-03-31 00:24 | 音楽 | Comments(0)
ルアンパバーン弾丸 (8) バンコクエアウェイズでルアンパバーンに
ラオスのルアンパバーン行きのバンコクエアウェイズ(PG)941便は、スワンナプーム空港・コンコースCからの出発です。
f0036857_1722163.jpg

この時間のコンコースCは本当に寂しく、人影もまばらです。
僕の乗るこの便は、この表示からも分かる通りエティハド航空(EY)とのコードシェア便。
ゲートまで下りて行っても、このありさまです。
f0036857_17223923.jpg

これで本当に出発40分前?
待合室には僕の他に数人だけ。
行き先の表示もないし、ゲートの看板は天井からのつりさげ式。
ゲートに係員もいない。
本当にこれで大丈夫?心配になるほど閑散としています。
結局人が集まり始め、トランシーバーを持った係員が来たのは何と午前9時、出発15分前のことです。
アナウンスも何もなくゲートがオープン、チケットがもぎられ、後は例によってバスで飛行機まで移動。
f0036857_17225474.jpg

どうやら客は全部で40人弱、沖留めされているリゾート塗装のATR72-500機に一台のバスで向かいます。
f0036857_17231596.jpg

この飛行機、僕がサムイ島に行った時に乗ったのと同じ機種ですね。
f0036857_17241771.jpg

圧倒的なシンプルな搭乗手続きによって、ゲート・オープンからたった15分後の定刻9時15分にはプロペラが回り始めました。
早っ、簡単。
f0036857_17233698.jpg

機内には典型的なタイ・メイクをした女性FA2人、超手慣れた手つきで、おしぼりを配り、イミグレーション書類を配って歩きます。
動きに無駄がなく、本当に素早い動きです。
f0036857_1725824.jpg

あっという間にバンコク上空、シートベルト・サインが消えるころには眼下にタイの田園風景が広がります。
f0036857_17252479.jpg

コンフィギュレーションは2-2、でもお隣は空席なので前後は狭くても余裕はあります。
「バンコクエアウェイズ」便はタイ国内線でも割とちゃんとした機内食が出ます。
まして飛行時間1時間40分の国際線ならではで、トレイの上は3種盛り。
焼きビーフン、タイ風ドレッシングのカニカマ・サラダ、シロップ漬けのパウンドケーキといった布陣です。
味は・・・美味しいというよりは「不味くはない」という表現が適当でしょうか。
f0036857_17254187.jpg

機内オーディオやヴィデオはなし、朝早かったのでここでちょっと一眠り。
飛行時間約100分でラオス・ルアンパバ-ン空港に到着です。
f0036857_1726168.jpg

ルアンパバーン空港は山の中の本当に小さな空港。
もちろん滑走路は1本です。
このドイツ人の親子は、ルアンパバーンにいるお父さんに会いに来たんだそうです。
子供の持っている小さなトロリーバッグがかなりかわいい、彼もこれがとても気に入ってるんだそうです。
機内で一番前の席(それでもエコノミーの普通の席です)に座っていた黒スーツの人、相当なVIPのようで、降機時にすごい歓迎を受けていました。
国会議員さんとか、そんな感じの人でしょう。
f0036857_17261970.jpg

これが空港ターミナル、さぁ、いよいよルアンパバーンです。
f0036857_17263734.jpg

by shackinbaby | 2012-03-30 00:08 | 旅行 | Comments(4)
ピーチ・アビエーションの韓国線、片道5280円~
3月28日、ついに欠航便を出してしまったLCCの「ピーチ・アビエーション」。
その「ピーチ」が5月8日から就航させる同社初の国際線、「関西―ソウル(仁川)」線の運賃が発表されています。
片道が5280円から23980円ということで、燃油サーチャージは何と不要
皮肉なことに初欠航便を出してしまった日からの販売開始で、片道2500円というキャンペーン運賃も出されると・・・。
最安の料金で往復した場合には、運賃10560円に販売手数料や空港使用料を加えた総額は約15710円となって、レガシーキャリアの料金と比べると半額以下というLCCらしい料金設定。
これは韓国旅行の新需要層を掘り起こしそうですね。
ただ欠航になったとしても他社振替などはないLCCなので、それなりの覚悟はいるとは思いますが・・・。
あと関空に関しては「関空、LCC乗客向け簡易宿泊施設検討 早朝、深夜便に対応」なんて記事も出ていました。

   http://www.sankeibiz.jp/business/news/120124/bsd1201241318010-n1.htm

確かにいくらLCCが安くしても、近隣の宿泊施設あるいはデイユース出来る施設の値段が高くては本末転倒な旅になってしまいますものね。
by shackinbaby | 2012-03-30 00:02 | 旅行 | Comments(12)
ルアンパバーン弾丸 (7) タイ出国@スワンナプーム空港
「スイソテル・ル・コンコルド・バンコク」の最高とはいえないもののこのクラスのホテルとしては平均的なベッドで約4時間の仮眠。
きちんと時間通りにウェイクアップ・コールはあったし、そういう意味では値段は安くても基本はちゃんとしているホテルでした。
f0036857_1635853.jpg

朝起きてカーテンを開けると、目の前は「エメラルド・ホテル」。
老舗のホテルで、この「スイソテル・ル・コンコルド・バンコク」のことを運転手が知らなくても、「エメラルドホテルの反対側」というとたいてい分ってくれそうです。
眼の下にはプールが見えます。
f0036857_16352172.jpg

ラチャダピセーク通りもタクシーはどんどん流れてそうで、空港までは楽に行けそうです。
6時40分ホテル・チェックアウト、同45分タクシー乗車、7時10分スワンナプーム空港到着。
料金は197バーツだったので、200バーツを・・・。
f0036857_16353476.jpg

僕がラオスのルアンパバーンまで乗る「バンコクエアウェイズ」の便は国内線・国際線すべてがFカウンターでのチェックイン。
なので、タクシーを降りるのはこの3番エントランス付近がベストです。
f0036857_16355329.jpg

朝の7時というのに、空港は相当な混みよう。
バンコクの活気を感じます。
僕の乗る「バンコクエアウェイズ」PG941便は9時15分の出発予定。
どうやらこの便、「エティハド航空」とのコードシェア便、「エティハド」も面白い便とコードシェアしているものです。
ところでこのアブダビを本拠地とする「エティハド航空」、最近「エア・ベルリン」との距離を大幅に縮めていますが、「ワン・ワールド」入りの可能性はあるのでしょうか。
もし加入となると「マレーシア航空」加入でアジアも更に強くなりますし、中東も相当に強化されるのですが・・・。
f0036857_16421371.jpg

「バンコクエアウェイズ」のスタッフはいつでも親切、笑顔も忘れません。
僕はこの会社のカウンターで嫌な思いをしたことがありません。
f0036857_16424172.jpg

幸いにもイミグレーションはあまり混んでおらず約10分で通過、こうしてみるともう少しホテルを遅く出ても大丈夫だったかもしれませんが、どこで何があるか分らないので、国際線の2時間前チェックインは仕方ないかもしれません。
f0036857_16425886.jpg

「バンコクエアウェイズ」の国内線はコンコースAからの出発ですが、ラオス行きは国際線、コンコースCからの出発のようです。
f0036857_17183815.jpg

この時間のコンコースCは閑散としていて、人も少ない・・・。
大きな緑もあったりして、何かリゾート感すら感じられるような作り。
f0036857_16433992.jpg

無料のインターネット端末もがずらっと並んでいて、時間つぶしにはもってこいです。
f0036857_16435738.jpg

「バンコクエアウェイズ」は国内線ならエコノミー・クラスでもラウンジがあるのですが、ここは国際線。
エコノミーだけのモノ・クラスで運行されるルアンパバーン行きのPG941便に乗る僕は、どこのラウンジも使えないので、これは助かります。
by shackinbaby | 2012-03-29 00:43 | 旅行 | Comments(0)
バースデイケーキ
僕のバースデイに、奥さんの料理の先生から自作のケーキの差し入れが・・・。
和栗のモンブランです。
f0036857_10532171.jpg

さすが先生、超背高のっぽのモンブラン(なんでも僕の背の高いのを表現したかったとか・・・)、こんなの作って売り出せば売れるんじゃぁ・・・という大作でした。
有難うございます。
美味しくいただきました。
by shackinbaby | 2012-03-29 00:42 | グルメ | Comments(0)
ルアンパバーン弾丸 (6) ガネーシャ@深夜のフワイクワン
ラオスのルアンパバーンに行くのにバンコクで約8時間のトランジット・ステイ。
飛行機の中で少し寝てきたせいか、タイ時間午前1時、日本時間でいうと午前3時というとんでもない時間でも、まだあまり眠くありません。
ホテルのロビーで写真を撮ったりしていると、その一角にガネーシャが祀ってあるのを見つけました。
f0036857_11455179.jpg

皆様はガネーシャをご存知ですか?
太鼓腹の人間の身体に 片方の牙が折れた象の頭を持った、その名はサンスクリット語で「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味するヒンドゥー教の神様。
このガネーシャは面白いことに仏教国でも信仰され、上座部仏教国のこのタイでも、ガネーシャはわりとあちこちで祀られています。
これを見てハッと思い出しました。
このホテルのあるのはラチャダピセーク通りのフワイクワン。
確かここには有名なガネーシャがあって、地元の信仰を一身に集めていたはず・・・。
それにフワイクワンは近くに大人の歓楽街(笑)もあって、ナイトマーケットもほぼ朝方まで開いている夜型のエリア。
ガネーシャを見にちょっとだけ出かけてみよう、そんな気分になったのも旅に出て高揚した気分だからでしょうか(笑)。
ホテルから歩いて約5分、ラチャダピセーク通りをホテルと反対側に渡れば、もうそこがもうこのガネーシャの祀られているところ。
f0036857_11461356.jpg

う~~ん、ガネーシャ、いかにもヒンドゥー入った感じですね。
タイで普通に見るプーム(祠)とはどこか違います。
f0036857_11463419.jpg

皆さん靴を脱いで、お供え物をして、ものすごく熱心に祈りまくっています。
とても深夜1時過ぎとは思えないほど次から次へとお祈りの人がやってきます。
f0036857_11465638.jpg

ここはお供え物の売店。
f0036857_11472061.jpg

ここでこうした花輪(タイ語でプワンマーライと言います)や・・・
f0036857_11474145.jpg

蝋燭やら、食べ物に見立てたものやらを買ってから、お祈りに行くのです。
f0036857_1148012.jpg

ドーナツのようなものが付いたお皿で50バーツ、奥のドリンクが付いているようなのは80バーツと・・・。
f0036857_1148198.jpg

ガネーシャを興味深く観察した後は、ガネーシャから西側に伸びるプラチャーソンクロー通りの両サイドにびっしり並んでいる露店を冷やかして歩きます。
f0036857_1148372.jpg

この周辺にたくさんある夜遊びスポット帰りの人や夜のお仕事の方々が、仕事終わりの帰宅途中に寄るなんて感じのド・ローカルな雰囲気で、とても観光客もウェルカムというようなタイプのナイト・マーケットとは言えません。
売っている商品の品揃えも、どこか派手でケバいデザインの物が目立ち、女性向けの服や雑貨などは、笑えるくらいチープでローカルなものばかりです。
どこもほぼ朝方までオープンしているようで、24時間営業のネイルサロン、マッサージ屋、美容室なんてのも多いようです。
飲食系もイサーン料理を中心に充実していそうですが、高いシーフードなどの売れ行きはどうなんでしょう。
f0036857_11485733.jpg

ここは思いっきり安い料理の方が回転が良く新鮮なものが食べられそうな気がします。
どの店もシーロム辺りのの半値くらいの表示です。
何か食べてみたいものの、まだお腹は一杯。
現地時間の午前2時半、日本で言うと朝の4時半頃に宿泊ホテルの「スイソテル・ル・コンコルド・バンコク」に戻りシャワーを浴び3時間強の仮眠。
さぁ、明日は早朝からラオスに飛びます。
by shackinbaby | 2012-03-28 23:28 | 旅行 | Comments(9)
ルアンパバーン弾丸 (5) 一泊5000円のホテル~「スイソテル・ル・コンコルド・バンコク」の続き
フワイクワンの「スイソテル・ル・コンコルド・バンコク」に宿泊のshackinbaby。
一泊5000円と聞いて恐る恐る部屋のドアを開けると・・・
f0036857_1114054.jpg

何だ、すごく良いじゃん。
本当にここ、一泊5000円?
f0036857_11141555.jpg

部屋の広さは38平米くらい、もちろん充分な広さです。
変な臭いもしないし、照明もちゃんと調節出来、切れているようなところもない・・・。
空調音も静かだし、第一どこも清潔に保たれています。
f0036857_11143072.jpg

シミ、傷、汚れなどもほとんど目立たず(夜ということもある?笑)、僕が想像していた格安ホテルのイメージは全く払しょくされました。
質感だって悪くないですよ、ここ。
特に木材の使い方などが贅沢で、さすがはタイです。
日本の5000円のホテルでは、とてもこうは・・・。
f0036857_11174798.jpg

備品的に必要なものはほとんど揃っている感じです。
デスクは比較的大きなもの、テレビの入っているアーモアもとても立派なものですが、テレビそのものはブラウン管の旧型。
テレビを最新型に変えると、アーモアが不要になるというか、どこか変更しなくちゃなので、なかなか変えられないといったところでしょう。
NHKは映ります。
f0036857_1118594.jpg

クローゼットもこ覧のように大型、セイフティ・ボックスも付いています。
ただ高級ホテルのような細々したものはさすがに少なくて、ガウン、スリッパなどはありません。
f0036857_11182486.jpg

ミニバー・コーナーには無料の水が2本。
f0036857_11184168.jpg

電気ポットもあり、冷蔵庫の中も割とアイテム揃っています。
で、今度はバスルーム。
こここそ日本の5000円のホテルとは大違い。
f0036857_1118573.jpg

全体に広いし、何とシャワーブース付きです。
臭いなどの籠りやすいシャワーブースも清掃状況は良好で、安心して使えました。
f0036857_11191537.jpg

ただここでも、タオル類は数が少なめ、バス・メニティは最小限、ベイシン周りの備品も少なく、髭剃りや歯ブラシは置いないなどの「3★ホテル」状況はあります。
あ、あと排水、バスタブの水を抜く時、排水溝から少し水が溢れたような形跡がありました。
実害は何もなかったですが・・・。
f0036857_11193133.jpg

以上のようにここはかなりコストパフォーマンスの良さそうなホテル、ベッドやリネン類の質も「そこそこ」程度には感じられたので、安眠は約束されそうです。
時計の時間も正確だし、ウェイクアップ・コールを頼んでも応対もきちんとしてるし、「セカンド・コールも必要ですか?」なんても聞いてくれる・・・信頼出来るホテルと感じました。
じゃ、シャワーでも浴びて寝ますか・・・と、思ったのですが、飛行機の中で少し寝たせいか、まだそう眠くない・・・。
明日にはラオスだし、タイにいられるのも今晩だけ、ここフワイクワンは夜遅くまで人通りの絶えないエリア。
ちょっと外に出てきましょうか(笑)。
by shackinbaby | 2012-03-28 00:12 | 旅行 | Comments(17)
やっぱり、これでしょう(笑)
前にJunさんにご紹介いただいたボーイングのこのサイト、JALファンならこの数日は目を離せません。

     http://www.newairplane.com/787/delivery/#/en/jal/firstflight/

JALへの787の初デリバリーを記念して、787のサイトにJALの787の塗装、レジ番号「JA825J」の初フライトの様子などの動画がアップされているのです。
GEエンジン搭載機では初めての機体。
サイトでは「JA825J」の管制との更新音声も聞けて、雰囲気を多いに盛り上げてくれます。
デリバリー式典、ペインフィールドを出発する様子、成田到着、ボストン線就航とファン垂涎の動画が次々に公開されるとのことです。
by shackinbaby | 2012-03-27 00:34 | 旅行 | Comments(19)
大人気、台湾旅行
台湾観光局の発表によると、「昨年、日本から台湾を訪れた旅行客が前年比19・9%増の約129万人に達し、過去最多を記録した」とのことです。
同局の統計によると、日本からの旅行客は、陳水扁前政権時代の2007年の約117万人がこれまでのピーク。
f0036857_2052462.jpg

昨年の旅客数が伸びたのは、2010年10月に東京・羽田―台北・松山間の直行便就航で交通の便が良くなったことに加えて、昨年3月の東日本大震災で台湾の各界が約200億円と世界最大規模の義援金を集めるなどして、日本人の台湾への関心が高まったのが主要原因と分析されています。
そうです、まさにその通り。
台湾は近い、美味しい、人が親切、安全安心。
f0036857_205521.jpg
f0036857_2071927.jpg

震災義捐金でもお世話になったし、皆様も台湾旅行はいかがですか?・・・と、「にわか台湾ファン」(笑)のshackinbabyです。
f0036857_2065383.jpg

by shackinbaby | 2012-03-27 00:32 | 旅行 | Comments(4)