<   2013年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧
コロンボ&香港 (27) 「ナンバー11」はバワの自宅
僕のジェフリー・バワの建築を訪ねる旅、その最後は彼のコロンボでの自宅兼仕事場の通称「ナンバー11」。
僕とガイドを乗せた車はベントタから一路コロンボ市内へ・・・。
一見順調そうにみえたその帰路でしたが、途中でトラブル発生。
それはコロンボまでの高速道路のサービスエリアのATMでの出来事、なにがしかのスリランカ・ルピーの現金が欲しかった僕は備え付けのATMでクレジット・カード・キャッシング。
英語の表示も出て、途中までは順調に進んだものの、最後のところでカードが中に飲み込まれてしまい、現金もレシートも出てこない・・・。
f0036857_2031358.jpg

幸いガイドが付いているのでサービスエリアのスタッフ(単なる警備員??)とのやり取りには困らない・・・。
でも彼らは何も知らない、分からない、また分かろうともしない。
「それって俺が悪いわけじゃないし、そんなの知らない、分からない」の一点張り。
さぁ、それからが大変、今何をすべきか、落ち着いて良く考えます。
現地ガイドがATMの銀行の代表番号に電話をかけてくれますが、なかなか埒があきません。
何かすべてにピントがずれているというか、客のために動いていないというか・・・。
結局何かのエラーでカードが飲み込まれて、一度機械の中にカードが飲み込まれると通常の操作では取り出せず、インターナショナル・カードなら一度無効にして新しいものを作り直せ、機械に飲み込まれてしまえば第三者による不正利用は理論的に出来ないはず・・・ここまで分かるのに、長時間にわたる、何回もの電話が必要でした。
僕はその日もまだ食欲がなく、すべてに本調子じゃないところに、この事態・・・僕のイライラも相当なものでした。
それにこれからコロンボに戻って見に行くはずの「ナンバー11」の閉館時間も迫ってきています。
f0036857_16465418.jpg

「ナンバー11」は多分午後5時には閉まってしまう、そしてカードの不正利用はないはずという銀行側の説明を取り合えず信用、車を再びコロンボに向けて走らせることにしました。
車中から日本のクレジットカード会社にコレクトコール。
このカード会社の緊急時の電話番号もコレクトコールする番号もすぐには出てこず、焦りまくり状態。
しかも電波の状態が悪いところが多くて、ちょうど良いところで携帯がプツプツ切れる・・・。
もう超イライラでした(泣)。
最終的には日本のカード会社とも連絡が付き、僕のカードがATMに飲み込まれたことはコンピューター上は何らかの「エラー」と記録されていて、以後全く使用された形跡はないことを確認して、一安心。
飲み込まれたカードは無効にして、新しいカードを日本の住所に送ってもらうように手配がついたころには、僕の車はコロンボの中心部にある「ナンバー11」に・・・。
コロンボでも他の地区とは明らかに違う高級住宅街の奥、これは独りで地図片手に来たりしたのでは見つけるのがちょっと難しい感じの場所にありました。
「ナンバー11」到着は予定より相当遅れた午後4時50分くらい。
「もしかしたら午後4時半以降は入れないかも・・・」とのガイドの事前の言葉に、このバワの自宅を見られない覚悟もしていたのですが、応対に出たスタッフは嫌そうでもなさそうでしたが、明らかに時間を気にする様子でOKと・・・。
で、入るとまずは彼の愛車がで~~ん。
f0036857_16471796.jpg

ここは前述のようにバワが生前コロンボで暮らしていた家、もともとは彼が設計した家ではなく、彼が1958年にこの一角に引っ越してきてからじっくりと時間をかけ、長屋状に連なる4つの家を増改築したものなんだそうです。
現在は「ルヌガンガ・トラスト」(The Lunuganga Trust)、通称「バワ財団」が管理していて、財団のオフィスとしても使用中。
バワのベッドルームや事務所などのあったこの「ナンバー11」の一階部分は、僕のように料金を払えば見学可能ないわゆるミュージアムとして、またゲストルームのある二階部分は、ホテルとしても利用可能だそうです。
f0036857_16472435.jpg

中は英語の堪能な若い男性スタッフが案内をしてくれます。
丁寧ですが、とても控えめでストイックな感じすらする案内振りは、「ルヌガンガ」の時と同じ印象を受けるもの。
f0036857_1648899.jpg

バワが亡くなったのは2003年、まだ10年位前のこと・・・。
f0036857_16481674.jpg

そこここにまだバワがそこにいるかのような、あるいはかつての生活の息遣いがリアルに感じらるような、繊細だけれど実にインティメートな雰囲気に溢れたシーンの連続。
f0036857_16484192.jpg

置かれている家具や調度品、またアート収集が趣味だったというバワが選んだ世界中からのアート作品について、スタッフは一つ一つ丁寧に説明してくれます。
f0036857_16485872.jpg

良いなあ、この辺のインテリア。
でもこの椅子、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナ・チェアのコピーでしょうか?
f0036857_16492871.jpg

バワの美意識のエッセンスを感じてしまうようなリヴィングルーム。
f0036857_16493875.jpg
f0036857_1650611.jpg

ここに来る前に見た「ザ・ヴィラ」やインテリアショップの「パラダイスロード」と共通する、バワ後期の好みの色合い、デザイン・パターン、小物・・・。
f0036857_16502061.jpg

f0036857_16513490.jpg

by shackinbaby | 2013-01-31 00:06 | 旅行 | Comments(10)
クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ
25日から始まった伊勢丹新宿店のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」、ものすごい人出でしたね。
世界中のショコラティエやパティシエが手掛けたチョコレートの名品が簡単に手に入っちゃうんですから、スイーツ好きにはもう堪らない催し物です。
でもあまりに種類があってそのどれを買ったら良いのか迷われる方がほとんどでしょうし、ま、その迷いが実は楽しいんでしょうけど、定評のあるショコラティエというなら、「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」という組織が出しているガイドブック「ル・ギド・デュ・クラブ・デ・クロクール・ショコラ」で高評価を得ているショコラティエが、フランス中心ではありますが、信用に足るんじゃないかと思っています。
「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」(Club des Croqueurs de Chocolat)はフランスの最も権威のあるフランスショコラ愛好家協会。直訳すると「チョコレートをかじる人たちのクラブ」ということになるそうです。
1981年に現在クラブの名誉会長を務める料理評論家クロード・ルベ氏を中心とするグルメ評論家やジャーナリスト仲間6人によって設立された組織とのこと。
150人に限定されたクラブのメンバーには有名ショコラティエやパティシエの他に、デザイナーのソニア・リキエルを始め、作家、ジャーナリスト、クリエーター等各界の著名人が名を連ねているそうです。
定期的に試食会が行われ、ルールに基づいた判定によりタブレット(板チョコ)マークの数(1~5)で評価され、判定結果は、数年ごとにクラブが出版しているガイドブック「ル・ギド・デュ・クラブ・デ・クロクール・ショコラ」(Le Guide du Club des Croqueurs de Chocolat)で発表され、チョコレート版ミシュランとも言われています。
2011年までに最高位の5タブレットに輝いたショコラティエは
     ジャン=ポール・エヴァン JEAN-PAUL HEVIN
     ファブリス・ジロット Fabrice GILLOTTE
     ヴァンサン・ゲルレ Vincent GUERLAIS
     パティッスリー・ラック PATISSERIE LAC
     パスカル・ル・ガック Pascal LE GAC
     パリエス PARIES
     フランソワ・プラリュ FRANCOIS PRALUS
     アンリ・ルルー HENRI LE ROUX
     ロベール・ランクス(ラ・メゾン・デュ・ショコラ) LA MAISON DU CHOCOLAT
     ピエール・エルメ PIERRE HERME PARIS
     川口行彦(オリジンーヌ・カカオ) ORIGINE CACAO
     パトリック・ロジェ Patrick Roger
     青木定治(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)
     小山進(パティシエ エス コヤマ)
などで、日本人の活躍目覚ましいのが嬉しいところです。
特に兵庫県三田市に店を構える「パティシエ・エス・コヤマ」の小山進氏はパリを含めて海外での修行経験がないのに、初エントリーの2011年、フランスで活動しない日本人として初めてタブレット5枚を獲得。
今年はフキノトウや酒かすを利用した新作のチョコ5種類を出品しまたも高評価、昨年獲得した最高格付けのタブレット5枚を維持、「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」が選定する2012年の最優秀外国人チョコ菓子職人にも昨年に続いて選ばれ、2年連続の「2冠」という快挙でした。
ということで、「パティシエ・エス・コヤマ」の「C.C.C.デギュスタシオン No.5 2012」という「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」の審査で、「外観、構成、味の全てがパーフェクト」と評価された5品がセットになっているものを買いに行ったのですが、完売で入手出来ず。
f0036857_1753892.jpg

エス コヤマオリジナルのクーベルチュールを使った「L’aube」、フキノトウの独特の風味をミルクチョコレートに閉じ込めた「Fukinoto」、金胡麻のプラリネ「Praline japonais」、酒粕キャラメル入りの「Sake japonais 」、燻製の香りの「NINJA」。
食べてみたかったのに・・・(泣)。
バレンタインでは義理チョコのホントのお義理のやつしかもらえない僕(笑)なので、これは食べておきたかったな、残念。
by shackinbaby | 2013-01-31 00:04 | グルメ | Comments(0)
JL+MH,2月1日から・・・
JAL(JL)は2月1日から「ワンワールド」へ正式加盟するマレーシア航空(MH)とマイレー・ジプログラムで提携を開始します。
フライトマイルの積算開始日は2月1日から。
マイルの積算率はファーストクラスの予約クラス「F、A」は150%、ビジネスクラスの予約クラス「J、C、D、Z」は125%、エコノミークラスは予約クラス「Y、B、H」が100%、「K、M」は50%、「L、V、S」は25%とのこと。
これは最近全体の傾向でもありますが、割引のエコノミーの積算率がかなり渋いです。
特典航空券の予約受付開始は2月1日で、搭乗は2月5日分からが対象とのことです。

          http://www.jal.co.jp/cms/jalmile/ja/jmb_00331.html
by shackinbaby | 2013-01-31 00:03 | 旅行 | Comments(0)
コロンボ&香港 (26) 素晴らしき「ルヌガンガ」
ついにたどり着いたジェフリー・バワの「ルヌガンガ」。
f0036857_16372766.jpg

そこには僕の想像を遙かに超える広大に土地に、バワの世界が広がっていました。
バワの作ったいくつものリゾート・ホテルのように、その土地の持つ自然の美しさ、その歴史、その文化を最大限に活用して、大袈裟に言えば人間と自然の境界線を取り払ったような空間がそこにはありました。
いるだけで心地良い場所。
心地良さを求めて、根っからの建築家では出せない自由な発想で創り上げた彼の楽園、そしてそこはまさにリゾート・ホテルのルーツ・デザインの宝庫・・・。
これは確か鶏小屋というか家畜小屋という説明だったでしょうか。
f0036857_16374287.jpg

そしてここ、バワが最高に気に入っていたという場所。
ベントタの運河を見渡せる場所に彼専用のテーブルと椅子が置かれていました。
f0036857_163836.jpg

ガイドの男性によると、この地では朝と夕方は本当にスペシャルな時間。
渡る風は運河で冷やされ、日中の暑さはなく、朝や夕方には巣から飛び立ったり帰ってゆく鳥たちのさえずりや木々を渡る風の音、そして川音などが調和して、自然の中にいる喜びに満たされるとバワは言っていたそうです。
f0036857_16382498.jpg

何気に書かれたテーブルの模様まで素晴らしい・・・。
バワはここで朝食を取ることがよくあったそうです。
スタッフを呼ぶ銅鑼もあったりして・・・。
「ルヌガンガ」は高台と湖面沿いの平地から成る面白い地形で、建築学的には回遊式の庭園の形式になっています。
f0036857_163841100.jpg

高低差による視線の高さの変化・・・、
f0036857_1639010.jpg

その場所場所によって次々に変わってゆく眺望・・・。
f0036857_1640131.jpg

その風景に更に効果的なアクセントを付ける印象的な木々の配置。
f0036857_16401877.jpg

連続しているのに、どこを見ても絶えず変化している様な風景、彼が惚れ込んだ地というのも良く分かります。
f0036857_16403586.jpg

彼がこの地を更地で買った時から50年、彼の生涯のすべてをかけてここまでにしてきた「ルヌガンガ」。
結婚をしなかったバワにとっては我が子も同然の存在でしょう。
f0036857_16405441.jpg

彼は男性しか愛せず、結婚もしませんでした。
f0036857_16411895.jpg

静かな静かな「ルヌガンガ」、現在は三人の建築家が財団として管理をしているようですが、予算には限りがあり園の隅々までは手が完璧には届いていないなど苦労もかなり・・・とも聞きました。
f0036857_16413764.jpg

ただこの日はヴィラ、レストランともに満員盛況、ヴィラ客のプライヴァシー優先のためにこれより中は見学不可とすまなそうに言われてしまいました。
f0036857_1641559.jpg

「ルヌガンガ」はやはり来て良かった、写真集だけではよく分からなかった生の感動をたっぷりもらいました。
あの平和な緑の中、海からの温かい風、目に入るものすべてが心地良く思える選び抜かれた東屋と家具達・・・。
僕はジェフリー・バワの大ファン、これからもそう言い続けます。
by shackinbaby | 2013-01-30 00:36 | 旅行 | Comments(2)
ロールケーキ・ブーム?
世の中ロールケーキは更なるブームみたいです。
考えてみればもう数十年も前から定番のおやつとも言える生洋菓子のロールケーキ。
スポンジとクリームの量のバランスが良いので、食べやすく、値段も手ごろで、ヴォリュームもあるので、人気は不動。
特に最近はスポンジやクリームに工夫が凝らされ、より柔らかくきめ細かいスポンジに、、より軽く風味のあるクリームに、混ぜ物、巻き物、飾りつけなどそれぞれに特徴を出して、スイーツショップの店頭で百花繚乱です。
先週我が家に頂いたこれは何と「栗きんとんロール」というもので、中央部分は本当に栗きんとんというか栗ペーストです。
f0036857_13292468.jpg

クリームと共に甘さは強すぎず、和洋折衷の良さを持ったケーキで紅茶でも緑茶でも合いますが、全体に分量がやや貧相で、「堂島ロール」や「小山ロール」のようなベストセラー・ロールケーキにあるたっぷりした幸福感に乏しいのはちょっと残念なところです。
by shackinbaby | 2013-01-30 00:28 | グルメ | Comments(0)
エミレーツ航空、ついに羽田就航
現在成田と関空からそれぞれ1日1便がドバイに飛んでいるエミレーツ航空(EK)が、6月3日、ついに羽田・ドバイ線に就航するとのニュースが入ってきました。
使用機材はボーイングB777-200LR、ファースト8席、ビジネス52席、エコノミー266席とのこと。
スケジュールは羽田発着は深夜の便。
     ★EK313便 HND 01時30分発/DXB 07時05分着
     ★EK312便 DXB 09時35分発/HND 00時01分着 (翌日)
羽田就航後も成田線のエアバスA380機使用は継続されるとのことです。
by shackinbaby | 2013-01-29 00:51 | 旅行 | Comments(3)
コロンボ&香港 (25) ついに「ルヌガンガ」に・・・
僕がJALのマイレージを使っての特典旅行@年末年始の計画を立てている時に急速に脳裏に浮かんできた国、それがスリランカでした。
キャセパシフィック航空便を使えば、コロンボまでも特典で行けちゃうんだ・・・。
スリランカかぁ、紅茶の国だよな、アーユルヴェーダも有名、確か仏教遺跡など世界遺産もいくつもあるはず。
でも僕にとってスリランカって言ったらジェフリー・バワだよな・・・。
そうか、バワが作ったホテルを生で見に行っちゃえば良いんだ。
ホテルだけじゃなくて、彼が自分の理想郷とした「ルヌガンガ」というところも、彼のコロンボでの自宅「ナンバー11」だって、予約さえしておけば見られるはず・・・。
こう考えると僕の行動はほぼ瞬時、数分のうちに今回の旅程をJALのHPから予約完了していたのでした。
(実際にはその後仕事の都合で日にちは若干変更となりましたが・・・)
f0036857_1627562.jpg

バワは1919年、ヨーロッパ系の裕福なスリランカ(当時はセイロンと呼ばれていました)の家庭に生まれ、ヨーロッパとスリランカの血の混じるバーガー(burgher)として社会に受け入れられないなどの苦労は多少はあったようですが、19歳の頃にイギリスのケンブリッジ大学へと留学、英文学を専攻したそうです。
大学卒業後は弁護士となり、1946年にスリランカへ帰国したとあります。
帰国後すぐに1年半にも及ぶ世界旅行をした後、自分の理想郷を作ろうと、ベントタに土地を買ったと・・・。
しかし建築の知識に欠けていたことから、イギリスへ再び留学、38歳となった1957年頃から建築家としての活動を始めたとのことです。
1967年ベントタのビーチリゾート開設に携わり(前述、「ベントタ・ビーチ・ホテル」)、以後数多くのホテル建築を手がけ、現在世界中でラグジュアリー・ホテルを展開しているアマン・リゾーツがその手本としたという、20世紀のアジアン・リゾート建築にもっとも強い影響を与えた建築家と賞されている人です。
f0036857_1628781.jpg

で、ついに「ルヌルンガ」。
ベントタのメインロードから「えっ、こんな道?」と思うような細い道をうねうねと奥に入り、熟練のドライバーでさえ、ガイドと「この道で良かったっけ?」と目を見合わせるような道の奥に、高級車が数台停まっているところにやっと・・・。
どうやらここが「ルヌガンガ」の入口のようです。
コロンボから付いてきた僕の日本語ガイドも園内には入れず、しっかりした門番が鍵を開け、僕だけを更に丘の上にある「ルヌガンガ」まで案内してくれます。
(例によって入場料は僕の場合ツアー代金に込みでしたが、たぶん1250ルピー、入場料込のランチが3000ルピーだと聞いています)
f0036857_16283262.jpg

うっそうと茂った緑の中に良く手入れのされた芝生、そして6軒あるという一戸建ての宿泊ヴィラ(11月から4月までの季節営業のようです)を左右に見ながら、案内されるのがここ。
「ルヌガンガ」の中心的なレセプション・エリアです。
f0036857_16284180.jpg

辺りに聞こえるのは風にそよぐ木々の葉擦れの音、鳥の鳴き声、「ルヌガンガ」で飼っている犬達のじゃれる鳴き声・・・。
静かです。
f0036857_1629954.jpg

時々通りかかる若いスリランカ人男性スタッフも全員物静かで控えめ、ここの静謐で平和、やや禁欲的な雰囲気にとてもマッチしています。
f0036857_16292319.jpg

あぁ、ここに来るまでは大変でした。
どうやらこの正月の時期、ここもハイ・シーズンらしく、ヴィラはすべて埋まり、僕のような見学だけの者は基本的に不可というのが一番最初のメールでのやり取り。
その後、ここをツアーの一部に組み込んだ今回の会社を知り、そこから交渉。
その結果ヴィラの内部見学は不可、庭園見学とランチはOKということに・・・。
それが更には直前にランチまで不可と、やっとここに来られたものの、変更に次ぐ変更の果てにでした。
f0036857_16294760.jpg

ここは彼の1948~1998年の作品。
つまりバワの建築家生活の始まり、そして終わりをも象徴する場所。
スリランカが英国からの独立した当時、彼は実はイタリアへの移住を考えていたそうなのですが、ここ「ルヌガンガ」に惚れ込みスリランカに残ることを決意したんだそうです。
この風情のある木のベンチで、案内役の登場を待ちます。
f0036857_16295735.jpg

比較的きれいない英語をしゃべるスリランカ人男性スタッフが園内を説明しながら案内してくれます。
これは彼の書斎。
f0036857_16302056.jpg

おぉ、いかにもバワといった世界が広がっています。
f0036857_16313153.jpg

彼独自の感性のフィルターを通された彼のヨーロッパ、とくにイタリアなどの南欧への憧憬とスリランカ文化への敬意の入り混じり具合、そしてそこここに後の彼のホテル建築にも出てくる直線使い、シンメトリーの萌芽がもう・・・。
f0036857_16315419.jpg

イタリアっぽさの他に、スペインの影響もあるでしょうか。
f0036857_16332919.jpg

全てが収まるべきところにぴたっと収まっている、そこから1センチずれていても変・・・。
f0036857_16334847.jpg

「南欧+スリランカ」のイメージで作り上げたものとしても、そこにバワのピリピリするほどの感性が加わってるからこそのこの世界、やはり彼独特のものです。
f0036857_163471.jpg

ここにはたとえ動かなくても、この扇風機がこの位置にじゃないと駄目、バワってきっとそう考える人なんだろうなんて思いました。
f0036857_16342496.jpg

by shackinbaby | 2013-01-29 00:50 | 旅行 | Comments(6)
Octpussyさん、お帰りなさい
Octpussyさん、初めてのタイ旅行からお帰りなさい。
いただいた
「Shackinbabyさん、私は無事にタイより帰国しました!
色々な役立つ情報ありがとうございました。
おかげで有意義な楽しい旅になりましたよ。
タイの人は優しくてスマイルがあっていうですね、ホッとします。
・・・
本当にリフレッシュできてよかったです。
ありがとうございます。」
というコメントは、タイを強力に推している僕には最高に嬉しいものでした。
お薦めして良かった・・・。
この時期、僕の友人、知り合いが何人も渡泰していました。
これはちょうど昨晩、「こんな料理食べたよ~」とメールに添付してあった写真。
f0036857_4313231.jpg

スリウォンの「マンゴツリー」という日本にも支店のあるタイ料理店のものだとか・・・。
f0036857_4314476.jpg

添えられていたコメントは、「タイ料理はやっぱ、最高でした」と。
あぁ、僕もまたタイ、行ってみたくなりました。
Octpussyさんがコメントをぶら下げtれくれるところがだいぶ下の方になってしまったので、もし今後タイに付いて何か書いていただける時にはここが使えるように、新しく記事を作っておきました。
良かったらご利用ください。
by shackinbaby | 2013-01-29 00:49 | 旅行 | Comments(8)
真冬の西早稲田「アルツハイマー」
2月の西早稲田「キャピタ-ノ」でのイヴェント「アルツハイマー」は、今回イギリスからもゲストを迎えて、特別なものだそうです。
ご興味とお時間のある方は是非!
f0036857_8454771.jpg

僕は日にち的にちょっと無理かも・・・です。
by shackinbaby | 2013-01-29 00:45 | 音楽 | Comments(0)
コロンボ&香港 (24) バワ建築の「ザ・ヴィラ」
1880年代に建てられたオランダ統治時代の面影を残す建物をリニューアルした、たった14室だけの小規模ホテル「ザ・ヴィラ」。
f0036857_1832446.jpg

かつてジェフリー・バワが自分の別荘として使っていたものを、1978年にホテルとしてオープン。
以後オウナーは数代変わったようですが(現在はハイセンスなファッション雑貨店「パラダイスロード」の運営)、スタイリッシュでラグジャリーな小規模ホテルとしてさらに磨きがかけられているようです。
f0036857_1833283.jpg

ルームレートはスタンダードでUS$270+位、スイートだとUS$671+まで行くようです。
f0036857_18332471.jpg

ウェブには
「World renowned Architect, the late Geoffrey Bawa, was originally drawn to this unique property in the 1970s, known as the Mohotti Walauwa. He was responsible for converting the then dilapidated ancestral home into Sri Lanka’s first boutique hotel. During it’s refurbishment, Bawa sold the property but continued to keep a keen eye on it’s development.
Due to the private charm of the property, it has been visited by such personalities as Sir Paul McCartney and his daughter, renowned fashion designer, Stella McCartney.
It has changed hands several times since then, but 30 years on, it has acquired a new lease of life by Shanth Fernando of Paradise Road who he took over the property in 2007. 1.5 years of working with the property, Fernando extended the property adding on a new wing and entrance pavilion, new swimming pool and re-levelled the gardens. Bathrooms have been re-worked and bedrooms modernised; Paradise Road The Villa Bentota opened in December 2009 showcasing the property at its new best and has received prestigious press acknowledgement as a result. 」
とその歴史について記述がありました。
f0036857_183469.jpg

バワのオリジナルに後からエクステリア、インテリアともにかなりなリニューアルがされているようですが、こうしたバワの建物には必ずといっていいほど出てくる回廊などここにもしっかりと・・・。
f0036857_18343315.jpg

緑の使い方、水の使い方、光と影の使い方。
f0036857_18345663.jpg

ここのレストランはこの辺りにたくさんあるリゾートホテルの中でもその料理の美味しさには定評があるとのことで、僕らはここでランチ。
ツアーの代金に含まれているというのに、「何を注文してもOK」ですという太っ腹ぶり。
これはどうやらオリジナルの予約の、この後行く「ルヌガンガ」でのランチという予定が急遽キャンセルになってしまったことに対する、ツアー会社からの厚意のようなものだったようです。
f0036857_18353461.jpg

海に面した芝生の庭の向こうにはインド洋が広がり、そこには何と線路も・・・。
僕は出会えませんでしたが、時折クラシカルな列車が敷地内を走り抜けていくと。
f0036857_1835533.jpg

食事は噂通り美味しいもの、食欲がいまいちだったのでガスパチョとかサラダ、フルーツなどだけでしたが・・・。
f0036857_18362254.jpg

こういう面白い木もたくさん植わっていてヴィジュアル的にインパクトのある館内ですが、冷房の室外機がばっちり見えちゃったるするところが、「アマン・リゾーツならこんなことは絶対ないよな」です(笑)。
f0036857_18335085.jpg

by shackinbaby | 2013-01-28 00:21 | 旅行 | Comments(2)